バリオセキュア 沿革

バリオセキュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 07:00 UTC 版)

沿革

初代法人

  • 2001年平成13年)
    • 6月21日 - 情報・通信システム及びセキュリティシステムの開発・運用・コンサルティング業務を目的として東京都港区西新橋三丁目にアンビシス株式会社を設立。
    • 9月 - インターネットサービスプロバイダ及び通信事業者向けセキュリティソリューションとしてファイアウォール等を運用するマネージドセキュリティサービスの提供を開始。
    • 10月 - ホスティングサービス事業を開始。
  • 2002年(平成14年)
    • 5月 - VariOSを搭載した統合型インターネットセキュリティアプライアンス機器「VSR 1000シリーズ」の提供開始。ファイアウォール、IDS & ADS、ロードバランサ、ホットスタンバイの複合的なサービスの提供をスタート。
    • 7月 - 本店を東京都港区麻布台一丁目に移転。
  • 2003年(平成15年)
    • 6月 - 商号をバリオセキュア・ネットワークス株式会社に変更するとともに、本店を東京都港区虎ノ門四丁目に移転。
    • 8月 - マルチホーミングサービスの提供開始
    • 9月 - セキュリティ製品認定機関である、米国企業ICSA(International Computer Security Association)によるファイアウォール認定バージョン4.0を、日本企業として初めて取得。
    • 10月 - セキュリティアプライアンス機器VSRに「VSR500、VSR2000、VSR3000」シリーズを追加。
    • 12月 - ウィルスプロテクションサービスの提供開始。
  • 2004年(平成16年)
    • 2月 - VPN専用機「VSR200シリーズ」を提供開始。
    • 8月 - 光回線対応セキュリティアプライアンス「VSR3500シリーズ」を提供開始。
  • 2005年(平成17年)
    • 3月 - ICSAファイアウォール認定バージョン4.1の認定取得。
    • 6月 - 本店を東京都港区愛宕二丁目に移転。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月 - VSR3700シリーズの本格提供開始。
    • 6月29日 - ヘラクレス上場(証券コード3809)。
  • 2007年(平成19年)9月 - ASP型セキュリティ・サービス「バリオ・アンチスパム」を提供開始。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月 - 株式会社ネットセキュリティ総合研究所を設立、サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社よりScan NetSecurity事業を譲受。
    • 12月18日 - 上場廃止。
  • 2010年(平成22年)9月 - 「バリオ メールセキュリティサービス」を提供開始。
  • 2011年(平成23年)3月 - 1stホールディングス(現・ウイングアーク1stのグループ会社となる。
  • 2012年(平成24年)
    • 7月 - 本社を東京都渋谷区桜丘町に移転。
    • 11月 - VCR(Vario Communicate Router)の販売開始。
  • 2013年(平成25年)3月 - 商号をバリオセキュア株式会社に変更。
  • 2016年(平成28年)
    • 6月30日 - 株式会社BAF5がウイングアーク1stから全株式を取得し、BAF5の完全子会社となる[1]
    • 9月1日 - 株式会社BAF5から商号変更されたバリオセキュア株式会社(2代目法人)へ吸収合併され、バリオセキュア株式会社(初代法人)は解散[1][2]

2代目法人

  • 2015年(平成27年)9月17日 - アイ・シグマ・パートナーズによる特定目的会社として、株式会社BAF5の商号で設立[1]。本社は東京都千代田区神田錦町3丁目に置く。
  • 2016年(平成28年)
    • 6月30日 - バリオセキュア株式会社(初代法人)の全株式をウイングアーク1stから取得し子会社化。
    • 9月1日 - 商号を株式会社BAF5から、バリオセキュア株式会社(2代目法人)に変更。バリオセキュア株式会社(初代法人)を吸収合併し、本社を東京都渋谷区桜丘町に移転[1]
    • 10月1日 - 本社を東京都千代田区神田錦町1丁目に移転。
  • 2019年(平成31年 /令和元年)
    • 3月 - ブルーシフト株式会社のデータプロテクト事業を統合。
  • 2020年(令和2年)
    • 3月18日 - 3月30日に予定していた東京証券取引所2部上場(証券コードは初代法人とは異なる4494)を延期[3]
    • 11月30日 - 東京証券取引所2部上場。

  1. ^ a b c d e f g h i j k 新規上場のための有価証券報告書バリオセキュア 2020年10月23日
  2. ^ バリオセキュア株式会社国税庁法人番号公表サイト
  3. ^ 株式売出しの中止に関する取締役会決議のお知らせバリオセキュア 2020年3月18日





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バリオセキュア」の関連用語

バリオセキュアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バリオセキュアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバリオセキュア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS