ピーナッツ (漫画) アニメ

ピーナッツ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/28 07:56 UTC 版)

アニメ

テレビ放映短編(「It's an Adventure, Charlie Brown」以外、全て放映一回に付き一話のみ)

  • A Charlie Brown Christmas1965年
    パイロット・フィルム番組として製作・放映され、好評を博したことで後のアニメ作品製作のきっかけとなった。
    • 監督:ビル・メレンデス 製作総指揮:リー・メンデルソン 脚本:チャールズ・M・シュルツ 音楽:ヴィンス・ガラルディ
    • 日本語題(NHK第一期版):チャーリー・ブラウンのクリスマス
    • 日本語題(東京12チャンネル版):スヌーピーのクリスマス
    • 日本語題(NHK第三期版):ゆうつなクリスマスだチャーリー・ブラウン
    • 日本語題(東北新社版):クリスマスだよ、チャーリー・ブラウン【第3巻 第1話 収録】
    • 日本語題(学研版):スヌーピーのメリークリスマス【第9巻(二か国語版) 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのメリークリスマス【第9巻 第1話 収録】
    • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):メリークリスマス(集中放送時#41)
  • Charlie Brown's All Stars!(1966年
    • 日本語題(NHK第一期版):チャーリー・ブラウンの野球チーム
    • 日本語題(東京12チャンネル版):チャーリー涙のオールスターゲーム
    • 日本語題(NHK第三期版):チャーリー・ブラウンは全敗のエース
    • 日本語題(東北新社版):チャーリー・ブラウンのオールスター危機一髪【第2巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#22 ユニフォームがほしい
  • It's the Great Pumpkin, Charlie Brown(1966年)
    • 日本語題(NHK第一期版):チャーリーブラウンとかぼちゃ大王
    • 日本語題(東京12チャンネル版):ついに登場!花のカボチャ仮面
    • 日本語題(NHK第三期版):ライナスとカボチャ大王様
    • 日本語題(東北新社版):ハロウィンだよ、チャーリー・ブラウン【第1巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーとかぼちゃ大王【第1巻 第1話 収録】
    • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):カボチャ大王(集中放送時#40)
  • You're In Love, Charlie Brown1967年
    • 日本語題(NHK第一期版):恋してるんだねチャーリーブラウン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):チャーリーブラウンの初恋
    • 日本語題(NHK第三期版):恋をしちゃったチャーリーブラウン
    • 日本語題(学研版):恋はつらいね スヌーピー【第10巻(二か国語版) 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピー、恋はつらいね【第1巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#21 恋するチャーリー・ブラウン
  • He's Your Dog, Charlie Brown1968年
    • 日本語題(NHK第一期版):君の犬だよチャーリーブラウン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):スヌーピーのいたずら天国
    • 日本語題(NHK第三期版):スヌーピーの再教育
    • 日本語題(東北新社版):やっぱり友だち、チャーリー・ブラウン【第6巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):いたずらスヌーピー【第1巻 第3話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#1 君の犬だ
  • Charlie Brown and Charles Schulz1969年
  • It Was a Short Summer, Charlie Brown(1969年)
    • 日本語題(NHK第一期版):短い夏だったね チャーリーブラウン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):世にもおかしな夏休み
    • 日本語題(NHK第三期版):チャーリー・ブラウンのみじめな夏休み
    • 日本語題(東北新社版):夏休みだよ!チャーリー・ブラウン【第6巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#37 夏の出来事
  • Play It Again, Charlie Brown1971年
    • 日本語題(NHK第二期版):もう一度ひいてチャーリーブラウン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):やったぜ!スヌーピーのロックコンサート
    • 日本語題(NHK第三期版):おせっかいルーシーの片思い
    • 日本語題(東北新社版):チャーリー・ブラウンの楽しい音楽会【第9巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#23 恋のかけひき
  • You're Not Elected, Charlie Brown1972年
    • 日本語題(NHK第二期版):選挙に勝とうチャーリーブラウン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):ライナスのモテモテ マル秘大作戦
    • 日本語題(NHK第三期版):ライナスのズッコケ選挙活動
    • 日本語題(東北新社版):だれを選ぶの?チャーリー・ブラウン【第9巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):ライナスは生徒会長【第2巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#25 さあ、選挙だ!
  • There's No Time for Love, Charlie Brown1973年
    • 日本語題(NHK第二期版):恋するヒマもないよチャーリーブラウン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):そばかすパティは恋愛中
    • 日本語題(NHK第三期版):チャーリー・ブラウンの美術鑑賞
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#24 恋はおあずけ
  • A Charlie Brown Thanksgiving1973年
    • 日本語題(NHK第二期版):チャーリー・ブラウンの感謝祭
    • 日本語題(東京12チャンネル版):スヌーピーの迷?コック長
    • 日本語題(NHK第三期版):スヌーピーの名コック長
    • 日本語題(学研版):スヌーピーは料理長【(背表紙青版)日本語吹替版 第3巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#39 チャーリー・ブラウンの感謝祭
  • It's a Mystery, Charlie Brown1974年
    • 日本語題(NHK第二期版):ミステリーだよチャーリー・ブラウン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):ヌケサク鳥は家なき子
    • 日本語題(NHK第三期版):サリーの宿題騒動
    • 日本語題(学研版):スヌーピーは名探偵【(背表紙青版)日本語吹替版 第1巻 第1話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーは名探偵【第2巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#15 スヌーピー探偵、登場
  • It's the Easter Beagle, Charlie Brown(1974年)
    • 日本語題(NHK第二期版):チャーリー・ブラウンのイースター
    • 日本語題(東京12チャンネル版):祭りだワッショイ!チャーリー・ブラウン
    • 日本語題(NHK第三期版):おとぼけマーシーとしっかりスヌーピー
    • 日本語題(東北新社版):?【第10巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#19 イースターのおくりもの
  • Be My Valentine, Charlie Brown1975年
    • 日本語題(NHK第二期版):チャーリー・ブラウンのバレンタイン
    • 日本語題(東京12チャンネル版):バレンタイン大作戦の巻
    • 日本語題(NHK第三期版):孤独にたえようチャーリー・ブラウン
    • 日本語題(東北新社版):バレンタインだね、チャーリー・ブラウン【第4巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#26 恋人になってよ
  • You're a Good Sport, Charlie Brown(1975年)
    • 日本語題(東京12チャンネル版):おかしなおかしなカーレース
    • 日本語題(NHK第三期版):根性の優勝だ、チャーリー・ブラウン
    • 日本語題(学研版):スヌーピーのモトクロス大会【(背表紙青版)日本語吹替版 第2巻 第1話、第2巻(日本語吹替版 背表紙赤版) 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのモトクロス大会【第2巻 第3話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#31 チャーリー・ブラウンのモトクロス
  • It's Arbor Day, Charlie Brown1976年
    • 日本語題(東京12チャンネル版):みどりの日のおおさわぎ
    • 日本語題(NHK第三期版):チャーリー・ブラウンの幻の勝利投手
    • 日本語題(学研版):スヌーピーのプレイボール!【第4巻(日本語吹替版 背表紙赤版) 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーの木をうえよう【第3巻 第1話 収録】
    • 日本語題(BS2衛星アニメ劇場版): 植樹祭
  • It's Your First Kiss, Charlie Brown1977年
    • 日本語題(東京12チャンネル版):はじめて恋してキスをして
    • 日本語題(NHK第三期版):恋したあの子は女王様
    • 日本語題(東北新社版):ファーストキスだね、チャーリー・ブラウン【第1巻 第1話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーとパーティクイーン【第3巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#29 ファーストキス
  • What a Nightmare, Charlie Brown!(1978年
    • 日本語題(東京12チャンネル版):雪原の大ぼうけんの巻
    • 日本語題(NHK第三期版):スヌーピーのみた夢 こわい夢
    • 日本語題(東北新社版):チャーリー・ブラウンのこわ〜い夢【第5巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのこわい夢【第3巻 第3話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#12 スヌーピーの悪夢
  • Happy Birthday, Charlie Brown1979年
  • You're the Greatest, Charlie Brown(1979年)
    • 日本語題(NHK第三期版):スヌーピーもがんばれ、オリンピック
    • 日本語題(東北新社版):子供オリンピックだ、チャーリー・ブラウン【第4巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーとチャーリー・ブラウンのスポーツ大会【第4巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#30 がんばれ! ジュニアオリンピック
  • She's a Good Skate, Charlie Brown(1980年)
    • 日本語題(NHK第三期版):ペパーミントパティのスケート大会
    • 日本語題(東北新社版):スケートだよ!!チャーリー・ブラウン【第8巻 第1話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのスケートレッスン【第4巻 第3話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#8 氷上の女王
  • Life Is a Circus, Charlie Brown1980年
    • 日本語題(NHK第三期版):サーカスの大スター スヌーピー
    • 日本語題(東北新社版):ひやひやサーカスチャーリー・ブラウン【第3巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのサーカス【第4巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#27 サーカスの暮らし
  • It's Magic, Charlie Brown1981年
    • 日本語題(NHK第三期版):スヌーピーの大マジックショー
    • 日本語題(東北新社版):スヌーピーのマジック・ショー【第2巻 第1話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのマジック・ショー【第5巻 第1話 収録】
    • 日本語題(BS2衛星アニメ劇場版): これがマジック!
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#32 スヌーピーのマジックショー
  • Someday You'll Find Her, Charlie Brown(1981年)
    • 日本語題(NHK第三期版):いい子がほしいなチャーリー・ブラウン
    • 日本語題(東北新社版):チャーリー・ブラウンのひとめぼれ【第8巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピー、あの子をさがして【第5巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#4 いつか会えるさ
  • A Charlie Brown Celebration1982年
    • 日本語題(NHK第三期版):特集・スヌーピーとチャーリー・ブラウン
  • It's an Adventure, Charlie Brown1983年
    後の後継シリーズ「The Charlie Brown & Snoopy Show」の原型となった。
    • 日本語題(NHK第三期版):冒険だよ、人生は
    • 日本語題(東北新社版):大冒険ダヨ!チャーリー・ブラウン【第7巻 収録】
      さらに下記8作品で構成されている。
      • SACK
        • 日本語題(東北新社版):チャーリーの野球ノイローゼ
      • CADDIES
        • 日本語題(東北新社版):ゴルフ場のアルバイト
      • KITE
        • 日本語題(東北新社版):凧喰いの木
      • SONG
        • 日本語題(東北新社版):ピアノの天才シュローダー
      • SALLY
        • 日本語題(東北新社版):サリーは勉強が大嫌い
      • BUTTERFLY
        • 日本語題(東北新社版):蝶ちょ 蝶ちょ
      • BLANKET
        • 日本語題(東北新社版):ライナスの毛布
      • WOODSTOCK
        • 日本語題(東北新社版):ウッドストック
  • Is This Goodbye, Charlie Brown?(1983年)
    • 日本語題(東北新社版):サ・ヨ・ナ・ラ【第10巻 第1話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):おひっこしだって? スヌーピー【第6巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#33 さよならはイヤ!
  • What Have We Learned, Charlie Brown? A Tribute (1983年)
    • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#38 ぼくたちのフランス旅行
    • 劇場作品である「Bon Voyage, Charlie Brown (and Don't Come Back!!)(日本語題: 劇場版 スヌーピーとチャーリー・ブラウン ヨーロッパの旅)」の続編という形をとる。
  • It's Flashbeagle, Charlie Brown1984年
    • 日本語題(東北新社版):フラッシュダンスだよ、チャーリー・ブラウン【第5巻 第1話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#34 フラッシュビーグル!
  • Snoopy's Getting Married, Charlie Brown(1985年)
    • 日本語題(学研版):結婚するの? スヌーピー【第8巻(二か国語版) 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピー結婚するの?【第6巻 第3話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#28 スヌーピーの結婚
  • You're a Good Man, Charlie Brown1985年
    • 日本語題(ワーナー版):きみはいい人、チャーリー・ブラウン【単品DVD】
    • 同名ミュージカルを60分アニメとして作品化。
  • Happy New Year, Charlie Brown!(1986年
    • 日本語題(BS2衛星アニメ劇場版):ハッピーニューイヤー
  • Snoopy: The Musical1988年
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):PEANUTSで英語を学ぼう SNOOPY THE MUSICAL
  • It's the Girl in the Red Truck, Charlie Brown(1988年)
  • Why, Charlie Brown, Why?(1990年
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーはお医者さん チャーリー・ブラウン なぜなんだい?【第8巻 第1話 収録】
    • 日本語題(BS2衛星アニメ劇場版):ライナスの願い
  • You Don't Look40, Charlie Brown(1990年)
  • Snoopy's Reunion1991年
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピー誕生【第8巻 第2話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#11 スヌーピーの生い立ち
  • It's Spring Training, Charlie Brown1992年
    野球チーム・ユニフォーム獲得を巡る作品としては、「Charlie Brown's All-Stars」以来、34年ぶりに製作された。なお、この作品に至っても、チャーリー・ブラウン達の野球チーム名は登場せず、スコアボードには「we」(相手チームは「they」)とのみ書かれ、中盤で獲得に成功していたユニフォームにはユニフォーム・スポンサーになってくれた店の頭文字「H」のみプリント印刷されている。
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーの野球ゲーム【第8巻 第3話 収録】
    • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#20 野球シーズンがやってきた
  • It's Christmastime Again, Charlie Brown(1992年)
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーとチャーリー・ブラウンのクリスマス物語【第9巻 第2話 収録】
    • 日本語題(BS2衛星アニメ劇場版):クリスマス再び
  • You're in the Superbowl, Charlie Brown1994年
  • Good Grief, Charlie Brown: A Tribute to Charles Schulz2000年
  • Here's to You, Charlie Brown: 50 Great Years(2000年)
  • It's the Pied Piper, Charlie Brown(2000年)
  • The Making of"A Charlie Brown Christmas"(2001年
  • A Charlie Brown Valentine 日本語版(ワーナーDVD版)恋するスヌーピー2002年
  • Charlie Brown's Christmas Tales(2002年)
  • 日本語版 (ワーナー・DVD版)スヌーピーのクリスマス・テイルズ
  • Lucy Must Be Traded, Charlie Brown2003年
  • I Want a Dog for Christmas, Charlie Brown(2003年)
  • 日本語版(ワーナー・DVD版)スヌーピーのクリスマスプレゼント
  • He's a Bully, Charlie Brown 日本語版(ワーナーDVD版)スヌーピーのいじめっ子と勝負2006年

テレビ放映短編(The Charlie Brown and Snoopy Show

約30分の放送枠の中で、一話5分前後のショート・ストーリーを数話前後に束ねて、一つの回を構成している。
回の連番については、例えば第一回であれば「The Charlie Brown and Snoopy Show #1」という具合に付番表示された。
全18回。オープニングテーマの曲名は「LET'S HAVE A PARTY!」。
BS2衛星アニメ劇場を通じ、日本で初公開された回もいくつか存在する。
アメリカ本国での放映は低視聴率しか得られず、結局、打ち切りされた。
詳細は「●チャーリーブラウン&スヌーピー・ショウとは」を参照のこと。
  • 1(1983年
    • 下記11作品で構成されている。
      • Shaking
      • Spaghetti
      • Football
      • Baseball
      • Toast
      • Snow Sculpture
      • Sit
      • School
      • Kite
      • The Blanket
      • Sally
  • 2(1983年)
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#6
    • 下記10作品で構成されている。
      • Snoopy and Woodstock
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):スヌーピーとウッドストック
      • Sally
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):サリーの「見せて、お話」
      • Piano
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):シュローダーのピアノ
      • Baseball
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):雨の野球
      • Sunsets
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ルーシーの精神分析
      • Football
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):アメリカン・フットボール
      • Security Blanket
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):安心な毛布
      • Kite
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):タコの糸
      • Woodstock
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ウッドストック
      • Clinging Snoopy
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):くっつきスヌーピー
  • 3(1983年)
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#7
    • 下記6作品で構成されている。
      • Woodstock
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):巣づくり
      • Baseball
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):あこがれの赤毛の女の子
      • Sally
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):サリーの「見せて、お話」
      • Peppermint Patty
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ペパーミント パティ
      • Piano
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):シュローダーのピアノ
      • Blanket
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ぼくの毛布 返して!
  • 4(1983年)
    • 下記8作品で構成されている。
      • Sally and Snoopy
      • Football
      • Beads
      • Love
      • Snowballs
      • Kite Flying
      • Linus and Lucy
      • Baseball
  • 5(1983年)
    • 下記4作品で構成されている。
      • Kiss
      • Peppermint Patty
      • Charlie Brown Lost!
      • Snoopy
  • 6(1983年)
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#5
    • 下記4作品で構成されている。
      • Crawl
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):はい歩き
      • Marcie
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):キャンプは楽しい?
      • Truffles
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):トリュフ
      • The Lost Ballfield
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):野球場がなくなる
  • 7(1983年)
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのたのしい庭づくり 【第5巻 第3話 収録】
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#10
    • 下記4作品で構成されている。
      • SHOVELING
        • 日本語題(ポニーキャニオン版): スヌーピーのたのしい庭づくり
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):畑づくり
      • RE-RUN
        • 日本語題(ポニーキャニオン版、カートゥーン ネットワーク放送版): リラン
      • LOST BLANKET
        • 日本語題(ポニーキャニオン版): 迷子の毛布
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):毛布がない
      • THE MANAGER
        • 日本語題(ポニーキャニオン版): マネージャー
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):迷監督スヌーピー
  • 8(1983年)
    • 日本語題(学研版): スヌーピーの悩み相談【第12巻(二か国語版) 収録】
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#2
    • 下記5作品で構成されている。
      • Kite-Eating Tree
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):タコを食べる木
      • Sally
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):サリーの宿題
      • Camp
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):サマーキャンプ
      • Lucy Loves Schroeder
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ルーシーはシュローダーが好き
      • Scared Snoopy
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):こわがりやのスヌーピー
  • 9(1983年)
    • 下記4作品で構成されている。
      • Charlie Brown & Lucy
      • Kite
      • The Dance
      • Thiebault
  • 10(1983年)
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#16
    • 下記4作品で構成されている。
      • Gold Stars
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):金の星
      • Blanket
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):安心な毛布
      • Piano
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ピアノはどこ?
      • Teaching
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):アメリカン・フットボール
  • 11(1983年
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーは優等生 【第6巻 第2話 収録】
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#14
    • 下記5作品で構成されている。
      • STRAWS
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ストロー
      • Lucy Baseball
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ルーシーのリポーター
      • Peppermint Patty
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ペパーミント パティ
      • DAISY HILL PUPPY CUP
        • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーは優等生
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ディジーヒル名犬大賞
      • Linus and Lucy
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ライナスとルーシー 〜弟と姉〜
  • 12(1983年)
    • 日本語題(学研版):野球が大好きスヌーピー【第11巻(二か国語版) 収録】
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#13
    • 下記5作品で構成されている。
      • Sally at School
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):サリーは勉強中
      • Football
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):アメリカン・フットボール
      • School Patrol
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):スクール・パトロール
      • Blanket
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):毛布が笑う
      • The Team
        • 日本語題(学研版):野球が大好きスヌーピー
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):チームワーク
  • 13(1983年)
    • 日本語題(学研版):いたずらはやめて! スヌーピー【(背表紙青版)日本語吹替版 第1巻 第2話 収録】
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#18
    • 下記5作品で構成されている。
      • Vulture
        • 日本語題(学研版):いたずらはやめて! スヌーピー
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ハゲワシ
      • Blanket
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):安心な毛布
      • Peppermint Patty
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ペパーミント パティ
      • Re-run
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):リラン
      • Rainy Day
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):さあ!開幕戦だ!
  • 14(1985年
    • 日本語題(学研版):スヌーピーと豆の木【(背表紙青版)日本語吹替版 第2巻 第2話 収録】
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#3
    • 下記3作品で構成されている。
      • Snoopy's Foot
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):スヌーピーの足
      • Giant
        • 日本語題(学研版):スヌーピーと豆の木
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ジャイアント
      • Rerun
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):おませなリラン
  • 15(1985年)
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):たよりないね、チャーリー・ブラウン 【第7巻 第1話 収録】
    • 下記3作品で構成されている。
      • PELICANS
        • 日本語題(ポニーキャニオン版):ペリカンズ
      • GREAT PUMPKIN
        • 日本語題(ポニーキャニオン版):かぼちゃ大王
      • SPIKE
        • 日本語題(ポニーキャニオン版):スパイク
  • 16(1985年)
    • 日本語題(学研版):スヌーピーのコンピューターゲーム【(背表紙青版)日本語吹替版 第3巻 第2話 収録】
    • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーのコンピューターゲーム【第7巻 第2話 収録】
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#17
    • 下記3作品で構成されている。
      • SNOOPY ROBOT
        • 校外授業としての美術館見学を舞台にした作品としては、「There's No Time for Love, Charlie Brown」以来、12年ぶりに製作された。
        • 日本語題(学研版、ポニーキャニオン版):スヌーピーのコンピューターゲーム
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):スヌーピーのロボット
      • LINUS AND THE BLANKET
        • 日本語題(ポニーキャニオン版):ライナスと毛布
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):安心な毛布
      • FRIENDS
        • 日本語題(ポニーキャニオン版):チャーリー・ブラウンの意外な夏休み
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):友だち
  • 17(1985年)
    • カートゥーン ネットワーク放映連番:#9
    • 下記3作品で構成されている。
      • School Days
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ペパーミント パティのレポート
      • Snoopy's Trick
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):ふしぎなスヌーピー
      • Snoopy's Flight
        • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):スヌーピーはパイロット
  • 18(1985年)
    • 下記3作品で構成されている。
      • The Play
      • Sweet Babboo!
      • Snoopy's Story

This Is America, Charlie Brown(アメリカへようこそ)シリーズ

全8作品(1988年 - 1989年)

  • This Is America, Charlie Brown The NASA Space Station
    • 作品の舞台は国際宇宙ステーションではなく、フリーダム宇宙ステーション
    • 結末はライナスの夢オチとされている。
    • 同シリーズのもう1作である「アメリカへようこそ 音楽とヒーロー」と異なり、作中での教育的要素は全く無い。
      • 日本語題(ポニーキャニオン版):スヌーピーは宇宙飛行士【第7巻 第3話 収録】
      • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#35 アメリカへようこそ ナサ宇宙基地
  • This Is America, Charlie Brown The Music and Heroes of America
    • アメリカの建国史を絡めながら音楽史を解説し、進行。
      • 放映連番・日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版):#36 アメリカへようこそ 音楽とヒーロー
  • This Is America, Charlie Brown The Mayflower Voyagers
  • This Is America, Charlie Brown The Wright Brothers at Kitty Hawk
  • This Is America, Charlie Brown The Great Inventors
  • This Is America, Charlie Brown The Building of the Transcontinental Railroad

PEANUTS スヌーピーショートアニメ シリーズ

フランスで製作されフランスでは2014年に放送された。カートゥーン ネットワークでは2015年に放送された。全26作品(2015年)

  • 各話、約8分間弱のショートストーリー。TVシリーズ初のハイビジョン作品。
  • 2015年10月4日から12月27日までテレビ東京にて放送。
  • 2017年10月7日から2020年3月28日まで毎週土曜にNHK Eテレでも放送された。字幕視聴対応、副音声はフランス語ではなく英語。3分の放送枠に編集・構成され、2019年9月末に104回まで放送した後、翌月以降は再放送に移行していた。BSプレミアムでも、Eテレ放送分第79回を初回として2019年8月11日から放送開始。Eテレの放送が終了した後も継続している。
  • 下記の各回題名は、カートゥーン ネットワークによる邦題。
    • 第1回 「しっかりやってよ、スヌーピー」
    • 第2回 「学校の仲間達」
    • 第3回 「大丈夫だよ、チャーリー・ブラウン」
    • 第4回 「ライナスの大切な物」
    • 第5回 「赤毛の女の子」
    • 第6回 「スポーツ大好き」
    • 第7回 「もっと弾いてよ、シュローダー」
    • 第8回 「正しいか間違いか」
    • 第9回 「恋って何なの?」
    • 第10回 「もうすぐクリスマス」
    • 第11回 「フリーダは髪が自慢」
    • 第12回 「スヌーピーの1日」
    • 第13回 「トラブル発生」
    • 第14回 「人気者になりたい」
    • 第15回 「個性で勝負」
    • 第16回 「野生の動物」
    • 第17回 「名監督チャーリー・ブラウン」
    • 第18回 「大好き!オスマー先生」
    • 第19回 「ペパーミント・パティの転校」
    • 第20回 「僕の毛布」
    • 第21回 「スヌーピーの小説」
    • 第22回 「チャーリー・ブラウンの凧揚げ」
    • 第23回 「思いやりが大切」
    • 第24回 「ハッキリさせてよ」
    • 第25回 「どうかしてるよ スヌーピー」
    • 第26回 「ミス・コンテスト」

OVA

  • It Was My Best Birthday Ever, Charlie Brown1997年
    • 実質、ライナスが主人公の作品。
      • 日本語題(CIC・ビクター ビデオ版): スヌーピーとチャーリー・ブラウン お誕生日おめでとう!

劇場公開作品

A Boy Named Charlie Brown1969年12月6日公開)

  • 日本語題: スヌーピーとチャーリー
  • 日本語題: スヌーピーとチャーリー・ブラウン
  • 日本語題(カートゥーン ネットワーク放送版): チャーリー・ブラウンという男の子
  • スペリング・ビー(単語の綴りを答えるコンテスト)が題材。最後の最後で「ビーグル」を“beagel”と間違え、全米大会進出は成らず予選準優勝に終わる。「がんばれ えいゆう!」「もうひといき!」の上下2巻でコミック化。
  • ポップアートや前衛絵画が随所に登場し、さながら実験アニメ風の如き様相を持つ。
  • 劇中でシュローダーがピアノを演奏する。ポップアートに彩られたこのシーンで彼が演奏しているのはベートーヴェンのピアノソナタ第8番『悲愴』の第2楽章。
  • チャーリー・ブラウンの率いる野球チームが初めて試合に勝つ(ただし、チャーリー・ブラウンはスペリング・ビー全米大会最終予選出場のため、試合には出場できず、大会会場へ応援に駆けつけたライナスからの報告を通じ、当の出来事が明らかになる)。
    • The Charlie Brown and Snoopy Show #3」挿入話のうちの二話目「Baseball」でも、試合を観戦しに来た赤毛の女の子の視線が気になり気が動転したチャーリー・ブラウンが途中降板・帰宅後、勝利。
  • 日本では1972年9月23日公開。配給は東和が、1976年公開版の配給は東宝東和が、1984年公開版(『少年ケニア』と同時上映)配給は東映がそれぞれ担当した。
  • 1976年公開版及び松竹CBS/FOXビデオから発売されたソフト版でのチャーリー・ブラウン役の声優は野沢雅子、ルーシー役は平井道子が担当。
  • ライナスがチャーリーブラウンに安心毛布を貸し出し、しばらく毛布なしで生活するという珍しい展開がある。体調は絶不調。
  • 「チャーリーブラウンという男の子」として放送される際は「帰っておいで、スヌーピー」と同じく、チャーリー・ブラウンを坂本千夏、ライナス役を横沢啓子、ルーシー役を渕崎ゆり子が担当している。もともと TBS「木曜シネマシアター」で放送された際の布陣であるが、NHKカートゥーン ネットワークでの放送もこのバージョンが放映された。
  • 第43回アカデミー賞編曲・歌曲部門にノミネートされた。

Snoopy, Come Home1972年8月9日公開)

  • 日本語題: スヌーピーの大冒険
  • 日本語題: スヌーピーアドベンチャー
  • 日本語題: 帰っておいで、スヌーピー
  • 日本では1973年8月11日に公開。劇場公開時はチャーリー・ブラウン役の声優を野沢雅子が担当。松竹CBS/FOXビデオから発売されたソフト版では、チャーリー・ブラウン役の声優を古田信幸、ルーシー役を滝沢久美子が担当。他、テレビ放映版(放送局: TBS、NHK、カートゥーン ネットワーク)では、チャーリー・ブラウン役の声優を坂本千夏、ライナス役を横沢啓子、ルーシー役を渕崎ゆり子が担当していた。

Race for Your Life, Charlie Brown1977年8月24日公開)

  • 日本語題: がんばれ!スヌーピー
  • 日本語題: スヌーピーとチャーリーブラウン
  • 日本語題: 劇場版 スヌーピーとチャーリー・ブラウン がんばれ!スヌーピー
  • 日本では1977年7月16日に公開(本国よりも一ヶ月先行)。劇場公開時のチャーリー・ブラウン役の声優は野沢雅子が担当。CIC・ビクター ビデオ版では、チャーリー・ブラウン役の声優を古田信幸、ルーシー役を滝沢ロコが担当。他、テレビ放映版(放送局: 日本テレビ、カートゥーン ネットワーク)では、チャーリー・ブラウン役の声優を塩屋翼、ライナス役を塩沢兼人が担当していた。

Bon Voyage, Charlie Brown (and Don't Come Back!!)1980年5月30日公開)

  • 日本語題: スヌーピーとチャーリー ヨーロッパの旅
  • 日本語題: 劇場版 スヌーピーとチャーリー・ブラウン ヨーロッパの旅
  • 日本で唯一、劇場未公開の映画作品となった。
  • CIC・ビクター ビデオ版(第1期・第2期)では、チャーリー・ブラウン役の声優を古田信幸が担当。

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(2015年11月6日公開)

詳細は『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』を参照。

ウェブ配信作品

以下はすべてAppleが運営している動画配信サービスApple TV+にて配信されている。

スヌーピー 宇宙への道(2019年)

Apple TV+のサービスが開始された2019年11月1日より配信された[19]

スヌーピーのショータイム!(2021年)

原題はThe Snoopy Show。ピーナッツ生誕70周年を記念した作品で、2021年2月5日より配信開始[20][21][22]

日本語吹き替え版アニメ

1971年12月25日に最初の日本語吹き替え版が、NHK総合テレビで製作・放送された[23](この回は『チャーリー・ブラウンのクリスマス』(現在の邦題は『スヌーピーのメリークリスマス』))。≪日本語吹き替え版 各バージョンの詳細≫

チャーリー・ブラウン=谷啓(NHK第一期・NHK第二期・東京12チャンネル)版、及びチャーリー・ブラウン=なべおさみ(NHK第三期)版については、テレビ放映(本放送と何度かの再放送)のみでビデオ化・DVD化はされておらず、視聴はほぼ不可能である。チャーリー・ブラウン=古田信幸東北新社)版、及びチャーリー・ブラウン=杉山佳寿子学研)版についても、ビデオ化こそされているものの、権利問題などのためDVD化はされていない。

原作者シュルツはアメリカでのアニメ放送が始まる際、より子供らしさを演出するために同年代の子役を吹き替えにあてるべきだとスタッフに述べて受け入れられ、アメリカでは子役たちが声を当て、声変わりをすると交代している。日本でも一部の吹き替え版(チャーリー・ブラウン=日吉孝明(ポニーキャニオン)版、チャーリー・ブラウン=奈良和憲(BS2カートゥーン ネットワーク)版)などは子役を起用している。

なお、以下のすべてのバージョンにおいて、スヌーピーとウッドストックの声(彼らは人間の言葉はしゃべらない。唸り声や叫びなどを上げるのみ)は、アニメ版の監督であるビル・メレンデスが演じている原語版をそのまま流用している。

1995年3月22日からNHKで使われていた丸みを帯びた赤文字を三つの卵形図形で囲った先代のロゴマークは、後記するNHKプラスの本配信を控えた2020年3月30日以降はこちらをベースに角度・文字間隔を調整したものが正式なロゴとなり、灰色をベースとしたものに変更され、長年日本におけるカートゥーン ネットワークの公式ウェブサイトで使用された1992年版の初代ロゴは、2021年1月より廃止し、日本におけるWarner Bros. Discovery Japan(ワーナー・ブラザース・ディスカバリー ジャパン)としての運用開始は、2022年からターナージャパン株式会社(TBS)で展開しているため[注 13][24][注 14][注 15]、本作における日本語吹き替え版アニメは、チャーリー・ブラウン=奈良和憲(BS2・カートゥーン ネットワーク)版からチャーリー・ブラウン=古田信幸(東北新社・CIC・ビクター ビデオ)版、チャーリー・ブラウン=杉山佳寿子(学研)版、チャーリー・ブラウン=日吉孝明(ポニーキャニオン)版に変更された[注 16][注 17]

谷啓(NHK第一期)(1971年 - 1972年)

声優

谷啓(NHK第二期)(1975年 - 1976年)

声優
  • チャーリー・ブラウン(声: 谷啓)
  • サリー・ブラウン(声: 松島トモ子
  • ルーシー・ヴァンペルト(声: うつみ宮土理)
  • ライナス・ヴァンペルト(声: 野沢那智
  • リラン・ヴァン・ペルト(声: 曽我部和行
  • シュローダー(声: 田中亮一
  • ペパミントパティ(声: 林洋子)
  • マーシー(声: 牧野和子
  • フランクリン(声: 西川幾雄
  • ピッグペン(声: 八代駿)
  • ラッセル・アンダーソン(声: 田村錦人

谷啓(東京12チャンネル)(1977年 - 1978年)

東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放送されたバージョン。番組名称は「まんがスヌーピー」。初公開された作品はNHK版と同一キャストによる新規吹き替えだが、一部の作品でNHK第一期・第二期折衷のキャストとなっている。

日本の放送時間
放送期間 放送時間(JST
本放送 1977.4.5 1977.6.28 火曜19:30 - 20:00
再放送 1978.1.5 1978.3.30 木曜19:30 - 20:00

(参考:毎日新聞 縮刷版』毎日新聞社、1977年4月5日 - 同年6月28日・1978年1月5日 - 同年3月30日頁。 ラジオ・テレビ欄)

声優
  • チャーリー・ブラウン(声: 谷啓)
  • サリー・ブラウン(声: 加藤みどり&松島トモ子)
  • ルーシー・ヴァンペルト(声: うつみ宮土理)
  • ライナス・ヴァンペルト(声: 小宮山清&野沢那智)
  • シュレーダー(シュローダー)(声: 肝付兼太&田中亮一)
  • ペパミントパティ(声: 林洋子)
  • マーシー(声: 牧野和子)
  • フランクリン(声: 西川幾雄)
  • ピッグペン(声: 八代駿)
  • バイオレット(声: 駒村クリ子
  • パティ(声: 吉田恵美子)
  • シャーミー(声: 幹本雄之
  • フリーダロレッタ(声: 松金よね子
東京12チャンネル 火曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
天下一大物伝
まんがスヌーピー
(本放送)
東京12チャンネル 木曜19時台後半枠
まんがスヌーピー
(再放送)

なべおさみ(NHK第三期)(1981年 - 1985年)

第一期に谷啓らによって一度公開されたにもかかわらず、第二期になべおさみらによって新たに収録しなおされた作品も何点かある。

また、第二期は声優の他に日本語訳にもその特徴がある。通常、ペパーミントパティはチャーリー・ブラウンをチャック、マーシーはチャールズと呼ぶが、この第二期吹き替えではチャーリー、もしくはチャーリー・ブラウンと呼ぶようになっている。また、シュローダーという名前が第一期同様シュレーダーとされているが、これは当時そう翻訳されていたため。

この他にも第二期吹き替えでは、原作そのままだと日本語的に不自然になってしまう箇所を秀逸に意訳している。放送時間も短く、谷啓版とは異なり本編中の一部がカットされていたり、エンディング部分をカットされることなども多かった。そのため、赤毛の女の子登場回の、チャーリー・ブラウンが最後に浮かれまくるエンドロール中の長いセリフは、最初と最後を強引に繋ぎ合わせており、非常に不自然である。

声優

古田信幸(1983年 - 1998年)

商品展開時期としては実に約15年間にもおよび、最長と言われる。

声優

杉山佳寿子(1990年代)

全キャストに女性声優を充てているのが特徴。

  • 学研(各作品は、一部を除きセル版の販売レーベルはビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)、レンタル版の販売レーベルは東宝)により「スヌーピー&チャーリー・ブラウン」というシリーズ名でビデオ化。各作品の日本語題は、一部を除きポニーキャニオン版と同じ。二種類の日本語吹き替え版(発売時期により背表紙の色・一本あたりに収録されている話数が異なる)共に、東北新社版と被っている収録話は無い。二か国語版については、一話分(「A Charlie Brown Christmas」(1965年))のみ東北新社版と被っている。三種類、全て絶版。
    • 日本語吹き替え版(ビデオテープ背表紙青版): ビデオ一巻につき、二話分収録。全3巻。
    • 日本語吹き替え版(ビデオテープ背表紙赤版): ビデオ一巻につき、一話分のみ収録。背表紙青版に比べ、一話分ラインナップが多い(「スヌーピーのプレイボール!」It's Arbor Day, Charlie Brown(1976年))。全7巻。
    • 二か国語版(ビデオテープ背表紙緑版): 全5巻(巻数は、背表紙赤版の方の日本語吹き替え版と一緒に連番されているため、8 - 12と付番されている)。
声優
  • チャーリー・ブラウン(声: 杉山佳寿子)
  • サリー・ブラウン(声: 松井菜桜子)
  • ルーシー・ヴァンペルト(声: 三輪勝恵)
  • ライナス・ヴァンペルト(声: 伊倉一恵)
  • シュローダー(声: 折笠愛
  • ペパーミントパティ(声: 山田栄子
  • マーシー(声: 林原めぐみ
  • フランクリン(声: 富沢美智恵
  • ピッグ・ペン(声: 水谷優子
  • バイオレット(声: 水谷優子、川村万梨阿
  • フリーダ(声: 水谷優子、伊藤美紀
  • シャーミー(声: 真柴摩利
  • リラン(声: こおろぎさとみ

日吉孝明

全キャストに子供声優を充てている(各役の担当が固定化されていない)のが特徴。

声優
  • チャーリー・ブラウン(声: 日吉孝明
  • その他(声: 林勇、金沢奈穂、石井寧、岩下恭子、青木夏海、奈良和憲 etc...)

奈良和憲

日吉孝明の時と同様に、全キャストに子供声優を充てている。

  • NHK衛星第2テレビジョンの「衛星アニメ劇場」で約1年間放送(「A CHARLIE BROWN CHRISTMAS」のみクリスマス特別番組で放送)。後に同じ内容のものを「チャーリー・ブラウンとスヌーピー」というシリーズ名で、CSやケーブルテレビを介しカートゥーン ネットワークで循環放送し続けている。現在のところ全39回であるが、第38回(#38)「ぼくたちのフランス旅行(原題:What Have We Learned, Charlie Brown?)」は戦争シーン(チャーリー・ブラウンの祖父も従軍していた連合軍によるノルマンディ上陸作戦)を含むという理由[27]から放送ラインナップから外され、欠番扱いとなっている。最終回となった「スヌーピーの生い立ち(原題:Snoopy's Reunion)」では俳優の火野正平がゲスト出演した。
声優
  • チャーリー・ブラウン(声: 奈良和憲)
  • サリー・ブラウン(声: 松崎夏希
  • ルーシー・ヴァンペルト(声: 小高奈月
  • ライナス・ヴァンペルト(声: 大久保祥太朗)
  • リラン・ヴァンペルト(声: 松崎駿司
  • ペパーミント・パティ(声: 奥野れみ)
  • マーシー(声: 川口沙織)
  • シュローダー(声: 田中裕規)
  • フランクリン(声: 加藤真央)
  • パティ(声: 島田裕里)
  • バイオレット(声: 松下菜美)

劇場版アニメ

野沢雅子
  • 「スヌーピーとチャーリー」
  • 「スヌーピーの大冒険」
  • 「がんばれ!スヌーピー」
声優
塩屋翼
  • 「スヌーピーとチャーリーブラウン」
声優
  • チャーリー・ブラウン(声: 塩屋翼)
  • サリー・ブラウン(声: 井上瑤
  • ライナス・ヴァンペルト(声: 塩沢兼人
  • ペパミント・パティ(声:小宮和枝)
  • フランクリン(声: 龍田直樹
  • サマーキャンプのワル1(リーダー)(声: 富山敬
  • サマーキャンプのワル2(太っちょ)(声: たてかべ和也
  • サマーキャンプのワル3(前歯)(声: 肝付兼太)
松岡洋子
  • 「スヌーピーとチャーリー・ブラウン」
  • 「スヌーピーアドベンチャー」
声優
坂本千夏
  • 「チャーリーブラウンという男の子」
  • 「帰っておいで、スヌーピー」
声優
古田信幸(第一期)
  • 「スヌーピーの大冒険」
  • 「スヌーピーとチャーリー ヨーロッパの旅」
声優
  • チャーリー・ブラウン(声: 古田信幸
  • サリー・ブラウン(声: 神代知恵
  • ルーシー・ヴァンペルトマーシー(声: 滝沢久美子)
  • ライナス・ヴァンペルト(声: 堀内賢雄)
  • シュローダー(声: 小野健一
  • ペパーミント・パティ(声: 羽村京子
  • フリーダクララ(声: 木藤聡子)
  • ライラ(声: 吉田美保
  • その他(声: 松井菜桜子 他)
古田信幸(第二期)
  • 「劇場版 スヌーピーとチャーリー・ブラウン がんばれ!スヌーピー」
  • 「劇場版 スヌーピーとチャーリー・ブラウン ヨーロッパの旅」
声優
下條アトム

2003年12月29日にNHK衛星第2テレビジョンで放送されたもの(再放送:2004年12月31日)。

  • 「スヌーピーとチャーリーブラウン ヨーロッパの旅」
声優

Happiness is: スヌーピーと幸せのブランケット(2011年映画)

アニメ広告(産経新聞)

チャーリー・ブラウンは南央美が演じた。

産経新聞でピーナッツのカラー漫画が掲載されるようになり、キャラクターがCMに起用された。しかし、産経新聞が夕刊をやめることを広告内で紹介したため、夕刊不要論が新聞不要論に展開するのではないかと業界団体から懸念されてしまい、短期間で打ち切られてしまった。そのため放映期間は非常に短い。

アニメ広告(KENWOOD「アローラ」)

シュローダーが登場。


注釈

  1. ^ 1947年から1950年までは、本作の前身である『リル・フォークス』が連載されていた。
  2. ^ 後年になってから、このタイトルも併記していた時期がある。
  3. ^ 初期の単行本は傑作選だった。
  4. ^ 既存の物にも修正を加えている。谷川は翻訳について、日課であり生きがいとなっている旨のコメントをしていた[6]
  5. ^ 1971年、同年の「SUMMER号」としてツル・コミックスから創刊。第2号の1971年11月号から月刊化。出版社は1973年4月号から盛光社、1974年6月号からすばる書房盛光社、1976年2月号からすばる書房に変更され、1979年8月号で休刊[8]
  6. ^ 一度マーシーとトレードされたのだが、ペパーミント・パティは彼女のあまりの下手さに呆れ、結局元通りになった。
  7. ^ しかし、チャーリー・ブラウンが退院した際にはしっかりと押さえていたのだが、日頃の行いからか彼が間違って彼女の腕を蹴ってしまい、骨折させられたこともあった。また、最終話近くでは弟のリランにボールを託したためにボールを蹴られてしまった。アニメではスヌーピーの手品で透明人間になったチャーリーに蹴られたこともある。
  8. ^ 鶴書房のコミックスではドイツ語の発音に近い「シュレーダー」と表記。
  9. ^ 鶴書房版ではパトリシア・ライクハート。角川書店版ではパトリシア・レイクハート。英語の発音は“ライカート”に近い。
  10. ^ 本来は「豚小屋」の意。
  11. ^ ただし、チャーリー・ブラウンはフットボールチームを持ってないため、ペパーミント・パティのチームに頼み込むも、小さすぎるという理由で断られた。
  12. ^ フットボール用のマスクに3人も入っているほどの小柄。
  13. ^ 1992年 - 2002年にかけてタイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社が運用を開始して以来20年振りとなる。
  14. ^ 後に2022年1月1日以降の日本におけるカートゥーン ネットワークのバンパーやタイトルテロップは、「Dimensional」から「Redraw Your World(えがこう!キミだけの世界)」に一新され、同年2月より、日本におけるカートゥーン ネットワークの公式ウェブサイトは、「CHECK it 1.0」から「Redraw Your World(えがこう!キミだけの世界)」にリニューアルした。
  15. ^ 2022年6月22日ワーナーメディア・ジャパンは、ディスカバリー・ジャパンと統合し、ワーナーブラザース・ディスカバリー・ジャパンとして新体制に移行したため[25]
  16. ^ ただし、『There's No Time for Love, Charlie Brown』(1973年)のみの日本語吹き替え版アニメは、チャーリー・ブラウン=古田信幸(東北新社)版、チャーリー・ブラウン=杉山佳寿子(学研)版、チャーリー・ブラウン=日吉孝明(ポニーキャニオン)版は存在せず、チャーリー・ブラウン=なべおさみ(NHK第三期)版が存在しており、現在ニコニコ動画で視聴することが可能となっている[26]
  17. ^ いずれも共同提供は、ソニー・ミュージックエンタテインメントWildBrain ジャパンが担当している。ただし、チャーリー・ブラウン=古田信幸(CIC・ビクター ビデオ)版における新作短編のみの共同提供は、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン、ソニー・ミュージックエンタテインメント、WildBrain ジャパンが担当している。
  18. ^ 2003年に契約満了で別の色に塗り替えられ、2010年までに全車が除籍された。

出典

  1. ^ 谷川俊太郎訳「ピーナッツ全集」が刊行。未邦訳含む全作品を収録”. ミーティア (2019年10月31日). 2020年7月12日閲覧。
  2. ^ SNOOPY公式サイト:ピーナッツ情報局 2000年10月
  3. ^ CHARLES M. SCHULZ, CREATOR OF PEANUTS, TO RETIRE
  4. ^ Judith Yaross Lee『Twain's Brand: Humor in Contemporary American Culture』 (2012年), p. 166
  5. ^ a b 『スヌーピーの50年 - 世界中が愛したコミック「ピーナッツ」』26頁。
  6. ^ “谷川俊太郎, 2020年4月”. Twitter (河出書房新社). (2020年6月12日). https://mobile.twitter.com/kawade_honyaku/status/1271400317276393472 2020年7月12日閲覧。 
  7. ^ “【スヌーピー好きの皆様へのお知らせ】”. Twitter (河出書房新社). (2020年6月26日). https://mobile.twitter.com/kawade_honyaku/status/1276487361803595776 2020年7月12日閲覧。 
  8. ^ 『スヌーピー・ブティック―Peanuts vintage collectibles (2)』辰巳出版(タツミムック)、2002年、130-134頁。ISBN 4-88641-744-2
  9. ^ a b c 『キャラクタービジネス 知られざる戦略』156頁。
  10. ^ 宮下真(著)、星野克美(監修)『キャラクタービジネス 知られざる戦略』青春出版社、2001年、155頁。ISBN 4413018273
  11. ^ 『キャラクタービジネス 知られざる戦略』156-158頁。
  12. ^ スヌーピーミュージアム オープン記念展「愛しのピーナッツ。」詳細決定!、スヌーピーミュージアム、 2016年3月17日。 (PDF)
  13. ^ a b c 「遅咲き、スヌーピー飛ぶ、今年で来日50年、キャラ市場、キティ抑え3位、17年フレンズ18年スポーツ、日本独自テーマ」『日経MJ』2018年9月14日付、3頁。
  14. ^ スヌーピーは○○と呼んでほしかった? 作者の妻ジーンさんが教えてくれた「ピーナッツ」15の秘密” (2016年5月15日). 2020年3月22日閲覧。
  15. ^ a b 町山智浩『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか』(太田出版)
  16. ^ Peppermint Patty” (日本語). SNOOPY.co.jp:日本のスヌーピー公式サイト. 2019年7月3日閲覧。
  17. ^ Marcie” (日本語). SNOOPY.co.jp:日本のスヌーピー公式サイト. 2019年7月3日閲覧。
  18. ^ スヌーピー全集
  19. ^ Apple TV+、世界最高の才能たちが手がけるApple Original作品を携え、本日より提供開始”. Apple (2019年11月1日). 2020年11月7日閲覧。
  20. ^ Apple TV Plus Releases ‘The Snoopy Show’ Teaser (TV News Roundup)”. Variety (2020年10月2日). 2020年11月7日閲覧。
  21. ^ 【ニュース】Apple TV+でアニメ「スヌーピーのショータイム!」2月配信予定。「ピーナッツ」70周年を記念して”. iをありがとう (2020年10月3日). 2020年11月7日閲覧。
  22. ^ The Snoopy Show Apple TV+ Press
  23. ^ 『完全版ピーナッツ全集11巻』河出書房新社。 
  24. ^ WarnerMedia Japan (ワーナーメディア ジャパン) - 外資系求人・英語を使う転職・就職ならキャリアクロス”. careercross.com. 2022年2月21日閲覧。
  25. ^ WBDiscoveryより新体制のご案内”. ワーナーブラザース・ディスカバリー・ジャパン (2022年6月22日). 2022年7月1日閲覧。
  26. ^ スヌーピーとチャーリー・ブラウン「チャーリー・ブラウンの美術鑑賞」”. ニコニコ動画 (2021年4月24日). 2021年9月4日閲覧。
  27. ^ カートゥーン ネットワーク カスタマーセンターより
  28. ^ a b https://www.snoopy.co.jp/event/4823/ 役名は放送分のクレジットより
  29. ^ LICENSETEAMライセンスチーム - CANTERBURY (カンタベリー)公式通販” (日本語). GOLDWIN WEB STORE. 2021年5月17日閲覧。
  30. ^ “「きみはいい人〜」チャーリー・ブラウンとスヌーピーは村井良大&中川晃教”. ステージナタリー. (2016年7月22日). https://natalie.mu/stage/news/194404 2016年10月26日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピーナッツ (漫画)」の関連用語

ピーナッツ (漫画)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピーナッツ (漫画)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピーナッツ (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS