プラリネ プラリネの概要

プラリネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 17:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
プラリネ

プラリネは、元々はフランスの貴族・外交官・軍人のセザール・ド・ショワズール・デュ・プレシス=プラズランfr:César de Choiseul du Plessis-Praslinの料理人のクレマン・ラサーニュ (Clément Lassagne) によって 17世紀に考案されたもので、プラズランにちなんで Prasline と名づけられたものが転じて Praline になったとされる[1]。初期の頃は、アーモンドに様々な香りや色をつけて砂糖をかけたものであった。それが後に、アーモンドにシロップをからめてカラメル状になるまで煮詰めたものに変化していったと言われている[2]

日本で一般的になったプラリネという読みはドイツ語読みであり、英語ではプラーリンまたはプレイリン、フランス語ではプラリーヌといった読みとなり、単純に「砂糖で覆われた」という意味でも使う場合もある。

脚注

[脚注の使い方]

出典

参考文献

関連項目


  1. ^ candies Food Timeline.
  2. ^ 猫井 2008, p. 131.


「プラリネ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プラリネ」の関連用語

プラリネのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プラリネのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラリネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS