ネバダ州 概要

ネバダ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/03 05:28 UTC 版)

概要

州都カーソンシティ市である。気候は砂漠気候亜乾燥気候帯にあり、州域の大半がグレートベースンの中にある。グレートベースンより南はモハーヴェ砂漠である。西端にはタホ湖シエラネバダ山脈がある。領域の86%は公的機関および軍隊の管轄権下でアメリカ合衆国連邦政府が所有している[2]

州名は近くにあるシエラネバダ山脈から採られた。シエラネバダとは「雪に覆われた山脈」を意味するスペイン語である。ヨーロッパ人が到着する以前のこの地域にはパイユート族、ショショーニ族およびワショー族インディアンが住んでいた[3]。その後スペインアルタ・カリフォルニアの一部として領有権を主張し、メキシコ独立からはメキシコの支配下となった。1848年、米墨戦争で勝利したアメリカ合衆国がこの領土を獲得し、1850年にユタ準州として組み入れられた。1859年、コムストック・ロードにおける銀の発見で人口が急増し、1861年にはユタ準州西部が分かれてネバダ準州が創設された。1864年10月31日にはアメリカ合衆国36番目の州になった[4]

主産業は合法化されたカジノを代表とする娯楽産業[5][6][7]鉱業である。最大都市はラスベガス市で、世界有数のカジノ街として名高い。また、州西部のリノ市もカジノの町として知られる。鉱業はネバダ州経済の中で依然として重要な位置を占めており、金の生産量では世界第4位である[8]。乾燥地帯で疫病が少ないため住みやすく、諸税の少なさから都市部での人口増加や企業進出が顕著である。州の大半を砂漠が占めており、農業はほとんど振るわない。よって州を潤していた鉱産資源が底を突き始めると人口流出が深刻となり、州政府は窮余の策として移住者の離婚を認め、定住者の娯楽と産業創出のためにカジノを公認するようになった。また、1936年完成のフーバーダムにより豊富な電力を得ることができ、今日に見られるようなネオン街が発展する契機となった。

ネバダ州は公式に「の州」(Silver state)と呼ばれている。これはその歴史と経済における銀の重要さを反映したものである。また南北戦争の間に州昇格を果たしたので「戦闘が生んだ州」、あるいは土地固有セージブラシュ(ヤマヨモギ)があるので「セージブラシュの州」とも呼ばれる。




  1. ^ a b c d QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  2. ^ Federal Land Acres in Nevada”. US Dept. of the Interior, Bureau of Land Management. 2006年9月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月7日閲覧。
  3. ^ "Early Native Americans", "nevada-history.org", accessed Dec 27, 2010
  4. ^ Rocha, Guy "Myth #12 - Why Did Nevada Become a State?" Archived 2013年10月24日, at the Wayback Machine., "Nevada State Library and Archives", accessed Jan 9, 2011
  5. ^ Bible, Bill "Protect Gaming's Legacy", "Las Vegas Sun", August 11, 2000, accessed Jan 9, 2011
  6. ^ Jain, Priya "Betty Goes Reno", "Slate.com", July 21, 2010, accessed January 9, 2011
  7. ^ "Nevada Employment & Unemployment Estimates for November 2010", "Nevada Department of Employment, Training, and Rehabilitation"
  8. ^ "Frequently Asked Questions", Nevada Mining Association, accessed January 7, 2011
  9. ^ Nevada”. Wordreference.com. 2007年2月24日閲覧。
  10. ^ Nevada”. Online Etymology Dictionary. 2017年11月15日閲覧。
  11. ^ Myth #123 - Pronouncing Nevada”. Nevadaculture.org. 2010年7月31日閲覧。
  12. ^ a b National Climatic Data Center, Asheville, N.C., and Storm Phillips, Stormfax, Inc.
  13. ^ Federal Writers' Project (1940). Nevada:a guide to the Silver state. US History Publishers. p. 11. ISBN 160354027X 
  14. ^ http://2010.census.gov/2010census/data/apportionment-pop-text.php
  15. ^ www.census.gov”. 2010年7月31日閲覧。
  16. ^ Boomburbs; Smart Growth at the Fringe? p.2. Metropolitan Institute at Virginia Tech. 2005年1月29日.
  17. ^ Nevada - Selected Social Characteristics in the United States, 2008 American Community Survey 1–year Estimates, U.S. Census Bureau, 2008. Retrieved 2010-06-23.
  18. ^ Nevada – Selected Population Profile in the United States
  19. ^ Language Map Data Center”. Mla.org (2007年7月17日). 2010年7月31日閲覧。
  20. ^ Slevin, Peter (2010年4月30日). “New Arizona law puts police in 'tenuous' spot”. Washington, DC: Washington Post. pp. A4. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/29/AR2010042904970.html?sid=ST2010042905051 
  21. ^ Pew Forum on Religion & Public Life”. Religions.pewforum.org. 2010年7月31日閲覧。
  22. ^ The Association of Religion Data Archives |Maps & Reports”. Thearda.com. 2010年7月31日閲覧。
  23. ^ Lawrence M. Friedman, American Law in the Twentieth Century (New Haven:Yale University Press, 2002), 596-597.
  24. ^ The Tax Foundation - Tax Research Areas > Nevada”. Tax Foundation. 2010年9月15日閲覧。
  25. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月4日閲覧。
  26. ^ State smoking ban sparks zone-change request for Gardnerville parcel Nevada Appeal serving Carson City, Nevada”. Nevadaappeal.com (2007年10月6日). 2010年7月31日閲覧。
  27. ^ Have Nevada bars given up the smoking habit?”. Kvbc.com. 2011年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  28. ^ Las Vegas Now-Breaking News, Local News, Weather, Traffic, Streaming Video, Classifieds, Blogs - UPDATED:Bilbo's Smoking Lawsuit Case”. Klas-tv.com. 2010年7月31日閲覧。
  29. ^ a b “Nevada Ranked Most Dangerous State”. KIROTV. (2008年3月17日). http://www.kirotv.com/news/15618530/detail.html 2009年1月4日閲覧。 
  30. ^ “The guardian is guilty: April Parks, others plead guilty in guardianship abuse case”. KTNV. (2018年11月5日). https://www.ktnv.com/news/contact-13/april-parks-others-plead-guilty-in-guardianship-exploitation-case 2019年9月4日閲覧。 
  31. ^ “Disgraced former Nevada guardian sentenced to serve up to 40 years”. KTNV. (2019年1月4日). https://www.ktnv.com/news/investigations/disgraced-former-nevada-guardian-sentenced-to-serve-up-to-40-years 2019年9月4日閲覧。 
  32. ^ “Guardianship System Still Under Scrutiny - But There Is Progress”. KNPR. (2019年2月21日). https://knpr.org/knpr/2019-02/guardianship-system-still-under-scrutiny-there-progress 2019年9月4日閲覧。 
  33. ^ Voter Registration Statistics - 2010 Elections”. Nevada Secretary of State. 2010年7月7日閲覧。
  34. ^ The Economist, August 21, 2010, p. 35
  35. ^ BEA :Gross Domestic Product by State”. Bea.gov (2009年6月2日). 2010年7月31日閲覧。
  36. ^ United States Department of Agriculture Nevada State Agriculture Overview - 2005 Archived 2006年5月23日, at the Wayback Machine.
  37. ^ Taxation Publications”. Tax.state.nv.us. 2010年7月31日閲覧。
  38. ^ State-by-State Fact Sheets on Lodging Industry”. 2010年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月18日閲覧。
  39. ^ S. Spacek, 2011 American State Litter Scorecard:New Rankings for An Increasingly Concerned Populace
  40. ^ Wilderness.net”. Wilderness.net. 2010年7月31日閲覧。
  41. ^ Clark County School District:Overview”. Las Vegas Sun. 2011年6月18日閲覧。
  42. ^ BREAN, HENRY (2006年7月6日). “'Lovefest' for Coyote Springs”. http://www.reviewjournal.com/lvrj_home/2006/Jul-06-Thu-2006/news/8336867.html 2006年7月6日閲覧。 
  43. ^ “米国の自殺率、過去約20年で25%増加 CDC調査”. CNN. (2018年6月14日). https://www.cnn.co.jp/usa/35120779.html 2018年7月21日閲覧。 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネバダ州」の関連用語

ネバダ州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネバダ州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネバダ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS