パンク・ロック 主なパンク・アーティスト

パンク・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/13 06:20 UTC 版)

主なパンク・アーティスト

UKパンク

USパンク

ハードコア・パンク

エモ

oi!

メロディック・ハードコア

ポップ・パンク

日本のパンクバンド


注釈

  1. ^ ディクテイターズ、ラモーンズパティ・スミスなどが挙げられる。
  2. ^ ジョン・ライドン2017年NPRインタビューに対して「自分は生まれながらのアナーキストだ」「どの地域のいかなる政府も支持しないし、未来も決して(政府を)支持しない」[2]と答えている。
  3. ^ 彼のスパイクヘア、破れたシャツに安全ピンのファッションは、マルコム・マクラーレンパンク・ファッションに影響を与えた。
  4. ^ 共同経営者は、美術大学時代の同級生で当時私的なパートナーでもあったヴィヴィアン・ウエストウッド。ニューヨーク・ドールズのライブ・ツアーで自ら売り込んでマネージャーを務めた経験がある。初めは普通のブティックだったが、後にSM専門のゴムや革の服を売る店に衣替えした。マルコムは、後にバウ・ワウ・ワウアダム・アンド・ジ・アンツのマネージャーも務め、さらには自分自身もミュージシャンとしてデビューしている。
  5. ^ 「アナーキー・イン・ザ・UK」「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などピストルズの多くの曲を作曲した。
  6. ^ 腕を貫通するほどの重傷だったという。
  7. ^ 解散後は「スタイル・カウンシル」を結成した。
  8. ^ ホルガー・シューカイらがメンバーだった。
  9. ^ 「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が全米チャートでもヒットした。
  10. ^ 「ロック・アゲインスト・ブッシュ」のアルバムに参加している。
  11. ^ 「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などパンクの歴史的な名曲を発表。
  12. ^ 「ホワイト・ライオット」「ロック・ザ・カスバ」などパンクの佳曲多数。
  13. ^ ビリー・アイドルは後に全米ヒットを何曲か獲得してロックスターになった。
  14. ^ パンクだけでなくモータウンなど多様な音楽性を持っていた。
  15. ^ 「ホンコン・ガーデン」はパワーポップ的な音楽性も示していた。
  16. ^ 代表曲は「ヴィーナス」「マーキー・ムーン」など。

出典

  1. ^ http://www.allmusic.com/style/new-wave-ma0000002750
  2. ^ 2017年3月31日 NPRネット記事。マンダリット・デル・バルコ(Mandalit Del Barco)によるジョン・ライドン・インタビューより http://www.npr.org 2019年11月12日閲覧
  3. ^ パンクロックは取り締まり対象、愛好者を丸刈りに インドネシア AFP(2018年1月10日)2018年1月11日閲覧
  4. ^ Stevie Chick (2011年6月13日). “The New York Dolls play 'mock rock' on British TV”. 2022年3月19日閲覧。
  5. ^ http://nme-jp.com/news/11129/
  6. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Suicide, 'Suicide' | Rolling Stone 2022年4月9日閲覧
  7. ^ Griffin, Jeff, "The Damned", BBC.co.uk. Retrieved on November 11, 2019.
  8. ^ Van Dorston, A.S., "A History of Punk", fastnbulbous.com, January 1990. Retrieved on December 2, 2019.
  9. ^ ビキニ・キル 『プッシー・ホイップド』花の絵 2014年2月17日
  10. ^ https://www.allmusic.com/artist/the-damned-mn0000138520


「パンク・ロック」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンク・ロック」の関連用語

パンク・ロックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンク・ロックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンク・ロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS