バレーボール 技術・戦術の変遷

バレーボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 00:28 UTC 版)

技術・戦術の変遷

敵チームを欺き、ブロックを外して得点を決めるために、バレーボールではさまざまな戦術が用いられている。これらの戦術は、得点が入り次のプレーが始まるまでの間に決められ、サインによって伝達される。多くの場合、セッターが司令塔を務める。

戦術がうまくいけば得点につながりやすい。しかし、戦術を実行するためには、レシーブしたボールがうまくセッターのところに行くことが大事で、ここを崩されると戦術通りの攻撃は実行できなくなる。相手から返ってきたボールをいかに上手く処理するかが、攻撃の成功の鍵を握る。

ルールの変遷

考案された当時は、ボールを落とさないようにネット越しに打ち合う以外には特にルールはなく、返球までの回数も無制限だった。元になった「ミントン」(ボールを使ったバドミントン)を踏襲し、サイドアウト制が採用され、これは極東を除き、1998年まで続いた。ネット高は当初6フィート6インチが1900年に7フィート6インチ(229cm)に引き上げられた。 1910年ごろに日本に伝えられた時には、4人×4人の16人、21点制で行われており、1913年の東洋オリンピック、その後の極東選手権大会も同様であった。日本独自のルールとして、12人制ののち、9人制が普及した。これは日本の提案で1923年、1927年に極東選手権にも取り入れられた。 アメリカでは1922年までには6人制、15点制、ネット高244cmとなっていた。 1930年に日本で導入されたラリーポイント制は 1934年の極東選手権でも採用された。

バレーボール史上唯一最大のルール変更は1912年、フィリピンで導入された「3回以内返球」ルールであり、これによりレクリエーションとして考案されたバレーボールは全く別のものに、競技スポーツに進化した。このルールはアメリカでも、フィリピンに派遣されていたE.ブラウンの提案により1922年までには導入された。 このルールの導入により、初めて公式大会が開催されるようになった。

極東ではネットの高さは初めから230cmであった。女子は殆ど不明だが1931年時点の日本では200cmだった。国際大会と無縁となった日本では1941年、ネット高は225cmに引き下げられた。1955年から1962年まで行われたアジア選手権の極東ルール(9人制)ゲームにおいては230cmで行われた。

国際バレーボール連盟(FIVB)では1947年に6人制の国際ルールを制定した。

FIVB主催の大会におけるおもなルール改正としては、以下のものが挙げられる[2][3][4]。従来はオリンピックのたびに4年ごとのルール変更だったが、1994年からは変更頻度が上がった。

  • 1965年 ブロックのオーバーネットの許容。
  • 1967年 サーブ5秒以内(1999年に8秒以内に変更)。
  • 1969年 アンテナをサイドラインから20センチ外側に取りつけ。ボール重量270グラム±10グラム。
  • 1973年 パッシング・ザ・センターラインの緩和。
  • 1977年 ブロックのワンタッチをカウントしない。アンテナはサイドバンド上に取りつけ。スリーボールシステム(1試合に3つのボールを使用しデッドタイムをなくす)の導入。
  • 1984年 サーブに対するブロックの禁止(FIVBロサンゼルス五輪総会にて)。ファーストコンタクト(1回目のレシーブのこと)における、ドリブル(現在のダブルコンタクト)を許容(アンダーハンドのみ)。
  • 1989年 5セット目のみをラリーポイント制に。セット間2分間。プレー中にベンチからの指示を許可。
  • 1994年 サービスゾーンが、従来の右隅から3メートルの範囲から、エンドラインいっぱい(9メートル)に広がる(FIVBアテネ世界選手権総会にて)。
  • 1995年 膝から下での打球も反則ではなくなる。ファーストコンタクトではオーバーハンドも含め、ダブルコンタクト・ホールディング(現在のキャッチ)をとらないことになる。
  • 1998年 リベロ制の正式導入(低身長の選手にも活躍の可能性を与えることが目的)。ボールの内気圧の低減(最大値を0.425kgf/cm2から0.325kgf/cm2へ)。カラーボールの使用許可。
  • 1999年 サーブのネットインを認める。5セットマッチの全ラリーポイント制の導入(サーブ権ポイント制では試合時間が一定せず、テレビ放映権が売りにくかったことによる変更)。デュースの際の勝敗は、2点差がつくまで無制限になる。サーブ8秒以内。
  • 2007年 ネット上で両チームの選手がボールを押し合った場合も、プレー続行となる(以前はプレーを止めノーカウントとした)。
  • 2009年 両足より上部の身体のいかなる部分が、相手コートに触れても、相手のプレーを妨害しない限り許される(以前は両手などがセンター・ラインを超えて相手コートに触れると反則であった)。競技者がネット(上部の白帯は除く)に触れても、相手のプレーを妨害しない限り許される(以前はネットのいかなる部分も触ると反則であった。ネットに触れてもいいものの、わざとネットを引き下げアタックを打つなどの行為をすると、スポーツマンシップに反する行為として、罰則が与えられる可能性がある)。→2014年に廃止。
  • 2011年 第1リベロと第2リベロ同士の交代制限撤廃。
  • 2013年 前年の総会で承認された、指を用いたオーバーハンドサーブレシーブにおけるダブルコンタクト・キャッチの厳罰化適用を、実施延期と発表[5]
  • 2013年
    • チャレンジシステム(ビデオ判定)の試験導入。各チームごと、1セット2回失敗するまで要求可能。
    • 10月に開催するU-23世界選手権で2つの特別ルールを試行。(1)現行の25点制を21点制に変更、これによりテクニカルタイムアウトは8点・16点から、12点に。(2)主審の吹笛後にサーブを打つまでの時間を、現行の8秒から15秒に変更[6]
  • 2014年 ボールをプレーする動作中の選手による両アンテナ間のネットへの接触は反則とし、2009年の緩和(白帯のみ)が撤回となった[7][8]。2015年度から適用。
  • 2015年 この年のW杯など、勝ち点よりも勝数が順位決定方法で優先されるようになった。
  • 2016年 チャレンジシステムは当該プレー後5秒以内の申請となり、ラリー中にも適用されることとなった[9][10][11]

用語

技術に関するもの

サーブ
スパイクサーブ
サーブ(サービス)
相手コートに向かってボールを打つことをいう。サーブには、手を下から振り出すアンダーハンドサーブ、ボールを高く上げてジャンプしながら強く打つスパイクサーブ(ジャンピングサーブ)、ジャンプしないでコントロール重視で打つフローターサーブ、助走をつけて軽くジャンプしその後トスを上げて打つブロードサーブ、ジャンプしてフローターの動作で打つジャンプフローターサーブ、アンダーハンドで高く打ち上げる天井サーブなどの方法がある。
アンダーハンドパス
アンダーハンドパス
相手からの強い返球を低い位置で受けるときに効果的なプレイ。そのためレシーブと呼ばれることもあり、大別してサービスレシーブとスパイクレシーブの2種類がある。とりわけスパイクレシーブをディグ(Dig)と呼ぶ。両腕を体の正面に伸ばして、片手でもう一方の手を軽く握り、手首の付近でボールを弾く動作がよく用いられる。低い位置のボールを受けるには都合がいい。その反面、ボールのコントロールは比較的難しい。
オーバーハンドパス
緩やかな速さのボールを、頭の上方で、両手でボールを軽く押し上げるような姿勢でボールを弾くプレイ。トスとも呼ばれる。コントロールを重視する次のアタックの前に行うことが多い。
スパイク(アタック)
跳躍しながらネット越しにボールを打つ動作がスパイクである。相手コートに叩きつけるように下向きに打つことが基本だが、相手のブロックにボールをわざと当ててコート外にボールを出したり、タイミングをずらして相手のブロックを避けてプレイする場合もある。
ブロック
ブロック
相手のスパイクに対してタイミングよくジャンプし、両手を上に伸ばして自分のコートにボールが打ち込まれることを防ぐ、またはその威力を軽減させるプレイ。ブロックによるボールへの接触は、6人制では返球までの1回に数えないが、9人制では1回に数える。
フェイント
スパイクを打つように見せかけて、ボールを指先などで軽くはじき、ブロックに当てないように相手コートに落とすなど、相手が想定しないであろう動作で相手を翻弄するプレイ。
バランススマッシュ
両手を180度の状態に伸ばし、そのまま風車のように回転させ、打つスパイク。別名:ラウンドハウス・アームスイング。

戦術に関するもの

クイック攻撃(速攻)
トスを低く速く上げ、素早くスパイクを打つ攻撃。トスの上げる位置により、大きくA~Dの4種類が存在し、セッターはこれらを使い分ける。Aクイックはセッターのほぼ真上のレフト側からの攻撃、日本男子考案のBクイックはAクイックよりレフト側に離れたところ。Cクイックはセッターほぼ真上のライト側からの攻撃で、最も難しいとされるDクイックはCクイックよりライト側に離れたところからのスパイク。
オープン攻撃
トスを山なりに大きく上げ、そのタイミングに合わせてスパイクを打つ攻撃。時間的に余裕があり比較的強打が可能。しかし敵にとってもタイミングが合わせやすいという側面も持つ。また、セットアップが乱れる場合は時間的余裕を利用してオープン攻撃につなげることが多い。レフトとライトからの攻撃に使われることが多く、センターからはまれである。
セミ攻撃
トスをオープンより少し低めに、かつ少しセッター側に近い場所に上げ、スパイクを打つ攻撃。オープン攻撃とクイック攻撃との中間と言える攻撃プレイ。
平行
オープンとほぼ同じ位置からオープンよりも低く速いトスを打つ攻撃。名前の由来は、ネットの上辺に沿ってほぼ平行にトスを行うことから。全日本チームが初めて披露した攻撃プレイで、新幹線ひかり号からの命名で『ひかり攻撃』と呼んだ。難易度は高いがブロックをかわしやすい。
バックアタック
後衛のプレーヤーがアタックラインの後ろから行う攻撃。
パイプ攻撃
バックアタックの中でも、短いトスで速攻気味に中央から行う攻撃。
時間差攻撃
ボールに触れる予定のない「おとり」のプレーヤーがジャンプすることで、相手のブロックのタイミングを狂わせる戦術。
一人時間差
スパイクを打つ選手が自らが本来のジャンプをする前にジャンプのフェイントを入れることで、相手のブロックのタイミングを狂わせる戦術。発案者は日本の森田淳悟
移動攻撃(ブロード)
センタープレイヤーが、Cクイック・Dクイック・ライト平行の位置に走り、片足で流れながら打つ。セッターは長く低いトスを上げる。
ツーアタック
通常セッターがトスを上げるはずの2回目での攻撃プレイ。

その他

チャンスボール
ボールの操作が容易な返球のこと。
バレーボール3大大会
オリンピック、世界選手権、ワールドカップのこと。
お見合い
ボールを2人のプレーヤーが取りに行った結果、譲り合ってしまいボールを落としてしまうこと。

注釈

  1. ^ 9人制もあり主に「ママさんバレー」として日本で行われているが、世界的には普及しておらず、国際試合は6人制で行われている。
  2. ^ 日本国内で行われる国際大会では、 日本戦のみ長くなることもある。[1]

出典

  1. ^ 日本有利おかしい、イラン監督が批判/バレー - SANSPO.COM 2011年12月4日[リンク切れ]
  2. ^ 「バレーボール ルールの変遷とその背景」(池田久造 日本文化出版 1985)
  3. ^ 月刊バレーボール 2009年1月号 55ページ
  4. ^ 吉田康伸、「バレーボールにおけるルール改正に伴う戦術の変化についての研究」『法政大学体育・スポーツセンター紀要』2003年 21巻 p.23-26
  5. ^ ヒットの特性に関するルール9.2.4の適用延期について - 日本バレーボール協会
  6. ^ FIVB. “Twenty-one point rule to be tested at U23 World Championships”. 2013年9月21日閲覧。
  7. ^ 各種ルールの修正点・改正点について 平成27年3月21日 - 鹿児島県バレーボール協会
  8. ^ 2015年度ルール改正 - 徳島県連盟バレーボール協議会
  9. ^ タイ監督激怒!レッドカードで2失点「人生初めて」 - 日刊スポーツ、2016年5月19日
  10. ^ タイが抗議「これはショーだ」 遅延行為で2失点 - 朝日新聞、2016年5月19日
  11. ^ 長引く試合、選手に混乱も…課題多いバレーのチャレンジシステム - スポニチ(柳田博)、2016年5月19日
  12. ^ 手錠バレー(handcuffs-volley) 世界ゆるスポーツ協会
  13. ^ 第2話:新スポーツを創るアートディレクター 株式会社電通 井本 善之さん
  14. ^ 日本財団図書館(電子図書館)SPORTS FOR ALL NEWS Vol.29
  15. ^ “【岩手県紫波町 オガールプロジェクト ①】この"公民連携モデル"の何がすごいのか?”. (2015年5月11日). http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00209/ 2016年12月24日閲覧。 






バレーボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バレーボール」の関連用語

バレーボールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バレーボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバレーボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS