ピザ 作り方

ピザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 23:46 UTC 版)

作り方

一般的な作り方。

生地づくり

まず作業台の上に、材料(強力粉、塩、イースト)で小さな山をつくる。材料の小山のまんなかに(火山の噴火口のような台まで見える穴)『くぼみ』をつくる。そのくぼみや穴に水を入れて、水と周囲の材料を混ぜて、ひとかたまりにまとめ、まとまったら、それをこね、その後に発酵させ、生地(ピザクラスト)をつくる。

イタリアのピザ店では生地を24時間以上、じっくりと熟成させる。アメリカ風の店では、作業効率重視で、それほど時間をかけていない可能性がある。

その生地を薄く円形に成形。

成形された生地の上にトマトソースを薄く塗る。

具材載せ

基本的にオリーブオイルを使う。具材の選択はイタリア流とアメリカ風でやや異なる。本場イタリア流では、人びとは生地のパリッとした焼き加減、ピッツァ生地自体の旨み(うまみ)を楽しむので、具は少ないシンプルなものが好まれる傾向にある。基本はトマトソースとチーズなど。ただし、トマトソースを使わないピザや、チーズを使わないピザもある。トマトソースを使わないものをピッツァ・ビアンカ(白いピッツァの意)と言う。

アメリカ風のピザにするならば(トマトソースの上に)シーフード野菜などの具をたっぷりと載せる。アメリカ風はマヨネーズも多用する。

焼き

やオーブンで焼く。大きな窯を用いて焼く場合には、ピザピールという道具を用いて出し入れを行う。 本場イタリアのピッツァで薄手に仕上げてあるものを、大きなピッツァ専用窯で焼く場合で窯の内部温度を400度ほどにしている場合、わずか1分ほどで焼きあがる。生地に火が通れば(チーズを載せる場合はチーズに軽い焦げ目がつけば)出来上がる。本場イタリアのピッツァ窯は窯内部でを燃やして温度を上げるので、ピッツァがかすかに燻味(くんみ。燻製したような香り)をまとう、という効果もある。

アメリカ風のピザチェーン店の窯では温度設定がもっと低く、もっと時間がかかる。スーパーで販売されている冷凍食品は、家庭の電気式オーブントースターで焼く場合、5分~10分程度と、時間が設定される。

また、オーブンで生地を焼く代わりに、油で揚げると揚げピザとなる。イタリアやスコットランドのものがよく知られている。

また、揚げピザ以外には、カルツォーネなどが知られている。

注釈

  1. ^ 『日本大百科全書』は「ピッツァ」というカタカナ表記で項目を立てている。
  2. ^ イタリア語発音: [ˈpittsa] ッツァ
  3. ^ 英語発音: [ˈpiːtsə] ッツァ、ーツァ
  4. ^ フランス語発音: [pidza] ピッザ
  5. ^ なお、東京の日本交通がニック・ザペッティに“ニコラス”のチェーン展開をもちかけ、同社が負債の代物返済として店舗を取得し、東京赤坂ほかで運営していたことがある。

出典

  1. ^ 『イタリアマンマの粉ものレシピ - 本格的ピッツァやパスタが家で作れる!』講談社、2016年
  2. ^ Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. p.67
  3. ^ ナポリピザの職人技、ユネスコ無形文化遺産に決定ロイター、2017年12月8日、2022年2月5日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o The Washington Post, Five myths about pizza
  5. ^ Publication of an application pursuant to Article 8(2) of Council Regulation (EC) No 509/2006 on agricultural products and foodstuffs as traditional specialities guaranteed” (英語). EUR-Lex (2008年2月14日). 2021年12月11日閲覧。
  6. ^ Ventunesima revisione dell'elenco dei prodotti agroalimentari tradizionali - Tabella con suddivisione per Regione e categoria merceologica (293.69 KB) (pdf)” (イタリア語). Ministero delle politiche agricole alimentari e forestali. 2021年12月4日閲覧。
  7. ^ Disciplinare Internazionale Per L’ottenimento Del Marchio Collettivo “Verace Pizza Napoletana” – (Vera Pizza Napoletana) (pdf)” (イタリア語). Associazione Verace Pizza Napoletana (AVPN). 2021年12月14日閲覧。
  8. ^ ピザはバランス栄養食”. ピザ協議会. 2013年4月13日閲覧。
  9. ^ La vera pizza napoletana - ピザについて(イタリア語)
  10. ^ 「イタリアでピザの『自動製造販売機』が登場へ」 ロイター、2009年3月27日、2022年2月5日閲覧
  11. ^ ピザのマーケット - ピザ協議会
  12. ^ 「兵庫人 挑む」第9部 われら地球人 ニッポンで追い求める夢 祖国離れ苦労の末に得た幸せ - 神戸新聞、2007年12月23日
  13. ^ ピザ東京デビューは丸?四角? - 東京新聞、2006年6月10日
  14. ^ みんな知ってる? 11月20日はピザの日 - ピザ協議会(PDF)
  15. ^ 小麦粉のおはなし (財)製粉振興会、2003年4月
  16. ^ Tokyo Underworld: The Fast Times and Hard Life of an American Gangster in Japan Robert Whiting, Knopf Doubleday Publishing Group, Sep 29, 2010
  17. ^ 『東京アンダーワールド』ロバート・ホワイティング(角川書店)
  18. ^ 『近代日本食文化年表』小菅桂子(雄山閣出版、1997年)
  19. ^ ジェーシー・コムサ 大河原愛子会長 - BSジャパン「直撃! トップの決断」 2007年4月28日放送
  20. ^ 【動画付き】神宮の森に“青空カフェ”誕生…「シェーキーズ」日本上陸35年目の挑戦 ニュースウォーカー
  21. ^ 「外食史に残したいロングセラー探訪(35)紅鹿舎ピザトースト」 2009年12月7日付『外食レストラン新聞』10面
  22. ^ 「東京ふつうの喫茶店」第67回「カフェレストラン 紅鹿舎(有楽町) ピザトーストの元祖」 平凡社
  23. ^ ドミノ・ピザの紹介”. 株式会社ドミノ・ピザ ジャパン. 2016年6月9日閲覧。
  24. ^ 自販機で“焼きたてピザ”⁉︎ 広島で設置、連日大行列”. SankeiBiz. 2018年9月5日閲覧。
  25. ^ “ピザの“自販機”が広島に登場‼︎「3年で全国100台」目標、あなたの街にも?”. オトナンサー (株式会社メディア・ヴァーグ). (2018年8月9日). https://otonanswer.jp/post/20772/ 2018年9月12日閲覧。 
  26. ^ お得な“2時からセット”で「イタリアンホットサンド」が復活! 2009年8月20日付け 東京ウォーカー
  27. ^ 採用情報:ヒット商品変遷史まで 昭和43年〜昭和60年 井村屋
  28. ^ アメリカ人の彼等が愛するお国の味!? excite.ニュース 2009年4月23日 10:00(2020年7月1日閲覧)
  29. ^ ドミノピザが宅配にドローンを採用? 「ドミコプター」テスト映像を公開(動画あり)
  30. ^ ドローン(無人飛行機)で配達するロシアのピザショップの実態
  31. ^ Bitcoin Pizza Day: Celebrating the Pizzas Bought for 10,000 BTC - ビットコイン・ピザ・デー(英語)






ピザと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ピザのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピザのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピザ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS