ピーナッツ (漫画) スヌーピー(ピーナッツ)を扱ったドキュメンタリー番組

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ピーナッツ (漫画)の解説 > スヌーピー(ピーナッツ)を扱ったドキュメンタリー番組 

ピーナッツ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/28 07:56 UTC 版)

スヌーピー(ピーナッツ)を扱ったドキュメンタリー番組

スヌーピー(ピーナッツ)をキャラクターに使った実績のある企業

現在

過去

  • ニフティ … スヌーピーツールバー
  • ケンウッド … シュローダーが広告に登場。「WOODSTOCK」というシリーズ名のミニコンポ・ラジカセを発売した際には、カタログや販促用ポップなどにウッドストックが使用された。
  • 三和銀行 … UFJ銀行合併前に、スヌーピーの通帳や現金自動預け払い機の画面に登場していた。
  • 青森銀行1982年から使用を開始し、約25年間の間に同行のキャラクター通帳や現金自動預け払い機の画面に登場していたが、経費削減のため2007年度をもって使用終了。
  • JR西日本 … 1998年 - 1999年乗車マナーキャンペーン
  • 阪急電鉄1000系1300系電車にキャラクターのラッピングを施した「スヌーピー&フレンズ号」を運行した(2016年 - 2018年)。
  • 神奈川中央交通 … 1997・98年に環境保護キャンペーンの一環で、貸切兼用車の車体にピーナッツの仲間が描かれた「スヌーピーバス」が40台導入された[注 18]
  • 三菱自動車工業パジェロミニの特別仕様車のイラストに使われた。
  • コニカミノルタ … 年賀状にスヌーピーやウッドストックバージョンがあったが、2007年にフィルム事業撤退により、フジフィルムに移行された。
  • セブン-イレブン
  • ソフトバンクモバイル
  • 産業経済新聞社
  • 本田技研工業ホンダ・インサイトと環境広告のキャラクター
  • カルビー
  • TSUTAYA
  • リクルート … 「ホットペッパー」テレビ広告(2009年-2011年)
    コンセプトが「女子会 with ホットペッパー」ということで、スヌーピー以外はルーシーなど主要女子キャラクターのみが木村カエラとともに出演となった。なお冊子には、スヌーピーの主要キャラクターの紹介とトリビアが掲載されている。
  • 森永製菓1970年代中期に「森永ミルクチョコレート」の広告に登場。セリフは全て英語。
  • PLAZA … 2012年ハロウィーン期間中限定

原作コミック

全世界で非常に多種のコミックが発売されており、全てを把握するのは困難。

原語(英語)版

  • 2004年より2012年に「ピーナッツ」全作品を収録する『The Complete Peanuts』シリーズが刊行された。
    • 『完全版 ピーナッツ全集』- 『The complete Peanuts』の日本版
河出書房新社谷川俊太郎訳、全25巻)で、2019年10月から2020年11月に刊行された。

日本語訳版

デイリー版
  • PEANUTS BOOKS』(鶴書房・ツル・コミック)全60巻
  • SNOOPY BOOKS』(角川書店)全86巻
  • 『50周年記念「SNOOPY BOOKS 全86巻」復刻版』(角川書店)
  • SNOOPY BOOKS 55周年記念復刻版』(角川書店)全86巻
鶴書房版(PEANUTS BOOKS)と角川書店版(SNOOPY BOOKS)があるが、これは途中から角川が発行を引き継いだため。60巻目までは鶴書房版、角川書店版とも全く同じ内容(ただし、一部の巻で、吹き出し中の台詞やコマ中の擬音語・擬態語をオリジナルのままにし、コマ外に日本語訳を活字表記していたものは、すべて他の巻同用、吹き出し中の台詞と、コマ中の擬音語・擬態語は日本語、コマ外に活字英語表記となった)。60巻目まではサンデー版も一緒に収録されたが、61巻目以降はデイリー版(1986年8月掲載分まで)のみの収録。
  • A PEANUTS BOOK featuring SNOOPY』(角川書店)全26巻
「SNOOPY BOOKS」の続きから収載。デイリー版1986年9月-2000年1月掲載分(最終話)まで。
「SNOOPY BOOKS」のより抜き版。「A PEANUTS BOOK featuring SNOOPY」分は収載されていない。
  • 『SNOOPY COMIC SELECTION』(KADOKAWA)全5巻
10年代ごとにまとめられた、より抜き版(デイリー版のみ)。50年代 - 90年代の全5巻。90年代には2000年掲載分も含まれ、最終話も収載されている。
サンデー版
  • 『スヌーピー全集』(角川書店⇒復刊ドットコム)全10巻 
全集と謳っているが、収載されているのはサンデー版1971年-1980年掲載分。
  • Sunday Special Peanuts Series SNOOPY』(角川書店)全10巻 
「スヌーピー全集」の続きから収載。サンデー版1981年 - 2000年掲載分(最終話)まで。
  • 『SNOOPY COMIC ALL COLOR』(KADOKAWA)全5巻 
10年代ごとにまとめられた、より抜き版(サンデー版のみ)。50年代 - 90年代の全5巻。90年代には2000年掲載分も含まれ、最終話も収載されている。
その他
  • 『スヌーピーのもっと気楽に』(講談社+α文庫)全5巻
  • 『スヌーピーののんきが一番』(講談社+α文庫)全7巻
  • 『スヌーピーたちのやさしい関係』(講談社+α文庫)全5巻
  • 『スヌーピーたちの心の相談室』(講談社+α文庫)全3巻

注釈

  1. ^ 1947年から1950年までは、本作の前身である『リル・フォークス』が連載されていた。
  2. ^ 後年になってから、このタイトルも併記していた時期がある。
  3. ^ 初期の単行本は傑作選だった。
  4. ^ 既存の物にも修正を加えている。谷川は翻訳について、日課であり生きがいとなっている旨のコメントをしていた[6]
  5. ^ 1971年、同年の「SUMMER号」としてツル・コミックスから創刊。第2号の1971年11月号から月刊化。出版社は1973年4月号から盛光社、1974年6月号からすばる書房盛光社、1976年2月号からすばる書房に変更され、1979年8月号で休刊[8]
  6. ^ 一度マーシーとトレードされたのだが、ペパーミント・パティは彼女のあまりの下手さに呆れ、結局元通りになった。
  7. ^ しかし、チャーリー・ブラウンが退院した際にはしっかりと押さえていたのだが、日頃の行いからか彼が間違って彼女の腕を蹴ってしまい、骨折させられたこともあった。また、最終話近くでは弟のリランにボールを託したためにボールを蹴られてしまった。アニメではスヌーピーの手品で透明人間になったチャーリーに蹴られたこともある。
  8. ^ 鶴書房のコミックスではドイツ語の発音に近い「シュレーダー」と表記。
  9. ^ 鶴書房版ではパトリシア・ライクハート。角川書店版ではパトリシア・レイクハート。英語の発音は“ライカート”に近い。
  10. ^ 本来は「豚小屋」の意。
  11. ^ ただし、チャーリー・ブラウンはフットボールチームを持ってないため、ペパーミント・パティのチームに頼み込むも、小さすぎるという理由で断られた。
  12. ^ フットボール用のマスクに3人も入っているほどの小柄。
  13. ^ 1992年 - 2002年にかけてタイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社が運用を開始して以来20年振りとなる。
  14. ^ 後に2022年1月1日以降の日本におけるカートゥーン ネットワークのバンパーやタイトルテロップは、「Dimensional」から「Redraw Your World(えがこう!キミだけの世界)」に一新され、同年2月より、日本におけるカートゥーン ネットワークの公式ウェブサイトは、「CHECK it 1.0」から「Redraw Your World(えがこう!キミだけの世界)」にリニューアルした。
  15. ^ 2022年6月22日ワーナーメディア・ジャパンは、ディスカバリー・ジャパンと統合し、ワーナーブラザース・ディスカバリー・ジャパンとして新体制に移行したため[25]
  16. ^ ただし、『There's No Time for Love, Charlie Brown』(1973年)のみの日本語吹き替え版アニメは、チャーリー・ブラウン=古田信幸(東北新社)版、チャーリー・ブラウン=杉山佳寿子(学研)版、チャーリー・ブラウン=日吉孝明(ポニーキャニオン)版は存在せず、チャーリー・ブラウン=なべおさみ(NHK第三期)版が存在しており、現在ニコニコ動画で視聴することが可能となっている[26]
  17. ^ いずれも共同提供は、ソニー・ミュージックエンタテインメントWildBrain ジャパンが担当している。ただし、チャーリー・ブラウン=古田信幸(CIC・ビクター ビデオ)版における新作短編のみの共同提供は、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン、ソニー・ミュージックエンタテインメント、WildBrain ジャパンが担当している。
  18. ^ 2003年に契約満了で別の色に塗り替えられ、2010年までに全車が除籍された。

出典

  1. ^ 谷川俊太郎訳「ピーナッツ全集」が刊行。未邦訳含む全作品を収録”. ミーティア (2019年10月31日). 2020年7月12日閲覧。
  2. ^ SNOOPY公式サイト:ピーナッツ情報局 2000年10月
  3. ^ CHARLES M. SCHULZ, CREATOR OF PEANUTS, TO RETIRE
  4. ^ Judith Yaross Lee『Twain's Brand: Humor in Contemporary American Culture』 (2012年), p. 166
  5. ^ a b 『スヌーピーの50年 - 世界中が愛したコミック「ピーナッツ」』26頁。
  6. ^ “谷川俊太郎, 2020年4月”. Twitter (河出書房新社). (2020年6月12日). https://mobile.twitter.com/kawade_honyaku/status/1271400317276393472 2020年7月12日閲覧。 
  7. ^ “【スヌーピー好きの皆様へのお知らせ】”. Twitter (河出書房新社). (2020年6月26日). https://mobile.twitter.com/kawade_honyaku/status/1276487361803595776 2020年7月12日閲覧。 
  8. ^ 『スヌーピー・ブティック―Peanuts vintage collectibles (2)』辰巳出版(タツミムック)、2002年、130-134頁。ISBN 4-88641-744-2
  9. ^ a b c 『キャラクタービジネス 知られざる戦略』156頁。
  10. ^ 宮下真(著)、星野克美(監修)『キャラクタービジネス 知られざる戦略』青春出版社、2001年、155頁。ISBN 4413018273
  11. ^ 『キャラクタービジネス 知られざる戦略』156-158頁。
  12. ^ スヌーピーミュージアム オープン記念展「愛しのピーナッツ。」詳細決定!、スヌーピーミュージアム、 2016年3月17日。 (PDF)
  13. ^ a b c 「遅咲き、スヌーピー飛ぶ、今年で来日50年、キャラ市場、キティ抑え3位、17年フレンズ18年スポーツ、日本独自テーマ」『日経MJ』2018年9月14日付、3頁。
  14. ^ スヌーピーは○○と呼んでほしかった? 作者の妻ジーンさんが教えてくれた「ピーナッツ」15の秘密” (2016年5月15日). 2020年3月22日閲覧。
  15. ^ a b 町山智浩『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか』(太田出版)
  16. ^ Peppermint Patty” (日本語). SNOOPY.co.jp:日本のスヌーピー公式サイト. 2019年7月3日閲覧。
  17. ^ Marcie” (日本語). SNOOPY.co.jp:日本のスヌーピー公式サイト. 2019年7月3日閲覧。
  18. ^ スヌーピー全集
  19. ^ Apple TV+、世界最高の才能たちが手がけるApple Original作品を携え、本日より提供開始”. Apple (2019年11月1日). 2020年11月7日閲覧。
  20. ^ Apple TV Plus Releases ‘The Snoopy Show’ Teaser (TV News Roundup)”. Variety (2020年10月2日). 2020年11月7日閲覧。
  21. ^ 【ニュース】Apple TV+でアニメ「スヌーピーのショータイム!」2月配信予定。「ピーナッツ」70周年を記念して”. iをありがとう (2020年10月3日). 2020年11月7日閲覧。
  22. ^ The Snoopy Show Apple TV+ Press
  23. ^ 『完全版ピーナッツ全集11巻』河出書房新社。 
  24. ^ WarnerMedia Japan (ワーナーメディア ジャパン) - 外資系求人・英語を使う転職・就職ならキャリアクロス”. careercross.com. 2022年2月21日閲覧。
  25. ^ WBDiscoveryより新体制のご案内”. ワーナーブラザース・ディスカバリー・ジャパン (2022年6月22日). 2022年7月1日閲覧。
  26. ^ スヌーピーとチャーリー・ブラウン「チャーリー・ブラウンの美術鑑賞」”. ニコニコ動画 (2021年4月24日). 2021年9月4日閲覧。
  27. ^ カートゥーン ネットワーク カスタマーセンターより
  28. ^ a b https://www.snoopy.co.jp/event/4823/ 役名は放送分のクレジットより
  29. ^ LICENSETEAMライセンスチーム - CANTERBURY (カンタベリー)公式通販” (日本語). GOLDWIN WEB STORE. 2021年5月17日閲覧。
  30. ^ “「きみはいい人〜」チャーリー・ブラウンとスヌーピーは村井良大&中川晃教”. ステージナタリー. (2016年7月22日). https://natalie.mu/stage/news/194404 2016年10月26日閲覧。 


「ピーナッツ (漫画)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピーナッツ (漫画)」の関連用語

ピーナッツ (漫画)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピーナッツ (漫画)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピーナッツ (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS