パスピエ (バンド) 来歴

パスピエ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 06:10 UTC 版)

来歴

成田がパスピエの前に組んでいたバンドを解散して「印象派×ポップ・ロック」というバンドのコンセプトを立てたあと、それに賛同してくれるメンバーを集めようと、大胡田をはじめとしてバンドを通じた知人に声をかけていった。残りのメンバーを集めるにあたって、大学の卒業を控えた成田は、「いまさらフィーリングがどうこうというよりも、あらかじめお互い噛み合った共通言語がある人とやった方がバンドのコンセプトを具現化しやすい」と思い三澤を勧誘、その三澤が露﨑を連れてきて、成田と偶然小学校と学年が同じだったという初代のドラマーの岸本篤志を加えて2009年にパスピエを結成。下北沢を拠点とし、『パスピエpresents食後の余韻』と題した自主企画ライブを、結成二年間で6度に渡り開催するなど、精力的にライブ活動を展開する。

2010年3月、5曲入りの自主制作盤『ブンシンノジュツ』をライブ会場限定でリリース。28日に岸本が脱退。8月、自主企画の第五回目にあたる『食後の余韻 special』では、初のワンマンライブを開催。インディーズバンドの枠を超えたパフォーマンスを行い、大成功をおさめる。

2011年、やおたくやが加入した後、Q;indivi(キュー・インディヴィ)の新レーベル「COCONOE RECORDS」と第1弾アーティストとして契約[15]。11月23日、初の全国流通作品となる1枚目アルバム『わたし開花したわ』をCOCONOE RECORDSからリリース。同日よりYouTubeのオフィシャル・チャンネルにボーカルの大胡田なつき制作のオール・アニメーションPV「電波ジャック」が公開される。ノンプロモーションながらも話題を呼びロングセラーに。

2012年6月、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル「unBORDE」から2枚目アルバム『ONOMIMONO』をリリースしてメジャーデビューを果たす。同月1日よりYouTubeのオフィシャル・チャンネルに大胡田なつき制作のオール・アニメーションPV第2弾「トロイメライ」が公開される。その後7月に「プラスティックガール」、9月に「デモクラシークレット」、12月にはワーナーのチャンネルから大胡田制作のオール・アニメーションPV第3弾「脳内戦争」が公開された。

2013年1月、iTunes による「今年ブレイクが期待できる新人アーティスト」の1組として『ニューアーティスト 2013』に選出され、iTunes限定配信曲「名前のない鳥」のリリースと同時に初めてアーティスト写真を公開[16]

2月、TOKYO FMのキャンペーン「TOWER OF LOVE」に、タイアップソング「ON THE AIR」を書き下ろしにて提供[17]

3月、山下智久のシングル「怪・セラ・セラ」の楽曲プロデュースを手掛ける[6][18]

3月20日、メジャー1stシングル「フィーバー」を発表。iTunesデイリー配信チャートで6位を獲得。MVは初のメンバーが出演する実写映像で、大胡田によるアニメーションもふんだんに取り入れられた。

4月2日に渋谷WWW、3日には梅田Shangri-Laにて、メジャーデビュー後初の自主企画『印象A』を開催[19]。両公演ともチケット完売。

7月3日に恵比寿LIQUID ROOM、5日に東心斎橋JANUSにて、自主企画『印象B』を開催[20]。両公演ともチケット完売。

10月26日に梅田CLUB QUATTRO、名古屋ell.FITS ALL、LIQUID ROOMにて、自主企画『印象・日の出』を開催[21]。初のワンマンツアーとなった。全公演チケット完売。

『印象・日の出』の追加公演として、『印象・日の出 外伝』を開催[21]。新潟、宮城、北海道、広島、香川、兵庫、福岡、東京の8ヶ所で行われた[21]

2014年4月17日、名古屋CLUB QUATTRO、18日に大阪BIG CAT、21日に東京SHIBUYA-AXにて『印象C』を開催[22]。全公演チケット完売。

2014年夏公開の映画『アップルシード アルファ』に楽曲参加。「トーキョーシティ・アンダーグラウンド」の英語詞が挿入歌として使用される[23]

2014年10月から、J-WAVEで放送されているラジオ番組『THE KINGS PLACE』の火曜パーソナリティーを担当する[24]

2015年4月29日、NHK Eテレ系テレビアニメ『境界のRINNE』エンディングテーマである通算4枚目のシングル「トキノワ」を発売。

同年7月29日、同アニメの後期オープニングテーマとなる通算5枚目のシングル「裏の裏」を発売[25]

9月9日には通算3枚目のフルアルバム『娑婆ラバ』を発売。リリースツアーとして「娑婆めぐり」を開催。 12月22日、同ツアーのファイナル公演として自身初の単独日本武道館公演「”GOKURAKU”」を開催。 また、そのライブの模様を収めた初の映像作品『Live at 日本武道館 “GOKURAKU”』が2016年4月6日に発売された。

2016年4月27日、通算6枚目のシングル「ヨアケマエ」を発売。

7月27日、通算7枚目となる両A面シングル「永すぎた春 / ハイパーリアリスト」をリリース。これに合わせ、顔を完全に公開した新しいアーティスト写真が公開された。

11月23日、デビュー5周年となる日にあわせ、8枚目のシングル「メーデー」をリリース。

12月には東名阪で「パスピエ 5th Anniversary Hall Tour」と銘打って初となるホールツアーを開催。

2017年1月25日、メジャー4thフルアルバム『&DNA』(アンドディーエヌエー)をリリースした。また、リリースツアーとして「DANDANANDDNA」(だんだんあんどでぃーえぬえー)を開催。ツアータイトルは成田考案によるもの。

5月13日に出演した「森、道、市場2017」をもってやおが脱退[14]。 以降佐藤謙介らをサポートに迎え、4人体制で活動を開始。

6月30日、新体制初となる配信限定シングル「あかつき」をリリース。 10月18日には同曲を含む、ミニアルバムとして通算4枚目、メジャー2枚目となる『OTONARIさん』がリリースされた。またリリースツアー「OTONARIさんのONOMIMONO」を全国3都市4公演で開催。

2018年4月4日に通算5枚目、メジャー3枚目のミニアルバム『ネオンと虎』をリリースし、5月からはリリースツアー「カムフラージュ」を開催することが決定している。なおこのツアーは全国15都市で自身最大となる21公演が予定されている。

2019年5月22日、メジャー5thフルアルバム『more humor』をリリース予定。また発売が告知された同年3月20日から24時間限定でリード曲である『ONE』の先行視聴が実施された。




  1. ^ a b c d パスピエ (2012年11月12日). 謎の多い5人組 パスピエインタビュー. インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/2012/11/12/000000.php 2013年7月22日閲覧。 
  2. ^ a b パスピエ (2013年6月12日). パスピエ|WHAT's IN? WEB. インタビュアー:小野田雄. WHAT's IN? WEB. 
  3. ^ a b c パスピエ (2012年8月31日). 視覚・聴覚の両面から捉える音楽 パスピエインタビュー. インタビュアー:MISUMI. NETKARU. 
  4. ^ パスピエ、ついにアー写で“顔出し” 7・27両A面シングル - ORICON STYLE (2016-05-13 18:00)
  5. ^ a b c パスピエ (2013年). Nexusアーティストインタヴュー パスピエ−話題沸騰「パスピエ」の素をまとめてみた. インタビュアー:鹿野淳. NEXUS.. http://www.nexus-web.net/interview/passepied/ 2013年7月22日閲覧。 
  6. ^ a b パスピエ (2013年4月26日). パスピエ、“正体不明バンド”が成り立ちから未来のサウンド像まで語る. (インタビュー). BARKS.. http://www.barks.jp/news/?id=1000089747 2013年7月22日閲覧。 
  7. ^ ロッキング・オン・ジャパン』2014年7月号、パスピエp181
  8. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年7月号、パスピエ p180
  9. ^ a b Midnight Rock City + R|NACK 日記”. NACK5 (2013年3月30日). 2013年7月21日閲覧。
  10. ^ KBCラジオ『PAO~N』ゲスト出演時の発言より
  11. ^ キュウソネコカミとともにラジオに出演した際、ボーカルのヤマサキセイヤと同い年であると発言したことによる
  12. ^ 僕たちの夏 - 最終閲覧:2018年2月27日
  13. ^ パスピエ、成田ハネダと大胡田なつきのルーツがわかるプレイリスト - (Qetic・2016年5月18日)
  14. ^ a b 5人組バンド「パスピエ」のドラマー・やおたくやが脱退「自分の足で歩んでいきたい」”. スポーツ報知 (2017年5月10日). 2017年5月13日閲覧。
  15. ^ パスピエ (2011年11月22日). パスピエ 『わたし開花したわ』. インタビュアー:土田真弓. TOWER RECORDS ONLINE.. http://tower.jp/feeds/external/excite/~/link.aspx?_id=AD9C894B1D0F47FEA00AF49576E81869&_z=z 2013年7月22日閲覧。 
  16. ^ 素顔解禁!パスピエが初シングル、自主企画、新曲配信”. ナタリー (2013年1月9日). 2013年7月24日閲覧。
  17. ^ パスピエ、新曲描き下ろしでTOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオにメンバー初登場!”. mFound (2013年2月10日). 2013年7月24日閲覧。
  18. ^ 山下智久新曲「怪・セラ・セラ」はパスピエプロデュース”. ナタリー (2013年1月9日). 2013年7月24日閲覧。
  19. ^ a b 初となる自主企画イベントにThe SALOVERSが参加決定!!!(WARNER MUSIC JAPAN・2013年1月17日)
  20. ^ a b パスピエ企画「印象B」ゲストにバンアパ、呂布、TORA(ナタリー・2013年5月1日)
  21. ^ a b c d パスピエのツアー「印象・日の出」に追加公演“外伝”8公演(ナタリー・2013年7月4日)
  22. ^ a b 自主企画ライブ「印象C」のゲストDJアクトにFragment、seiho、DJ MURANAOの出演が決定!(WARNER MUSIC JAPAN・2014年4月10日)
  23. ^ 『APPLESEED ALPHA ORIGINAL SOUNDTRACK』紹介ページ(WARNER MUSIC JAPAN)
  24. ^ キュウソネコカミ&パスピエ、J-WAVE『THE KINGS PLACE』の新メンバーに決定(RO69・2014年9月24日)
  25. ^ 今度はOP!パスピエ「境界のRINNE」タイアップ再び(ナタリー・2015年6月3日)
  26. ^ 11月15日(土)新曲「贅沢ないいわけ」の配信リリースが決定!最新アーティスト写真も公開!! Archived 2014年12月20日, at the Wayback Machine.(WANER MUSIC JAPAN・2014年11月14日)
  27. ^ パスピエ初の武道館単独公演へ、新シングルも発表(ナタリー・2015年2月18日)
  28. ^ パスピエ、インターハイCMソングで高校生にエール”. ナタリー (2017年6月16日). 2017年6月16日閲覧。
  29. ^ a b “unBORDE all stars「Feel」がコカ・コーラ新CMソングに”. 音楽ナタリー. (2016年4月26日). http://natalie.mu/music/news/185041 2016年4月26日閲覧。 
  30. ^ バチバチブログ 2013年5月27日更新分 ラブレターズインタビュー(フジテレビ・2013年5月27日)
  31. ^ パスピエの新作!TOKYO FMのキャンペーン「TOWER OF LOVE」のキャンペーンソング「ON THE AIR」配信スタート!(WANER MUSIC JAPAN・2013年2月27日)
  32. ^ パスピエ、相性バッチリCMソング「パルコアラの歌」歌唱(ナタリー・2014年5月15日)
  33. ^ a b c パスピエ、3rd Sg『トキノワ』が高橋留美子アニメEDに&初の日本武道館単独公演決定(RO69・2015年2月18日)
  34. ^ バンド史上最大規模の全国ワンマン・ツアー、「パスピエ TOUR 2014 ”幕の外ISM”」開催決定!!! さらに、アルバム初回限定盤に収録の、昨年のツアー・ファイナルのライブ・ダイジェスト映像も公開!!!(WARNER MUSIC JAPAN・2014年6月17日)
  35. ^ パスピエ公式サイト > NEWS > 「パスピエ TOUR 2014”幕の外ISM”@LiveHouse浜松 窓枠公演振替公演」(WARNER MUSIC AGENCY Inc.・2014年12月16日)
  36. ^ パスピエ、自主企画イベント「印象D」を東名阪で開催(RO69・2014年12月22日)
  37. ^ パスピエ、初武道館につながる全国ツアー発表 (ナタリー・2015年6月24日)
  38. ^ パスピエ、<印象E>東名阪にUNISON SQUARE GARDEN、フジファブリック、androp(BARKS・2016年4月8日)
  39. ^ パスピエ、12月に東名阪でホールツアー(ナタリー・2016年6月17日)
  40. ^ パスピエ「&DNA」発売記念して17カ所回る全国ツアー、ファイナルはNHKホールで(ナタリー・2016年12月23日)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パスピエ (バンド)」の関連用語

パスピエ (バンド)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パスピエ (バンド)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパスピエ (バンド) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS