ビートたけしのお笑いウルトラクイズ 主な開催地

ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/12 08:26 UTC 版)

主な開催地

※ひねった地名やマイナーな箇所などを意図して開催することがある。

テーマ曲

  • オープニング曲:Shocker (Reprise)『The Dudes Of Wrath』
  • エンディング曲:スージー・クアトロ『The Wild One』

スタッフ

第20回(復活SP)

  • 企画監修:テリー伊藤
  • 構成:岩立良作ダンカン池田一之そーたに都築浩渡辺哲夫堀江利幸吉橋広宣、石川裕郁、西村隆志
  • スタジオ技術
    • TM:江村多加司
    • SW:木村博靖
    • CAM:蔦佳樹
    • VE:飯島友美
    • AUD:三石敏生
    • LD:小笠原雅登
  • 美術:中原晃一
  • デザイン:小林俊輔
  • 俳優座:鎌田直毅
  • シミズオクト:水原則之
  • テルミック:秋葉光宣
  • オブジェ:下吉克明
  • テレフィット:丸山善之
  • 東京衣裳:桜庭圭三
  • 京阪商会:高橋由美
  • 特効:栗原寛享
  • メイク:外山奈津子
  • 広報:河本香織
  • TK:塚越倫子、橋本美幸
  • 音効:幾代学
  • CG:神谷渉
  • 編集:横山亜希子
  • MA:水野貴浩
  • ロケ技術
  • 技術協力:八峯テレビ、オムニバスジャパン
  • 協力:南房総富浦ロイヤルホテル、マザー牧場、東都観光バスパイロテックタカハシレーシング、秋山メカステージ、読売新聞社、リモート・センシング技術センター、デジタル・アース・テクノロジー、大房荘、エムアイシー
  • 制作進行:藤田幸伸、渡邉禎、佐々木貴幸
  • デスク:川渕恵子
  • 編成:柴田裕次郎
  • 演出補:室伏幸太郎、久保木幹雄、赤坂真一、佐藤義之、宮川剛史、平山輝良、君島一彦、永野豪、鈴木茂正
  • AP:白石綾子、工藤江美子、川崎紗也香、田代久雄、山口敦司
  • ディレクター:新井秀和/三枝幹直、田口マサキ、諏訪陽介、柳井誠也、小俣猛、池上隆太郎、武信考、小日向淳史、海野裕二、諏訪一三、花岡圭一郎、中屋満、武田治、岡村勝久、川勝茂
  • 総合演出:財津功
  • プロデューサー:松本浩明/天笠ひろ美、古山晃、小山伸一、須原美香
  • チーフプロデューサー:松崎聡男
  • 制作協力:THE WORKSSp!ce FactoryZIONLOCOMOTION
  • 製作著作:日本テレビ

第1回 - 第19回

  • 企画:ビートたけし
  • 構成:伊藤輝夫(テリー伊藤)、岩立良作ダンカン池田一之そーたにおちまさと、口岩秀喜、都築浩渡辺哲夫堀江利幸、西条昇
  • 美術:羽谷重信
  • デザイン:石附千秋、中野嘉一郎、久保玲子、渡辺俊孝、黒木遠志、小林俊輔
  • 俳優座:谷恒光、鎌田直毅、和田俊輔、小泉稔、谷川雅一、箱田一郎
  • テルミック:小野寺正富、大脇豊、渡辺俊孝、北山隆人
  • オブジェ:生方一芳、飯尾次郎、下吉克明、田中源造、岩瀬充幸
  • 特殊効果:平岡栄治
  • 東京衣裳:市川竜史、林知美
  • 京阪商会:門田悦子
  • スタジオ技術
    • TP:須田昌宏(日本テレビ)
    • TD:松村興(日本テレビ)
  • ロケ技術:八峯テレビ、FLT(旧・彩光)、ブル
    • TD:金岩昭博
    • CAM:元木宏、天沼聡、武石典之、小林重徳
    • VE:土佐谷和利、中井章晴、菅原潤、大高浩、佐藤浩一、島田靖久、久保田雅文、藤崎康広、吉本勝弘
    • AUD:倉上宏之、木俣洋一、小沢成人
    • LD:金澤利徳、伊藤恵吉、米田晴夫
    • PA:藤田洋幸、山田光夫
  • 編集:TDKビデオセンター、チサンユニテック → ユニテックリファインド、スタジオヴェルト
  • EED:島田一浩、大貫豊一(2人共ユニテック)/森田祐司(WELT)
  • MA:石井勇人(ユニテック)/村松勝弘(WELT)
  • 音効:幾代学、石川良則、和田勝之、田中稔、宮坂睦美、白根沢修
  • TK:塚越倫子
  • デスク:櫛山照美、安徳篤子、所里美、国方里香
  • 演出補:坂本交司、志熊康治、近藤弘史、百合勝典、吉田美之、山田直樹、石川光一、金子泰之、米澤敏克、幸高広、平野覚、荒木宏幸、芝崎孝雄、早瀬志都加、川口淳一、山下尚樹、斉藤香世子、池田純、星野直美、太田幸生、栗原憲也、山中れい子、西村晋也、菊地正喜、藤田清志、松本哲也、平田健太郎
  • 制作進行:北村佳子、西雅史、田中悦子、神成欣哉、三木武
  • ディレクター:斉藤敏豪、高須信行、小林宏充、花岡圭一郎、増岡伸介、斉藤順、古山晃、畑岡英男、長谷川孝行、高橋純一、石水浩、米川昭吾、佐々木敦規、中野行男、石和富志男、小島悟、峯山聡志、佐藤俊一郎、堀田浩司、西本孝明、神崎啓太郎、岡村勝久、栗山暁、柳井誠也、海野裕二、藍沢勇、諏訪一三、川勝茂
  • 演出:財津功(日本テレビ)
  • プロデューサー:金谷勲夫・甘利孝・桜田和之(日本テレビ)、望月政道・玉井浩(IVSテレビ制作)、天笠ひろ美、大滝均(THE WORKS)、小山伸一(ZION)
  • 制作:加藤光夫(日本テレビ)
  • 制作協力:THE WORKSZION
  • 製作著作:日本テレビ

ネット局

系列は第20回放送時(2007年1月)のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 [注釈 6][注釈 7]
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 [注釈 8][注釈 7]
山形テレビ テレビ朝日系列 1993年3月まで[注釈 9]
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州 [注釈 10][注釈 7]
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢 1990年4月開局から
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[注釈 7]
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送 [注釈 11][注釈 7]
徳島県 四国放送
香川県
岡山県
西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列 1990年9月まで[注釈 12][注釈 7]
長崎国際テレビ 日本テレビ系列 1991年4月開局から
熊本県 熊本県民テレビ
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
[注釈 11][注釈 7]
宮崎県 テレビ宮崎 日本テレビ系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
[注釈 7]
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列 1994年3月まで[注釈 13][注釈 7]
鹿児島読売テレビ 日本テレビ系列 1994年4月開局から



注釈

  1. ^ 第1 - 19回では本名の"伊藤輝夫"名義で構成を担当。
  2. ^ なお、第20回は病み上がりのため欠場。その後2014年7月3日に逝去。
  3. ^ この問題は本家「アメリカ横断ウルトラクイズ」の第7回決勝にて最後に出題された
  4. ^ 実際には『テスト』ということでデンジャラスが行った
  5. ^ なおこの以前に本家の「アメリカ横断ウルトラクイズ」第7回にて「クイズヨットスクール」という名のクイズが行われた(ただし戸塚は出演していない)
  6. ^ 1991年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。
  7. ^ a b c d e f g h i クロスネット局は現旧ともに、いずれも日本テレビ系同時枠での放送回のみネット。ただし「火曜サスペンス劇場」の枠で放送した回は、ネットスポンサーの関係により時差ネットで対応する局もあった。
  8. ^ 1993年3月31日までテレビ朝日系列にも加盟。
  9. ^ 日曜プライムタイムでの放送回のみネット。
  10. ^ 1991年3月31日までテレビ朝日系列にも加盟。
  11. ^ a b 1993年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。
  12. ^ 1990年9月30日まで日本テレビ系列にも加盟。
  13. ^ 1994年3月31日まで日本テレビ系列にも加盟。

出典

  1. ^ 『21世紀版 ビートたけしのお笑いウルトラクイズ 非常識大百科』p65





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」の関連用語

ビートたけしのお笑いウルトラクイズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビートたけしのお笑いウルトラクイズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビートたけしのお笑いウルトラクイズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS