ハリウッドサイン ハリウッドサインの概要

ハリウッドサイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/30 13:26 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリウッドサイン
The Hollywood Sign
現在のハリウッドサイン
ロサンゼルス都市圏英語版内の位置
概要
所在地 ロサンゼルス、ハリウッド
アメリカ合衆国
座標 北緯34度08分03秒 西経118度19分18秒 / 北緯34.134082度 西経118.321635度 / 34.134082; -118.321635座標: 北緯34度08分03秒 西経118度19分18秒 / 北緯34.134082度 西経118.321635度 / 34.134082; -118.321635
着工 1923年
完成 1923年
改築 1978年10月 再建
解体 1978年8月
クライアント Woodruff and Shoults (Hollywoodland)
技術的詳細
構造方式 木材、金属板(1923年1978年
スチール1978年 – 現在)
設計・建設
建築家 トーマス・フィスク・ゴフ(Thomas Fisk Goff)
登録日 1973年2月7日
登録コード 111
テンプレートを表示

ひとつひとつの文字は丘の等高線に沿って設置されているため、平地から見上げると「波打つように」見えることがよく知られており、例えば ハリウッド・ビデオのロゴにもその様子が反映されている。しかし、サインと同程度の高度から見ると、右の写真に示されているように、文字はほぼ水平に並んでいるように見える。

このサインは、大衆文化の中にしばしば登場し、特に、ハリウッドを舞台とする映画やテレビ番組のエスタブリッシング・ショット(状況設定ショット)に用いられるほか、例えば、映画『ハリウッド・ゲーム(原題:The Hollywood Sign)』(2001年)のタイトルを飾ったり[3]第84回アカデミー賞作品賞などを獲得した2011年アーティスト』でも再現されているし、CGIで制作された20世紀スタジオの現行のファンファーレ・ロゴの背景にも描き込まれている。このサインを模倣したような、同様のスタイルで別の言葉を綴ったいろいろなサインが、各地に存在している。

歴史

このサインが最初に建設されたのは1923年で、当初は「ハリウッドランド(HOLLYWOODLAND)」と文字が並んでいた。サインの当初の目的は、ロサンゼルスのハリウッド地区を見下ろす丘陵地で進められていた新たな住宅地開発の名称を広告することであった。ハリウッド一帯の土地開発を進めたホバート・ジョンストン・ホイットレー(Hobart Johnstone Whitley)は、ハイランド・アベニューとワイン・アベニューの間に位置するホイットレー・ハイツ(Whitley Heights)を開発した際に同様の広告を行なっていた。ホイットレーは、友人で、ロサンゼルス・タイムズ紙のオーナーだったハリー・チャンドラーHarry Chandler)に、自身も関与している業者が、自社で扱う土地の広告のために同様のサインを作ると示唆した[4]。不動産開発業者ウッドラフ・アンド・シュルツ(Woodruff and Shoults)は、「ハリウッドランド(Hollywoodland)」と名付けた開発地を、「ハリウッドに面した丘陵の素晴らしい環境を、過大なコストなしで」と宣伝した[5]

ウッドラフ・アンド・シュルツは、クレセント・サイン社(Crescent Sign Company)に発注して、南向きの丘の斜面に13個の文字を建てた。サインを設計したのは、この看板業者のオーナーだったトマス・フィスク・ゴフ(Thomas Fisk Goff、1890年1984年)であった。ひとつひとつの文字は、幅30フィート (9.1 m)、高さ50フィート (15 m)で、全体でおよそ4,000個の電球が付けられていた。このサインは、公式には1923年7月13日に供用されたが、当初は、恒久的な施設とすることは考えられていなかった。サインの修復にあたっているベイ・カル塗装社(Bay Cal Painting)のウェブサイトによると、当初、サインは1年半程度だけ設置されるものと考えられていたが、ロサンゼルスで映画産業が勃興すると、このサインは国際的に認知されたシンボルとなり、撤去されずにそのまま残されたのだという[6]

1932年9月、ブロードウェイ女優ペグ・エントウィスルの遺体が、このサインの直下の谷で発見された。当時、エントウィスルはビーチウッド峡谷(Beachwood Canyon)の叔父の家に住んでいた。自殺をほのめかす走り書きが、何者かによってハリウッドの警察署に持ち込まれた財布の中から見つかった。警察は、エントウィスルが「H」の文字の上から飛び降り自殺したものと結論づけた[7]

老朽化

1970年代、最も荒廃したころのサイン。

もともと耐用18か月として設計されたサインは、そのまま半世紀以上も存続し、いろいろ損壊したり、老朽化が進んだところが出てきた。

1940年代はじめ、当時サインの管理をしていたアルバート・コウズ(Albert Kothe)という人物が事故を起こして「H」の文字を壊してしまい[8]、その様子は数多くの当時の写真に記録された。酒に酔って車を運転していたコウズは、リー山の頂上近くで運転を誤って、崖から落下して「H」の背後に墜落した。コウズは怪我なく助かったが、乗っていた1928年製のフォード・モデルA(Ford Model A)と「H」の文字は破壊された。

1949年、ハリウッド商工会議所は、ロサンゼルス市公園局と契約を結んで、このサインの修繕、修復に当たることになった。この契約には、住宅開発地の名称ではなく地区名を表現するように、従来の文字から末尾の「LAND」を撤去して「HOLLYWOOD」とすることが、明記されていた[9]。公園局が、装飾照明については商議所の負担としたため、商議所は電球の交換を取りやめた。この1949年の修復は、サインに新たな命を与えたが、特段の補修がなされなかった木材と金属板による構造物は、その後も老朽化が進んだ。やがて、最初の「O」が崩れ落ちて小文字の「u」のように見えるようになり、3つめの「O」が完全に崩れ落ちてしまい、荒廃が進んだサインは「HuLLYWO_D」と見えるようになった。

修復保全

ハリウッド・ヒルズから眺めたハリウッドサイン。

1978年、「ショック・ロッカー」として知られ、失われた「O」の再建に寄付金を出したアリス・クーパーが、このランドマークの保存運動を展開したことが契機となり、ロサンゼルス商議所は、荒廃が進んだそれまでのサインに代えて、もっと恒久的な構造物の設置に着手した。9人の寄付者がそれぞれ27,700ドルを拠出し、合計249,300ドルで、耐久性のあるスチール製の文字への置き換えが行なわれることになった(後述の寄付者についても参照:金額の食い違いに注意)[要出典]

新たに設置された文字は、それぞれ高さは45フィート (14 m)、幅は31から39フィート (9.4から12m)以上であった。この新しいサインは、ハリウッドの75周年を祝う、1978年11月14日にお披露目され、6千万人の視聴者がその様子を生中継したテレビ放送を見ていた[要出典]

2005年11月から、ベイ・カル・コマーシャル・ペインティング社の寄付による新たな修復が始まり[10]、金属の地肌が出るまで塗装をいったんすべて落とした上で、白く塗り直す作業が進められた。2005年には、また、プロデューサーで起業家のダン・ブリス(Dan Bliss)によって、初代の1923年のサインがeBayのオークションにかけられた[11]。この初代サインを購入したのは、彫刻家ビル・マック(Bill Mack)であった。

寄付者たち

現在のサインの文字は、初代よりも高さが5フィート (1.5 m)低くなっている。

1978年のサイン保存運動を受けて、以下の9人の寄付者がそれぞれ27,777ドルを拠出し、合計250,000ドルを用意した。

位置

このサインは、リー山の南斜面に位置するグリフィス公園(Griffith Park)内のマルホランド・ハイウェイ(Mulholland Highway)の北側に設置されている。

サインは、荒れた急峻な斜面に設置されており、不法侵入を防止するための柵に囲まれている。2000年には市警察が、動くものに反応する監視カメラを備えた保安設備を設置した。標識で示された範囲内で動くものがあると、警察に警報が通報されるようになっている[12]


  1. ^ Renée Montagne (2002年10月28日). “The Hollywood Sign”. Present at the Creation. National Public Radio Crime Library. 2006年9月20日閲覧。
  2. ^ Hollywood Sign Trust (2005年5月19日). “The Hollywood Sign (PDF)”. A Beat-by-Beat Plotline. Hollywood Sign Trust. 2007年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月17日閲覧。
  3. ^ The Hollywood Sign - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  4. ^ The Father of Hollywood by Gaelyn Keith (2006)
  5. ^ Williams, Gregory. “The Story of Hollywoodland”. Beachwood Canyon Neighborhood Association. 2010年4月27日閲覧。
  6. ^ Hollywood Sign Restoration Project 2005: Current Progress”. Bay Cal Painting. 2011年8月3日閲覧。
  7. ^ “Suicide Laid To Film Jinx”. Los Angeles Times: pp. A1. (1932年9月20日) 
  8. ^ Long, Raphael F. (2006). “Tommy Lee and the Hollywoodland Sign”. Beachwood Voice 9 (2 (Summer)): 10–11. http://www.beachwoodvoice.com/zzArchive/Summer%2006/Page_10_Tuesday___Final.pdf 2010年4月30日閲覧。. 
  9. ^ “The Hollywood Sign, Present at the Creation”. NPR. (2002年10月28日). http://www.npr.org/programs/morning/features/patc/hollywoodsign/index.html 
  10. ^ Hollywood Sign Restoration Project 2005”. Bay Cal Painting. 2008年1月1日閲覧。
  11. ^ Jessica Seid (2005年11月17日). “Buy a piece of HOLLYWOOD”. CNN. http://money.cnn.com/2005/11/17/news/newsmakers/hollywood_sign 
  12. ^ Hollywood Sign”. Hollywood Sign Trust (2009年8月2日). 2009年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月2日閲覧。
  13. ^ a b Preservation campaigners cover Hollywood sign”. KABC-TV (2010年2月11日). 2010年3月2日閲覧。
  14. ^ “Chicago investors' sale puts famous Hollywood sign in jeopardy, residents say”. Chicago Sun-Times. Associated Press. (2008年4月17日). オリジナルの2008年8月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080815024016/http://www.suntimes.com/news/nation/900498,hollywood041708.article 2008年4月17日閲覧。 
  15. ^ a b “Behind the Sign: The Great Cover-Up”. Save Cahuenga Peak. (2010年2月). http://www.savehollywoodland.org/homepage/pictures-of-the-hollywood-sign-during-the-wrapping/ 
  16. ^ Hugh Hefner is Final Donor, Land Around Hollywood Sign Saved”. Save Cahuenga Peak. The Trust for Public Land (2010年4月26日). 2010年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月27日閲覧。 Archived version April 27, 2010
  17. ^ Original Benefactor Hugh Hefner Returns as Final Donor to Save Land Surrounding Hollywood Sign”. Hollywood Sign Trust, Hollywood Chamber of Commerce, and City of Los Angeles (2010年4月26日). 2010年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月27日閲覧。 Archived version April 27, 2010
  18. ^ The Trust for Public Land: From Hollywood to Save The Peak”. AtomicWork. 2011年8月11日閲覧。
  19. ^ a b c d Nelson, Valerie J. (2009年1月28日). “Danny Finegood, who found fame with "Hollyweed" stunt, dies at age 52”. The Seattle Times. http://hightimes.com/news/dan/3790 2009年9月18日閲覧。 
  20. ^ “ハリウッドサインが一夜にして「ハリウィード」に 大麻支持者の仕業?(画像)”. (2017年1月1日). http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/01/hollyweed_n_13924682.html 2017年1月2日閲覧。 
  21. ^ . London. http://www.guardian.co.uk/film/2004/jun/11/  [リンク切れ]
  22. ^ a b The Quick 10: 10 Alterations to the Hollywood Sign”. World's Strangest. 2011年8月23日閲覧。
  23. ^ a b Los Angeles Times (1990年9月22日). “Hollywood Sign Gets New Look—Briefly”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1990-09-22/local/me-655_1_hollywood-sign 2010年3月20日閲覧。 
  24. ^ Harvey, Steve (1985年1月3日). “Hollywood Sign's Puzzling Letters Remain a Mystery”. Los Angeles Time. http://articles.latimes.com/1985-01-03/local/me-11178_1_hollywood-sign 2011年8月23日閲覧。 
  25. ^ Lelyveld, Nita (2010年2月12日). “Hollyweed, Jolly Good, Sallywood -- Hollywood signs of the times”. Los Angeles Time. http://latimesblogs.latimes.com/lanow/2010/02/it-started-life-as-a-real-estate-ad-and-became-a-world-famous-landmark-----it-has-fallen-down-and-been-fixed-up-it-has-been.html 2011年8月23日閲覧。 
  26. ^ Laura Fitzpatrick (2008年11月). “Nerd Humor Meets California Landmark”. http://www.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,1839579_1839578_1839531,00.html 2008年11月24日閲覧。 
  27. ^ Schoch, Deborah (1992年7月6日). “Hollywood Residents Can't Shroud Anger Promotion: Paramount Pictures defends attaching a movie cartoon character to the famous sign. Citizens fear a tourist invasion and say that the landmark is being commercialized.”. Los Angeles Times. http://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access/61039169.html?dids=61039169:61039169&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&date=Jul+06,+1992&author=DEBORAH+SCHOCH&pub=Los+Angeles+Times+(pre-1997+Fulltext)&desc=Hollywood+Residents+Can't+Shroud+Anger+Promotion:+Paramount+Pictures+def 2008年9月22日閲覧。 
  28. ^ “Cartoon Character Opens Landmark Rift”. Associated Press. San Jose Mercury News. (1992年7月7日). http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=SJ&s_site=mercurynews&p_multi=SJ&p_theme=realcities&p_action=search&p_maxdocs=200&p_topdoc=1&p_text_direct-0=0EB719DF2E0AA62A&p_field_direct-0=document_id&p_perpage=10&p_sort=YMD_date:D&s_trackval=GoogleP 2008年9月22日閲覧。 
  29. ^ Chazanov, Mathis (1992年7月7日). “'D' as in Disagreement Cartoon Character Atop Landmark Sign Sets Off Protests”. Los Angeles Times. http://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access/61039484.html?dids=61039484:61039484&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&date=Jul+07,+1992&author=MATHIS+CHAZANOV&pub=Los+Angeles+Times+(pre-1997+Fulltext)&desc=`D'+as+in+Disagreement+Cartoon+Character+Atop+Landmark+Sign+Sets+Off+Pr 2008年9月22日閲覧。 
  30. ^ Tamara Race (2008年5月23日). “Iconic Hollywood Sign Comes East”. The Patriot Ledger. http://www.patriotledger.com/news/x1880507947/Iconic-Hollywood-sign-comes-east 2008年11月16日閲覧。 
  31. ^ Lashley, Brian (2009年8月14日). “Hollinwood sign mystery solved”. Manchester Evening News (Manchester, England). http://www.manchestereveningnews.co.uk/news/s/1131796_hollinwood_sign_mystery_solved 2009年9月9日閲覧。 
  32. ^ Dave Burgess (2010年3月9日). “A sign of success for Wellywood hills”. Fairfax New Zealand. 2011年9月5日閲覧。
  33. ^ Dave Burgess (2011年5月23日). “Hundreds protest Wellywood sign”. Fairfax New Zealand. 2011年9月5日閲覧。
  34. ^ Hollywood Chamber of Commerce (2011年5月24日). “Hollywood Chamber Responds to Proposed Wellywood Sign”. Independent News Media. 2011年9月5日閲覧。
  35. ^ In the news:- BASILDON sign granted planning permission”. Basildon Council (2010年2月3日). 2011年9月7日閲覧。
  36. ^ Bas Vegas”. TravBuddy LLC (2007年12月22日). 2011年9月7日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハリウッドサイン」の関連用語

ハリウッドサインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハリウッドサインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハリウッドサイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS