プラント (ガンダムシリーズ) ザラ派

プラント (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/28 01:24 UTC 版)

ザラ派

クライン派とは対照的に、プラント最高評議会において、地球連合に対する急進派となる派閥。

その筆頭となるパトリック・ザラはコーディネイターに対しての迫害と尊敬を一身に受けてきた世代であり、それが高まるほど優越思想に傾倒していった[56]。そのため、コーディネイターの出生率低下が問題視された際も、パトリックはその思想を捨てたシーゲルとは対照的に[56]、あくまで科学技術の発展によるコーディネイター存続を望んでいた[38]

パトリック・ザラの議長就任後は「オペレーション・スピットブレイク」によって地球軍本部を壊滅に追い込み、地球圏の支配権を握る目算を立てていたものの[67]、情報の漏洩によって同作戦に失敗。ただし、同時期に起こった「フリーダム強奪事件」によってラクス・クラインの犯行が明らかとなったため、これを機に司法局を動かし、クライン派議員の拘束を行う[68]

これによって議会はザラ派優位の方向へ傾くものの、ヤキン・ドゥーエ攻防戦の最終局面によってパトリック・ザラが死亡した事と、幽閉されていたカナーバらクライン派議員が蜂起をしたために政権は転覆[69][70]。その後の戦後処理もカナーバを議長として臨時政権によって執り行われる事となった[71]

CE73年においては穏健派のギルバート・デュランダルが政権を握ったため、軍部においてそれに意に反する旧ザラ派の支持者の一部は脱走兵となり、テロリストとして活動した[72]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ムルタ・アズラエルは、プラントの形状を揶揄して「あの忌々しい砂時計」と罵った。
  2. ^ アニメーション「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第2話においてはアビスガンダムの高出力ビームの砲火を耐えてみせたが、直後にカオスガンダムによるビーム砲火を受け、貫通している
  3. ^ ただし、ユニウスセブンの残骸には原子力発電設備も存在したため[6]、核エネルギーの利用も行っていたようである
  4. ^ これには食料を政治カードとし、プラントに対する優位性を維持しようとする理事国の思惑があった[8]。CE70年2月14日に起きたユニウスセブンへの攻撃もまた、自給能力を破壊し独立意識を奪う事を目的としていた[5]
  5. ^ こういったテロには、戦乱を目論むロゴスによる指示も存在したとされている[9]
  6. ^ その一方で、地球圏国家にあってプラント理事国でなかった国々は理事国との間に大きな経済格差が生じていたため[11]、大戦の際は大洋州連合のようにプラントへ味方する国家も出現した
  7. ^ ただし、プラントが正式に独立国家となったのはギルバート・デュランダルの議長就任後である[15]
  8. ^ 一方で、CE70年に議長を務めていたシーゲル・クラインがCE68年に議長選出されたとする資料も存在する[25][26]
  9. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』本編においてザラ派の政権掌握時は、過激なナチュラル排斥が唱えられていたが、国内のナチュラルを排斥する行動は見られなかった。
  10. ^ 全ての登場人物の職業が明かされてはいないものの、アンドリュー・バルトフェルドの学者(広告心理学振動工学)、ニコル・アマルフィのピアニスト、イザーク・ジュールの最高評議会文官(下位)議員[32]、ミハイル・コーストの医師、シホ・ハーネンフースのエネルギー研究技術者などが判明している
  11. ^ 一方で、『機動戦士ガンダムSEED』放送時の雑誌紹介記事では「ラウ大尉」や[33]、「ミゲル・アイマン軍曹」[34]と記載したものもみられた。
  12. ^ 黄道同盟時代の軍服は「SEED DESTINY」においてラウ・ル・クルーゼが赤服を着用している姿が見られた[45]
  13. ^ 実娘であり当派閥の新たな領袖であるラクスが父親のこの考えをどの程度理解していたか不明だが、逃亡中に発した声明で「婚姻統制を行ってもコーディネイターに未来は無い」と言った趣旨の発言をしていた。
  14. ^ 『ガンダムSEED』シリーズにおいて設定を担当した下村敬冶は書籍記事において、この宇宙進出の為にクライン派が用意していた外宇宙航行手段こそがジェネシスであり、後に政権を奪取したザラ派の手によって軍事兵器として転用(改造作業はクライン派に内密で行われた)されたと語っている[58]
  15. ^ 『SEED DESTINY』の劇中ではエターナルの隠匿、支援組織の「ターミナル」や「ファクトリー」によるストライクフリーダムインフィニットジャスティスドムトルーパーなどモビルスーツの製造、ミネルバが地球軍から奪還したガイアの横流しを行っている。また、ヒルダ、マーズ、ヘルベルトの3人組のように、ラクスの唱える理念に賛同し、それを実現すべくパイロットとして加わる軍人も登場し、「ラクス様の為に!」を合言葉とする。
  16. ^ ただし、CE73年からのプラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルは穏健派に属しているが[64]、二次大戦においてラクス・クラインと対立している。
  17. ^ ラクスは講和の折にプラントとオーブの仲介役となった[66]

出典

  1. ^ 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、278頁。ISBN 978-4-575-46469-6
  2. ^ a b 「ガンダムモデラーのための『SEED』設定大解剖 設定担当:森田繁氏インタビュー」『モデルグラフィックス』2003年8月号、大日本絵画、24-28頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、232-235頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  4. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル キャラ編Vol.1』講談社、2003年2月17日初版発行、28-29頁。(ISBN 4-06-334807-5)
  5. ^ a b c d e f 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス、2004年10月15日初版発行、71-72頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  6. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 2』角川書店、2006年7月1日初版発行、57頁。(ISBN 4-04-471702-8)
  7. ^ a b c d e f 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、215頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  8. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、234-235頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  9. ^ 『電撃データコレクション機動戦士ガンダムSEED DESTINY 下巻』メディアワークス、2007年11月15日初版発行、66-67頁。(ISBN 978-4840240871)
  10. ^ a b c d e f g h i j k 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、216-219頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  11. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 2 砂漠の虎』角川書店、2003年7月1日初版発行、20-21頁。(ISBN 4-04-429102-0)
  12. ^ 『月刊ガンダムエース』2005年4月号、角川書店、247-248頁。
  13. ^ 『ハイグレード 1/144 ガイアガンダム』バンダイ、2005年1月発売、組立説明書。
  14. ^ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式 第11話
  15. ^ a b 『アニメコミックス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3』講談社、2005年3月、129-130頁。(ISBN 978-4063101959)
  16. ^ 「PHASE-11 選びし道」、「スペシャルエディション 自由の代償」(FINAL PLUS 選ばれた未来)など。
  17. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5 選ばれた未来』角川書店、2006年4月1日初版発行、70-73頁。(ISBN 9784044291129)
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m 『公式ガイドブック3 機動戦士ガンダムSEED 明日への翼』角川書店、2003年11月、89頁。(ISBN 9784048536882)
  19. ^ 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、220頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  20. ^ 『電撃ホビーマガジン』2004年2月号、メディアワークス、53頁。
  21. ^ 『1/144 HG モビルジン』バンダイ、2003年4月発売、組立説明書。
  22. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 下巻 絆を求める者』メディアワークス、2006年8月15日、20-21頁。ISBN 4-8402-3498-1
  23. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 怒れる瞳』角川書店、2005年3月1日初版発行、27頁。(ISBN 4-04-429108-X)
  24. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』メディアワークス、2007年10月20日初版発行、74-75頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  25. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス、2004年10月15日初版発行、67頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  26. ^ a b c 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、217-221頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  27. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、10頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  28. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1』角川書店、2005年7月1日初版発行、158-161頁。(ISBN 4-04-429701-0)
  29. ^ 種のウエポノリー 第4回「虎は9ミリ・パラベラムの夢を見るか?」
  30. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 2』角川書店、2006年7月1日初版発行、70頁。(ISBN 4-04-471702-8)
  31. ^ 『決定版 機動戦士ガンダムSEED超百科』講談社、2003年6月、5頁。(ISBN 978-4063044874)
  32. ^ 「SEED DVD最終巻 映像特典 『AFTER-PHASE 星のはざまで』」(レンタル版未収録)。
  33. ^ 『アニメディア』2002年10月号、学研プラス、24-25頁。
  34. ^ 『電撃ホビーマガジン』2002年12月号、メディアワークス。51頁。
  35. ^ a b c 『アニメコミックス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7』講談社、2005年7月、129頁。(ISBN 978-4063101997)
  36. ^ 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、220-221頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  37. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 怒れる瞳』角川書店、2005年3月1日初版発行、341頁。(ISBN 4-04-429108-X)
  38. ^ a b c d e 『アニメディア』2005年11月号、学研プラス、9頁。設定担当の森田繁が語るところによる
  39. ^ 『電撃ホビーマガジン』2003年5号月、メディアワークス、60-61頁。
  40. ^ 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、222頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  41. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』メディアワークス、2007年10月20日初版発行、68-69頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  42. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2 さまよう眸』角川書店、2005年7月1日初版発行、225-226頁。(ISBN 978-4044291099)
  43. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、89頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  44. ^ 『電撃ホビーマガジン』2003年3月号、メディアワークス、59頁。
  45. ^ 『アニメコミックス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9』講談社、2005年9月、194頁。(ISBN 978-4063102116)
  46. ^ a b c d e f 『パーフェクトアーカイブス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房、2006年5月、168-170頁。 (ISBN 978-4812426876)
  47. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、240頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  48. ^ 『1/144 HG モビルシグー』バンダイ、2004年4月発売、組立説明書。
  49. ^ 『1/144 HG モビルバクゥ』バンダイ、2007年1月、組立説明書。
  50. ^ 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年7月1日初版発行、32頁。(ISBN 978-4-7580-1108-2)
  51. ^ a b c 『HG 1/144 ミーティアユニット+フリーダムガンダム』バンダイ、2004年5月、組立説明書。
  52. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、65頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  53. ^ 『機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月31日初版発行、57頁。(ISBN 4-89425-336-4)
  54. ^ 「PHASE-36 正義の名のもとに」より
  55. ^ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY公式 第40話
  56. ^ a b c d 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 5 終わらない明日へ』角川書店、2004年2月1日初版発行、44-45頁。(ISBN 4-04-429105-5)
  57. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1』角川書店、2005年7月1日初版発行、148頁および180-182頁。(ISBN 4-04-429701-0)
  58. ^ a b 『グレートメカニック11』双葉社、2003年12月、8-15頁。ISBN 978-4575464191
  59. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣』角川書店、2003年11月1日初版発行、78-81頁。(ISBN 4-04-429104-7)
  60. ^ a b c 『マスターグレード 1/100 ストライクフリーダムガンダム』バンダイ、2006年12月、組立説明書。
  61. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5 選ばれた未来』角川書店、2006年4月1日初版発行、204-205頁。(ISBN 9784044291129)
  62. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4 示される世界』角川書店、2005年11月1日初版発行、295頁。(ISBN 978-4044291112)
  63. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、71頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  64. ^ 『アニメコミックス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3』講談社、2005年3月、132頁。(ISBN 978-4063101959)
  65. ^ 『電撃データコレクション機動戦士ガンダムSEED DESTINY 下巻』メディアワークス、2007年11月15日初版発行、72-73頁。(ISBN 978-4840240871)
  66. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5 選ばれた未来』角川書店、2006年4月1日初版発行、401頁。(ISBN 9784044291129)
  67. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣』角川書店、2003年11月1日初版発行、138-140頁。(ISBN 4-04-429104-7)
  68. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣』角川書店、2003年11月1日初版発行、230-233頁。(ISBN 4-04-429104-7)
  69. ^ アニメーション「機動戦士ガンダムSEED」FINAL-PHASE
  70. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 5 終わらない明日へ』角川書店、2004年2月1日初版発行、406-407頁。(ISBN 4-04-429105-5)
  71. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、10頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  72. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻 真実を求める者』メディアワークス、2006年7月15日初版発行、125頁。(ISBN 4-8402-3473-6)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プラント (ガンダムシリーズ)」の関連用語

プラント (ガンダムシリーズ)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プラント (ガンダムシリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラント (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS