バリウム 用途

バリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/20 09:18 UTC 版)

用途

バリウムの最大の用途は油井やガス井を採掘するための掘穿泥水英語版における加重剤であり、重晶石を砕いたバライト粉が利用される。

造影剤として食道を造影したレントゲン写真
バリウムによって緑色を示す花火

単体としての用途

バリウム単体の用途として最も重要なものに、テレビのブラウン管のような真空管内に痕跡量残存した最後の酸素やその他のガスを取り除くゲッター英語版としての用途があったが、この用途はブラウン管を使わない液晶テレビやプラズマテレビの普及によって、姿を消しつつある[56]。他の単体バリウムとしての用途は小規模であり、アルミニウム-ケイ素合金であるシルミンの結晶構造を安定化させるための添加材として用いられるように、以下のような合金への添加材としての用途が挙げられる[56]

  • クリープ性を増加させるための鉛スズ合金(はんだ)への添加
  • 接種材としての鋼鉄や鋳鉄への添加
  • 高純度鋼の脱酸材としてのカルシウム、マンガン、ケイ素、アルミニウム合金への添加
  • 自動車点火装置に用いられるバリウム-ニッケル合金[57]

硫酸バリウムとしての用途

硫酸バリウム (BaSO4) は重晶石を粉砕して製造されるバライト粉と、硫化バリウムと硫酸ナトリウムとの複分解によって製造される沈降性硫酸バリウムに大別される[58]

バライト粉は石油産業において重要であり、新しい油井やガス井を採掘するための掘穿泥水英語版における加重剤として用いられる[47]

沈降性硫酸バリウムの英語表記である「blanc fixe」は「永久の白」を意味するフランス語に由来しており、白色塗料として利用される[59]。硫酸バリウムおよび硫酸亜鉛からなる白色顔料であるリトポンは良好な隠蔽力を有しており、硫化物に曝されても黒変しない「永久の白」である[60]。また、沈降性硫酸バリウムはゴルフボールなど様々なゴム製品の充填剤にも用いられる[58]。 硫酸バリウムのナノ粒子はポリマーの物性を改良することができ、例えばエポキシ樹脂などに用いられる[59]

硫酸バリウムはまた、X線を透過しないという性質を利用してレントゲン造影剤としても利用される(バリウムがゆ英語版バリウム浣腸英語版[47]

その他の化合物の用途

炭酸バリウム殺鼠剤として用いられるようにBa2+イオンは毒性を有している[61]。硫酸塩は水に対する溶解度が非常に低いために問題とならないが、その他のバリウム化合物の用途は特定の分野に見られるのみである。


注釈

  1. ^ デービーは石灰を意味する「calcsis」の語尾に「-ium」を付けてカルシウムと命名した[35]

出典

  1. ^ a b 千谷 (1959) 193頁。
  2. ^ a b 国立天文台 編, 『理科年表 第79冊』, p367 & 391, 丸善, 2005.
  3. ^ a b 国際化学物質安全性カード バリウム ICSC番号:1052 (日本語版), 国立医薬品食品衛生研究所, http://www.ilo.org/dyn/icsc/showcard.display?p_card_id=1052&p_version=2&p_lang=ja 2013年1月30日閲覧。 
  4. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 266頁。
  5. ^ a b #Kresse et al. (1985) p. 326
  6. ^ a b 千谷 (1959) 199頁。
  7. ^ 千谷 (1959) 198頁。
  8. ^ Lide (2004) p.4-48-50
  9. ^ Lide (2004) p.4-86-88
  10. ^ Lide (2004) p.4-43-45
  11. ^ Lide (2004) p.4-95-96
  12. ^ 千谷 (1959) 194頁。
  13. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 267頁。
  14. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 268頁。
  15. ^ a b コットン、ウィルキンソン (1987) 277頁。
  16. ^ 千谷 (1959) 195頁。
  17. ^ 千谷 (1959) 196頁。
  18. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 278頁。
  19. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 279頁。
  20. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 281頁。
  21. ^ Ferro, Riccardo and Saccone, Adriana (2008). Intermetallic Chemistry. Elsevier. p. 355. ISBN 978-0-08-044099-6 
  22. ^ David R. Lide, Norman E. Holden (2005), “Section 11, Table of the Isotopes”, CRC Handbook of Chemistry and Physics, 85th Edition, Boca Raton, Florida: CRC Press 
  23. ^ 標準線源 (09-04-03-02)”. 高度情報科学技術研究機構 原子力百科事典. 2012年1月15日閲覧。
  24. ^ シャルロー (1974) 279-280頁。
  25. ^ シャルロー (1974) 281-282頁。
  26. ^ シャルロー (1974) 282, 595頁。
  27. ^ 加藤 (1932) 89-90頁。
  28. ^ a b 日本工業規格 JIS K 1414-1992, JIS K 1416-1992など
  29. ^ 加藤 (1932) 90-91頁。
  30. ^ 厚生労働省健康局水道課. “水道用薬品類の評価のための試験方法ガイドライン”. 厚生労働省. pp. 20-21, 24-25. 2012年3月10日閲覧。
  31. ^ ゲーテの『若きウェルテルの悩み』にも「ボロニア石」として出てくる。ロラン・バルトは『恋愛のディスクール・断章』でボローニャの石からウェルテルを論じている。
  32. ^ a b Robert E. Krebs (2006), The history and use of our earth's chemical elements: a reference guide, Greenwood Publishing Group, p. 80, ISBN 0313334382, https://books.google.co.jp/books?id=yb9xTj72vNAC&redir_esc=y&hl=ja 
  33. ^ Katharina M. Fromm「輝ける重い元素バリウム」『Nature Chemistry』第5巻第149号、Nature、2013年、doi:10.1038/nchem.1551 
  34. ^ Davy, H. (1808) "Electro-chemical researches on the decomposition of the earths; with observations on the metals obtained from the alkaline earths, and on the amalgam procured from ammonia," Philosophical Transactions of the Royal Society of London, vol. 98, pages 333-370.
  35. ^ 村上雅人『元素を知る事典: 先端材料への入門』海鳴社、2004年、102頁。ISBN 487525220X 
  36. ^ “Masthead”, Annalen der Chemie und Pharmacie 93 (3): fmi–fmi, (1855), doi:10.1002/jlac.18550930301 
  37. ^ Wagner, Rud.; Neubauer, C.; Deville, H. Sainte-Claire; Sorel; Wagenmann, L.; Techniker; Girard, Aimé (1856), “Notizen”, Journal für Praktische Chemie 67: 490–508, doi:10.1002/prac.18560670194 
  38. ^ Jensen, William B. (2009), “The Origin of the Brin Process for the Manufacture of Oxygen”, Journal of Chemical Education 86 (11): 1266, Bibcode2009JChEd..86.1266J, doi:10.1021/ed086p1266 
  39. ^ Ihde, Aaron John (1984-04-01), The development of modern chemistry, p. 681, ISBN 9780486642352, https://books.google.de/books?id=34KwmkU4LG0C&pg=PA681&hl=de 
  40. ^ Schott, G. D. (1974). “Some Observations on the History of the Use of Barium Salts in Medicine”. Med Hist. 18 (1): 9–21. PMC 1081520. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1081520/. 
  41. ^ “Barium: geological information”, Mark Winter, The University of Sheffield and WebElements Ltd, UK (WebElements), http://www.webelements.com/barium/geology.html 2012年1月15日閲覧。 
  42. ^ The Element Barium”. Jefferson Lab.. 2012年1月15日閲覧。
  43. ^ a b c Ullman 2007, p. 5.
  44. ^ Alston Moor Cumbria, UK”. Steetley Minerals. 2012年1月15日閲覧。
  45. ^ Industrial minerals, (1969), p. 28, https://books.google.co.jp/books?id=JjEmAQAAIAAJ&dq=Settlingstones+Witherite+Mine&q=Settlingstones+&redir_esc=y&hl=ja#search_anchor 
  46. ^ a b 我が国における鉱種別 需給/リサイクル/用途等 資料2.30 バリウム (Ba)”. 東北非鉄振興プラン報告書. 東北経済産業局. 2013年1月8日閲覧。
  47. ^ a b c d C. R. Hammond (2000), The Elements, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press, ISBN 0849304814 
  48. ^ キャリー・ホール『宝石の写真図鑑(地球自然ハンドブック)』日本ヴォーグ社、1996年、80頁。ISBN 4529026914 
  49. ^ 31.バリウム”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構. 2013年1月9日閲覧。
  50. ^ 双日、メキシコにおける世界最大級のバライト鉱山へ出資〜石油・ガス採掘時の掘削泥水原料として需要拡大〜”. 双日. 2013年1月9日閲覧。
  51. ^ BARITE”. アメリカ地質調査所 (2012年). 2013年1月8日閲覧。
  52. ^ a b Toxicological Profile for Barium and Barium Compounds. Agency for Toxic Substances and Disease Registry”. CDC (2007年). 2012年1月17日閲覧。
  53. ^ Ullman 2007, p. 7.
  54. ^ a b Ullman 2007, p. 6.
  55. ^ a b c d e f g Ullman 2007, p. 3.
  56. ^ a b c Ullman 2007, p. 4.
  57. ^ Stellman, Jeanne (1998). Encyclopaedia of Occupational Health and Safety: Chemical, industries and occupations. International Labour Organization. pp. 63.8. ISBN 978-92-2-109816-4 
  58. ^ a b 硫酸バリウム”. 特許庁. 2012年4月2日閲覧。
  59. ^ a b Ullman 2007, p. 9.
  60. ^ Jones, Chris J. and Thornback, John (2007). Medicinal applications of coordination chemistry. Royal Society of Chemistry. p. 102. ISBN 0-85404-596-1. https://books.google.co.jp/books?id=uEJHsZWyO-EC&redir_esc=y&hl=ja 
  61. ^ SIDS 初期評価プロファイル 炭酸バリウム”. 日本化学物質安全・情報センター. 2013年1月25日閲覧。
  62. ^ 真鍋由雄ほか (2010). “ランプ寿命推定法を用いた長寿命蛍光ランプの開発”. Panasonic Technical Journal 56 (2): 45. http://panasonic.co.jp/ptj/v5602/pdf/p0109.pdf. 
  63. ^ ディーゼル自動車の排気黒煙防止に関する調査研究(第2報) - 東京都環境公社
  64. ^ Michael S. Russell, Kurt Svrcula (2008). Chemistry of Fireworks. Royal Society of Chemistry. p. 110. ISBN 0-85404-127-3. https://books.google.co.jp/books?id=yxRyOf8jFeQC&redir_esc=y&hl=ja 
  65. ^ Brent, G. F.; Harding, M. D. (1995). “Surfactant coatings for the stabilization of barium peroxide and lead dioxide in pyrotechnic compositions”. Propellants Explosives Pyrotechnics 20 (6): 300. doi:10.1002/prep.19950200604. 
  66. ^ 秋重幸邦 (2006). “新規チタン酸バリウム系強誘電体”. 熱測定 (日本熱測定学会) 33 (4): 160頁. http://www.netsu.org/j+/Jour_J/pdf/33/33-4-03.pdf 2013年2月4日閲覧。. 
  67. ^ Crystran Ltd. Optical Component Materials”. 2010年12月29日閲覧。
  68. ^ Colin A. Russell (2000). Chemistry, Society and Environment: A New History of British Chemical Industry. Royal Society of Chemistry. p. 164. ISBN 0854045996 
  69. ^ 野口仁ほか (2007). “バリウムフェライト磁性体を用いた塗布型磁気記録媒体の高密度化研究”. Fujifilm Research & Development 52: 47-50. 
  70. ^ 足立吟也、南努 (2007). 現代無機材料科学. 化学同人. p. 182. ISBN 4759810749 
  71. ^ 緻密質ファインセラミックス”. ティーイーピー株式会社. 2013年1月25日閲覧。
  72. ^ Patnaik, Pradyot (2003). Handbook of inorganic chemicals. pp. 77–78. ISBN 0070494398. https://books.google.co.jp/books?id=Xqj-TTzkvTEC&pg=PA243&redir_esc=y&hl=ja 
  73. ^ Doig AT (February 1976). “Baritosis: a benign pneumoconiosis”. Thorax 31 (1): 30–9. doi:10.1136/thx.31.1.30. PMC 470358. PMID 1257935. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC470358/. 
  74. ^ 良性塵肺症”. メルクマニュアル. 2012年1月18日閲覧。
  75. ^ Toxicity Profiles, Ecological Risk Assessment”. US EPA (2009年6月6日). 2012年1月17日閲覧。
  76. ^ Moore, J. W. (1991). Inorganic Contaminants of Surface Waters, Research and Monitoring Priorities. New York: Springer-Verlag 
  77. ^ a b 環境保健クライテリア 107 バリウム”. 国立医薬品食品衛生研究所. 2013年1月27日閲覧。
  78. ^ 毒物及び劇物指定令(昭和40年政令第2号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月19日). 2020年1月9日閲覧。
  79. ^ 化学物質を取り扱う事業者の方へ”. 経済産業省. p. 26. 2013年1月27日閲覧。
  80. ^ 海外の環境規制・環境産業の動向に関する調査報告書”. 三菱総合研究所. 2013年1月27日閲覧。
  81. ^ シンガポールの排水基準について”. DOWAエコジャーナル. 2013年1月27日閲覧。
  82. ^ グリーン調達 欧州規格EN71-Part3に基づく玩具の溶出試験”. 島津テクノリサーチ. 2013年1月26日閲覧。






バリウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バリウム」の関連用語

バリウムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バリウムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS