バラク・オバマ 家族

バラク・オバマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:24 UTC 版)

家族

オバマ一家。左から妻のミシェル、長女のマリア、バラク、次女のナターシャ。

1992年10月にミシェル・ロビンソンと結婚し、1998年7月に長女のマリアと、2001年6月に次女のナターシャ(サーシャ(Sasha)と呼ばれることが多い。)が誕生した。なおナターシャは初の21世紀に誕生したホワイトハウスの住人である。

2014年10月、娘のマリアとナターシャの2人がアメリカのタイム誌の「2014年の最も影響力のある25人のティーン」に選ばれた[241]

愛犬

歴代の大統領と同様、大統領当選後よりホワイトハウスにおいて愛犬を飼うことを表明し、様々な団体や政府から愛犬の譲渡の申し出が相次いでいた他にも動物愛護施設からの譲渡も検討されたが、マリアに軽度のアレルギーがあることもあり、愛犬探しは難航した。

しかし最終的に上院議員のテッド・ケネディよりポヂュギース・ウォーター・ドッグが贈られることとなり、2009年4月にお披露目され、同時に「ボー(Bo)」と名付けられたことも発表された。

親戚

1965年3月に結婚した継父のロロ・ストロと実母のアン・ダナムの間にて、1970年8月に誕生した異父妹のマヤ・ストロがおり、マヤはマレーシアから来た中国系カナダ人コンラッド・イングと結婚して娘のスハイラを出産した。

また実父のシニアは他に3人の妻との間に子供がおり、ケジア・オバマ(Kezia Obama)との間にはマリク・オバマ(Malik Obama) 、アウマ・オバマ(Auma Obama) 、アボー(サムソン)・オバマ(Abo Obama) 、バーナード・オバマ(Bernard Obama)という4人の子供、ルース・デサンジョ(Ruth Ndesandjo)との間にはマーク・オバマ・デサンジョ(Mark Okoth Obama Ndesandjo) 、デイヴィッド・デサンジョ・オバマ(David Opiyo Ndesandjo Obama)という2人の子供、Jael Otienoとの間にはジョージ・フセイン・オニャンゴ・オバマ(George Hussein Onyango Obama)という1人の子供がいる。

2013年3月、マリクはケニアで州知事選挙に立候補したが落選している[242]。マリクはスーダンのイスラム・ダワウ機関(IDO)の事務局長を務め、オマル・アル=バシール大統領の側近とされている[243]。彼はケニアにおいて、内国歳入庁からの資金援助などを承認されたバラク・H・オバマ財団(BHOF)と言うオバマ一族が経営する慈善団体の経営者でもある[244][245]。またマリクはエジプトムスリム同胞団を資金支援していると疑われている[246]

アウマは作家やジャーナリストとして活躍し、オーストラリア生まれのアボーはアラブ首長国連邦リンクトイン上のnidale trading llcの人事部長を務めた。マークは中国を拠点に慈善事業を運営し、中国語も堪能で妻も中国人である。デイヴィッドは1987年にオートバイ事故で死去した。またマークとデイヴィッドはユダヤ系アメリカ人の血を引いていた。兄弟の中で一番若いジョージはナイロビのスラム街にある小屋で暮すが、その前は数年間野宿暮らしをしていた。2009年に大麻所持の疑いで逮捕されている[247]

  • バラク・オバマ・シニア(実父) - ケニア人のルオ族
  • アン・ダナム(実母) - イングランド人、アイルランド人、チェロキー族
  • スタンレー・ダナム(母方の祖父) - イングランド人、アイルランド人。
  • マデリン・ダナム(母方の祖母) - チェロキー族
  • ロロ・ストロ(義父) - インドネシア人
  • マヤ・ストロ(異父妹) - イングランド、アイルランド、チェロキー族、インドネシア人
  • マーク・デサンジョ(異母弟) - 在中。中国人と結婚。
  • ミシェル・オバマ(妻) - アフリカ出身の黒人奴隷の子孫
  • クレイグ・ロビンソン英語版(義兄) - アフリカ出身の黒人奴隷の子孫
  • コンラッド・イング(義弟) - カナダ出身の中国系マレーシア人

以上のようにバラク・オバマの家族や親戚は様々な国に起源を持っている。

ルーツ

2006年10月にオバマ本人は自らのルーツの多様性を「小さな国連」と形容した[248]。大統領就任演説では「ケニヤ人の子」といい、アイルランド訪問時にはアイルランド風に"O'Bama"と名乗ろうと思ったことがあると発言したことがある。また日本訪問時の演説では自分を「アメリカ史上最初の『太平洋人大統領』」と称した。

オバマの母方の祖先はイングランド王ヘンリー2世の庶子であるソールズベリー伯爵に遡る。このため子女をたくさん儲けたヘンリー2世の子孫であるジェームズ・マディソンウォレン・ハーディングハリー・トルーマンリンドン・ジョンソンリチャード・ニクソンジェラルド・フォードジョージ・H・W・ブッシュ歴代大統領やロバート・リー南軍司令官、ウィンストン・チャーチル英首相アルベルト・シュヴァイツァースコット・フィッツジェラルドジャン=ポール・サルトルは遠縁に当たる。ジョージ・W・ブッシュとは10親等ブラッド・ピットとは9親等、ディック・チェイニー[注 20]とは8親等離れた親族である[249][250][251][252]

また、アフリカからの留学生と白人の間の子であって、アメリカの黒人コミュニティの主流である「元奴隷の子孫」ではないと言われていたが、2012年には1647年に年季奉公を放棄し、逃亡した罪で奴隷身分とする判決を受けたジョン・パンチ英語版(アメリカ最初の黒人奴隷)が、白人である母親の先祖のひとりであると、系図会社の Ancestry.com英語版 が発表した[253]。Ancestry.com が古文書とDNA解析により調査したところによると、パンチと白人女性の間に生まれたムラートである子は自由民となり、その子孫はヴァージニアの地主の家として代々続いたという[254]


注釈

  1. ^ 保守フォックス・テレビイスラム神学校で教育を受けたと報じたが、後にCNNの現地取材によってこれは否定された[29]
  2. ^ ハーバード・ロー・スクールではトップ10パーセントの成績の者に与えられる[42]
  3. ^ 例えば、
    『アメリカ合衆国政府は彼ら(アフリカ系アメリカ人達)にドラッグを与え、より大きな刑務所をつくり、3回重罪加重懲役法を成立させたくせに、我々(アフリカ系アメリカ人)に「神よアメリカに祝福を (God bless America) 」と唱わせようとする。とんでもないことだ。このようなことをする国に対して聖書は「神よアメリカに断罪を (God damn America) 」と唱えよと教えている。我が市民(アフリカ系アメリカ人達)を人間以下に扱っているアメリカに神よ断罪を。自分があたかも神であるかのように、かつ至上の存在であるかのようにふるまっているアメリカに神よ断罪を』
    なかでも最も大きな論争を起こしたのが、アメリカ同時多発テロ事件の直後に発していた次のような説教であった。
    『…我々は広島を爆撃した。我々は長崎を爆撃した。そして我々は核爆弾を落とし、このたびニューヨークとペンタゴンで殺された数千人よりもはるかに沢山の人々を殺害した。我々はこのことから目を背け続けている』
  4. ^ カトリック教会神父だがプロテスタントのトリニティー・ユナイテッド教会に招かれて説教した。カトリック教会はフレガー神父の発言内容を譴責し停職処分を下した[58]
  5. ^ "Shame on you, Barack Obama."[61]
  6. ^ ヒラリーはオバマ陣営のパンフレットが根拠を欠き不当であると冷静な口調で長々と筋道立てて説明した後に「恥を知れ」と発言したのだが、テレビ報道では時間枠の都合やテンポの問題もあり、説明の部分が大幅にカットされて「恥を知れ」発言に焦点を合わせた映像が繰り返し放映された。
  7. ^ オバマに対する献金の4分の1は200ドル以下の少額献金により賄われ、残りをゴールドマン・サックスユービーエス・エイ・ジーJPモルガン・チェースリーマン・ブラザーズシティ・グループなどからの大口献金が占めた[62]
  8. ^ en:United States presidential election, 2008
  9. ^ en:Barack Obama presidential acceptance speech, 2008
  10. ^ 就任時年齢が若い順に、42歳 322日セオドア・ルーズベルト(第26代)、43 歳 236日ジョン・F・ケネディ(第35代)、46歳154日ビル・クリントン(第42代)、46歳311日ユリシーズ・グラント(第 18代)、47歳169日バラク・オバマ(第44代)[73]
  11. ^ オバマが引用したのは、孟子「尽心章句」の一節。「山中の小道は、人が通ってこそ道となる。しばらく通らなければ、茅(かや)でふさがれてしまう」と引用した上で、大統領は「子供の世代のために誤解や埋めがたい溝を避けるよう努力を」と訴えた。
  12. ^ オバマは「両国人の交流は極めて大切。民間人の交流を全力で支持する」、「台湾問題は“ひとつの中国”というアメリカの政策は不変」、「チベット独立は支持しない」、「新疆問題については、中国の主権と領土の保全を尊重する」と述べた。
  13. ^ たとえば、2010年2月5日付の中国共産党機関紙・光明日報は「オバマ、中国人13億人はおまえを軽蔑する」と題する記事を掲載し、その中でオバマに対し「オバマのいうエセ平和の恐るべき正体」「面従腹背、二枚舌のうそつき野郎」「狼のような野心の何と恐るべきことか」との“文化大革命”調の悪口雑言を並べた[99]
  14. ^ ウィキソースには、ノーベル平和賞受賞に際するバラク・オバマの声明の日本語訳があります。
  15. ^ 各長官は上院の承認を経て正式に就任するため、就任日にばらつきがある。
  16. ^ 2014年2月にもアメリカは臨界前核実験を成功させているが、アメリカのメディアでは殆ど取り上げられなかったこともあり、オバマに対する非難の声は報じられなかった[198][199]
  17. ^ ただしアメリカ先住民は社会進出は遅れているものの絶望的な貧困であえいでいるわけでなく、エニ・ファレオマヴァエガのような下院議員になる者も現れ、先住民の血を引く白人黒人もかなり多い。
  18. ^ 奴隷制時代を経験した先祖を持たないケニア人の父と、後述のように奴隷制時代を経験したアフリカ系の先祖を持つ白人の母親の間に生まれた混血。しかし社会的にはオバマは黒人と認知され、エスニックグループとしての黒人社会に帰属するものとみなされている。
  19. ^ UBSは、世界中の金持ちたちが自国での脱税目的で秘密口座を持っていることで知られる。その口座の数は5万以上という。脱税を助けてきたことに対して、アメリカ政府はUBSを相手取って民事刑事告発をしていたが、2009年2月、UBSが780億円の罰金を払うことで決着。この罰金はアメリカの保険会社AIGにUBSが掛けていた保険で支払われた。
  20. ^ オバマとチェイニーの共通の祖先は17世紀にフランスから移住したマリーン・デュバル英語版である[249]
  21. ^ アフリカ支援をしたブッシュ前大統領もアフリカでは「ジョージ・ブッシュ」と命名する社会現象があった。

出典

  1. ^ President Barack Obama”. www.whitehouse.gov. 2009年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月12日閲覧。
  2. ^ a b Birth Certificate of Barack Obama”. Department of Health, Hawaii. PolitiFact.com (1961年8月8日). 2008年10月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月12日閲覧。
  3. ^ オバマ前米国大統領との昼食会 平成30年3月25日
  4. ^ 諸外国の「グリーン・ニューディール」 国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 641(2009. 4. 9.)
  5. ^ カリフォルニア州総選挙2008年11月4日(火)有権者公式ガイド
  6. ^ 2004年3月の上院初当選・7月の民主党全国大会での基調講演・11月の上院選挙での地滑り当選で全国的に注目されるようになった。
  7. ^ Wan, William (2016年11月18日). “Most of the world doesn't actually see America the way Trump said it did”. The Washington Post. 2020年11月6日閲覧。
  8. ^ Jones, Jeffrey M. (2018年2月15日). “Obama's First Retrospective Job Approval Rating Is 63%” (英語). Gallup.com. http://news.gallup.com/poll/226994/obama-first-retrospective-job-approval-rating.aspx 2018年4月5日閲覧。 
  9. ^ Rottinghaus, Brandon; Justin S. Vaughn (2018年2月19日). “How Does Trump Stack Up Against the Best—and Worst—Presidents?”. The New York Times. https://www.nytimes.com/interactive/2018/02/19/opinion/how-does-trump-stack-up-against-the-best-and-worst-presidents.html 2018年2月19日閲覧。 
  10. ^ “Obama’s dad and his many loves”. The Standard. (2008年11月14日). オリジナルの2009年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090123151243/http://www.eastandard.net/news/InsidePage.php?id=1143999351&cid=4& 
  11. ^ スティーヴ・ブルームフィールド 『サッカーと独裁者 アフリカ13か国の「紛争地帯」を行く』白水社、2011年、108頁。 
  12. ^ Jess Henig; Joe Miller (2008年8月21日). “Born in the U.S.A.” (英語). FactCheck.org. 2008年8月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月24日閲覧。
  13. ^ Hutton, Brian (2007年5月3日). “For sure, Obama's South Side Irish”. Politics (The Chicago Sun-Times). オリジナルの2007年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070814032759/http://www.suntimes.com/news/politics/368961,CST-NWS-ireland03.article 2008年11月23日閲覧。 
  14. ^ Tiny Irish Village Is Latest Place to Claim Obama as Its Own - washingtonpost.com”. Washingtonpost.com. 2008年11月8日閲覧。
  15. ^ For Stanley Ann's first name, see Obama (1995, 2004), p. 19
  16. ^ Obama (1995, 2004), pp. 9–10. For book excerpts, see “Barack Obama:Creation of Tales”. East African. (2004年11月1日). オリジナルの2007年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070927225314/http://www.nationmedia.com/EastAfrican/01112004/Features/PA2-2212.html 2008年4月13日閲覧。 
  17. ^ a b Jones, Tim (2007年3月27日). “Obama's mom:Not just a girl from Kansas:Stanley Ann Dunham shaped a future senator” (英語). Chicago Tribune. オリジナルの2008年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080625090428/http://www.chicagotribune.com/news/politics/chi-0703270151mar27,0,5157609.story?page=1 2008年10月27日閲覧。 
  18. ^ a b Ripley, Amanda (2008年4月9日). “The Story of Barack Obama's Mother”. Time. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1729685,00.html 2007年4月9日閲覧。 
  19. ^ American President:Barack Obama”. Miller Center of Public Affairs at the University of Virginia. 2009年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月23日閲覧。
  20. ^ “Barack Obama, long time UCC member, inaugurated forty-fourth U.S. President” (プレスリリース), United Church of Christ, (2009年1月20日), http://www.ucc.org/news/obama-inauguration.html 2009年1月21日閲覧, "Barack Obama, who spent more than 20 years as a UCC member, is the forty-fourth President of the United States." 
  21. ^ “Obama's church choice likely to be scrutinized” (英語). AP. NBCニュース. (2008年11月17日). http://www.nbcnews.com/id/27775757/#.U7hvg_l_s-I 2009年1月20日閲覧。 
  22. ^ Obama, Barack (16 October 2006). "My spiritual journey".
  23. ^ Obama (1995), pp. 9–10.
  24. ^ Obama (1995), Chapters 4 and 5. See also:Serrano, Richard A (2007年3月11日). “Obama's Peers Didn't See His Angst” (paid archive). Los Angeles Times. http://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access/1230439131.html?dids=1230439131:1230439131&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Mar+11%2C+2007&author=Richard+A.+Serrano&pub=Los+Angeles+Times&edition=&startpage=A.20&desc=THE+NATION 2008年1月4日閲覧。 
  25. ^ “バラク・オバマ氏の弟、中国人の妻と深圳で六年間生活”. 日本新華僑報 (日本新華僑通信社). (2008年11月7日). オリジナルの2008年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081229195136/http://jp.jnocnews.jp/news/show.aspx?id=16887 
  26. ^ 尚一切血の繋がりが無い存在として、異父妹の異母弟妹も存在する。
  27. ^ Merida, Kevin (2007年12月14日). “The Ghost of a Father”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/story/2007/12/13/ST2007121301893.html 2008年6月24日閲覧。  See also:Ochieng, Philip (2004年11月1日). “From Home Squared to the US Senate:How Barack Obama Was Lost and Found”. East African. オリジナルの2007年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070927223905/http://www.nationmedia.com/EastAfrican/01112004/Features/PA2-11.html 2008年6月24日閲覧。 
  28. ^ Obama (1995, 2004), pp. 44–45.
  29. ^ 新潮社「Foresight」 3月号[要ページ番号]
  30. ^ Serafin, Peter (2004年3月21日). “Punahou Grad Stirs Up Illinois Politics”. Honolulu Star-Bulletin. http://archives.starbulletin.com/2004/03/21/news/story4.html 2008年4月13日閲覧。  See also:Obama (1995, 2004), Chapters 3 and 4.
  31. ^ “「マリフアナにアルコール以上の危険ない」 オバマ大統領”. CNN. (2014年1月20日). http://www.cnn.co.jp/usa/35042744.html 2014年7月8日閲覧。 
  32. ^ Oxy Remembers "Barry" Obama '83”. Occidental College (2007年1月29日). 2008年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月13日閲覧。
  33. ^ Boss-Bicak, Shira (2005年1月). “Barack Obama '83”. Columbia College Today. http://www.college.columbia.edu/cct_archive/jan05/cover.php 2008年6月9日閲覧。 
  34. ^ Curriculum Vitae”. The University of Chicago Law School. 2001年5月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月3日閲覧。
  35. ^ Issenberg, Sasha (2008年8月6日). “Obama shows hints of his year in global finance:Tied markets to social aid”. Boston Globe. http://www.boston.com/news/nation/articles/2008/08/06/obama_shows_hints_of_his_year_in_global_finance/?page=1 2008年4月13日閲覧。 
  36. ^ a b Chassie, Karen (ed.) (2007). Who's Who in America, 2008. New Providence, NJ: Marquis Who's Who. p. 3468. ISBN 9780837970110. オリジナルの2008年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080807133159/http://marquiswhoswho.com/products/WAprodinfo.asp 2008年6月6日閲覧。 
  37. ^ Scott, Janny (2007年10月30日). “Obama's Account of New York Years Often Differs from What Others Say”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/10/30/us/politics/30obama.html 2008年4月13日閲覧。  Obama (1995, 2004), pp. 133-140;Mendell (2007), pp. 62-63.
  38. ^ Secter, Bob;McCormick, John (2007年3月30日). “Portrait of a pragmatist”. Chicago Tribune: p. 1. オリジナルの2008年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080209030448/http://www.chicagotribune.com/news/nationworld/chi-0703300121mar30,1,6651421,full.story 2008年6月6日閲覧。  Lizza, Ryan (2007年3月19日). “The Agitator:Barack Obama's Unlikely Political Education” (alternate link). New Republic. オリジナルの2007年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070616223107/http://www.pickensdemocrats.org/info/TheAgitator_070319.htm 2008年4月13日閲覧。  Obama (1995, 2004), pp. 140-295;Mendell (2007), pp. 63-83.
  39. ^ Matchan, Linda (1990年2月15日). “A Law Review breakthrough” (paid archive). The Boston Globe: p. 29. http://www.boston.com/news/politics/2008/articles/1990/02/15/a_law_review_breakthrough/ 2008年6月15日閲覧。  Corr, John (1990年2月27日). “From mean streets to hallowed halls” (paid archive). The Philadelphia Inquirer: p. C01. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=PI&p_theme=pi&p_action=search&p_maxdocs=200&s_trackval=PI&s_search_type=customized&s_dispstring=Author(John%20Corr)%20AND%20date(02/27/1990%20to%2002/27/1990)&p_field_date-0=YMD_date&p_params_date-0=date:B,E&p_text_date-0=02/27/1990%20to%2002/27/1990)&p_field_advanced-0=Author&p_text_advanced-0=(John%20Corr)&xcal_numdocs=20&p_perpage=10&p_sort=_rank_:D&xcal_ranksort=4&xcal_useweights=yes 2008年6月6日閲覧。 
  40. ^ Levenson, Michael;Saltzman, Jonathan (2007年1月28日). “At Harvard Law, a unifying voice”. The Boston Globe. http://www.boston.com/news/local/articles/2007/01/28/at_harvard_law_a_unifying_voice/?page=full 2008年6月15日閲覧。  Kantor, Jodi (2007年1月28日). “In law school, Obama found political voice”. The New York Times: p. 1. http://www.nytimes.com/2007/01/28/us/politics/28obama.html?pagewanted=all 2008年6月15日閲覧。  Kodama, Marie C (2007年1月19日). “Obama left mark on HLS”. The Harvard Crimson. オリジナルの2008年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080204031559/http://www.thecrimson.com/article.aspx?ref=516664 2008年6月15日閲覧。  Mundy, Liza (2007年8月12日). “A series of fortunate events”. The Washington Post: p. W10. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/08/08/AR2007080802038_pf.html 2008年6月15日閲覧。  Heilemann, John (October 22, 2007). “When they were young”. New York 40 (37): 32-7, 132-3. http://www.printthis.clickability.com/pt/cpt?action=cpt&title=When+They+Were+Young&expire=&urlID=24417790&fb=Y&url=http%3A%2F%2Fnymag.com%2Fnews%2Ffeatures%2F39321%2F&partnerID=73272 2008年6月15日閲覧。.  Mendell (2007), pp. 80-92.
  41. ^ Butterfield, Fox (1990年2月6日). “First black elected to head Harvard's Law Review”. The New York Times: p. A20. http://www.nytimes.com/1990/02/06/us/first-black-elected-to-head-harvard-s-law-review.html 2008年6月15日閲覧。  Ybarra, Michael J (1990年2月7日). “Activist in Chicago now heads Harvard Law Review” (paid archive). Chicago Tribune: p. 3. http://pqasb.pqarchiver.com/chicagotribune/access/28797353.html?dids=28797353:28797353&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT 2008年6月15日閲覧。  Matchan, Linda (1990年2月15日). “A Law Review breakthrough” (paid archive). The Boston Globe: p. 29. http://www.boston.com/news/politics/2008/articles/1990/02/15/a_law_review_breakthrough/ 2008年6月15日閲覧。  Corr, John (1990年2月27日). “From mean streets to hallowed halls” (paid archive). The Philadelphia Inquirer: p. C01. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=PI&p_theme=pi&p_action=search&p_maxdocs=200&s_trackval=PI&s_search_type=customized&s_dispstring=Author(John%20Corr)%20AND%20date(02/27/1990%20to%2002/27/1990)&p_field_date-0=YMD_date&p_params_date-0=date:B,E&p_text_date-0=02/27/1990%20to%2002/27/1990)&p_field_advanced-0=Author&p_text_advanced-0=(John%20Corr)&xcal_numdocs=20&p_perpage=10&p_sort=_rank_:D&xcal_ranksort=4&xcal_useweights=yes 2008年6月15日閲覧。  Drummond, Tammerlin (1990年3月12日). “Barack Obama's Law;Harvard Law Review's first black president plans a life of public service” (paid archive). Los Angeles Times: p. E1. http://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access/60017156.html?dids=60017156:60017156&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT 2008年6月15日閲覧。  Evans, Gaynelle (1990年3月15日). “Opening another door:The saga of Harvard's Barack H. Obama”. Black Issues in Higher Education: p. 5. オリジナルの2008年12月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081218235234/http://www.diverseeducation.com/artman/publish/article_11791.shtml 2008年11月15日閲覧。  Pugh, Allison J. (Associated Press) (1990年4月18日). “Law Review's first black president aims to help poor” (paid archive). The Miami Herald: p. C01. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=MH&p_theme=realcities2&p_action=search&p_maxdocs=200&s_site=miami&s_trackval=MH&s_dispstring=Title(Law%20Review's%20first%20black%20president%20aims%20to%20help%20poor)%20AND%20date(04/18/1990%20to%2004/18/1990)&p_field_date-0=YMD_date&p_params_date-0=date:B,E&p_text_date-0=04/18/1990%20to%2004/18/1990)&p_field_advanced-0=title&p_text_advanced-0=(Law%20Review's%20first%20black%20president%20aims%20to%20help%20poor)&xcal_numdocs=20&p_perpage=10&p_sort=_rank_:D&xcal_ranksort=4&xcal_useweights=yes 2008年6月15日閲覧。 
  42. ^ Harvard Law School grading system(2008年12月26日時点のアーカイブ
  43. ^ Breaking New Ground:African American Senators”. U.S. Senate Historical Office. 2008年11月10日閲覧。
  44. ^ Video:Keynote Address at the 2004 Democratic National Convention(2008年9月16日時点のアーカイブ) - オバマの公式サイトに掲載された基調演説のビデオ画像とテキスト。
  45. ^ “The Illinois Candidate;Day After, Keynote Speaker Finds Admirers Everywhere”. The New York Times. (2004年7月29日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9A03E7DB103DF93AA15754C0A9629C8B63&sec=&spon=&pagewanted=all 2008年11月11日閲覧。 
  46. ^ “The Nation;An Appeal Beyond Race”. The New York Times. (2004年8月1日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9406E7D71E3DF932A3575BC0A9629C8B63&sec=&spon=&pagewanted=all 2008年11月11日閲覧。 
  47. ^ “The Speech”. Chicago Magazine. (2007年6月). http://www.chicagomag.com/Chicago-Magazine/June-2007/The-Speech/index.php?cp=2&si=1#artanc 2008年11月6日閲覧。 
  48. ^ “The day America met Barack Obama”. CNN. (2008年11月5日). http://edition.cnn.com/2008/POLITICS/11/05/obama.meeting/index.html?eref=rss_politics&iref=polticker 2008年11月6日閲覧。 
  49. ^ “Barack Obama's thank you letter to the people of Illinois”. Chicago Sun-Times. (2008年11月16日). オリジナルの2008年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081212040012/http://www.suntimes.com/news/politics/obama/1281438,barack-obama-thank-you-letter-illinois-111508.article 2008年11月16日閲覧。 
  50. ^ Brian Ross; Rehab el-Buri (2008年3月13日). “Obama's Pastor:God Damn America, U.S. to Blame for 9/11”. ABC News. http://abcnews.go.com/Blotter/Story?id=4443788 2008年3月17日閲覧。  See also:Sullivan, Andrew (2008年3月16日). “For The Record”. The Daily Dish (The Atlantic). http://andrewsullivan.theatlantic.com/the_daily_dish/2008/03/for-the-record.html 2008年3月18日閲覧。 
  51. ^ “Obama's Pastor's Sermon:'God Damn America'” (英語). Fox News. (2008年3月14日). オリジナルの2008年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080317081937/http://elections.foxnews.com/2008/03/14/obamas-spiritual-adviser-questioned-us-role-in-spread-of-hiv-sept-11-attacks/ 2008年4月4日閲覧。 
  52. ^ Miller, Sunlen (2008年3月27日). “Obama Defends Wright on ABC's 'The View'”. ABC News. http://abcnews.go.com/Entertainment/Politics/Story?id=4536957&page=1 2008年9月20日閲覧。 
  53. ^ Johnson, Alex (2008年3月14日). “Controversial minister leaves Obama campaign”. MSNBC. http://www.msnbc.msn.com/id/23634881/ 2008年4月28日閲覧。 
  54. ^ Barack Obama (2008年3月18日). “Remarks by Barack Obama:'A More Perfect Union'”. The Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/2008/0319/p25s01-uspo.html 2008年3月18日閲覧。 
  55. ^ “Obama resigns from controversial church”. CNN. (2008年5月31日). http://politicalticker.blogs.cnn.com/2008/05/31/obama-resigns-from-controversial-church/ 2008年5月31日閲覧。 
  56. ^ “Obama quits church, citing controversies”. CNN. (2008年5月31日). http://www.cnn.com/2008/POLITICS/05/31/obama.church/ 2008年7月24日閲覧。 
  57. ^ “Obama quits church after long controversy”. MSNBC. (2008年6月1日). http://www.msnbc.msn.com/id/24908975/ 2008年6月5日閲覧。 
  58. ^ New York Times:Cardinal Tells Priest Who Mocked Clinton to Take a Leave and ‘Reflect’ 2008年11月23日閲覧
  59. ^ ABC:Obama Distances Himself From Another Clergyman 2008年11月23日閲覧(2008年6月1日時点のアーカイブ
  60. ^ ABC:Obama Quits Chicago Church After Long Controversy 2008年11月23日閲覧(2009年1月23日時点のアーカイブ
  61. ^ Clinton: "Shame on You, Barack Obama" - CBS News
  62. ^ a b 木村朗 (2009年2月11日). “第七回 「オバマ新政権で世界はどう変わるのか──過剰な期待と大いなる恐れの狭間で(上)」”. NPJ通信. http://www.news-pj.net/npj/kimura/007.html 2014年7月8日閲覧。 
  63. ^ 240,000 pack Grant Park for election rallyWLS-TV (ABC7 Chicago)、2008年11月5日)
  64. ^ Rally crowd heads home for nightシカゴ・トリビューン)2008年11月5日
  65. ^ “シカゴで勝利宣言 聴衆、熱気と興奮”. 西日本新聞 (World News Network). (2008年11月6日). http://article.wn.com/view/WNAT568287a6bb2834887f129c27b6e4482f/ 2008年11月6日閲覧。 
  66. ^ 加藤祐子 (2008年11月5日). “「アメリカに変化がやってきた」 オバマ次期米大統領の勝利演説・全文翻訳 <特集・米大統領選>”. gooニュース (goo). http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20081105-05.html 2013年7月20日閲覧。 
  67. ^ Barack Obama and Joe Biden:The Change We Need:Video:Election Night Speech in Grant Park(2008年11月8日時点のアーカイブ) - オバマの公式サイトに掲載された勝利演説ビデオと演説の公式テキスト。2008年11月5日。
  68. ^ ニューヨーク・タイムズ:Barack Obama's Victory Speech (勝利演説のビデオ画像と演説の採録テキスト。2008年11月5日。演説にあわせテキストがパラグラフごとにハイライトされる)
  69. ^ CNN||Jesse Jackson breaks down Archived 2016年3月7日, at the Wayback Machine.
  70. ^ “米国で銃器販売が急増、オバマ新政権での規制強化を懸念”. ロイター (トムソン・ロイター). (2008年11月9日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-34807620081109 2013年7月20日閲覧。 
  71. ^ 小川聡 (2008年12月10日). “FBIがイリノイ州知事を逮捕、オバマ氏後任指名で金要求か”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナルの2008年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081211014632/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20081210-OYT1T00123.htm 
  72. ^ 及川正也 (2009年1月31日). “米イリノイ州汚職:ブラゴエビッチ知事、罷免 大統領、歓迎の声明--弾劾裁判”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2009年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090202094801/http://mainichi.jp/select/world/news/20090131ddm007030119000c.html 
  73. ^ 西川秀和. “歴代アメリカ大統領就任年齢・在任期間・退任年齢”. 歴代アメリカ大統領研究. 2013年7月20日閲覧。
  74. ^ “就任宣誓、異例のやり直し 「念のため」とオバマ氏側”. MSN産経ニュース. 共同通信 (産経デジタル). (2009年1月22日). オリジナルの2009年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090123043645/http://sankei.jp.msn.com/world/america/090122/amr0901221147022-n1.htm 2009年1月22日閲覧。 
  75. ^ a b c 小村田義之「オバマ政権はや動揺――足元は旧来型脱せず――ダシュル氏辞退」『朝日新聞』44109号、朝日新聞東京本社、2009年2月5日、8面。
  76. ^ 有元隆志 (2009年1月5日). “リチャードソン氏が指名辞退 米商務長官ポスト”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2009年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090216192630/http://sankei.jp.msn.com/world/america/090105/amr0901050916001-n1.htm 
  77. ^ 山本秀也 (2009年2月13日). “オバマ政権、超党派構想暗礁 グレッグ氏も商務長官辞退 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2009年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090215130302/http://sankei.jp.msn.com/world/america/090213/amr0902132147016-n1.htm 
  78. ^ 米山雄介「米経済会議サマーズ氏――ファンドから5億円――政権入り前――政策へ影響懸念も」『日本経済新聞』44255号、日本経済新聞社、2009年4月5日、3面。
  79. ^ a b c d e f g 古森義久「オバマ論功人事?――新大使候補6割外交経験なし大口献金者多く」『産経新聞』23924号、15版、産業経済新聞東京本社、2009年7月6日、9頁。
  80. ^ a b c d e f 「イギリスで非難の大合唱『オバマもミシェル夫人も無作法だ!』」『週刊新潮』54巻12号、新潮社、2009年3月26日、52頁。
  81. ^ a b Tom Baldwin and Philip Webster, "Gordon Brown heads for Washington with history on his side", Gordon Brown heads for Washington with history on his side - Times Online, Times, March 3, 2009.
  82. ^ 「イギリスで非難の大合唱『オバマもミシェル夫人も無作法だ!』」『週刊新潮』54巻12号、新潮社、2009年3月26日、51-52頁。
  83. ^ “米大統領:英女王にiPodプレゼント 社交面でも注目”. 毎日jp. 欧州総局 (毎日新聞社). (2009年4月2日). オリジナルの2009年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090405181458/http://mainichi.jp/life/electronics/news/20090403k0000m030029000c.html 
  84. ^ 及川正也、川上克己 (2009年2月25日). “日米首脳会談:共同会見空振り、米メディアも反応冷ややか”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2009年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090228061225/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090225k0000e010087000c.html 
  85. ^ “首相「信じて」米大統領「信じますよ」―メルマガで自賛”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年11月19日). http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200911190446.html 2013年7月20日閲覧。 
  86. ^ “日米共同記者会見 ノーカット”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2009年11月14日). http://www.news24.jp/articles/2009/11/14/04147796.html 2013年7月20日閲覧。 
  87. ^ “「日米同盟軸に指導的役割」 オバマ大統領がアジア演説(1/2ページ)”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年11月14日). オリジナルの2009年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091117003042/http://www.asahi.com/international/update/1114/TKY200911140146.html 
  88. ^ “「低姿勢過ぎる」 オバマ氏の天皇陛下へのお辞儀に米メディアが批判”. MSN産経ニュース. 共同通信 (産経デジタル). (2009年11月14日). オリジナルの2009年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091119034542/http://sankei.jp.msn.com/world/america/091116/amr0911161004002-n1.htm 
  89. ^ “天皇にお辞儀は尊敬の表れ 米国務省報道官”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2009年11月17日). http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111701000241.html 2010年11月15日閲覧。 [リンク切れ]
  90. ^ “オバマ氏のお辞儀「天皇への尊敬の表れ」”. nikkansports.com. 共同通信 (日刊スポーツ新聞社). (2009年11月17日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20091117-566803.html 2010年11月15日閲覧。 
  91. ^ “銀座:終始和やかな 安倍首相、オバマ氏とすし店で会談”. 毎日新聞. (2018年3月25日). https://mainichi.jp/articles/20180326/k00/00m/010/031000c 2018年4月7日閲覧。 
  92. ^ “来春にも安保共同声明=中国に国際ルール順守要求-同盟強化を確認・日米首脳会談”. ウォール・ストリートジャーナル日本版. 時事通信 (ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン). (2010年11月13日). http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/147928 2013年7月20日閲覧。 
  93. ^ a b c d e f 「親米『メキシコ大統領』が米国に噛み付いた理由」『週刊新潮』54巻12号、新潮社、2009年3月26日。
  94. ^ 松尾理也 (2008年12月23日). “切断遺体も…メキシコ「麻薬戦争」残虐化 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2009年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090111120524/http://sankei.jp.msn.com/world/america/081223/amr0812231856009-n1.htm 
  95. ^ “メキシコ大統領、任期終了までに麻薬・暴力鎮圧目指す”. IBTimes (財経新聞社). (2009年2月27日). オリジナルの2009年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090302024059/http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090227/30302.html 
  96. ^ a b “特集:国際情勢分析/オバマ大統領 メキシコ公式訪問 麻薬・移民対策で共同歩調”. SankeiBiz (産経デジタル). (2009年4月23日). http://www.business-i.jp/news/special-page/oxford/200904230004o.nwc [リンク切れ]
  97. ^ 山本秀也 (2009年4月17日). “米政権、メキシコ「麻薬戦争」にようやく支援”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2009年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090420152811/http://sankei.jp.msn.com/world/america/090417/amr0904172028014-n1.htm 
  98. ^ “米、台湾へ5800億円分の武器供与を決定 議会に通告”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年1月30日). オリジナルの2010年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100131130427/http://www.asahi.com/international/update/0130/TKY201001300003.html 
  99. ^ “「二枚舌のうそつき野郎」共産党機関誌がオバマ大統領を猛攻撃=人種差別との批判も―中国”. レコードチャイナ (Record China). (2010年2月9日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39577 2013年7月20日閲覧。 
  100. ^ “米・ASEAN 中国けん制へ”. NHKニュース (日本放送協会). (2010年9月17日). オリジナルの2010年9月17日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2010-0918-0247-06/www3.nhk.or.jp/news/html/20100917/k10014050631000.html 
  101. ^ “米中、パリ協定同時批准 温暖化ガス二大排出国が協調 首脳会談 習氏「迎撃ミサイルに反対」”. 日本経済新聞. (2016年9月4日). http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM03H68_T00C16A9MM8000/ 2017年11月2日閲覧。 
  102. ^ “Xi Jinping Meets with Former President Barack Obama of the US”. 中華人民共和国外交部. (2017年11月30日). http://www.fmprc.gov.cn/mfa_eng/zxxx_662805/t1516192.shtml 2018年3月15日閲覧。 
  103. ^ Tim Reid (2009年1月23日). “President Obama 'orders Pakistan drone attacks'” (英語). Times Online. オリジナルの2010年1月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100106073154/http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/us_and_americas/article5575883.ece 2014年7月6日閲覧。 
  104. ^ a b “米軍無人機が越境ミサイル攻撃か、多数死傷 パキスタン”. CNN.co.jp (CNN). (2009年2月14日). オリジナルの2009年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090216021743/http://cnn.co.jp/usa/CNN200902140013.html 
  105. ^ DeYoung, Karen (24 October 2012). "A CIA veteran transforms U.S. counterterrorism policy". The Washington Post.
  106. ^ 及川正也 (2009年2月28日). “米大統領:「16カ月内」軌道修正 イラク撤退計画”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2009年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090301024413/http://mainichi.jp/select/world/news/20090228k0000e030045000c.html 
  107. ^ "Barack Obama: All U.S. troops to leave Iraq in 2011". BBC News. 21 October 2011.
  108. ^ Matthew Rosenberg; Peter Spiegl (2010年6月23日). “駐アフガン米軍司令官、雑誌でオバマ政権を批判-進退に不透明感” (日本語). ウォール・ストリート・ジャーナル. オリジナルの2014年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140626105917/http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/75173 2013年7月20日閲覧。 
  109. ^ a b 大石格 (2010年6月24日). “米大統領、アフガン司令官の辞任了承 事実上の更迭 テロ掃討戦巡り政権批判”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2304K_T20C10A6000000/ 2013年7月20日閲覧。 
  110. ^ a b c d 古本陽荘 (2010年6月23日). “アフガン司令官:文民批判、オバマ政権に痛手 処分焦点に”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2010年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100624075431/http://mainichi.jp/select/today/news/20100623k0000e030033000c.html 
  111. ^ “オバマ大統領は「怒っている」-アフガン駐軍司令官の政権批判記事で”. ブルームバーグ (ブルームバーグ L.P.). (2010年6月23日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-L4FJRS6LUTY001.html 2013年7月20日閲覧。 
  112. ^ 福島良典 (2010年6月23日). “米国:アフガン司令官、文民批判 「残念な記事」NATO声明”. 毎日jp (毎日新聞社). http://mainichi.jp/select/world/news/20100623dde007030026000c.html [リンク切れ]
  113. ^ “作戦わずか40分、命令はビンラーディン殺害”. 読売新聞. (2011年5月3日)
  114. ^ Woody, Christopher (11 April 2017). "ISIS fighters got inside the wire during a hellish firefight with US Special Ops in Syria". Business Insider.
  115. ^ “米露、シリアでの軍用機衝突回避のための「覚書」に署名”. AFPBB. (2015年12月21日). https://www.afpbb.com/articles/-/3063726 
  116. ^ “米露、シリア空爆の衝突回避策で合意”. BBC. (2015年12月21日). https://www.bbc.com/japanese/34589879 
  117. ^ “タリバン、米大統領のノーベル賞受賞を厳しく非難”. ロイター (トムソンロイター). (2009年10月11日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11893220091010 2011年1月10日閲覧。 
  118. ^ “オバマ氏への授与に疑問 チャベス大統領”. 共同通信. 47NEWS. (2009年10月12日). http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101201000016.html 2014年7月6日閲覧。 
  119. ^ “オバマ大統領のノーベル賞、キューバのカストロ前議長も賞賛”. REUTERS. (2009年10月10日). http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-11894720091011 2014年7月6日閲覧。 
  120. ^ “オバマ氏へのノーベル賞授賞 大統領支持層からも批判”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年10月14日). http://sankei.jp.msn.com/world/america/091014/amr0910141923007-n2.htm 2011年1月10日閲覧。 [リンク切れ]
  121. ^ “Transatlantic consensus: Obama did not deserve Nobel Prize” (英語). Politics Home. (2009年10月12日). オリジナルの2010年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100111064828/http://page.politicshome.com/usa/transatlantic_consensus_obama_did_not_deserve_nobel_prize.html 2014年7月6日閲覧。 
  122. ^ 伊藤宏 (2012年10月26日). “オバマ米大統領が期日前投票 現職として初「便利だ」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナルの2013年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130731015015/http://www.asahi.com/international/update/1026/TKY201210260135.html 2012年12月11日閲覧。 
  123. ^ 中島健太郎 (2012年11月7日). “オバマ米大統領が再選…ロムニー氏下す”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナルの2012年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121111133847/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121107-OYT1T00723.htm 2012年11月7日閲覧。 
  124. ^ “あと4年間オバマ政権(民主党政権)がつづく”. BLOGOS (LINE). (2012年11月7日). http://blogos.com/article/49781/ 2012年11月7日閲覧。 
  125. ^ 古本陽荘 (2013年1月21日). ““米国:オバマ政権2期目始動…ホワイトハウスで就任宣誓式”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2013年1月21日時点におけるアーカイブ。. http://d.hatena.ne.jp/ORIGIN/20130120 2013年1月21日閲覧。 
  126. ^ Stephen Collinson (2013年9月28日). “米とイランの大統領が電話会談、イラン革命後初の直接接触”. AFP. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3000322 2013年10月13日閲覧。 
  127. ^ 堀田佳男 (2013年9月10日). “シリア軍事攻撃、八方塞がりのオバマ大統領”. 日経ビジネスオンライン. http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130909/253172/?rt=nocnt 2014年7月8日閲覧。 
  128. ^ “シリアへの軍事介入に備えるオバマ米大統領、ブッシュ政権の教訓”. AFP. AFPBB News. (2013年8月29日). http://www.afpbb.com/articles/-/2964759?pid=11259483 2014年7月8日閲覧。 
  129. ^ 大島隆; 稲田信司 (2013年9月2日). “シリア攻撃、議会に承認求める方針 オバマ大統領が表明”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/international/update/0901/TKY201309010001.html 2014年7月8日閲覧。 
  130. ^ “シリア軍事介入 オバマ政権が議会承認に必死”. NewSphere (The Huffington Post). (2013年9月10日). http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/10/obama-syria-congress_n_3898014.html 2014年7月8日閲覧。 
  131. ^ “シリアで拉致の記者ら、「毒ガス使用は反体制派」との会話聞く”. AFP. AFPBB News. (2013年9月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/2967253?pid=11318535 2014年7月8日閲覧。 
  132. ^ “「シリア化学兵器攻撃、米政権が情報隠し」、調査報道のハーシュ氏”. AFP. AFPBB News. (2013年12月13日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004831 2014年7月8日閲覧。 
  133. ^ オバマ氏、広島に到着 現職で初 毎日新聞 2016年5月27日
  134. ^ オバマ大統領が所感 核なき世界への決意を表明 NHK 2016年5月27日
  135. ^ 平和記念公園で献花し声明 「8月6日の苦しみは決して消えない」 産経新聞 2016年5月27日
  136. ^ “米大統領「死者悼むため広島に」 原爆慰霊碑に献花”. 日本経済新聞. (2016年5月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H6O_X20C16A5000000/ 2016年6月11日閲覧。 
  137. ^ “オバマ大統領「尖閣は日米安保の適用対象」明言”. 日本経済新聞. (2014年4月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2401K_U4A420C1000000/ 2014年11月1日閲覧。 
  138. ^ “秘密交渉1年半 法王も仲介 米、キューバと53年ぶり正常化交渉へ”. サンケイビズ. (2014年12月19日). p. 3. http://www.sankeibiz.jp/express/news/141219/exd1412190630002-n3.htm 2015年12月28日閲覧。 
  139. ^ “米・キューバ:国交交渉へ 冷戦の名残、雪解け”. 毎日新聞. (2015年1月1日). http://mainichi.jp/articles/20150101/ddm/010/030/034000c 2015年12月28日閲覧。 
  140. ^ “オバマ米大統領、キューバのカストロ議長と握手 マンデラ氏追悼式”. AFP通信. (2013年12月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004835 2015年12月28日閲覧。 
  141. ^ “【米・キューバ正常化交渉】大使館開設へ オバマ、カストロ両氏、声明発表…半世紀の政策転換”. 産経新聞. (2014年12月18日). http://www.sankei.com/world/print/141218/wor1412180012-c.html 2015年12月28日閲覧。 
  142. ^ Joel Gillin (2015年4月14日). “The Cuban Thaw Is Obama's Finest Foreign Policy Achievement to Date” (英語). The New Republic. https://newrepublic.com/article/121522/cuba-obamas-biggest-foreign-policy-success 2015年12月24日閲覧。 
  143. ^ “米・キューバ、54年ぶりに国交回復 相互に大使館設置”. ロイター. (2015年7月2日). http://jp.reuters.com/article/us-cuba-idJPKCN0PB5GR20150701 2015年12月24日閲覧。 
  144. ^ “米キューバ国交回復、54年ぶり 大使館再開”. 共同通信. (2015年7月20日). http://this.kiji.is/42126367560761344 2015年12月24日閲覧。 
  145. ^ “オバマ大統領、キューバに到着 現職大統領として88年ぶり”. (2016年3月21日). http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/20/president-obama-cuba_n_9513198.html 2016年3月26日閲覧。 
  146. ^ “異例のワシントン残留 オバマは野望に燃えている 民主党の指導者として反トランプ活動か”. (2017年1月22日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48982?page=3 2017年2月4日閲覧。 
  147. ^ オバマ氏が退任、年金生活へ その待遇内容は?”. CNN (2017年1月21日). 2018年2月25日閲覧。
  148. ^ オバマ氏やクリントン氏など民主党幹部やCNNに爆発物 トランプ氏はマスコミ非難”. 2020年11月23日閲覧。
  149. ^ 逮捕の男はトランプ氏の熱心な支持者 爆発物を次々送付”. 朝日新聞 (2018年10月27日). 2020年12月30日閲覧。
  150. ^ 連続郵便爆弾、米フロリダ州で56歳男性を訴追 オバマ氏などに送付の疑い”. BBC (2018年10月27日). 2020年12月30日閲覧。
  151. ^ “バイデン前副大統領、2020年米大統領選に出馬表明 最有力候補” (日本語). BBC. (2019年4月26日). https://www.bbc.com/japanese/48061870 2020年12月28日閲覧。 
  152. ^ “【米大統領選2020】 オバマ前大統領、バイデン氏は国を「癒す」と支持表明” (日本語). BBC. (2020年4月15日). https://www.bbc.com/japanese/video-52289455 2020年12月28日閲覧。 
  153. ^ オバマ氏が支援本腰 バイデン氏と合同資金集め―米大統領選” (2020年6月24日). 2020年12月18日閲覧。
  154. ^ a b オバマ氏がトランプ氏批判「自分と友だちのために権力」” (2020年8月20日). 2020年12月28日閲覧。
  155. ^ オバマ前大統領が選挙集会でトランプ氏を批判 大統領もオバマ氏を攻撃” (2020年10月22日). 2020年12月28日閲覧。
  156. ^ オバマ氏がトランプ大統領を痛烈批判「無能さと無関心さ」”. 産経新聞 (2020年6月24日). 2020年12月18日閲覧。
  157. ^ 「妻に捨てられちゃう…」オバマ氏、バイデン政権への入閣を冗談まじりに否定”. BuzzFeed (2020年11月24日). 2020年12月18日閲覧。
  158. ^ “米議会突入、火を付けたのはトランプ氏 オバマ氏とクリントン氏が非難”. フランス通信社. (2021年1月7日) 2021年11月16日閲覧。
  159. ^ “オバマ元大統領、ハリス副大統領と「グータッチ」 コロナ禍の大統領就任式” (日本語). CNN. (2021年1月21日). https://www.cnn.co.jp/usa/35165355.html 2021年11月16日閲覧。 
  160. ^ “【映像】オバマ大統領センター着工式 ミシガン湖畔に建設の予定”. AP. (2021年9月29日) 2021年11月16日閲覧。
  161. ^ a b “COP26でオバマ氏、中露首脳欠席を「危険なほどに危機感を欠いている」と批判”. 読売新聞. (2021年11月9日) 2021年11月16日閲覧。
  162. ^ Neuman, Scott (2018年5月22日). “Obamas Sign Deal With Netflix, Form 'Higher Ground Productions'” (英語). https://www.npr.org/sections/thetwo-way/2018/05/22/613246456/obamas-sign-content-deal-with-netlfix-form-higher-ground-productions 2018年9月17日閲覧。 
  163. ^ The Obamas Will Produce Movies and Shows for Netflix” (英語). Vulture (2018年5月21日). 2018年9月17日閲覧。
  164. ^ Gonzalez, Sandra (2020年1月13日). “Barack and Michelle Obama's production company scores first Oscar nomination”. CNN. https://www.cnn.com/2020/01/13/entertainment/barack-and-michelle-obama-oscars/index.html 2020年1月21日閲覧。 
  165. ^ Yoko Nagasaka (2021年2月9日). “ミシェル・オバマ夫人、子ども向け料理番組「ワッフルとモチ」を制作”. ELLE. 2021年4月3日閲覧。
  166. ^ a b c d “Key members of Obama-Biden national security team announced” (英語) (プレスリリース), change.gov, (2008年12月1日), オリジナルの2008年12月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20081201182614/http://change.gov/newsroom/entry/key_members_of_obama_biden_national_security_team_announced/ 2014年7月7日閲覧。 
  167. ^ Defense.gov News Release:Message to the Department of Defense from Defense Secretary Leon Panetta Archived 2011年7月6日, at the Wayback Machine.
  168. ^ “Geithner, Summers among key economic team members announced today” (英語) (プレスリリース), change.gov, (2008年11月24日), http://change.gov/newsroom/entry/geithner_summers_among_key_economic_team_members_announced_today/ 2014年7月7日閲覧。 
  169. ^ N.Y. Fed chief an unconventional, but compatible, choice - boston.com
  170. ^ a b “President-elect Obama announces choices for Interior and Agriculture posts” (英語) (プレスリリース), change.gov, (2008年12月17日), http://change.gov/newsroom/entry/president-elect_obama_announces_choices_for_interior_and_agriculture_posts/ 2014年7月7日閲覧。 
  171. ^ “U.S. Senate Confirms Gary Locke as Commerce Secretary” (英語) (プレスリリース), アメリカ商務省, (2009年3月24日), http://www.commerce.gov/news/press-releases/2009/03/24/us-senate-confirms-gary-locke-commerce-secretary 2014年7月7日閲覧。 
  172. ^ a b Dave Rochelson (2008年12月19日). “More members of the economic team (Update: photos)” (英語). change.gov. 2014年7月7日閲覧。
  173. ^ “Weekly Address: President-elect Barack Obama announces Secretary of HUD” (英語) (プレスリリース), change.gov, (2008年12月13日), http://change.gov/newsroom/entry/weekly_address_president_elect_barack_obama_announces_secretary_of_hud/ 2014年7月7日閲覧。 
  174. ^ “President-elect Barack Obama announces key members of energy and environment team” (英語) (プレスリリース), change.gov, (2008年12月15日), オリジナルの2014年8月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140813143325/http://change.gov/newsroom/entry/president_elect_barack_obama_announces_key_members_of_energy_and_environmen/ 2014年7月7日閲覧。 
  175. ^ “President-elect Obama nominates Arne Duncan as Secretary of Education” (英語) (プレスリリース), change.gov, (2008年12月16日), オリジナルの2009年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090226090551/http://change.gov/newsroom/entry/president_elect_obama_nominates_arne_duncan_as_secretary_of_education/ 2014年7月7日閲覧。 
  176. ^ “President-elect Barack Obama announces Gen. Eric Shinseki as Secretary of Veterans Affairs” (英語) (プレスリリース), change.gov, (2008年12月7日), http://change.gov/newsroom/entry/president_elect_barack_obama_announces_gen_eric_shinseki_as_secretary_of_ve/ 2014年7月7日閲覧。 
  177. ^ Obama's 'Team of Rivals' Approach Could Mirror That of Abraham Lincoln”. Elections.foxnews.com (2008年11月16日). 2008年12月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月17日閲覧。
  178. ^ “GM破綻、米政府が発表 破産法申請「国有化」で再建へ”. 朝日新聞. (2009年6月1日) 
  179. ^ “オバマ大統領の経済政策と世界へのインパクト”. キャリタス就活. (2017年5月17日) 
  180. ^ “米景気後退入り宣言、最長の拡大局面は2月で終了-NBER判断”. [[]ブルームバーグ]]. (2020年6月9日) 
  181. ^ “Historic financial overhaul signed to law by Obama”. Yahoo! News. (2010年7月21日). オリジナルの2010年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100722225614/http://news.yahoo.com/s/ap/20100721/ap_on_bi_ge/us_financial_overhaul 2010年7月22日閲覧。 
  182. ^ Paletta, Damian; Lucchetti, Aaron (2010年7月16日). “Senate Passes Sweeping Finance Overhaul”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704682604575369030061839958.html 2010年7月22日閲覧。 
  183. ^ “Obama to Sign Dodd–Frank Financial Regulatory Reform Bill Into Law Today”. ワシントン・インディペンデント. (2010年7月21日). https://washingtonindependent.com/92161/obama-to-sign-dodd-frank-financial-regulatory-reform-bill-into-law-today/ 2010年7月22日閲覧。 
  184. ^ “米医療保険改革法、オバマ大統領の署名で成立”. CNN.co.jp (CNN). (2010年3月24日). オリジナルの2010年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100327054949/http://www.cnn.co.jp/usa/CNN201003240002.html 2010年3月24日閲覧。 
  185. ^ パリ協定採択、オバマ氏が謝意 各国首脳らと電話会談
  186. ^ 【パリ協定離脱】オバマ前大統領がトランプ政権を批判「未来を拒否する一握りの国に加わった」 - ハフィントンポスト日本版 2017/06/01
  187. ^ CNN, Dakin Andone. “US mayors, governors vow to stick with Paris accord”. CNN. 2017年6月2日閲覧。
  188. ^ オバマ氏、トランプ氏を改めて批判 女性の登用重視も提唱 - AFP BB NEWS 2017/12/03
  189. ^ “オバマ外交「カーター氏そっくりの弱腰」と保守派論客”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年4月18日). オリジナルの2009年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090421130343/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090418-OYT1T00252.htm 2009年4月18日閲覧。 
  190. ^ “[FT]米国が苦悩する「世界の警察」という責務”. 日本経済新聞. (2013年9月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0302J_T00C13A9000000/ 2018年4月5日閲覧。 
  191. ^ “米大統領 一般教書「脱・世界の警察」外交は忍耐と抑制”. 毎日新聞. (2016年1月13日). https://mainichi.jp/articles/20160114/k00/00m/030/142000c 2018年4月5日閲覧。 
  192. ^ “オバマ米大統領がミャンマー訪問、現職米大統領で初”. (2012年11月19日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8AI01H20121119 2014年12月21日閲覧。 
  193. ^ “オバマ大統領「尖閣は安保対象」明言”. 日本経済新聞. (2014年4月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNNS0010006_U4A420C1000000/ 2014年10月31日閲覧。 
  194. ^ “オバマ大統領が尖閣は安保条約の対象と明言、中国にも配慮”. REUTERS. (2014年4月24日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DA07H20140424 2014年10月31日閲覧。 
  195. ^ “オバマ大統領、尖閣諸島の安保適用を明言 新聞インタビュー”. CNN. (2014年4月24日). http://www.cnn.co.jp/usa/35047015.html 2015年7月28日閲覧。 
  196. ^ 駐チェコ共和国アメリカ合衆国大使館ウェブサイト「2009年4月5日オバマ大統領チェコを訪問」(英語)(チェコ語)
  197. ^ “オバマ政権が臨界前核実験、広島で抗議の声”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2010年10月14日). http://www.news24.jp/articles/2010/10/14/07168601.html 2013年7月20日閲覧。 
  198. ^ “アメリカ、「核実験は成功」”. PRESS TV. IRIB. (2014年2月7日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/43172-アメリカ、「核実験は成功」 2014年7月8日閲覧。 
  199. ^ “NNSA Reaches B61-12 Life Extension Program Milestone: First Full-System Mechanical Environment Test Completed Successfully” (プレスリリース), NNSA, (2014年2月4日), http://nnsa.energy.gov/mediaroom/pressreleases/b61lep 2014年7月7日閲覧。 
  200. ^ “オバマ大統領、ホーキング博士らに「大統領自由勲章」授与”. AFP. AFPBB News. (2009年8月13日). http://www.afpbb.com/articles/-/2630269 2014年7月7日閲覧。 
  201. ^ “ビンラディン容疑者殺害 暗号名ジェロニモは「不快」 先住民が米大統領に謝罪要求”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2011年5月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0500F_V00C11A5000000/ 2013年7月20日閲覧。 
  202. ^ “米政府初の最高技術責任者にチョプラ氏”. AFP. AFPBB News. (2009年4月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/2593734?pid=4044996 2014年7月7日閲覧。 
  203. ^ “ソトマイヨール氏、最高裁判事に就任 初のヒスパニック系”. AFP. AFPBB News. (2009年8月9日). http://www.afpbb.com/articles/-/2628980?pid=4437195 2014年7月7日閲覧。 
  204. ^ Malathi Nayak (2011年10月28日). “Factbox: Has Obama delivered on his 2008 campaign promises?” (英語). REUTERS. http://www.reuters.com/article/2011/10/28/us-usa-campaign-obama-promises-idUSTRE79R3M920111028 2014年7月28日閲覧。 
  205. ^ Sunlen Miller; Devin Dwyer (2010年12月16日). “Obama Pushes DREAM Act Immigration Reform for Lame-Duck Congress” (英語). ABC News. http://abcnews.go.com/blogs/politics/2010/11/obama-pushes-dream-act-immigration-reform-for-lame-duck-congress/ 2014年7月28日閲覧。 
  206. ^ Elise Foley (2010年12月18日). “DREAM Act Vote Fails In Senate” (英語). The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2010/12/18/dream-act-vote-senate_n_798631.html 2014年7月28日閲覧。 
  207. ^ 世界の扉「米移民制度改革法案の行方」”. 解説アーカイブス. NHK (2013年7月12日). 2014年7月28日閲覧。
  208. ^ 青木伸行 (2013年10月23日). “デフォルト回避に次ぐ「移民制度改革」、次期大統領選にも影響”. MSN産経ニュース. http://sankei.jp.msn.com/world/news/131023/amr13102315300007-n1.htm 2014年7月28日閲覧。 
  209. ^ “オバマ米大統領、議会通さない移民制度改革に取り組むと表明” (日本語). REUTERS. (2014年7月1日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0F62V420140701 2014年7月28日閲覧。 
  210. ^ “オバマ大統領に「弾劾」の可能性、上級顧問が警戒感示す” (日本語). CNN. (2014年7月28日). http://www.cnn.co.jp/usa/35051452.html 2014年7月28日閲覧。 
  211. ^ “オバマ大統領、同性婚支持を表明 現職米大統領で初”. CNN.co.jp (CNN). (2012年5月10日). オリジナルの2012年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120512081647/http://www.cnn.co.jp/usa/30006523.html 2012年5月10日閲覧。 
  212. ^ “米大統領、同性愛の「治療」禁止を支持”. (2015年4月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3045041 2015年4月18日閲覧。 
  213. ^ “同性婚の権利審理へ 米連邦最高裁”. (2012年12月8日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/121208/amr12120811320001-n1.htm 2013年2月18日閲覧。 
  214. ^ 米最高裁、全米で同性婚認める CNN 2015.06.27
  215. ^ “Obama Calls Supreme Court Ruling on Gay Marriage a ‘Victory for America’”. Wall Street Jounal. (2015年6月26日). http://www.wsj.com/articles/obama-calls-supreme-court-ruling-on-gay-marriage-a-victory-for-america-1435335722 2015年7月28日閲覧。 
  216. ^ “米、職員の病欠を有給に オバマ氏が大統領令”. (2015年9月8日). http://www.afpbb.com/articles/-/3059696 2015年9月27日閲覧。 
  217. ^ CNN - Obama: Pro-choice, not pro-abortion”. CNN. 2016年10月22日閲覧。
  218. ^ President Obama's Speech at the Planned Parenthood National Conference 2013”. 2016年10月22日閲覧。
  219. ^ Obama Threatens To Veto Planned Parenthood Defunding Bill”. THE HUFFINGTON POST. 2016年10月22日閲覧。
  220. ^ 米大統領、家族計画連盟への助成打ち切り含む暫定予算案は拒否”. ロイター. 2016年10月22日閲覧。
  221. ^ “ミシェル夫人が語る、「初めて出会ったころ」のオバマ氏”. AFPBB News. AFP通信 (クリエイティヴ・リンク). (2009年1月7日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2555442/3659404 2013年7月20日閲覧。 
  222. ^ “ロムニー候補、「オバマ」を「オサマ」と間違える”. CNN.co.jp (CNN). (2007年10月24日). オリジナルの2007年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071028011637/http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200710240012.html 
  223. ^ https://abcnews.go.com/Politics/barack-obama-osama-bin-laden-names-trip-reporters/story?id=13511989
  224. ^ “Obama Supporters Take His Name as Their Own”. The New York Times. (2008年6月29日). http://www.nytimes.com/2008/06/29/us/politics/29hussein.html?_r=1&ref=politics&oref=slogin 2008年6月29日閲覧。 
  225. ^ “オバマ氏、就任式準備着々 名演説の陰に20代ライター”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2008年12月27日). http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008122701000314.html 2013年7月20日閲覧。 
  226. ^ a b “【産経抄】オバマの失言 11月6日 (1/2)”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年11月6日). https://www.sankei.com/article/20141106-YP7ISG4JHZN2PBGNN4XLZYRI2E/ 2014年11月25日閲覧。 
  227. ^ 西森マリー 『オバマ失言で学ぶアメリカ』 [要ページ番号]
  228. ^ einichi (2008年3月1日). “KKKがオバマ候補を支持?”. 翻訳者魂. 2013年7月20日閲覧。
  229. ^ “元「KKK」の議員、オバマ支持表明 過去乗り越え決断”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年5月20日). オリジナルの2008年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2008-0521-0010-58/www.asahi.com/international/update/0520/TKY200805200358.html 
  230. ^ “レズコ贈賄事件で有罪(英語:Rezko found guilty in corruption case)”. NBC NEWS (MSNBC.com). (2008年6月4日). http://www.msnbc.msn.com/id/24973282/ 2008年6月24日閲覧。 
  231. ^ Slevin, Peter (2006年12月17日). “オバマは資金提供者との土地取引を反省(英語:Obama Says He Regrets Land Deal With Fundraiser)”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/12/16/AR2006121600729.html 2008年6月10日閲覧。 
  232. ^ Barack Obama (D) whitehouseforsale.org(2010年6月29日時点のアーカイブ
  233. ^ Nuclear Leaks and Response Tested Obama in Senate NewYorkTimes 2008年2月3日
  234. ^ Obama Weakened Nuclear Safety Bill After Consulting With Firm HuffingtonPost 2008年2月3日
  235. ^ Obama’s Lobbyist Connection Newsweek 2008年6月2日
  236. ^ Change Big Donors Can Believe In truthdig.com 2008年10月22日
  237. ^ a b 藤永茂『アメリカン・ドリームという悪夢』 三交社 2010年[要ページ番号]
  238. ^ Elizabeth Williamson; Damian Paletta (2012年7月19日). “Robert Wolf, Obama Fundraiser and Adviser, Leaves UBS” (英語). The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/washwire/2012/07/19/robert-wolf-obama-fundraiser-and-adviser-leaves-ubs/ 2014年7月8日閲覧。 
  239. ^ a b Margaret Talev; Greg Giroux (2013年8月12日). “Obama Begins Vacation Golfing With Wall Street Supporter Wolf” (英語). Bloomberg L.P.. http://www.bloomberg.com/news/2013-08-11/obama-begins-vacation-golfing-with-wall-street-supporter-wolf.html 2014年7月8日閲覧。 
  240. ^ “Obama Announces Economic Advisory Board” (英語) (プレスリリース), White House, (2009年2月6日), http://www.whitehouse.gov/the_press_office/ObamaAnnouncesEconomicAdvisoryBoard/ 
  241. ^ “米タイム誌の「最も影響力あるティーン」、マララさんなど選出”. ロイター. (2014年10月14日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0I30RY20141014 2014年10月16日閲覧。 
  242. ^ “オバマ大統領の異母兄、ケニアの州知事選で惨敗”. AFP. AFPBB NEWS. (2013年3月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/2933334?pid=10417406 2014年7月28日閲覧。 
  243. ^ Daniel Greenfield (2013年5月28日). “Obama’s Brother’s Non-Profit Tied to Genocidal Muslim Dictator and Terrorists” (英語). Frontpagemag.com. http://www.frontpagemag.com/2013/dgreenfield/obamas-brothers-non-profit-tied-to-genocidal-muslim-dictator-and-terrorists/ 2014年7月8日閲覧。 
  244. ^ Homepage - Welcome to the Barack H. Obama Foundation website.” (英語). The Barack H. Obama Foundation. (2008年). 2009年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月9日閲覧。
  245. ^ IRS official Lerner speedily approved exemption for Obama brother’s ‘charity’
  246. ^ Obama's brother linked to Muslim Brotherhood
  247. ^ オバマ米大統領の異母弟を逮捕、大麻所持容疑 ケニア警察 AFPBB News 2009年2月1日
  248. ^ "Keeping Hope Alive: Barack Obama Puts Family First". The Oprah Winfrey Show. October 18, 2006.
  249. ^ a b “再送:オバマ米上院議員、チェイニー副大統領の親せきと判明” (日本語). REUTERS. (2007年10月17日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-28377220071017 2014年8月6日閲覧。 
  250. ^ “オバマ候補はブラピと、ヒラリー候補はアンジーと遠い親戚 米調査機関”. AFP. AFPBB NEWS. (2008年3月26日). http://www.afpbb.com/articles/-/2369710?pid=2775587 2014年8月6日閲覧。 
  251. ^ “Match made in heaven? Obama is related to Brad Pitt while Clinton is cousins with Angelina Jolie” (英語). Associated Newspapers Ltd. (2009年12月). http://www.dailymail.co.uk/home/article-1001741/Match-heaven-Obama-related-Brad-Pitt-Clinton-cousins-Angelina-Jolie.html 2014年8月6日閲覧。 
  252. ^ “ロイヤルと親戚なセレブリティを探せ! ブラッド・ピット” (日本語). エル・オンライン. (2012年4月26日). http://www.elle.co.jp/culture/celebcolumn/P-england-12_0426/Brad-Pitt 2014年8月6日閲覧。 
  253. ^ “オバマ大統領の祖先「米国最初の奴隷」 家系図調査 - 米大統領選特集”. 朝日新聞デジタル. (2012年8月5日). http://www.asahi.com/special/us_election/TKY201208010217.html 
  254. ^ Ancestry.com Documenting President Barack Obama’s Maternal AfricanAmerican Ancestry:Tracing His Mother’s Bunch Ancestry to the First Slave in America (PDF)
  255. ^ “オバマ米大統領の健康状態「極めて良好」 禁煙にも成功”. CNN.co.jp (CNN). (2011年11月1日). オリジナルの2011年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111103211940/http://www.cnn.co.jp/usa/30004441.html 
  256. ^ “<08米大統領選挙>オバマ氏とマケイン氏、好みの違いは?”. AFPBB news. AFP通信 (クリエイティヴ・リンク). (2008年6月24日). http://www.afpbb.com/article/politics/2409571/3070916 2013年7月20日閲覧。 
  257. ^ “オバマ大統領、バスケの試合で12針縫うけが”. CNN.co.jp (CNN). (2010年11月27日). オリジナルの2010年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101130125809/http://www.cnn.co.jp/usa/30001030.html 
  258. ^ オバマ大統領観戦 ひいきのブルズは敗戦”. NBAニュース. TSP21.com (2009年3月1日). 2013年7月21日閲覧。
  259. ^ President Obama Issues Executive Order to UNC Tarheels to Win NCAA Tournament
  260. ^ a b “オバマ上院議員は、ホワイトソックスファン。”. livedoor NEWS. USA通信 (LINE). (2008年8月27日). http://news.livedoor.com/article/detail/3794517/ 2013年7月21日閲覧。 
  261. ^ Barack Obama honors Blackhawks
  262. ^ 有元隆志 (2009年1月30日). “オバマ米大統領はスティーラーズ支持 スーパーボール”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2009年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090203020522/http://sankei.jp.msn.com/world/america/090130/amr0901301101006-n1.htm 
  263. ^ Obama sparks wave of college playoff talk ShareThis[リンク切れ]
  264. ^ “イチローに聞く…オバマ大統領が「ファンだと言ってくれて…マジかよ」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年7月16日). オリジナルの2009年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090718212002/http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20090715-OHT1T00285.htm 
  265. ^ My odyssey with Barack Obama Telegraph
  266. ^ “オバマ、スポーツ界の福の神!? MLBに好意的も…”. ZAKZAK (産経デジタル). (2009年1月24日). http://www.zakzak.co.jp/spo/200901/s2009012408_all.html 2013年7月21日閲覧。 
  267. ^ “オバマ大統領 FIFAにW杯開催支援求める書簡送付”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年4月15日). オリジナルの2009年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20090419095323/http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090415049.html 2013年7月21日閲覧。 
  268. ^ バラク・オバマのipodプレイリストを入手”. @niftyミュージック. nifty (2008年7月1日). 2009年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月21日閲覧。
  269. ^ “歌手B・スプリングスティーン、オバマ候補の選挙集会で熱唱”. AFPBB News. AFP通信 (クリエイティヴ・リンク). (2008年11月3日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/music/2534770/3491050 2013年7月21日閲覧。 
  270. ^ オバマ米新大統領、就任記念コンサートに有名アーティストが集結!”. OOPS!. スプー (2009年1月20日). 2012年10月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月21日閲覧。
  271. ^ ポール・マッカートニー、オバマ大統領夫人にセレナーデ”. BARKSニュース. BARKS (2010年6月4日). 2013年7月21日閲覧。
  272. ^ “福井県小浜市で突如「オバマフィーバー」 「勝手に応援する会」も誕生”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2008年2月6日). http://www.j-cast.com/2008/02/06016422.html 2013年7月21日閲覧。 
  273. ^ “福井・小浜市へオバマ氏手紙 市民歓喜「思い通じた」”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年3月4日). オリジナルの2008年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080310012501/http://www.asahi.com/politics/update/0304/OSK200803040023.html 
  274. ^ “オバマ上院議員を応援、長崎・小浜温泉住民が勝手連:地域版:九州発”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年4月24日). オリジナルの2008年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080608085905/http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/20080424-OYS1T00208.htm 
  275. ^ 蓬田正志「岩代図書館 バラク・オバマコーナー設置 新聞紙面など展示 二本松市小浜」毎日新聞2009年1月25日付朝刊、福島版25ページ
  276. ^ “「小浜市よく知っている」 オバマ氏、知日派をアピール”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2008年11月7日). オリジナルの2008年11月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081110055506/http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20081107NT000Y74307112008.html 
  277. ^ ケニアでもオバマ氏勝利を祝福、6日は「国民祝日」に”. AFPBB News (2008年11月6日). 2021年6月8日閲覧。
  278. ^ “Kofi Annan salut la victoire d'Obama”. ル・フィガロ. (2008年11月5日). https://www.lefigaro.fr/flash-actu/2008/11/05/01011-20081105FILWWW00630-kofi-annan-salut-la-victoire-d-obama.php 2020年7月30日閲覧。 
  279. ^ “オバマ氏がケニア到着 父の故郷、米大統領で初”. 日本経済新聞. (2015年7月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM25H1V_V20C15A7000000/ 2015年7月25日閲覧。 
  280. ^ “米大統領が父の祖国ケニアで親戚と面会へ、24日からアフリカ歴訪”. ロイター. (2015年7月23日). https://jp.reuters.com/article/africa-obama-idJPKCN0PX06P20150723 2018年7月30日閲覧。 
  281. ^ “オバマ大統領がケニア訪問 祖母と面会”. NHK. (2015年7月25日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150725/k10010165611000.html 2015年7月25日閲覧。 
  282. ^ “オバマ氏「3選出馬なら勝利」 アフリカ指導者の多選に皮肉”. CNN. (2015年7月30日). https://www.cnn.co.jp/world/35068160.html 2018年7月30日閲覧。 
  283. ^ “オバマ大統領はアフリカ外交で中国を巻き返せるか”. 毎日新聞. (2015年8月29日). https://mainichi.jp/premier/business/articles/20150826/biz/00m/010/035000c 2018年7月30日閲覧。 
  284. ^ 希望と責任―全米の子供たちに向けたオバマ大統領の言葉”. アメリカン・ビュー. 在日米国大使館 広報・文化交流部 (2009年10月30日). 2013年7月21日閲覧。
  285. ^ 「教育は絶対に必要だ」 オバマ米大統領 子どもたちに演説しんぶん赤旗、2013年7月21日閲覧
  286. ^ 厳格にルーチンを守ることで疲労を抑えるほか~オバマ大統領の時間管理術
  287. ^ オバマ氏の黄褐色スーツ話題に 会見中のツイッター6000件超
  288. ^ Office of the Press Secretary (2010年2月28日). “Release of the President's Medical Exam (PDF)”. The White House. 2010年3月1日閲覧。
  289. ^ Mann, Simon (2010年3月2日). “Fit for duty:Obama gets clean bill of health”. Sydney Morning Herald (Fairfax Digital). http://www.smh.com.au/world/fit-for-duty-obama-gets-clean-bill-of-health-20100301-pdjr.html 2010年3月1日閲覧。 
  290. ^ バラク・オバマ文、ローレン・ロング絵『きみたちに おくるうた――むすめたちへの手紙』”. 明石書店. 2013年7月21日閲覧。
  291. ^ "オバマ前大統領夫妻が約12億円の豪邸を購入". ELLE. 10 December 2019. 2019年12月11日閲覧






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

バラク・オバマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バラク・オバマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバラク・オバマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS