バレエ・ブラン バレエ・ブランの概要

バレエ・ブラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/04 07:42 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
レ・シルフィードの一場面、女性ダンサーは全員白いロマンティック・チュチュを着用している。

定義

日本語に直訳すると「白いバレエ」という意味である[3]。古典バレエにおいて女性ダンサーたちが白いコスチュームで踊る作品及びその場面を指す用語で、純粋で正統的なバレエの形式といわれる[1][3][5]

バレエ・ブランの初出は、1832年初演の『ラ・シルフィード』(ジャン・シュネゾフェール作曲、フィリッポ・タリオーニ振付)とされる[1][6]。前年のオペラ『悪魔のロベールフランス語版』(ジャコモ・マイアベーア作曲)内のバレエシーン『尼僧のバレエ』で好評を博したフィリッポが、引き続き娘のマリーを起用して振り付けたこの作品は、マリー自身の妙技はもとより、導入されたばかりのガス灯による神秘的な照明や超自然的な存在として揃いの白いコスチュームをまとった女性ダンサーたちの姿がかもしだす効果によってさらなる好評を得た[6][7]。マリーはロマン主義時代の大スターとなり、多くのリトグラフにバレエ・ブランの場面が残された[1]

バレエ・ブランは非現実的な世界(妖精や精霊、夢の中など)を表現するのに適した形式で、『ラ・シルフィード』を始め『ジゼル』(アドルフ・アダン作曲、ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー振付)第2幕、『白鳥の湖』(ピョートル・チャイコフスキー作曲、レフ・イワーノフ英語版振付)[注釈 1]第2幕と4幕(湖畔の場面)、『ラ・バヤデール』(レオン・ミンクス作曲、マリウス・プティパ振付)の『影の王国』などが有名な例として挙げられる[1][3]

ミハイル・フォーキンの『レ・シルフィード』(フレデリック・ショパン作曲、アレクサンドル・グラズノフ他編曲)は20世紀の作品で特定の筋を持たないが、女性ダンサーたちが白いロマンティック・チュチュを着用するなどの表現の引用により、バレエ・ブランへのオマージュとなっている[注釈 2][10][9][11]

参考文献

  • 川路明編著 『バレエ用語辞典』 東京堂出版、1980年。
  • デブラ・クレイン、ジュディス・マックレル 『オックスフォード バレエダンス事典』 鈴木晶監訳、赤尾雄人・海野敏・長野由紀訳、平凡社、2010年。ISBN 978-4-582-12522-1
  • Croisé編、小山久美監修 『バレエ用語集』 新書館、2009年。ISBN 978-4-403-33026-1
  • ダンスマガジン編 『別冊ダンスマガジン バレエって、何?』 新書館、1993年。
  • 渡辺真弓監修 『物語とみどころがわかる バレエの鑑賞入門』 ほたるの本シリーズ 世界文化社、2006年。ISBN 4-418-06252-1

外部リンク


注釈

  1. ^ 『白鳥の湖』蘇演時は、まず第2幕を1894年3月にイワーノフが振付上演した。さらに全幕の振付を1、3幕がプティパ、2、4幕がイワーノフが担当して1895年1月に上演している[8]
  2. ^ 『レ・シルフィード』の初演時(1907年)は、ピアノを弾くショパンやポーランドの農村での結婚式が登場するディヴェルティスマン要素が強い作品で、1908年及び1909年の振付者自身による改訂で純粋なバレエ・ブラン風作品となった[9][10]

出典

  1. ^ a b c d e f g 『オックスフォード バレエダンス辞典』、p.405
  2. ^ 『バレエ用語集』、p.103
  3. ^ a b c d e ひなたようこ. “基礎から学ぶバレエ用語集”. ESMELLIA. 2015年10月2日閲覧。
  4. ^ 『物語とみどころがわかる バレエの鑑賞入門』、pp.24-33.
  5. ^ 川路、p.107
  6. ^ a b 『オックスフォード バレエダンス辞典』、pp.235-236.
  7. ^ 『物語とみどころがわかる バレエの鑑賞入門』、pp.32-33.
  8. ^ 『オックスフォード バレエダンス辞典』、pp.377-379.
  9. ^ a b 『オックスフォード バレエダンス辞典』、pp.236-237.
  10. ^ a b 『物語とみどころがわかる バレエの鑑賞入門』、pp.72-73.
  11. ^ 『別冊ダンスマガジン バレエって、何?』p. 43.


「バレエ・ブラン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バレエ・ブラン」の関連用語

バレエ・ブランのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バレエ・ブランのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバレエ・ブラン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS