ハイポイド ハイポイドの概要

ハイポイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/17 02:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイポイドギヤ
ハイポイドギヤ応用例
自動車のプロペラシャフトのピニオンギヤがデフギヤモジュールのリングギヤを駆動する部分(デフギヤ自身ではない)

概要

グリーソン社(en:Gleason Corporation)の商標で、日本では同社製品を扱っている[1]株式会社ニッセイが「HYPOID」(ハイポイド)を図案を含む形で商標登録(登録番号第1681881号)している。歯の接触の都合上、もっぱらまがりばかさ歯車とするのだが、グリーソンのハイポイドギヤはそれだけではなく後述のウォームギヤに類似した性質も持っており、同社の特許および特許外の秘密(ノウハウ)が推測されてはいるが、他者による実用的成功例のない独占技術となっている。

特徴

ハイポイドという名称はハイパーボロイド(hyperboloid:双曲面)に由来する。ハイパーボロイドは双曲線(ハイパーボラ:hyperbola)を対称軸を中心に回転させた回転体であり、かさ歯車の2軸をねじれの位置にずらすと、そのような形状のかさにより互いに接触するようにできる。

一般に入出力の2軸がねじれの位置にあるウォームギヤに類似している点もあり、その場合ウォームギヤとウォームピニオンに相当するのがハイポイドギヤとハイポイドピニオンである。歯数比が大きいウォームギヤに近いものとした場合には、ウォームギヤと同様に動力はハイポイドピニオンからハイポイドギヤに伝達され大きい減速比となる特徴を持つ。

自動車のプロペラシャフトに繋がるリアディファレンシャル機構に採用した場合、軸がねじれの位置であることから、プロペラシャフトの位置が低くなり、キャビンの床を下げられるなどのメリットがある。

ハイポイドギヤは複数の歯が同時に噛み合うため、歯への負荷が分散する。このため通常のベベルギヤに比べ耐久性が高く、歯当たり音が小さく静かに動作する。しかし機械効率は低い。これはギヤとピニオンの接触部分が滑るようにして動力を伝達するため、ベベルギヤより摺動抵抗が大きくエネルギー損失が大きい(発熱が多い)ことに因る。摺動動作による歯間の極端な圧力下では効果的な潤滑を要するため、ハイポイドギヤには専用のギヤオイルが必要である。

このような歯車の商業的大量生産が可能な工作機械を製造・提供しているのが事実上グリーソン社のみであるため[2]、世界的に独占市場を形成している。

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク


  1. ^ http://www.nissei-gtr.co.jp/gear/hypoid/
  2. ^ ごく稀に類似製品も試みられたが、広く使用されるに至らなかった。


「ハイポイド」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハイポイド」の関連用語

ハイポイドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハイポイドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイポイド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS