パリ・コミューン 第二帝政期の情勢と労働者

パリ・コミューン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 07:38 UTC 版)

第二帝政期の情勢と労働者

第二帝政とパリ

ナポレオン3世の肖像
パリ改造計画

第二帝政成立

ヨーロッパでは産業革命の波と凶作とによって封建的政治体制を覆す革命の波が押し寄せつつあった。

1848年革命二月革命)が勃発してオルレアン朝が倒壊し、短期間ながら第二共和政が成立したもの、政情不安が続いていた。こうした状況に頭角を現したのがナポレオンの甥ルイ・ナポレオンであった。彼は国民の圧倒的な支持で大統領就任を果たす[2][3]。1850年代に入るとともに景気回復が進み、政権は安定に向かっていく。ルイ・ナポレオンは産業革命を強力に推進する一方、積極的な社会政策を実施して、フランスの近代化を進めていった。同時代、アメリカではゴールド・ラッシュが到来した影響で農作物価格が上昇し、農業国フランスを支える農民の生活は向上していった[4][5]

1851年、ルイ・ナポレオンは国民的人気を背景にクーデターを断行、翌年には皇帝に即位して、ルイ・ナポレオンはナポレオン3世となった。ここに第二帝政が成立する[6][7]

第二帝政は成人男子選挙権にもとづく民主制に基礎を置いていたが、議員就任には反動的な内容の1852年憲法を下敷きに作られた帝国憲法への宣誓が必要で、実質的に皇帝の臣下を民選しているという程度のものであった。第二帝政期の政治の実態として、皇帝の権限が非常に強く、大臣の任命から行政官任用にいたるまでの人事権が皇帝に集中、皇帝専制政治の色彩を帯びたものであった[8][9]

ただ1850年代は西ヨーロッパ諸国の安定の時代であったことから時代の追い風を受けていたため、反動政治に対する国民の拒否感も少ないものであった。その後、ナポレオンは皇帝に即位してすぐは非常に意欲的で、積極的に自由主義政策を展開し、1860年には英仏通商協定英語版を締結した。この貿易自由化政策の結果、フランスでは農産物の輸出が増加して農民の生活はさらに向上に向かっていた[10][11]。また、皇帝は諸階級の上に立つ存在と見なされていたことから社会主義空想的社会主義の一つサン・シモン主義に近い)に対しても受容的な立場をとっており、皇帝の従兄弟にあたるナポレオン公シャルル・ボナパルトの指導のもとで労働者に対する恩恵的な政策も実施された。第二帝政期のフランス政治はボナパルティズムという民主主義と専制主義の異種独特な同居状態にあったと言える[12]

左:1795年から1860年までの12の行政区と48のカルティエ 右:1860年以降の20の行政区

そして、ナポレオン3世は好景気を背景としてジョルジュ・オスマンによるパリ改造や鉄道敷設事業など大規模な公共事業(オスマニザシオン)が展開された。パリ改造は次のようなものであった。官庁街や住宅街などの区画整備を推進して西部に高級住宅街を造成した。さらに、下水道の完備などの公衆衛生施設の改善に努め、不衛生なパリをより清潔な都市に変えていった。歴史的建造物の周辺に広大な広場を造成した他、広場と広場とを直線的な幹線道路で放射状に結び、都市の過密状態の解消に試みた。中世以来のパリを近代都市として生まれ変わらせていったのである。パリは20の区域に区画され再編されて現在われわれが見ている近代都市パリが形成されることとなる[13][14]。ただし、一方でこうしたパリ改造のために一般の民衆は過酷な立ち退きが強制され、こうした人々は住み慣れた中心部から追い出されて離れた郊外に移住を強いられた。その結果、パリ市近郊には中心部を取り巻くように「赤いベルト」と呼ばれた貧民街が形成されることとなった[15]。コミューン革命の舞台はこうした環境下のパリだったのである。

ナポレオン公シャルル・ボナパルト。開明派ボナパルティスト

第二帝政とパリ労働者

1860年代のパリ労働者の特徴としては、工場労働者というよりもより前近代的な性格が残されていた。工芸品の製造をはじめとする伝統的な手工業生産に従事しているものが多く、労働者というよりも職人というべきタイプの人々であった[16]。こうした職人的熟練労働者は自分の職と腕前に自負心を持つ職人気質の強い労働者であり、彼らの政治的志向はフランス革命期のサン・キュロット運動の歴史的経験を背景とした人民主権思想とその延長に形成されたプルードン的な職人社会主義思想に支えられていた[17]。フランス革命以来、パリ民衆はお上への直訴や談判などの直接行動を重視しており、ジャコバン的直接民主主義の伝統が残っていた。かれら民衆は酒場などでの労働者同士の交流を契機に、つよい連帯感と独立した階級意識を形成し、現実世界に対する批判的な精神を育んでいた。産業化・近代化の進むパリではより一層、格差と階級分離が深まっており、単なる強権政治でしかない第二帝政への不満もこうした生活世界の中で形成されていた[18]。こうした環境の中で「人民の声」を高等政治の世界へと反映させたいとするポピュラー・ポリティクスの文化が形成されていたのである。

こうした中、時代が下るにつれて第二帝政への逆風が吹き始める。周期的に繰り返される恐慌はやがてナポレオン3世の帝政に対する人々の不満を強めていく。ナポレオン3世は事態打開のために対外政策を積極化させるものの、メキシコ出兵の失敗によって皇帝としての権威を失う。これを背景に強権政治の綻びが見え始め、「権威帝政」から帝政は次なる段階として過渡的な「自由帝政」へ、そして帝権失墜の最終段階「議会帝政」へと移行していく[19]

第一インターナショナルの発足

プルードン派労働者アンリ・トラン英語版。インターナショナルの初期の指導者

「自由帝政」期においてはその後の歴史過程に大きな影響を与える変化が起こった。上記の記述において、「権威帝政」期におけるナポレオン帝政の強権主義的な体質を強調したが、1860年代初頭に入ると状況は変化していた。

この時代、フランスにおける皇帝権力とパリの労働者は実は階級闘争に根差す唯物史観で語られているほど対立的なものではなかった。パレ・ロワイヤル・グループのように帝政を積極的に支持しながら皇帝に接近し、労働立法・社会立法を提言する勢力も存在していた[20]。帝国政府もそうした社会的要請を受けて民法を改正し、労使間の不平等な雇用契約関係を改めるなどの社会政策を進めている。

アンリ・トラン英語版(青銅彫刻工としてアンティーク雑貨の加工を請け負っていた)のようなより独立志向の強い労働者エリートであっても、アルマン・レヴィなど側近から交渉機会を与えられれば、ナポレオン公などの開明派の王侯貴族と盛んに接触して帝政に対して進んで労働者の利害を主張していた。したがって、労働者階級が帝政を利用して権利を主張したり、社会的上昇の機会を獲得するという構図が出来上がっていたのである。こうした動きは時代を大きく加速させる転機をつくりだした。1862年にロンドンで開かれた万国博覧会に参加させるべく、パレ・ロワイヤル・グループを中心に約200名のフランス労働者、ドイツから12名の労働者の代表団が派遣された。アンリ・トランもブリテンの労働運動の実相を視察するべく代表団の委員の一人として参加した。もちろん、フランス代表団を組織し、労働者の自発的カンパもあるが、その費用を大部分出したのはナポレオン3世とナポレオン公であった。

1875年のマルクス

かれらフランス労働者団は8月5日の晩ブリテン労働者の歓迎を受け、「フランスおよびブリテン労働者の同盟への万歳三唱」をもって終了した。7月22日の集会には5名のフランス労働者が出席して、ポーランドの義挙を賞賛する演説を行う。次の晩にこのフランス人たちがイギリスの組合代表者たちと会合し、オッジャーを含む3名の委員会を任命し、パリの労働者へ向けて宣言文を発した。資本家たちが脅しとして使う外国人労働者の輸入などの手段に対抗するためには、労働者の国際組織が必要である、と[21]

1859年、ブリテンではロンドンを中心に建築工ストライキが発生して以来、労働闘争はかつてないほどに盛り上がりを見せていた。1860年代半ば以降、南北戦争期の北部支援運動などで自由主義や解放思想の理想が大衆にまで広まっていき、やがて国際運動への傾斜が国家批判にまで拡大した。ブリテン国家構造は、その構造上の問題が主従法改正運動や選挙法改正運動など労働法から議会制度に至るまであらゆる方向から攻撃を受けることになった。こうした挑戦的な大衆運動の中心が大工や石工といった職人的な世界を生きる熟練労働者たちだったのである。このとき見聞きした出来事はフランス労働者団に衝撃を与えるものであった。かれらはブリテン労働者たちの活発なストライキ闘争、広い国際的見聞、労働運動や改革運動のボトム・アップ的な姿勢に驚愕し、フランスの帝政と労働運動の後進性に気づくこととなった。ここに、1851年以降、長年にわたって眠りについていたフランスの労働運動はついに覚醒したのである。

1863年から64年までの1年間でブリテン・フランス労働者代表者間の談合で国際組織を実現させる具体的な道筋が定まっていく。1864年9月28日、ロンドンはセント・マーティン・ホールにてフランスの代表団を受け入れる歓迎集会が催され、「国際労働者協会」第一インターナショナル、以下IWAと略記)の設立が宣言された[22]。ブリテン側の世話人はジョージ・オッジャー英語版と石工組合書記のレンダル・クリーマー英語版、フランス代表はプルードン主義者のアンリ・トラン、議長はロンドン大学教授のエドワード・ビーズリ英語版だった。また、この集会にはマルクスも同席していた。この集会は、組織の決裂について言及した後半部で詳述するが、オーウェン主義者や旧チャーティスト指導者たち、そして多数の労働組合指導者からなるブリテンの急進主義者、ブランキ派やプルードン主義者などフランスの革命的急進派、アイルランドやポーランドのナショナリスト、ドイツの社会主義者などを含むヨーロッパ各国の諸勢力が一堂に会する大集会となった。フランスでもIWA支部が設置され、「言論の自由」、「非宗教的義務教育」、「常備軍と国家警察の廃止」など当面の政治改革の要求とともに「コミューンによるすべての社会資本の奪取」を目標とするフランス連合評議会が発足した。

1864年、IWAが発足すると、ナポレオン3世による労働者懐柔策に綻びが生じた。

労働者の政治的権利と社会的平等の獲得を目指したトランを筆頭とする労働者グループによって『六十人宣言』が発せられた[23][24]。帝政は労働者階級との信頼関係を維持する必要に駆られ、ついに帝国政府は渋々労働者側に譲歩していくことになる。このとき、1851年に壊滅した運動の再建が叶えられ、労働者階級の長年の悲願であった協同組合運動への突破口が開かれた。刑法の一部が改正され、ストライキなどの実力行使は許されなかったが、協同労働と共済のためならばと団結権が部分的に承認された[23]

しかし、1867年になるとナポレオン3世の思惑とは裏腹に帝政に対する逆風が一気に強まる。1866年、ブリテンで金融危機が発生し、翌年に入るとフランスに飛び火して恐慌が発生した。企業倒産が相次ぎ、おびただしい失業者が発生する。団結権の部分的承認は、千畳堤の蟻の一穴のごとき役割を果たした。大小さまざまな協同組合が結成され、法律の枠を超えてストライキ目的の労働組合へと変質していく。非合法であるにもかかわらず、各地で労働運動が多発し、大規模なブロンズ工ストライキが発生するなど1851年に発生した帝政による弾圧と壊滅以来の時間を取り戻すように労働運動の再生と革命化が進んでいった[25][26]。こうした各地の労働闘争を支援したのがIWAであり、IWAは積極的なストライキ支援の結果、帝政からの弾圧を受けて地下活動へと逃げていった。しかし、IWAは激しい弾圧を受け、トランなどの初期のプルードン派指導者が次々と脱落したため、そのメンバーは反政府を掲げるブランキ派グループだけが残って、しだいに革命派へと純化していったのである。こうした革命的情勢の積極的利用の背景にはマルクスによる理論的指導の力があった。マルクスは、IWAの年次大会のたびに改良主義的な思想だったプルードン主義を激しく糾弾して、フランスの労働運動を革命主義へと誘導したのある。

革命思想の形成

革命的ジャコバン派

ここで反政府派の政治思想を整理したい。もっとも古い反政府勢力は革命的ジャコバン派である。革命的ジャコバン派の主な人物に、老活動家シャルル・ドレクリューズ英語版南北戦争でも有名を馳せた軍人クリュズレ、扇動家のフェリックス・ピア英語版などがいた。かれらには特定の体系的な政治思想はなかったが、フランス革命時代に全盛を極めたジャコバン派によるかつての急進主義の記憶が宿っていた。小市民と一般民衆からなる共和国の理想と純粋民主主義思想の伝統を継承したこのグループは、その反権力の志向からやがて社会主義へと合流し、後のパリ・コミューンで大きな活躍を見せる[27][28]

プルードン派

ピエール・プルードン

また、既にその名称が何度も登場するプルードン派について言及したい。

ピエール・プルードンの思想は第二帝政期のフランスで最も影響力のある思想であり、後のアナーキズム思想の先駆けであった。かれの思想はまさに農民主義、職人主義そのものと言っていいだろう。プルードンは「財産とは盗みである」と語り、大資本と金融業による搾取を告発した。中小規模の土地所有と工房、作業場の経営に基づく小財産を個人資本として、これを足掛かりに平等な諸個人が自主独立と相互扶助の関係を保ちながら協同組合を形成して中央政府に対する自由を確立していき、自由な個人の連帯によって新社会を建設するという「相互主義」思想であった。この思想は農民や職人の支持を集め、パリの職人労働者の政治文化に影響を与えていった。アンリ・トランや初期のウジェーヌ・ヴァルラン英語版などの労働者エリートに多くの示唆を与えた。ただし、自由な職人や農民たちの古い産業秩序を維持しようとする余り、第二帝政に対する批判に欠け、現状容認的な傾向が強かった。事実、プルードンは労働者の自立を重視する一方で暴力的な現状変革を認めなかったため、ストライキに公然と反対していた。このグループは、フランス各地でストライキが猛威を振るう1867年以降の時代状況の変化に付いていけずに急激に衰退していく[29][30]

ルイ・オーギュスト・ブランキ

ブランキ派

プルードン派の代わりに台頭したのが、ブランキ派である。ブランキ派は革命家オーギュスト・ブランキの思想を信奉するグループであり、その思想はプルードンとは対照的に攻撃的で暴力的な性格が強く、現状変革のために暴力革命の必要性を説き、政府打倒のためなら陰謀やテロを厭わない過激主義であった。ブランキのもとには多くの弟子が参集し、ギュスターブ・フルーランス英語版エミール・ウード英語版トリドン英語版、リゴー、プロトー英語版テオドール・フェレ英語版などの後にパリ・コミューン政府の要職に就く人々がその隊伍に加わっていった[31][32]。ブランキはマルクスのような資本や労働に対する理論的な洞察力はなかったが、人民による暴力的な権力奪取と独裁を主張するとともに、国有化の断行や計画経済の導入を提唱するなど早い段階から明確な国家観をもっていた。

ブランキ思想の後世への影響は絶大であった。資本主義経済システムの崩壊と革命の不可避性に関するマルクス主義思想(恐慌・革命理論)に、暴力革命論を追加してボリシェヴィキ主義へとつながる共産主義思想のイデオロギー形成にも力を貸した。後の時代に成立をみるソ連体制・ドイツの正統マルクス主義者の待機主義を批判したレーニンの国家理論・革命理論(プロレタリアート独裁)にも大きな影響を与えた。また、マルクスの最大の好敵手であったバクーニンの革命理論や無政府主義思想(アナルコ・サンディカリズム)にも示唆を与えるなど、その思想は後継者に欠くことはなかった。ブランキ派の台頭はIWAに大きな影響力をもたらした。

マルクスの支持者は、マルクスのブランキに対する深い敬意とその思想的同期からしだいに増加し始め、ブランキ・マルクス派という形でその勢力を拡大させていった。1867年以降は深刻な恐慌から革命的情勢が高まり、IWAの革命化が進んでいった。ヴァルラン、ブノア=マロン、パンディといった指導者たちが続々とブランキ・マルクス派へと転向していった。彼らは後の共産主義者と区別するために集産主義者」と呼ばれることになったが、旧来的なプルードン主義と決別して「パリ労働者組合連合会議」、「IWA・フランス連合評議会」などの組織を設立して革命派連合を組織し、帝政に対する批判と攻撃を強めていった[33][34]

内憂外患と帝権の衰退

また、フランスは外交面でも失策が相次いだ。メキシコ出兵は失敗に終わり、ゲリラの一団による抵抗を前にフランスの国威も地に落ちた。イタリア統一戦争時のイタリア王国の離反は、ナポレオン三世の野望を破綻へと導いた。ガリバルディのローマ進軍を二度にわたって妨げた結果、プロイセン・オーストリアの二大国に対する守りをなす、イタリアからの信頼を失うことになった。あろうことか、イタリア王国はプロイセン側に寝返ってしまう。外交では孤立化が進展していき、プロイセンとの全面対決を有利に進めるための強力な同盟国が欠落したまま、戦争へと突入することとなった。これらの内憂外患は第二帝政の命取りとなっていく。

1867年、民衆への懐柔策として「集会の権利」が認められて、「公共集会」の開催が許可される。その結果、地区を単位とする共和派を支援する選挙集会も行われるようになっていった。また、デモ活動は許されていなかったが結社の自由がすでに部分的に認められるようになり、互助的な協同組合が盛んに結成されるようになった。これらの改革は労働者の活動性を高めた。政治活動や労働運動が認められるようになるにつれて労働者の自立化は進行し、ジャコバン派やブランキ派など急進的な革命派が形成されるようになる。

レオン・ガンベタ(1870年頃)

1869年総選挙英語版がおこなわれる。このときの総選挙ではジュール・フェリーレオン・ガンベタアドルフ・クレミューヴィクトル・ロシュフォール英語版など後に仮政府英語版の要職に着任する共和派議員が圧勝して、292議席中116議席、およそ半数の議席を制するなど反帝政の急進派が躍進した[35][36][26]

労働者街をなしていたベルヴィール地区では反政府的な選挙集会が開催されていた。このとき、ベルヴィール地区民衆と選挙委員会は、「常備軍・国家警察の廃止」、「言論、集会、結社の自由」を盛り込んだ独自に選挙綱領―ベルヴィール綱領を定めて、候補者ガンベタに提示するといった自発性を示した。これは議会政治を単なる代議制として考え、議員の代表によって国民の意思を表示するという間接民主制に頼るのではなく、議員を民衆の代理人として位置付けて国民の意思を伝達させるべきだとする直接民主主義の理想、古くはルソー社会契約思想に遡る共和主義理念の再生を見てとれる[37][38]。1869年総選挙は歴史的選挙であった。病気がちになっていたことも相まって、ナポレオン3世の政治力はこのとき既に失われ始めていた。1870年、エミール・オリヴィエによる新内閣が成立して第二帝政は「議会帝政」へ移行していった[39][40]

しかし、1867年恐慌はますますその深刻の度を強めていった。金融資本が企業投資を手控えたため、フランス銀行にマネーが滞留して金詰まりの状況と化していたのである。長期不況となったため、労働者の窮状は一層厳しいものとなった。1870年、ル・クールゾの炭鉱で大規模なストライキが発生したほか、ナポレオン3世の従弟にあたるピエール=ナポレオン・ボナパルトがロシュフォールの同志で『ラ・マルセイユ』の記者であったヴィクトル・ノワール英語版を殺害する事件が発生した。ストライキ闘争の激化とノワール射殺事件の発生の結果、反帝政の世論はかつてない熱狂の様相を呈し、ストライキは賃金闘争の域を超えて大規模な反政府運動へと発展、もはや国内は政府の統制が利かない状況となっていったのである[41][42]




  1. ^ 長谷川(1991) p.10
  2. ^ 桂圭男(1971) pp.12-14
  3. ^ 桂圭男(1981) p.10
  4. ^ 桂圭男(1971) p.18
  5. ^ 桂圭男(1981) p.25
  6. ^ 桂圭男(1971) p.15
  7. ^ 桂圭男(1981) p.20
  8. ^ 桂圭男(1971) pp.15-16
  9. ^ 桂圭男(1981) pp.22-24
  10. ^ 桂圭男(1971) p.21
  11. ^ 桂圭男(1981) pp.25-26
  12. ^ 桂圭男(1971) pp.16-17
  13. ^ 桂圭男(1971) p.19
  14. ^ 桂圭男(1981) pp.30-32
  15. ^ 桂圭男(1981) pp.33-34
  16. ^ 桂圭男(1981) p.35
  17. ^ 桂圭男(1981) pp.36-38
  18. ^ 桂圭男(1981) p.40
  19. ^ 桂圭男(1981) p.39
  20. ^ 桂圭男(1981) p.38
  21. ^ フォスター(1956) pp.40-41
  22. ^ 桂圭男(1971) p.26
  23. ^ a b 桂圭男(1971) p.25
  24. ^ 柴田三千雄(1973) p.37
  25. ^ 桂圭男(1971) pp.25-26, pp.31-32
  26. ^ a b 桂圭男(1981) pp.41-44
  27. ^ 桂圭男(1971) pp.39-41
  28. ^ 桂圭男(1981) pp.48-49
  29. ^ 桂圭男(1971) pp.26-29
  30. ^ 桂圭男(1981) pp.52-54
  31. ^ 桂圭男(1971) pp.41-42
  32. ^ 桂圭男(1981) pp.49-51
  33. ^ 桂圭男(1971) pp.42-44
  34. ^ 桂圭男(1981) pp.55-57
  35. ^ 桂圭男(1971) pp.35-36
  36. ^ 柴田三千雄(1973) pp.42-43
  37. ^ 柴田三千雄(1973) pp.43-45
  38. ^ 桂圭男(1981) p.43
  39. ^ 桂圭男(1971) p.36
  40. ^ 柴田三千雄(1973) p.43
  41. ^ 桂圭男(1971) p.37
  42. ^ 桂圭男(1981) pp.44-45
  43. ^ 桂圭男(1971) p.45
  44. ^ 桂圭男(1981) p.64
  45. ^ a b 柴田三千雄(1973) p.48
  46. ^ a b 桂圭男(1971) p.46
  47. ^ 桂圭男(1981) p.66
  48. ^ a b 桂圭男(1981) p.67
  49. ^ 桂圭男(1971) p.47
  50. ^ 桂圭男(1971) p.51
  51. ^ 柴田三千雄(1973) p.55
  52. ^ 桂圭男(1981) p.68
  53. ^ a b 桂圭男(1971) pp.58-59
  54. ^ 桂圭男(1971) pp.52-54
  55. ^ 桂圭男(1971) p.54
  56. ^ 桂圭男(1981) p.73
  57. ^ 桂圭男(1971) pp.54-55
  58. ^ 桂圭男(1981) p.74
  59. ^ 桂圭男(1981) pp.75-76
  60. ^ 柴田三千雄(1973) pp.66-67
  61. ^ 桂圭男(1971) pp.68-77
  62. ^ 桂圭男(1971) pp.57-58
  63. ^ 桂圭男(1981) p.78
  64. ^ 柴田三千雄(1973) pp.62-63
  65. ^ 桂圭男(1981) pp.78-79
  66. ^ 桂圭男(1971) pp.60-61
  67. ^ 桂圭男(1981) pp.79-80
  68. ^ 桂圭男(1971) p.62
  69. ^ 桂圭男(1981) pp.81-82
  70. ^ 桂圭男(1971) pp.63-64
  71. ^ 桂圭男(1981) pp.86-87
  72. ^ 桂圭男(1971) pp.65-66
  73. ^ 柴田三千雄(1973) pp.72-73
  74. ^ 桂圭男(1971) p.67
  75. ^ 柴田三千雄(1973) p.74
  76. ^ 桂圭男(1981) p.89
  77. ^ 桂圭男(1971) p.80
  78. ^ a b 柴田三千雄(1973) p.75
  79. ^ 桂圭男(1971) pp.80-81
  80. ^ 桂圭男(1981) p.90
  81. ^ 桂圭男(1971) p.82
  82. ^ 柴田三千雄(1973) pp.76-77
  83. ^ 桂圭男(1981) p.96
  84. ^ 桂圭男(1971) pp.83-84
  85. ^ 桂圭男(1981) p.100
  86. ^ 桂圭男(1971) p.87
  87. ^ 桂圭男(1981) pp.101-102
  88. ^ a b 桂圭男(1971) p.88
  89. ^ a b 桂圭男(1981) p.102
  90. ^ 桂圭男(1971) pp.88-89
  91. ^ 柴田三千雄(1973) p.82
  92. ^ 桂圭男(1981) pp.103-104
  93. ^ 桂圭男(1971) p.89
  94. ^ a b c 桂圭男(1981) pp.104-105
  95. ^ a b 桂圭男(1971) p.91
  96. ^ 桂圭男(1971) pp.92-93
  97. ^ 柴田三千雄(1973) pp.83-84
  98. ^ 桂圭男(1981) p.112
  99. ^ 桂圭男(1971) pp.93-94
  100. ^ 柴田三千雄(1973) p.84
  101. ^ 桂圭男(1981) p.113
  102. ^ 柴田三千雄(1973) pp.88-92
  103. ^ 桂圭男(1981) pp.125-128
  104. ^ 桂圭男(1971) pp.97-98
  105. ^ 柴田三千雄(1973) pp.86-87
  106. ^ 桂圭男(1981) pp.113-114
  107. ^ 桂圭男(1971) p.102
  108. ^ 柴田三千雄(1973) p.90
  109. ^ 桂圭男(1971) pp.112-117
  110. ^ 柴田三千雄(1973) pp.97-98
  111. ^ 桂圭男(1981) pp.138-140
  112. ^ 桂圭男(1971) p.115
  113. ^ 柴田三千雄(1973) p.99
  114. ^ マルクス(1952) p.90
  115. ^ ブルジャン(1961) p.34
  116. ^ ブルジャン(1961) pp.36-38
  117. ^ 桂圭男(1981) pp.160-161
  118. ^ 桂圭男(1971) p.136
  119. ^ 桂圭男(1971) pp.136-137
  120. ^ 桂圭男(1981) pp.171-173
  121. ^ 桂圭男(1971) pp.137-141
  122. ^ 桂圭男(1971) p.141
  123. ^ 桂圭男(1981) p.173
  124. ^ マルクス(1952) p.95
  125. ^ ブルジャン(1961) p.48
  126. ^ ブルジャン(1961) pp.52-53
  127. ^ 桂圭男(1971) p.145
  128. ^ 桂圭男(1971) p.146
  129. ^ 桂圭男(1971) pp.159-160
  130. ^ a b 桂圭男(1981) p.178
  131. ^ 桂圭男(1971) pp.184-186
  132. ^ 桂圭男(1971) pp.188-190
  133. ^ 桂圭男(1971) pp.186-188
  134. ^ 桂圭男(1981) p.178, pp.200-202
  135. ^ a b 桂圭男(1981) p.177
  136. ^ 桂圭男(1981) pp.177-179
  137. ^ a b 桂圭男(1981) p.179
  138. ^ 桂圭男(1971) pp.190-193
  139. ^ 桂圭男(1971) pp.195-196
  140. ^ 桂圭男(1971) p.198
  141. ^ a b 桂圭男(1971) p.199
  142. ^ 桂圭男(1971) p.200
  143. ^ 鹿島茂「失われたパリの復元」第10回、芸術新潮2012年10月号 p.163
  144. ^ 桂圭男(1971) pp.200-201
  145. ^ a b c 桂圭男(1971) p.202
  146. ^ 桂圭男(1971) p.201
  147. ^ a b 桂圭男(1971) pp.203-204
  148. ^ a b 桂圭男(1971) p.205
  149. ^ 桂圭男(1971) pp.207-208






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パリ・コミューン」の関連用語

パリ・コミューンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パリ・コミューンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパリ・コミューン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS