ノルウェー・ノーベル委員会 ノルウェー・ノーベル委員会の概要

ノルウェー・ノーベル委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/08 14:18 UTC 版)

ノーベル平和賞の選考が行われるノルウェー・ノーベル研究所
ノーベル研究所の会議室
授賞式のあるオスロの市庁舎

1977年より現職国会議員の委員への選出を取りやめ、それを受け、委員会の名称も「ノルウェー国会ノーベル委員会」から「ノルウェー・ノーベル委員会」に変更されている[2]

会議の議事録は作成されず、異論の出るような決定においてもいかなる弁明もしない。

2015-2017の委員

2015年から3年間の委員は下記のとおりである[3]

  • カーシ・クルマン・フィーベ (委員長)フリーの公共政策、事件を扱うジャーナリスト。1981年から1997年まで平和賞の選考委員会委員。1989年から1990年まで通商、船舶運航、EU共同事業担当大臣を務めた。 1991年から1994年、保守党党首。2003年からノーベル賞委員会委員。
  • ベリット・ライシュ=アンデシェン (副委員長) - 権利の擁護の仕事をするで、ノルウェー弁護士会代表を務める。元法務省の政務次官。2017年まで、ノルウェーのノーベル賞委員会委員。
  • インゲルマリー・イッテルホーン - 進歩党の顧問委員会メンバー。1989年-1993年、国会議員。2000年からノーベル賞委員会委員。2017年まで任期がある。
  • トールビョルン・ヤーグラン - 1996年から1997年までノルウェー首相。2000年から2001年は外相、2005年から2009年は、国会議長。1992年から2002年まで社会民主党(労働党)の党首。彼は2014年末までこの委員会の委員長を務めていた。
  • ヘンリク・シセ

外部リンク






「ノルウェー・ノーベル委員会」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノルウェー・ノーベル委員会」の関連用語

ノルウェー・ノーベル委員会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノルウェー・ノーベル委員会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノルウェー・ノーベル委員会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS