フェルメールの作品 来日した作品

フェルメールの作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 16:21 UTC 版)

本項ではフェルメールの作品(フェルメールのさくひん)について述べる。


注釈

  1. ^ Naumann,O(1981)vol1,p.26. in”Frans van Mieris the Elder(1635-1681)”2vols.
  2. ^ Bürger,Thoré(1866)”Van der Meer de Delft”in Gazette des Beaux-Arts 21,pp.297-330,458-470,542-575.
  3. ^ Vermeer, Christ in the House of Martha and Mary” (英語). ColourLex. 2021年6月11日閲覧。
  4. ^ 常設展新規展示作品のお知らせ2015.03.13”. 2022年7月16日閲覧。
  5. ^ Curator in the Spotlight:Uta Neidhardt”. CODART. 2022年8月1日閲覧。
  6. ^ The Complete Interactive Vermeer Catalogue Girl Interrupted in her Music”. 2022年8月8日閲覧。
  7. ^ 16-18世紀のヨーロッパで用いられた楽器で、チェンバロと近縁である。ネーデルラントでは矩形で制作された[72]
  8. ^ The Complete Interactive Vermeer Catalogue:Woman in Blue Reading a Letter”. 2022年8月9日閲覧。
  9. ^ The Complete Interactive Vermeer Catalogue:Girl with a Red Hat”. 2022年8月10日閲覧。
  10. ^ The Complete Interactive Vermeer Catalogue:Girl with a Red Hat”. 2022年9月7日閲覧。
  11. ^ 小林 (2017)には掲載されていない。
  12. ^ The Complete Interactive Vermeer Catalogue:Girl with a Flute”. 2022年8月10日閲覧。
  13. ^ The Complete Interactive Vermeer Catalogue:Girl with a Pearl Earring”. 2022年8月11日閲覧。
  14. ^ ヴァージナルとしている資料もあるが[112]、長方形であることがヴァージナルの特徴との、小林の定義に従う[113]
  15. ^ The Complete Interactive Vermeer Catalogue:The Concert”. 2022年8月11日閲覧。
  16. ^ The Isabella Stewart Gardner Museum- Johannes Vermeer : The Concert”. 2022年8月1日閲覧。
  17. ^ The Lacemaker”. 2022年8月11日閲覧。
  18. ^ A Lady Standing at a Virginal”. 2022年8月11日閲覧。
  19. ^ Lady Writing a Letter with her Maid”. 2022年8月11日閲覧。
  20. ^ A Lady Seated at a Virginal”. 2022年8月11日閲覧。

出典

  1. ^ 小林 2017, p. 8.
  2. ^ 中山 1979, pp. 197–198.
  3. ^ 小 2018, p. 222.
  4. ^ a b c ベッジャー 2021, p. 123.
  5. ^ 小林 2017, p. 80.
  6. ^ 小林 2008, p. 19.
  7. ^ 中山 1979, p. 245.
  8. ^ 小林 2018, p. 158、182.
  9. ^ 高城ほか 2022, p. 212.
  10. ^ 小林 2008, p. 69.
  11. ^ 新共同訳 1990, p. 新約127.
  12. ^ a b ウィロックJr. 2000, p. 196.
  13. ^ 都美 2008, p. 166.
  14. ^ 都美 2008, p. 164.
  15. ^ 小林 2008, pp. 70、255.
  16. ^ 小林 2008, p. 71.
  17. ^ a b 千足・青野 2018, pp. 192–193.
  18. ^ キリスト教 1983, p. 920.
  19. ^ a b c 小林 2018, p. 152.
  20. ^ 岡田 2011, p. 123.
  21. ^ 新共同訳 1990, p. 新約116-117.
  22. ^ 新共同訳 1990, p. 旧約4-5.
  23. ^ 都美 2008, p. 168.
  24. ^ 小林 2018, p. 150.
  25. ^ 小林 2008, p. 67.
  26. ^ ウィーロックJr. 2018, pp. 146–149.
  27. ^ 小林 2008, pp. 54-55、80-81.
  28. ^ 小林 2017, pp. 20–21.
  29. ^ a b 中山 1979, pp. 249–250.
  30. ^ a b 小林 2017, pp. 24–25.
  31. ^ 小林 2008, pp. 85–86.
  32. ^ 高城ほか 2022, p. 201.
  33. ^ 高城ほか 2022, pp. 18、28-36、201.
  34. ^ 高城ほか 2022, p. 19-20.
  35. ^ 小林 2018, pp. 20.
  36. ^ ウィロックJr. 2000, p. 197.
  37. ^ 中山 1979, p. 250.
  38. ^ 小林 2008, p. 96.
  39. ^ シュヴァルツ 2022, p. 20.
  40. ^ 小林 2008, p. 95.
  41. ^ 小林 2018, p. 24.
  42. ^ シュヴァルツ 2022, p. 21.
  43. ^ ウィロックJr. 2000, p. 198.
  44. ^ 新美 2007, p. 48.
  45. ^ 小林 2017, p. 30.
  46. ^ 高橋 1995, p. 469.
  47. ^ 前橋 2016, pp. 62–63.
  48. ^ 中山 1979, pp. 253.
  49. ^ a b ウィロックJr. 2018, p. 158.
  50. ^ 小林 2017, p. 44.
  51. ^ シュヴァルツ 2022, p. 23.
  52. ^ 中山 1979, p. 254.
  53. ^ 都美 2008, p. 174.
  54. ^ 小林 2018, p. 40.
  55. ^ 前橋 2008, p. 35.
  56. ^ 前橋 2016, pp. 60–61.
  57. ^ 小林 2008, pp. 235–237.
  58. ^ 中山 1979, p. 256.
  59. ^ ウィロックJr. 2000, p. 200.
  60. ^ 小林 2018, p. 44.
  61. ^ シュヴァルツ 2022, p. 254.
  62. ^ 小林 2018, pp. 44、227.
  63. ^ 都美 2008, pp. 176–177.
  64. ^ 服装 1969, pp. 248–250.
  65. ^ 能澤 2012, pp. 79、84.
  66. ^ シュヴァルツ 2022, p. 137.
  67. ^ ウィロックJr. 2000, p. 199.
  68. ^ 小林 2003, p. 46.
  69. ^ a b c 小林 2018, p. 58.
  70. ^ 小林 2008, p. 108.
  71. ^ 小林 2008, p. 143.
  72. ^ 海老澤ほか 2002, p. 57.
  73. ^ a b シュヴァルツ 2022, p. 29.
  74. ^ 中山 1979, p. 261.
  75. ^ 千足・青野 2018, p. 147.
  76. ^ 小林 2017, p. 40-41.
  77. ^ 前橋 2016, pp. 64–65.
  78. ^ 中山 1979, p. 258.
  79. ^ 京市美 2015, p. 144.
  80. ^ 小林 2018, pp. 64–67.
  81. ^ シュヴァルツ 2022, p. 27.
  82. ^ ウィロックJr. 2000, p. 201.
  83. ^ 京市美 2011, pp. 180–181.
  84. ^ 小林 2018, pp. 68–69.
  85. ^ 京市美 2011, pp. 183–189.
  86. ^ 小林 2018, pp. 70.
  87. ^ 小林 2018, pp. 72–73.
  88. ^ a b ウィロックJr. 2000, p. 202.
  89. ^ ウィーロックJr. 2018, p. 168.
  90. ^ 小林 2018, pp. 76–79.
  91. ^ 中山 1979, p. 263.
  92. ^ 都美 2008, pp. 180–181.
  93. ^ 小林 2018, pp. 80–81.
  94. ^ 都美 2008, p. 183.
  95. ^ ウィロックJr. 2000, p. 178-180.
  96. ^ a b 小林 2018, pp. 154–155.
  97. ^ ウィーロックJr. 2018, pp. 176–177.
  98. ^ 中山 1979, p. 278.
  99. ^ ウィーロックJr. 2018, p. 177.
  100. ^ 小林 2018, p. 154.
  101. ^ a b c 小林 2018, pp. 158–159.
  102. ^ ウィロックJr. 2000, p. 203.
  103. ^ 中山 1979, p. 279.
  104. ^ 中山 1979, p. 268.
  105. ^ ウィーロックJr. 2018, p. 170.
  106. ^ 小林 2018, pp. 82–83.
  107. ^ ウィロックJr. 2000, p. 186.
  108. ^ 小林 2007, p. 148.
  109. ^ 小林 2018, pp. 86–87.
  110. ^ マウリッツハイス 2012, pp. 82.
  111. ^ 小林 2017, pp. 58–59.
  112. ^ a b シュヴァルツ 2022, p. 31.
  113. ^ 小林 2018, pp. 88–91.
  114. ^ 中山 1979, p. 264.
  115. ^ シュヴァルツ 2022, pp. 30–31.
  116. ^ 小林 2008, pp. 198–199.
  117. ^ 能澤 2013, p. 80.
  118. ^ シュッツ 2004, p. 148.
  119. ^ 小林 2018, pp. 92–93.
  120. ^ 小林 2018, pp. 96–97.
  121. ^ 高橋 1995, p. 470.
  122. ^ 小林 2008, pp. 202–203.
  123. ^ 小林 2008, pp. 120–121.
  124. ^ 小林 2018, p. 102.
  125. ^ 中山 1979, p. 269.
  126. ^ 小林 2008, p. 122.
  127. ^ シュヴァルツ 2022, p. 36.
  128. ^ a b ウィロックJr. 2000, p. 204.
  129. ^ 新共同訳 1990, p. 旧約95.
  130. ^ a b 小林 2018, pp. 112–113.
  131. ^ 小林 2008, p. 205.
  132. ^ 千足・青野 2018, pp. 182–183.
  133. ^ シュヴァルツ 2022, p. 38.
  134. ^ a b 小林 2018, pp. 116–117.
  135. ^ 千足・青野 2018, pp. 136–137.
  136. ^ ウィロックJr. 2000, pp. 190–193.
  137. ^ a b 小林 2018, p. 112.
  138. ^ 中山 1979, p. 272.
  139. ^ 志村 2015, pp. 6–16.
  140. ^ 小林 2018, pp. 120–123.
  141. ^ 小林 2008, pp. 124–126.
  142. ^ 小林 2018, pp. 118–121.
  143. ^ シュヴァルツ 2022, p. 44.
  144. ^ 小林 2018, pp. 122–123.
  145. ^ 千足・青野 2018, pp. 84–85.
  146. ^ 幸福 2000, p. 186.
  147. ^ 小林 2018, p. 122.
  148. ^ 小林 2018, p. 124-127.
  149. ^ 小林 2003, p. 69.
  150. ^ 前橋 2016, p. 66.
  151. ^ 都美 2008, pp. 190–192.
  152. ^ 小林 2008, pp. vii–x.
  153. ^ 小林 2008, pp. x–xii.
  154. ^ 小林 2018, pp. 130–131.
  155. ^ シュヴァルツ 2022, p. 46.
  156. ^ 千足・青野 2018, pp. 162–163.
  157. ^ シュヴァルツ 2022, p. 50.
  158. ^ シュヴァルツ 2022, pp. 204–205.
  159. ^ 小林 2018, pp. 132–133.
  160. ^ 小林 2018, p. 134.
  161. ^ 小林 2017, p. 74.
  162. ^ a b ウィロックJr. 2000, p. 207.
  163. ^ 小林 2018, pp. 140–141.
  164. ^ 小林 2017, p. 10.
  165. ^ 小林 2003, pp. 72–73.
  166. ^ 小林 2018, p. 140.
  167. ^ 小林 2008, p. 1.
  168. ^ 芸術新潮2008-09 2008, p. 93.
  169. ^ 小林 2008, pp. 1–2.
  170. ^ Vermeer and the Delft School
  171. ^ フェルメール巡礼 2011, p. 91.
  172. ^ Vermeer and the Dutch Interior
  173. ^ 芸術新潮2008-09 2008, p. 21.
  174. ^ 芸術新潮2008-09 2008, p. 26.
  175. ^ 芸術新潮2008-09 2008, p. 42.
  176. ^ 芸術新潮2008-09 2008, p. 45.
  177. ^ 芸術新潮2008-09 2008, p. 81.
  178. ^ 芸術新潮2008-09 2008, p. 95.
  179. ^ フェルメール巡礼 2011, p. 74.
  180. ^ フェルメール巡礼 2011, p. 97.
  181. ^ a b c d e f g h i j k 芸術新潮2008-09 2008, pp. 92–93.
  182. ^ オランダ絵画の黄金時代 アムステルダム国立美術館展”. 兵庫県立美術館 (2005年10月25日). 2011年4月17日閲覧。
  183. ^ フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展”. MILKMAID.JP (2007年9月26日). 2011年4月17日閲覧。
  184. ^ 東京都美術館フェルメール展 -光の天才画家とデルフトの巨匠たち-」 2010年2月21日閲覧.
  185. ^ 日本テレビここに注目2・あのフェルメールの《レースを編む女》が初来日」 2008年12月3日付. 2010年2月21日閲覧.
  186. ^ 京都市美術館「ルーブル美術館展 -17世紀ヨーロッパ絵画-」 2010年2月21日閲覧.
  187. ^ シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展”. Bunkamuraザ・ミュージアム (2011年3月3日). 2011年4月17日閲覧。
  188. ^ フェルメールからのラブレター展”. Bunkamuraザ・ミュージアム. 2012年7月7日閲覧。
  189. ^ 初来日 フェルメール「真珠の首飾りの少女」in ベルリン国立美術館展”. 国立西洋美術館. 2012年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月18日閲覧。
  190. ^ マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝”. asahi.com. 2012年6月16日閲覧。
  191. ^ ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄”. ntv.co.jp. 2016年2月11日閲覧。
  192. ^ フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展”. tbs.co.jp. 2016年2月11日閲覧。
  193. ^ フェルメール展”. 2018年11月5日閲覧。
  194. ^ 【公式】ロンドン・ナショナル・ギャラリー展” (日本語). 美術展ナビ. 2021年11月12日閲覧。
  195. ^ ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展”. 2022年6月1日閲覧。
  196. ^ メトロポリタン美術館 西洋絵画の500年”. 2022年6月1日閲覧。


「フェルメールの作品」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェルメールの作品」の関連用語

フェルメールの作品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェルメールの作品のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェルメールの作品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS