プラグインハイブリッドカー 歴史

プラグインハイブリッドカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 13:57 UTC 版)

歴史

  • 1997年3月、トヨタ自動車コースター ハイブリッドEVを市販。
  • 2003年、ヨーロッパでルノーからカングーのプラグインハイブリッドカー仕様elect'road発売。
  • 2004年頃、アメリカで既存の自動車の電池を大容量の物に載せ替えてプラグインハイブリッドカー化するキットがベンチャー企業で開発され、現在では数社から販売され補助金も出ている。
  • 2007年5月、日本でZEVEXが手作りのプラグインハイブリッドカーで日本列島縦断の旅を開始。
  • 2007年7月、トヨタ自動車のプラグインハイブリッドカーが国土交通省から大臣認定を受け公道テストを開始。
  • 2008年1月13日、北米国際オートショーにて中国・比亜迪汽車BYDオート)が低価格プラグインハイブリッドカーBYD F3DMを発表[3]
  • 2008年1月13日、北米国際オートショーにてトヨタが2010年までにプラグインハイブリッドカーを企業や官公庁などに対して販売する方針を発表[4]
  • 2008年1月14日、ゼネラルモーターズが2010年までにプラグインハイブリッドカーを完成させる方針を発表。
  • 2008年12月15日、中国でBYDが世界初の量産型プラグインハイブリッドカー「F3DM」を政府機関向けに発売開始[5]。価格は2万2000ドル(1ドル90円の場合約244万円)。家庭用電源で充電でき、100%の充電で60マイル(約96.56km)走行可能とされる。
  • 2009年6月3日、トヨタ自動車が2009年度中に日本、米国、欧州でプラグインハイブリッドカー500台をリース販売すると発表。電気のみで約20km走行可能とされる[6]。日本200台、米国約150台、フランス約100台、英国やポルトガルには50台以上を導入する計画である[7]
  • 2009年8月11日、ゼネラルモーターズが2010年後半にプラグイン式ハイブリッド車シボレー・ボルト (ハイブリッドカー)(Chevrolet Volt)の生産を開始し、2011年に市場投入すると発表した。市街走行時の燃費は、米基準で少なくとも1リットルあたり97キロとなる見通し。ガソリン1米ガロン当たり100マイル(1リットルあたり42.51km)以上の走行が可能な低燃費車としては、世界初の量産車だとしている[8]アメリカ環境保護局の調査では1ガロン当たり93マイルとなった[9]
  • 2009年10月21日、東京モーターショーにて三菱自動車工業がプラグインハイブリッドSUV「コンセプトPX-MiEV」を初公開。
  • 2009年11月18日、トヨタ自動車は、プリウスPHVのリース販売につき、経済産業省のモデル事業であるEV・PHVタウンに選定された官公庁自治体などの特定利用者との商談を開始。リース会社を通じて約200台をリースする。
  • 2009年11月20日、BYDはF3DMの一般消費者向け販売を2010年まで延期すると発表した。BYDはF3DMの価格が14万9800元(200万円弱)と一般的な中国のガソリン車に比べて高額のため、市販には政府の補助金提供が必要と主張している。F3DMの販売台数は2009年11月現在約100台程度にとどまっている[10]
  • 2009年12月4日、トヨタ自動車はプラグインハイブリッドカーを2011年末から一般向けに発売すると発表。価格は300万円台の見通し。100%の充電で約20km走行可能とされる[11]
  • 2010年2月9日、トヨタ自動車はプリウスプラグインハイブリッドなどハイブリッド車4車種のリコール届出を国土交通省に提出[12]
  • 2010年12月、シボレー・ボルト (ハイブリッドカー)がアメリカで正式発売。
  • 2011年11月29日、トヨタ自動車がプリウスPHVの受注を開始。価格は320万円から。
  • 2012年1月30日、トヨタ自動車がプリウスPHVを発売。
  • 2012年3月6日、ジュネーブモーターショーにて三菱自動車が次期アウトランダーをベースとしたプラグインハイブリッドカーを開発中と発表。
  • 2012年12月26日、三菱自動車がアウトランダーPHEVを発表、2013年1月24日発売。
  • 2013年10月1日、日野自動車が中型バス「メルファプラグインハイブリッド」を開発、翌月の東京モーターショーで公開[13]
  • 2015年9月8日、フォルクスワーゲンが「Golf GTE」を、BMWが「BMW X5 xDrive40e」を日本で発売開始[14]
  • 2016年1月27日、ボルボ・カー・ジャパンは「XC90」のPHEV(プラグインハイブリッド)を日本初導入した[15]
  • 2017年4月14日、本田技研工業ニューヨーク国際オートショークラリティ プラグイン ハイブリッドを世界初公開した[16]。同年の東京モーターショーで、2018年に日本導入する事が発表され[17]、2018年7月19日に日本で「クラリティPHEV」を発表、翌20日に販売開始された[18]
  • 2019年5月29日 - フェラーリが初のPHEVであるフェラーリ・SF90ストラダーレを発表した[19]



  1. ^ http://jafmate.jp/eco/20081225_725.php
  2. ^ http://wot.motortrend.com/gm-september-2011-sales-climb-20-percent-on-back-of-chevrolet-cruze-truck-sales-122569.html
  3. ^ http://www.businessweek.com/magazine/content/08_03/b4067064367712.htm
  4. ^ http://www.toyota.co.jp/jp/news/08/Jan/nt08_0102.html
  5. ^ http://www.businessweek.com/globalbiz/content/dec2008/gb20081215_913780.htm
  6. ^ http://www.asahi.com/eco/ecocar/NGY200906030019.html
  7. ^ http://www.ecool.jp/press/2009/11/post-405.html
  8. ^ http://www.afpbb.com/article/economy/2630009/4445854
  9. ^ 燃費性能、日産「リーフ」に軍配 GM「ボルト」上回る
  10. ^ http://jp.ibtimes.com/article/biznews/091121/44878.html
  11. ^ http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20091207-OYT8T00376.htm
  12. ^ http://www.toyota.co.jp/announcement/100209.html
  13. ^ 日野自動車、プラグインハイブリッドバスを開発 - 外部給電機能付で災害時には避難所等への電力供給が可能 -”. 日野自動車 (2013年10月1日). 2019年3月27日閲覧。
  14. ^ “ドイツから日本へ、プラグインハイブリッド車が相次いで発売”. ITmedia. (2015年9月11日). http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1509/11/news032.html 2015年9月27日閲覧。 
  15. ^ 【ボルボ XC90 新型】PHVモデル日本初導入…電動化しても7人乗り変わらず - レスポンス 2017年1月27日
  16. ^ 2017年ニューヨークオートショーで「CLARITY PLUG-IN HYBRID」と「CLARITY ELECTRIC」を世界初公開”. 本田技研工業 (2017年4月12日). 2020年4月13日閲覧。
  17. ^ 【東京モーターショー2017】ホンダ 八郷社長が4輪の「クラリティ PHEV」、2輪の「PCX ハイブリッド」2018年発売を告知”. Car Watch (2017年10月26日). 2020年4月13日閲覧。
  18. ^ 新型プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を発売”. 本田技研工業 (2017年7月19日). 2020年4月13日閲覧。
  19. ^ フェラーリ初のPHVスーパーカー、SF90 ストラダーレ 発表…1000馬力、最高速340km/hResponse 2019年5月30日


「プラグインハイブリッドカー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プラグインハイブリッドカー」の関連用語

プラグインハイブリッドカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プラグインハイブリッドカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラグインハイブリッドカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS