ブラッド・ピット 生い立ち

ブラッド・ピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 15:41 UTC 版)

生い立ち

トラック会社の経営者である父と高等学校カウンセラーであった母との間に生まれた[2]。生後まもなくミズーリ州スプリングフィールドへ転居し、保守的な家庭で南部バプテストとして育てられた[3]。弟と妹がいる[4]。イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、北アイルランド、ドイツの血を引く[5]

幼少時には3歳当時の1966年に公開された日本の怪獣映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』を見て感動し、後年の2012年に開催された第84回アカデミー賞の授賞式でそれを語っている[6]

キカプー高等学校英語版在学時はレスリング、水泳、バスケットボール、ゴルフ、テニスのチームのメンバーだったほか[7][8]ディベート、校内自治、演劇活動に勤しんだ[9]。高校卒業後はミズーリ大学コロンビア校に入学し、広告を中心としたジャーナリズムを専攻した[9]友愛会シグマ・チー英語版に参加し[2]、いくつかの友愛ショーに出席した[10]。しかし、将来を見据えた際に物事が何も進展しないように感じ、自分が今までに映画を観て感じた情景や彷彿とするような気持ちを忘れられず、俳優になることを決意。学位を取得する2週間前に大学を中退し、手持ち金325ドルでロサンゼルスに向かった[3]

ロサンゼルスではロイ・ロンドン英語版から演技レッスンを受ける傍ら[11][9]運転手[12]エル・ポヨ・ロコ英語版の店員など、様々な仕事をしていた。1986年からビバリーヒルズに移住している。




  1. ^ 今年でもう50歳!今なおセクシーなブラッド・ピットの魅力ニュースウォーカー MovieWalker 2013年3月9日
  2. ^ a b Karen S. Schneider (1996年1月15日). “Look Who Bagged Brad”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20102562,00.html 2009年4月3日閲覧。 
  3. ^ a b Dotson Rader (2007年10月7日). “I have faith in my family”. Parade. http://www.parade.com/articles/editions/2007/edition_10-07-2007/Brad_Pitt 2008年3月3日閲覧。 
  4. ^ Chris Mundy (1994年12月1日). “Slippin' around on the road with Brad Pitt”. Rolling Stone 
  5. ^ [1]Brad Pitt Ethnicity
  6. ^ MSN産経ニュース (2012年3月1日). “ブラッド・ピットに影響を与えた「日本の怪獣映画」”. MSN. http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120301/wir12030112020003-n1.htm 2016年3月9日閲覧。 
  7. ^ Dyball, Rennie (2011年9月19日). “Brad Pitt Was a Wrestler and a Diver – Never a Baseball Player”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20529706,00.html 2011年12月25日閲覧。 
  8. ^ White, Deborah. “Profile of Brad Pitt, Activist & Film Actor”. About.com. http://usliberals.about.com/od/celebrityactivists/p/BradPitt.htm 
  9. ^ a b c d e “Brad Pitt Filmography, Biography”. Fox News. (2006年5月11日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,191847,00.html?sPage=fnc/entertainment/celebrity/pitt 2008年10月30日閲覧。 
  10. ^ “Brad Pitt, sexiest man alive, is also one of the silliest”. The Kansas City Star: p. E1. (2008年12月9日) 
  11. ^ a b c d e Mock, Janet. “Brad Pitt Biography”. People: p. 2. http://www.people.com/people/brad_pitt/biography/0,,20004328_10,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  12. ^ Tim Nudd (2007年1月22日). “Brad Pitt: 'Strippers Changed My Life'”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20009322,00.html 2008年10月14日閲覧。 
  13. ^ "Brad Pitt on Another World" Archived 2012年2月13日, at the Wayback Machine., The Another World Home Page. Retrieved 2012-01-10.
  14. ^ a b c d Brad Pitt Biography”. The Biography Channel. p. 1. 2009年5月20日閲覧。
  15. ^ Garth Pierce (2008年9月28日). “Would the real Brad Pitt please stand up?”. Scotland on Sunday. http://scotlandonsunday.Scotsman.com/features/Would-the-real-Brad-Pitt.4535381.jp 2009年5月26日閲覧。 
  16. ^ Jay Martel (1992年5月14日). “Hot Actor: Brad Pitt”. Rolling Stone 
  17. ^ Joyce J. Persico (1995年9月29日). “Hollywood Hunk Brad Pitt Is Casual About Celebrity”. The Times-Picayune: p. L34 
  18. ^ Brad Pitt”. China Daily. 2010年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月12日閲覧。
  19. ^ Ken Tucker (1990年2月23日). “Too Young to Die — TV Review”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,316786,00.html 2008年10月14日閲覧。 
  20. ^ a b Russell Smith (1993年10月19日). “Brad Pitt Only Does Interesting Movie Roles”. Deseret News: p. EV6. "It was in 1991, when he hitched his ride with Geena Davis and Susan Sarandon in Thelma & Louise, that Pitt's star began to twinkle in earnest." 
  21. ^ “Across the Tracks — Cast, Crew, Director, and Awards”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/739/Across-the-Tracks/details 2008年10月14日閲覧。 
  22. ^ “Brad Pitt's epic journey”. BBC News. (2004年5月13日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/3687795.stm 2009年5月20日閲覧。 
  23. ^ Ashley Meeks (2008年9月24日). “On DVD: "Walk Hard" hits the right notes; Pitt's "Johnny Suede" sizzles”. Las Cruces Sun-News 
  24. ^ a b c d e f g h i j Brad Pitt Movie Box Office Results”. Box Office Mojo. 2008年12月20日閲覧。
  25. ^ “Cool World Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. http://www.rottentomatoes.com/m/1040378-cool_world/ 2010年3月13日閲覧。 
  26. ^ Laurin Sydney (1998年11月13日). “Meet Brad Pitt: Actor talks traps, perfection, and honesty”. CNN: Showbiz/Movies. http://www.cnn.com/SHOWBIZ/Movies/9811/13/brad.pitt/ 2008年11月15日閲覧。 
  27. ^ a b Janet Mock. “Brad Pitt Biography”. People: p. 1. http://www.people.com/people/brad_pitt/biography 2009年2月25日閲覧。 
  28. ^ Jeff Giles (2009年8月20日). “Total Recall: Brad Pitt's Best Movies”. Rotten Tomatoes. p. 2. http://www.rottentomatoes.com/m/inglourious_basterds/news/1838607/2/total_recall_brad_pitts_best_movies 2010年3月13日閲覧。 
  29. ^ Showest Awards: Past Award Winners”. ShoWest (Nielsen Business Media Film Group). 2008年8月18日閲覧。
  30. ^ a b Marc Savlov (1994年11月11日). “Interview With the Vampire review”. The Austin Chronicle. http://www.austinchronicle.com/calendar/film/1994-11-11/138413/ 2008年10月15日閲覧。 
  31. ^ “1995 Movie Awards”. MTV. http://www.mtv.com/ontv/movieawards/1995/ 2008年10月15日閲覧。 
  32. ^ Almar Haflidason (2000年11月14日). “BBC Films review — Legends of the Fall”. BBC Movies. http://www.bbc.co.uk/films/2000/11/14/legends_of_the_fall_1994_review.shtml 2008年10月15日閲覧。 
  33. ^ The Celtic languages in contact – Hildegard L. C. Tristram – Google Books
  34. ^ a b c d HFPA — Awards Search”. 2008年5月16日閲覧。
  35. ^ Legends of the Fall (1995): Reviews”. Metacritic (1995年1月13日). 2008年12月22日閲覧。
  36. ^ Janet Maslin (1994年12月23日). “Grit vs. Good Looks In the American West”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9A04E1DF1F38F930A15751C1A962958260 2009年3月2日閲覧。 
  37. ^ Janet Maslin (1995年9月22日). “Seven Movie Review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=990CE1D81F3AF931A1575AC0A963958260 2008年10月15日閲覧。 
  38. ^ Jamie Portman (1995年9月16日). “Into the Pitt: The actor talks about how he chooses roles — and how his last one may have done him permanent injury”. The Hamilton Spectator: p. 7 
  39. ^ “Se7en Review”. Variety. (1995年1月1日). http://www.variety.com/index.asp?layout=review&reviewid=VE1117794764&categoryid=31&cs=1 2008年12月22日閲覧。 
  40. ^ Janet Maslin. “12 Monkeys Review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9D03E7DF1239F934A15751C1A963958260 2008年10月15日閲覧。 
  41. ^ 81st Annual Academy Awards — Oscar Nominations Fact Sheet (PDF)”. 2010年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月27日閲覧。
  42. ^ Owen Gleiberman (1996年11月1日). “Like a Bad Dream”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,294799,00.html 2008年11月6日閲覧。 
  43. ^ Sleepers (1996): Reviews”. Metacritic (1996年10月18日). 2009年3月31日閲覧。
  44. ^ Owen Gleiberman (1997年3月21日). “The Devil's Own Movie Review”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,287134,00.html 2008年10月15日閲覧。 
  45. ^ Larry Ratliff (1997-03-28). “Sexy integrity – Brad Pitt worked hard to match co-star Ford's 'every day look'”. San Antonio Express-News: 10H. "[Brad] Pitt had to master an Irish accent [in The Devil's Own] to play the bitter freedom fighter who befriends the New York cop portrayed by [Harrison] Ford." 
  46. ^ Dwight Garner (1997年10月10日). “Seven Years in Tibet”. Salon.com. オリジナルの2008年12月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081216071455/http://www.salon.com/ent/movies/1997/10/10tibet.html 2008年10月15日閲覧。 
  47. ^ Chris Nashawaty (1997年6月13日). “'Seven Years' Hitch”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,288347,00.html 2008年10月15日閲覧。 
  48. ^ Bernard Weinraub (1997年12月9日). “Careers Are Sent Reeling When A Film Flops”. Pittsburgh Post-Gazette: p. D-3 
  49. ^ Margaret A. McGurk. “Meet Brad Pitt”. The Cincinnati Enquirer. http://www.cincinnati.com/freetime/movies/mcgurk/meetjoeblack.html 2008年10月15日閲覧。 
  50. ^ Mick LaSalle (1998年11月13日). “Colorless 'Joe Black'/ Pitt's Death is lethally dull, but Hopkins breathes life into overlong romance”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/1998/11/13/DD24338.DTL 2009年2月25日閲覧。 
  51. ^ ロジャー・イーバート (1998年11月13日). “Meet Joe Black”. シカゴ・サンタイムズ. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19981113/REVIEWS/811130304/1023 2012年1月28日閲覧。 
  52. ^ Chuck Palahniuk (1996). Fight Club. W. W. Norton & Company. p. 25. ISBN 0-393-03976-5 
  53. ^ Stephanie Bunbury (2008年12月13日). “The business of being Brad”. The Sun-Herald: p. 4. http://www.smh.com.au/news/entertainment/film/the-business-of-being-brad/2008/12/13/1228585167094.html?page=4 2009年5月13日閲覧。 
  54. ^ Michael Sragow (1999年10月19日). “'Fight Club': It 'Just sort of clicked'”. Salon.com (CNN): p. 2. http://www.cnn.com/books/news/9910/19/fight.club.salon/index1.html 2008年12月31日閲覧。 
  55. ^ Stephen Garrett (1999-07). “Freeze Frame”. Details. 
  56. ^ Chris Nashawaty (1998-07-16). “Brad Pitt loses his teeth for a "Fight"”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,83604,00.html 2009年2月25日閲覧。. 
  57. ^ Dennis Lim (2009年11月8日). “‘Fight Club’ Fight Goes On”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/11/08/movies/homevideo/08lim.html 2009年12月10日閲覧。 
  58. ^ Paul Tatara (2001年1月18日). “'Snatch': Bloody kid stuff”. CNN: Showbiz/Movies. http://archives.cnn.com/2001/SHOWBIZ/Movies/01/18/review.snatch/index.html 2008年10月15日閲覧。 
  59. ^ Snatch (2001): Reviews”. Metacritic (2001年1月19日). 2008年12月31日閲覧。
  60. ^ Jay Boyar (2001年3月2日). “Runaway Ride – 'The Mexican' Is Freewheeling Fun From Julia Roberts, Brad Pitt”. Orlando Sentinel: p. 21 
  61. ^ Mexican, The (2001): Reviews”. Metacritic (2001年3月2日). 2009年3月26日閲覧。
  62. ^ Mark Holcomb (2001年11月27日). “International Men of History”. The Village Voice: p. 1. http://www.villagevoice.com/2001-11-27/film/international-men-of-history/1 2008年10月15日閲覧。 
  63. ^ Karen S. Schneider (2001年11月28日). “Truly Madly Deeply”. People: p. 1. http://www.people.com/people/article/0,,1228733_628143_1,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  64. ^ Gary Susman (2002年7月17日). “Trophy Time”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,321601,00.html A2009-04-22閲覧。 
  65. ^ Roger Ebert (2001年12月7日). “Ocean's Eleven”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20011207/REVIEWS/112070302/1023 , 2008-10-15閲覧。 
  66. ^ "Night Monkey 2 (with Brad Pitt)". Jackass. MTV. 2002年2月10日放送. 8回,シーズン3. 該当時間:22–23
  67. ^ "The Abduction (with Brad Pitt)". Jackass. MTV. 2002年2月17日放送. 9回,シーズン3. 該当時間:22–23
  68. ^ Bill Hemmer (2002年12月30日). “Chuck Barris' 'Dangerous Mind'”. CNN: Showbiz/Movies. http://archives.cnn.com/2002/SHOWBIZ/Movies/12/30/barris.cnna/ 2009年7月24日閲覧。 
  69. ^ Elvis Mitchell (2003年7月2日). “Sinbad: Legend of the Seven Seas review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9D01E7DD123AF931A35754C0A9659C8B63 2008年10月29日閲覧。 
  70. ^ "Patch Boomhauer". J.B. Cooke, Anthony Lioi. King of the Hill. Fox. 2003年11月2日放送. 150回,シーズン8. 該当時間:22
  71. ^ Rome Neal (2003年7月1日). “Brad Pitt's Sailing Along”. The Early Show (CBS News). http://www.cbsnews.com/stories/2003/07/01/earlyshow/leisure/celebspot/main561157.shtml 2008年11月24日閲覧。 
  72. ^ “For Pitt's sake”. The Sydney Morning Herald. (2004年5月7日). http://www.smh.com.au/articles/2004/05/06/1083635286338.html?from=storyrhs 2008年5月15日閲覧。 
  73. ^ Stephen M. Silverman (2004年5月17日). Troy Boy Brad Hits Box-Office Homer”. People. http://www.people.com/people/article/0,26334,638550,00.html 2008年12月20日閲覧。 
  74. ^ Stephen Hunter (2004年5月13日). “The Boy Toys Of 'Troy'”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A25869-2004May13.html 2009年3月31日閲覧。 
  75. ^ Paul Clinton (2004年12月9日). “Review: 'Ocean's Twelve' high-spirited fun”. CNN: Showbiz/Movies. http://edition.cnn.com/2004/SHOWBIZ/Movies/12/09/review.oceans/index.html 2008年12月20日閲覧。 
  76. ^ Colin Covert. “Mr. & Mrs. Smith”. Minneapolis Star Tribune (Rotten Tomatoes). http://www.rottentomatoes.com/m/mr_and_mrs_smith/ 2008年9月8日閲覧。 
  77. ^ 2005 Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2009年1月21日閲覧。
  78. ^ Ty Burr (2006年12月15日). “'Babel,' 'Departed' top Golden Globe picks”. The Boston Globe. http://www.boston.com/news/globe/living/articles/2006/12/15/babel_departed_top_golden_globe_picks/ 2010年4月22日閲覧。 
  79. ^ “Pitt's pitch Brad babbles on in the build-up for 'Babel'”. Irish Independent. (2006年9月11日). http://www.independent.ie/lifestyle/independent-woman/celebrity-news-gossip/pitts-pitch-brad-babbles-on-in-the-buildup-for-babel-77615.html 2008年12月21日閲覧。 
  80. ^ Manhola Dargis (2007年9月21日). “The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (2007) – Movie Review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/2007/09/21/movies/21assa.html 2008年5月15日閲覧。 
  81. ^ Lewis Beale. “The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford — Review”. Film Journal International. オリジナルの2010年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5qx7euw2t?url=http://www.filmjournal.com/filmjournal/esearch/article_display.jsp?vnu_content_id=1003639817 2009年2月25日閲覧。 
  82. ^ Christopher Hastings (2007年12月7日). “Venice Film Festival — the winners”. The Daily Telegraph (UK). オリジナルの2010年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5nue2z2xq?url=http://www.telegraph.co.uk/arts/main.jhtml?xml=%2Farts%2Fexclusions%2Fvenice-film-festival%2Fnosplit%2Fvenice-thewinners.xml 2008年10月15日閲覧。 
  83. ^ “The moment a fan attacked Brad Pitt in Venice”. Daily Mail (UK). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-479730/The-moment-crazed-fan-attacked-Brad-Pitt-Venice.html 2008年10月15日閲覧。 
  84. ^ Tom O'Neil (2008年9月9日). “Brad Pitt finally claims last year's best-actor trophy at the Venice Film Festival”. Los Angeles Times. http://goldderby.latimes.com/awards_goldderby/2008/08/brad-pitt-venic.html 2008年8月27日閲覧。 
  85. ^ Andrew Pulver (2008年8月27日). “Review: Burn After Reading”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/film/2008/aug/27/venicefilmfestival.coenbrothers1 2008年10月15日閲覧。 
  86. ^ Kurt Loder (2007年3月2日). “Director David Fincher: Beyond The Zodiac”. MTV Movie News. http://www.mtv.com/news/articles/1553713/20070302/story.jhtml 2008年10月30日閲覧。 
  87. ^ Michael Sragow (2008年12月25日). “One for the ages”. The Baltimore Sun 
  88. ^ “SAG Awards 2009: The winners”. BBC News. (2009年1月26日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7850879.stm 2009年2月26日閲覧。 
  89. ^ “Brad Pitt, Angelina Jolie, Heath Ledger nominated for Oscars”. Herald Sun (Australia). (2009年1月22日). http://www.heraldsun.com.au/entertainment/confidential/oscar-nods-for-brad-and-angelina/story-e6frf98o-1111118642208 2009年2月26日閲覧。 
  90. ^ Mairi Mackay (2009年5月22日). “Have Tarantino and his 'Inglourious Basterds' got what it takes?”. CNN: Showbiz/Movies. http://www.cnn.com/2009/SHOWBIZ/Movies/05/22/tarantino.filmography/index.html?eref=rss_mostpopular 2009年5月26日閲覧。 
  91. ^ Inglourious Basterds (2009): Reviews”. Metacritic (2009年8月21日). 2009年12月19日閲覧。
  92. ^ Nominees & Winners for the 82nd Academy Awards”. Academy Awards Official Website. 2010年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月19日閲覧。
  93. ^ 2010 MTV Movie Awards”. MTV. 2010年3月31日閲覧。
  94. ^ Stephen Holden (2010年11月5日). “Animated Ambiguity, Featuring a Big Head”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/11/05/movies/05mega.html?src=me 2010年11月5日閲覧。 
  95. ^ Breznican, Anthony (2011年5月22日). “Cannes Film Festival: Top prizes go to 'Tree of Life,' Kirsten Dunst, 'The Artist'”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2011/05/22/cannes-film-festival-2011awards/ 2011年5月23日閲覧。 
  96. ^ Bill Madden (2010年9月3日). “'Moneyball' strategy insufficient for Oakland A's, general manager Billy Beane vs. New York Yankees”. デイリー・ニューズ. http://www.nydailynews.com/sports/baseball/yankees/2010/09/03/2010-09-03_hoping_moneyball_movie_is_not_also_the_pitts.html 2011年3月3日閲覧。 
  97. ^ Nominees for the 84th Academy Awards”. Academy Awards Official Website. 2012年1月24日閲覧。
  98. ^ 「ワールド・ウォー Z」ブラッド・ピット過去最高の興収を達成”. 映画.com. 2020年1月7日閲覧。
  99. ^ ゴールデン・グローブ賞『ワンス・アポン•ア・タイム・イン・ハリウッド』が作品賞など最多3冠!”. シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧。
  100. ^ 【第92回アカデミー賞】助演男優賞はブラッド・ピット!悲願の初受賞にディカプリオも笑み”. cinemacafe.net. 2020年2月10日閲覧。
  101. ^ 知っていますか? 映画プロデューサーとして大活躍するブラピのマニアックな一面。”. VOGUE JAPAN. 2020年2月10日閲覧。
  102. ^ 【第86回アカデミー賞】「それでも夜は明ける」作品賞受賞で幕 「ゼロ・グラビティ」が最多7冠”. 映画.com. 2020年1月7日閲覧。
  103. ^ ブラッド・ピット、自分でもびっくり!プロデューサーとしての成功”. シネマトゥデイ. 2020年2月10日閲覧。
  104. ^ Roger Friedman (2005年11月1日). “Aniston's Star Shines With and Without Pitt”. Fox News. http://www.foxnews.com/story/0,2933,174126,00.html 2005年5月16日閲覧。 
  105. ^ “Jennifer Aniston's 'Plan C': A New Film Company”. People. (2008年4月1日). http://www.people.com/people/article/0,,20187368,00.html 2008年5月15日閲覧。 
  106. ^ a b Dade Hayes (2006年12月14日). “Brad Pitt's role as filmmaker threatens to eclipse his actorly exploits and tabloid profile”. Variety. オリジナルの2010年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5nueZCqKv?url=http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117955806.html?nav=bestpic07 2008年12月21日閲覧。 
  107. ^ a b Gary Susman (2004年3月18日). “Ford Explorer”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,602057,00.html 2008年11月14日閲覧。 
  108. ^ Lou Lumenick (2007年6月22日). “A Mighty Heart”. New York Post. http://www.nypost.com/p/entertainment/movies/item_wgt5J1EDiAd24lyDiRTw7M;jsessionid=C852BE89992112163DE354A7A0983AFC 2010年3月23日閲覧。 
  109. ^ Claudia Eller (2007年1月24日). “Academy to ponder credit for 'Departed'”. Los Angeles Times: p. 2. http://articles.latimes.com/2007/jan/24/business/fi-grey24/2 2008年11月14日閲覧. "Along with [Graham] King, [Brad] Grey and his former producing partner, actor Brad Pitt, were given screen credit on the movie by Warner." 
  110. ^ Lucy Kaylin (2005年6月). “American Idol”. GQ: p. 5. オリジナルの2010年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5oRqnoPPs?url=http://www.gq.com/entertainment/celebrities/200505/brad-pitt-divorce-hollywood-lucy-kaylin?currentPage=5 2010年3月22日閲覧。 
  111. ^ A.J. Benza; Michael Lewittes (1995年12月22日). “Hot Copy”. デイリー・ニューズ. http://www.nydailynews.com/archives/gossip/1995/12/22/1995-12-22_hot_copy.html 2010年10月24日閲覧。 
  112. ^ Cate Doty (2008年2月4日). “For Celebrities, Ads Made Abroad Shed Some Stigma”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/02/04/business/media/04japander.html/partner/rssnyt/ 2009年3月26日閲覧。 
  113. ^ “Will Brad Pitt ever age?”. The Sun (UK). (2008年1月22日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/bizarre/article713667.ece 2008年11月14日閲覧。 
  114. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0018492
  115. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0020546
  116. ^ “ブラピとアンジェリーナ・ジョリー、昨年の寄付金総額は6億円以上”. シネマトゥデイ. (2009年11月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0020981 2011年7月13日閲覧。 
  117. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0021551
  118. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0028551
  119. ^ “ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ナミビアの野生動物保護区に約1億6千万円を寄付!”. シネマトゥデイ. (2011年1月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0029375 2011年7月13日閲覧。 
  120. ^ “アンジェリーナ・ジョリー、竜巻被害にあったブラピの故郷に50万ドル寄付”. cinemacafe.net. (2011年6月13日). http://www.cinemacafe.net/news/cgi/gossip/2011/06/10748/ 2011年7月13日閲覧。 
  121. ^ “ブラピとアンジー、竜巻被害にあったミズーリ州ジョプリンに約4,000万円を寄付”. シネマトゥデイ. (2011年6月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0032983 2011年7月13日閲覧。 
  122. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0034268
  123. ^ a b c Gliatto, Tom (1997年6月30日). “Love Lost”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20122540,00.html 2009年2月25日閲覧。 
  124. ^ a b “Jennifer Aniston and Brad Pitt Separate”. People. (2005年1月7日). http://www.people.com/people/article/0,,1015778,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  125. ^ “Pitt and Aniston announce split”. BBC News. (2005年1月8日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/4156907.stm 2009年3月19日閲覧。 
  126. ^ a b “Judge signs Aniston-Pitt divorce papers”. USA Today. Associated Press. (2005年8月22日). http://www.usatoday.com/life/people/2005-08-22-aniston-pitt-divorce_x.htm 2008年11月14日閲覧。 
  127. ^ Kevin West (2009年2月). “Brad Pitt”. W: p. 1. オリジナルの2010年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5qpZVG6qn?url=http://www.wmagazine.com/celebrities/2009/02/brad_pitt 2009年2月24日閲覧。 
  128. ^ Stephen M. Silverman (2005年1月21日). “How Will Brad and Angelina's Movie Fare?”. People. http://www.people.com/people/article/0,26334,1019221,00.html 2009年3月16日閲覧。 
  129. ^ “Brad Pitt admits Angelina Jolie affair while with Jennifer Aniston”. Herald Sun (Australia). (2008年12月11日). http://www.heraldsun.com.au/entertainment/confidential/brad-finally-fesses-up-to-affair/story-e6frf96x-1111118285639 2008年12月22日閲覧。 
  130. ^ Jason Lynch and Susan Bell (2005年5月4日). “Brad & Angelina's Latest Getaway”. People. http://www.people.com/people/article/0,,1057551,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  131. ^ Robin Stummer (2006年5月28日). “To Brad and Angelina: a C-section (and the keys to a hysterical nation)”. The Independent (UK). http://www.independent.co.uk/news/world/africa/to-brad-and-angelina-a-csection-and-the-keys-to-a-hysterical-nation-480063.html 2010年2月21日閲覧。 
  132. ^ “Angelina Jolie Pregnant”. People. (2006年1月11日). http://www.people.com/people/article/0,,1145171,00.html 2008年5月15日閲覧。 
  133. ^ Brad Pitt (2006年10月1日). “My List”. Esquire: p. 2. オリジナルの2010年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5oFzrtuVq?url=http://www.esquire.com/features/hollywood/ESQ1006ESQ1006_164R_2 2010年3月15日閲覧。 
  134. ^ Rader, Dotson. "Brad Pitt on Gay Marriage, Smoking Pot and 'Real Love'". Parade. August 5, 2009. Retrieved September 30, 2001.
  135. ^ "Brad Pitt Strengthens Stand on Marriage Equality". People. July 5, 2011. Retrieved September 30, 2011.
  136. ^ Hazlett, Courtney. "Pitt, Jolie split! No, they didn't... wait... nope". MSNBC.com. February 15, 2010. Retrieved September 30, 2011.
  137. ^ ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ついに正式に婚約! 2012年4月16日 ムービーコレクション
  138. ^ “ブラピとアンジー、フランスで挙式”. CNN. (2014年8月29日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35053040.html 
  139. ^ “米女優アンジェリーナ・ジョリーさん、双子を無事出産”. AFPBB News. (2008年7月13日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2417330/3123625 2008年8月1日閲覧。 
  140. ^ “ブラッド・ピット、人の顔が覚えられない? 米誌に告白”. (2013年5月24日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35032506.html 2013年5月29日閲覧。 
  141. ^ https://www.1101.com/enquete_otoko/2008-01-29.html
  142. ^ “ブラッド・ピット×ロバート・ゼメキス 映画『マリアンヌ』来年2月公開決定”. ORICON STYLE. (2016年9月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2077950/full/ 2016年9月6日閲覧。 
  143. ^ Nominees for the 86th Academy Awards”. 映画芸術科学アカデミー. 2014年3月3日閲覧。
  144. ^ “ブラッド・ピットが製作総指揮務めたヒューマンドラマ「ムーンライト」公開”. 映画ナタリー. (2016年12月7日). http://natalie.mu/eiga/news/212263 2016年12月7日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブラッド・ピット」の関連用語

ブラッド・ピットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブラッド・ピットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラッド・ピット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS