ブラック・シー (映画) ブラック・シー (映画)の概要

ブラック・シー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/31 07:38 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラック・シー
Black Sea
監督 ケヴィン・マクドナルド
脚本 デニス・ケリー
製作 チャールズ・スティール
ケヴィン・マクドナルド
製作総指揮 テッサ・ロス
テレサ・モネオ
マーヴ・ハルザディン
ジム・コックレーン
出演者 ジュード・ロウ
スクート・マクネイリー
ベン・メンデルソーン
デヴィッド・スレルフォール英語版
音楽 イラン・エシュケリ
撮影 クリストファー・ロス
編集 ジャスティン・ライト
製作会社 Focus Features
Film4
Cowboy Films
配給 フォーカス・フィーチャーズ
プレシディオ
公開 2014年12月5日
2015年1月23日
2015年8月15日
上映時間 115分
製作国 イギリス
アメリカ合衆国
言語 英語ロシア語
興行収入 $1,171,559[1]
$1,555,333[1]
テンプレートを表示

黒海に沈んだUボートに積まれた金塊を手に入れるべく潜水艦で旅立った男たちのスリリングな冒険を描く。ジュード・ロウ主演。

あらすじ

海洋サルベージの専門家ロビンソンはある日突然、11年間勤めた会社を解雇される。それまで仕事一途で家庭を顧みなかった彼は妻のクリシーと息子にも去られ、途方に暮れる。

そんなある日、ロビンソンは元仕事仲間から思いがけない情報を聞く。それは、第二次世界大戦中に莫大な金塊を積んだドイツ軍の潜水艦Uボートがグルジア沖の黒海に沈み、未だに発見されていないというものだった。

そのUボートの引き揚げに成功すれば、巻き返しの大チャンスになると考えたロビンソンは、その話に飛びつく。

かくしてロビンソンは、5人のロシア人と6人のイギリス人で結成された急造の合同チームを乗せた旧式のロシア製潜水艦の艦長となり、いざ金塊探しへと繰り出す。

しかし、ロビンソンが謎の投資家に渡す分を除いて、金塊を乗組員全員で山分けすると宣言したのを機に、艦内の空気は一変する。金塊に目が眩んだ乗組員たちは次第に制御不能になり、やがて艦内は取り分を巡る醜い争いの場と化していく。

キャスト

※括弧内は日本語吹替


  1. ^ a b Black Sea (2015)”. The Numbers. 2015年2月5日閲覧。


「ブラック・シー (映画)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブラック・シー (映画)」の関連用語

ブラック・シー (映画)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブラック・シー (映画)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラック・シー (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS