バウルー バウルーの概要

バウルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 05:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

法学を学ぶ大学生の Casimiro Pinto Neto が、教育保健省が実施する幼児向け食育のために元市長が出版した本を参考に、ローストビーフモツァレラチーズ、輪切りトマトピクルスを、オレガノサルサで調味してフランスパンで挟んだ栄養豊富なサンドイッチを、Ponto Chic の調理人カルロスに作らせると、友人の Antonio Boccini Jr. を初め店内の客らに好評を博し、国内に広く伝播した。

1998年6月24日にバウル市条例4314号[1]で、「バウルー」調理法が定められた。

関連項目

外部リンク




「バウルー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バウルー」の関連用語

バウルーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バウルーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバウルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS