バリアブル印刷 今後の課題

バリアブル印刷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 15:33 UTC 版)

今後の課題

バリアブル印刷には、これを必要とするイベントやトリガーがあり、また最終的な印刷物をターゲットに届けることが求められる。過去においては、大量のロットで一括処理することが一般的であったが、今日では毎日あるいはオンデマンドの小ロットで連続的に実行するニーズもある。一方で低コストを実現するインクジェット方式のデジタル印刷機は大型であり、投資金額も高額となるため、高い稼働率による効率的な活用が求められている。このような一見矛盾する要求を実現するために、リクエストを仮想的にアグリゲーションし、また印刷機も時には印刷会社の枠を超えてアグリゲーションする動きが現れている。これは印刷が製造からサービスに移行するものとも考えられ、注目される。

バリアブル印刷は文字通り印刷を目的としているが、これを求めるビジネス要件ではEメールやWeb、モバイルといった電子メディア向けコンテンツへの対応も同時に必要とする場合もあり、今後はよりその傾向が強まるものと予測される。これには、印刷のために使用するクリエイティブやテキストなどのコンテンツをWebなどと共用する意味と、ひとつの製作プロセスあるいはソフトウェアで、印刷向けの他にEメールやWeb、モバイル向けコンテンツを生成する意味がある。前者はバリアブル印刷とDAM(デジタル資産管理)やWCMS(Web CMS)との連携であり、後者はマルチチャネル対応と呼ばれる。

適用印刷物

宛名(DM、年賀状、インボイス)、カード(名刺、名札)、ナンバリング(チケット)、ラベル(POP、商品添付ラベル、発送状)、情報誌(商品カタログ、不動産情報、求人案内、ツアーパンフレット)、賞状(修了書、認定書)、リスト(名簿、部品)、証書(契約書、約款)

デジタル印刷機


[ヘルプ]
  1. ^ 一般社団法人 日本印刷産業連合会 印刷用語集によるバリアブルプリントの説明
  2. ^ 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) バリアブルプリントで差を付けよう では、米国のある印刷会社でのカーディーラー向けWeb to プリントの販促システムが紹介されている
  3. ^ 一般社団法人 日本印刷産業連合会 印刷用語集: 請求書などの開封率の高いダイレクトメールにカスタマイズしたメッセージの広告を組み込む販促手法。
  4. ^ 罫線や固定文字列などをまずプリンタに転送し、印字用可変データのみをその都度送り、保存したデータと合成して印刷することで、限られた転送帯域と処理性能を有効に活用したもの
  5. ^ PPMLは印刷する側の効率化には有効であるが、コンテンツ制作側には事前確認が必ずしも容易でないなど、動機づける要因が少ない。このためにPDFを拡張したPDF/VTが加わったとみることもできる。
  6. ^ グローバルグラフィックス株式会社代表取締役ブログによれば、Harlequin RIPはPDF Retained Raster (PDF ラスタ維持機能)により、PPML 等の特殊ファイルが不要としている
  7. ^ 個人ユースに重点を置いた年賀状ソフトも、広い意味では含まれる






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バリアブル印刷」の関連用語

バリアブル印刷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xperia XZ SO-01J

ガチャッポイド

L-06D JOJO

WT310/C

ドブ付きトンボ

Xperia Z2 SO-03F

ThinkPad X1

iPod touch





バリアブル印刷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバリアブル印刷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS