ニューロマンサー ニューロマンサーの概要

ニューロマンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 14:35 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ニューロマンサー
Neuromancer
著者 ウィリアム・ギブスン
訳者 黒丸尚
発行日 1984年
1986年
発行元 早川書房
ジャンル サイエンス・フィクション
サイバーパンク
カナダ
言語 英語
形態 文庫本
ページ数 451
コード ISBN 4-1501-0672-X
[ ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要

1984年のネビュラ賞フィリップ・K・ディック賞1985年ヒューゴー賞を受賞。ほか、雑誌『SFクロニクル』読者賞、ディトマー賞も受賞。

著者ギブスンの長編処女作であり「サイバーパンク」の代名詞的作品である。長編第2作『カウント・ゼロ』および第3作『モナリザ・オーヴァドライヴ』と本作品を合わせた3作品は、共通する世界設定や登場人物をもち「電脳空間三部作」「スプロール・シリーズ」と呼ばれる。その他『クローム襲撃』に収録されている短編『記憶屋ジョニィ』、『ニュー・ローズ・ホテル』、表題作『クローム襲撃』も同一世界を舞台とした物語である。

タイトルは脳神経の"NEURON"(ニューロン)と、死霊使いの"NECROMANCER"(ネクロマンサー)との合成語で、同時に「新しいロマンス」(NEW ROMANCE)の意も掛けられている。他方、高橋ユキヒロによる1981年発表のアルバム『NEUROMANTIC(ロマン神経症)』というタイトルからもインスピレーションを受けたとされる(ただし内容的に直接的な関連性は無い)[1]

出版間もない80年代より映画化の企画が何度か持ち上がっているが、実現には至っていない。1999年の映画マトリックス」は当初ニューロマンサーの映画化を目指したが、スポンサーが付かず企画が変更された。近年、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督、弐瓶勉のアートワーク[2]で映画化が進行していたが頓挫、ナタリが降板し、新たな企画がスタートしている[3]

目次

  • 第一部 千葉市憂愁(チバ・シティ・ブルーズ)
  • 第二部 買物遠征(ショッピング・エクスペディション)
  • 第三部 真夜中(ミッドナイト)のジュール・ヴェルヌ通り
  • 第四部 迷光仕掛け(ストレイライト・ラン)
  • 結尾(コーダ) 出発(デパーチャ)と到着(アライヴァル)

あらすじ

サイバネティクス技術と超巨大電脳ネットワークが地球を覆いつくし、財閥(ザイバツ)と呼ばれる巨大企業、そして「ヤクザ」が経済を牛耳る近未来。 かつては、「マトリックス」と呼ばれる電脳空間サイバースペース)に意識ごと没入(ジャック・イン)して企業情報を盗み出すコンピューター・カウボーイであり、伝説のハッカー「ディクシー・フラットライン」の弟子であったケイスは、依頼主との契約違反の制裁として、脳神経を焼かれてジャック・イン能力を失い、電脳都市千葉市(チバ・シティ)でドラッグ浸りのチンピラ暮らしを送っていた。

第一部 千葉市憂愁(チバ・シティ・ブルーズ)

自暴自棄に陥って危険な仲介業を続けるケイスの元に、全身に武装を施した街のサムライ(ストリート・サムライ)のモリイと名乗る女が現れ、彼女はケイスを謎の男アーミテジに引き合わせる。そしてアーミテジはケイスに、かつてケイスが失ったマトリックスへのジャック・イン能力の修復を代償に、マトリックス空間で最も「ヤバい」コンピュータ複合体への潜入を依頼するのだった。ケイスは依頼を引き受け、最後の仲介屋の仕事を片付けようとするが、取引のブツであるRAMカセットを盗んだ恋人リンダが「お友達」だったディーンによって殺されてしまう。モリィと共にディーンを始末したケイスは、陰謀とテクノロジーと暴力の支配する電脳世界へと舞い戻る。

第二部 買物遠征(ショッピング・エクスペディション)

故郷であるスプロールに向かったケイスは、大企業センス/ネットの保管庫から師匠ディクシー・フラットラインのROM人格構造物を盗み出すようアーミテジに命じられ、パンサーモダンズの協力でそれを成功させる。次にイスタンブールへと向かった一行は視覚芸術家リヴィエラを拉致してチームに引き入れ、そして宇宙コロニー“自由界”(フリーサイド)へと飛ぶ。その一方でディクシーと共に背景事情を探っていたケイスは、アーミテジが極秘作戦スクリーミング・フィストの失敗により廃人となった元軍人のコートで、“冬寂”(ウィンターミュート)というAIによって操られている事を突き止める。

第三部 真夜中(ミッドナイト)のジュール・ヴェルヌ通り

L-5植民群島のひとつザイオンでマエルクム、アエロルの協力を取り付け、ケイスは“自由界”(フリーサイド)へと到着。“冬寂”(ウィンターミュート)の保有者である財閥テスィエ=アシュプールの拠点、ヴィラ「迷光(ストレイライト)」へ潜入するために、リヴィエラのショウを見せて3ジェインを誘惑する。その最中に“冬寂”(ウィンターミュート)への潜入を試みたケイスは、仮想世界に囚われ、“冬寂”(ウィンターミュート)の目的を教えられる。彼の目的はT=Aの保有する「もうひとつの自分」“ニューロマンサー”へとアクセスし、AIとして進化する事だった。その為にリンダが殺され、アーミテジも操られ、他にも多くの無関係な者が殺されている事を知って“冬寂”(ウィンターミュート)を憎悪するケイスだが、仮想世界から脱出して混乱する彼をチューリング警察機構の捜査官が逮捕する。

第四部 迷光仕掛け(ストレイライト・ラン)

“冬寂”(ウィンターミュート)がチューリング捜査官を殺害したことで拘束を逃れたケイスは、そのままヴィラ「迷光」へと仕掛け(ラン)を開始する。しかしついに人格が崩壊してコートとしての自分を取り戻したアーミテジは“冬寂”(ウィンターミュート)によって始末され、モリイはヴィラ「迷光」へ潜入して支配者アシュプール老人を殺害するも、リヴィエラの裏切りによってヒデオに敗北、囚われてしまう。“冬寂”(ウィンターミュート)の指示でマエルクムと共に直接ヴィラ「迷光」へ乗り込んだケイスは、そこから電脳に没入し、ニューロマンサーとの直接対決に挑む。そして仮想空間の中に作られたリンダ・リーとの再会を乗り越え、ケイスはニューロマンサーに勝利。再び裏切ったリヴィエラはヒデオの目を潰して逃げようとするも、モリイに毒を盛られて死亡。3ジェインから暗号を聞き出したケイスは自己への憎悪を燃やしながら、ディクシーをも消滅させるニューロマンサーの内部へと突入、“冬寂”(ウィンターミュート)との接続に成功する。

結尾(コーダ) 出発(デパーチャ)と到着(アライヴァル)

モリイは置き手紙を残して姿を消し、“冬寂”(ウィンターミュート)であった何かはアルファ・ケンタウリ系に存在するという同族を求めて旅立った。ケイスはただ一人スプロールへと帰還する。


  1. ^ 高橋幸宏『NEUROMANTIC(ロマン神経症)』ソニー・ミュージックダイレクト版ブックレット
  2. ^ Concept Art For Vincenzo Natali’s Unmade Neuromancer, It, and Predator Movies
  3. ^ これは傑作の予感…映画『ニューロマンサー』コンセプトアートが公開!


「ニューロマンサー」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューロマンサー」の関連用語

ニューロマンサーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューロマンサーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューロマンサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS