ニューエイジ・ミュージック ニューエイジ・ミュージックの概要

ニューエイジ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/27 06:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ニューエイジ・ミュージック
New-age music
様式的起源 実験音楽クラウトロックロックアンビエント民俗音楽ワールドミュージッククラシック音楽イージーリスニングミニマル・ミュージックプログレッシブ・ロック
文化的起源 1960年代1970年代初頭
ヨーロッパアメリカ合衆国
使用楽器 ピアノシンセサイザーサンプラーシーケンサー弦楽器、ファウンド・ミュージック(鳥の歌声、クジラの鳴き声、滝の音など)、民俗楽器アコースティックギターエレクトリックギターバンジョーフレットレスベースドラムセットオルゴールフルートハープシタール、タンプーラ、タブラオルガン
サブジャンル
スペース・ミュージック、バイオミュージック、プログレッシブ・エレクトロニック、ネオクラシカル・ニューエイジ・ミュージック
融合ジャンル
ケルティック・フュージョン
関連項目
ニューエイジ瞑想環境主義ニューエイジ・ミュージックの作曲家一覧ヴェイパーウェイヴ

概要・定義

クラシックポップスジャズなど多様な要素をミックスしたような特徴を持ち、環境音楽ヒーリング・ミュージックワールドミュージック[1]イージー・リスニング[2]などの音楽と、多くの共通点を持つ。これらの音楽とレコード店のジャンルの分類の際に、混同されることも多い。実際にCDショップやレコード業者の都合で、他ジャンルのに並べられていることもある。曲が芸術的インスピレーションやリラクゼーション瞑想、オプティミズムを助ける目的や、音楽療法ヨガ[3]などに使用されることを前提として作曲されていることもある[4]。主にシンセサイザーピアノなどのインストゥルメンタルで演奏される場合が多い。楽曲によっては人の声を使用する曲もある。また、ヒーリング・ミュージックと呼ばれることもある。

ポップスと比較すると、自然風景環境宇宙生命などから連想される詩的な世界をテーマにした作品が多く、いくつかの曲では自然の収録音が用いられることもある。背景の自然音や主旋律のボーカル・楽器を除けば、殆どが抽象音で構成される内省的な音楽であり、特にシンセサイザーの音色は作品中でリスナーに多様なイメージを喚起する重要や役割を担っている。神聖さを演出するため、ハーモニーには教会旋法協和音が用いられる楽曲も多い。急な切り替わりによる精神的な負荷を避けるため、長時間を掛けて徐々に楽曲が展開するミニマル・ミュージック的な観点で作られることが多く、メロディは幾度も繰り返される様式が多い。ミニマル感により催眠感が形成されるとする楽曲もある。一部のニューエイジ・ミュージックはニューエイジ・ムーブメントと関連付けられるが、すべてのニューエイジ・ミュージックにニューエイジ・ムーブメントとの直接的な関連があるわけではない。

歴史

ニューエイジ音楽は、聴く人をリラックスさせ、ポジティヴな感情を与えたり、残響に沿ったメロディが特徴の音楽である。1960年代後半から、ヨーロッパおよびアメリカで、ヒッピー運動の影響を受け自然回帰願望を持った人々を対象として、実験的な癒しの音楽として始まった。1970年代から、ブライアン・イーノ[5]が提唱したアンビエント・ミュージック環境音楽に刺激を受け、より多くの楽曲が活発に作られるようになっていく。そして、ウィリアム・アッカーマンが主宰するウィンダム・ヒル・レコードが1976年に活動を開始し、多くのニューエイジ系アーティストを輩出したことで、1980年代のニューエイジ・ミュージックの大衆化に大きく貢献した。日本では、喜多郎などが先駆けとして活動するようになる。1981年に、マウンテンビュータワー・レコードが初めて「ニューエイジ」を音楽市場のジャンルに加え、1985年から本格的にジャンルとしてニューエイジが広まった。1986年度からグラミー賞にニューエイジ部門が設けられ、記念すべき最初の受賞者となったのは、スイス出身のアンドレアス・フォーレンヴァイダーである。その他にも、エンヤジョージ・ウィンストンクラナド[6]ウィリアム・アッカーマンなどのアーティストが受賞しており、日本人の受賞者には喜多郎がいる。

自然回帰を謳いながら電子楽器中心の機材群を用いる。1970年代から既にシンセサイザーとテープ録音の加工を中心とした制作手法が取られ、1980年代に入ってからは、クリアな音の質感の追求と緻密な音声の加工のために機材のデジタル化も急速に進んで行った。ジャンル流行期の1980年代末には、出始めたばかりのPCM音源(Roland D-50、CASIO FZ-1、KORG M1)、サンプラー、デジタルレコーディング、ハードディスクレコーディング等を駆使して楽曲が制作される程に先進的であった。




  1. ^ アフリカ、ラテンアメリカ、アジアなどを中心にケルトやバルカンなどの音楽も含んでいる
  2. ^ ポール・モーリアやレイモン・ルフェーブルらが有名である
  3. ^ 日本では21世紀に入って、女性を中心に、さらにヨガを行う人々が増えた
  4. ^ Paul M. Lehrer; David H. (FRW) Barlow; Robert L. Woolfolk; Wesley E. Sime (2007). Principles and Practice of Stress Management, Third Edition. New York: Guilford Press. pp. 46–47. ISBN 1-59385-000-X 
  5. ^ 元ロキシー・ミュージック
  6. ^ アイルランドのグループ


「ニューエイジ・ミュージック」の続きの解説一覧



ニューエイジ・ミュージックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューエイジ・ミュージック」の関連用語

ニューエイジ・ミュージックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューエイジ・ミュージックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューエイジ・ミュージック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS