ニフティ ニフティの概要

ニフティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 01:16 UTC 版)

ノジマ > ニフティ
ニフティ株式会社
NIFTY Corporation
本社の入居する新宿フロントタワー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本
169-0074
東京都新宿区北新宿二丁目21-1
新宿フロントタワー
設立 2017年平成29年)2月4日
(ニフティ分割準備株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 7011101079619
事業内容 インターネット接続サービス事業、コンテンツ企画・製作・販売事業ほか
代表者 野島亮司代表取締役社長
資本金 1億円
(2017年4月1日時点)
主要株主 ノジマ 100%
(2017年4月1日時点)
主要子会社 ニフティライフスタイル
ニフティネクサス
コマースリンク
ライフメディア
関係する人物 古河建純(元社長)
和田一也(元社長)
荻原正也(元社長)
外部リンク ニフティ株式会社
特記事項:2017年4月にニフティ分割準備株式会社から商号変更。
テンプレートを表示

概要

日商岩井NI)と富士通F)の折半出資会社として発足した株式会社エヌ・アイ・エフを母体としている。設立当初はCompuServeと提携してニフティサーブの名称で商用のパソコン通信サービスを行ない、一時は日本で最大手のパソコン通信サービスであったが、その後のインターネットの普及に合わせてインターネット接続サービスを軸とした事業に移行する。ダイヤルアップ接続ISDN回線が一般的な1999年2月末時点の会員数は約269万人で、国内インターネット接続事業者の中で最大規模であった。1999年3月に経営不振の日商岩井が所有株式を富士通に売却して富士通の全額出資子会社となった[1]。11月に富士通のISP事業部門で会員数54万人のInfoWebと統合して、@niftyが誕生した[2][3]

パソコン通信サービスを開始した当初、CompuServeで確立されていた「フォーラム」というコミュニティを形成し、その運用をシスオペと呼ばれる管理者に委託していた。「フォーラム」は@niftyに統合後も続いたが利用者数は減少し、インターネットに移行したフォーラム(いわゆるWEBフォーラム)以外のパソコン通信によるフォーラムは2005年3月31日で終了し、2006年3月31日にすべてのパソコン通信サービスを終了した。残ったWEBフォーラムも2007年3月31日24:00にサービスを終了した。掲示板の閲覧は2007年6月28日15:00まで可能である。フォーラムによってはfolomyなどニフティ以外のサーバーへ移転してコミュニティとしてのサービスを継続しているが、@niftyとは無関係である。

沿革

  • 1986年2月 - 日商岩井(現:双日)および富士通の出資によって、株式会社エヌ・アイ・エフとして東京都千代田区に設立。
  • 1986年9月 - 商号をエヌ・アイ・エフ株式会社に変更。
  • 1986年10月 - ワープロOASYSシリーズで「OASYS通信サービス」として試験運用開始。OAS01001からはじまるID番号を発給。2020年7月現在も有効。
  • 1987年4月 - ニフティサーブを開始。
  • 1991年4月 - 商号をニフティ株式会社に変更。本社を品川区大森ベルポートに移転。
  • 1999年3月 - 富士通の完全子会社となる[4]
  • 1999年11月 - 富士通のInfoWebをニフティサーブに統合し、@niftyを開始[5]
  • 2005年}4月 - ベンチャー企業の投資育成を目的に、投資ファンド「WING」(投資事業有限責任組合GB-III)を設立。
  • 2005年9月 - マーケティング分野の事業拡大を目的に富士通より株式会社ライフメディアの株式を取得し子会社化。
  • 2006年12月 - 東京証券取引所第2部に上場。
  • 2007年5月 - 企業内研究所としてニフティ研究所を新設。所長は友澤大輔。顧問は丸の内ブランドフォーラム代表の片平秀貴と一橋大学大学院准教授の阿久津聡が就いた。
  • 2011年12月 - 本社を新宿区新宿フロントスクエア内にある新宿フロントタワーに移転。
  • 2012年5月 - 海外進出に必要な付随業務をプラットフォーム提供する目的で株式会社グロザスを株式会社産業革新機構と合弁で設立。クリニック・動物病院の診療に必要な各種の医療材料を小ロット・短納期で提供する株式会社プロミクロスを100%子会社化。
  • 2012年8月 - 「ニフティクラウド」で西日本リージョンを開設。
  • 2012年10月 - 高速モバイル通信サービス「@nifty do LTE」を提供開始。小売業者向けにネットスーパーシステムを提供する株式会社ベクトルワンへ出資。
  • 2013年10月 - 外出先からさまざまな宅内機器を安全・手軽に操作できる「スマートサーブ」を提供開始。株式会社電通と生活者参加型の地方特産品開発支援サービス「うまいもんプロデューサー」の全国版を提供開始。
  • 2013年11月 - @nifty会員向けにデジタル機器をレンタルする「@niftyレンタルサービス」の提供を開始。
  • 2014年4月 - 全国のスポーツクラブと連携して「@niftyスポーツクラブ」の提供を開始。
  • 2014年11月 - LTE高速データ通信・音声通話対応のMVNOサービス「NifMo(ニフモ)の提供を開始」。
  • 2016年6月 - 親会社の富士通が株式公開買付けを実施、96.74%の株式を取得[6]
  • 2016年7月 - 東京証券取引所第2部上場廃止。株式等売渡請求により富士通の完全子会社となる[7]
  • 2017年4月 - クラウド事業を中心とする富士通クラウドテクノロジーズ株式会社と、コンシューマ向け事業を中心とするニフティ株式会社に分社。ニフティ株式会社が株式会社ノジマの完全子会社となる。
  • 2017年11月 - デイリーポータルZおよび東京カルチャーカルチャーを東急グループのISPであるイッツ・コミュニケーションズに事業譲渡[8]
  • 2021年3月1日 - フジ・メディア・ホールディングス傘下のディノス・セシール(現DINOS CORPORATION)からセシール事業を取得。中間持株会社ニフティ・セシール(2020年12月16日設立)傘下に新設分割されたセシール(2020年12月1日設立)を置く[9][10]
  • 2021年12月24日 - 子会社のニフティライフスタイルが東京証券取引所マザーズに上場[11]

  1. ^ 日商岩井、保有ニフティ全株式を富士通に売却
  2. ^ 新ドメインは“www.nifty.com”---11月1日スタートの“@nifty”新サービス発表
  3. ^ メーカー系プロバイダに転機 富士通とNECが拡大路線を放棄 -- ITpro
  4. ^ ニフティ、富士通の100%子会社に”. INTERNET Watch (1999年3月23日). 2012年9月6日閲覧。
  5. ^ ニフティとInfoWebが統合、「@nifty」へ”. INTERNET Watch (1999年7月8日). 2012年9月6日閲覧。
  6. ^ “支配株主である富士通株式会社による当社株式に対する公開買付けの結果に関するお知らせ” (プレスリリース), ニフティ, (2016年6月16日), http://www.nifty.co.jp/ir/pdf/20160616_01.pdf 2016年6月23日閲覧。 
  7. ^ “富士通株式会社による当社株主に対する株式等売渡請求を行うことの決定、当該株式等売渡請求に係る承認及び当社株式の上場廃止に関するお知らせ” (プレスリリース), ニフティ, (2016年6月23日), http://www.nifty.co.jp/ir/pdf/20160623_01.pdf 2016年7月25日閲覧。 
  8. ^ “「デイリーポータルZ」および「東京カルチャーカルチャー」の譲渡について” (プレスリリース), イッツ・コミュニケーションズ株式会社、ニフティ株式会社, (2017年10月31日), http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/171031004627/1.htm 2017年11月4日閲覧。 
  9. ^ 連結子会社の事業譲渡に関するお知らせ,フジ・メディア・ホールディングス,2020年11月26日
  10. ^ 株式会社ディノス・セシールのセシール事業を吸収分割により承継する会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ,ニフティ,2020年11月26日
  11. ^ 連結子会社(ニフティライフスタイル株式会社)の上場承認について,ニフティ,2021年11月19日
  12. ^ : network information forum
  13. ^ nifty.com Competitive Analysis, Marketing Mix and Traffic - Alexa”. Alexa Internet. 2020年12月13日閲覧。
  14. ^ 会員サポート - ファイル交換ソフト利用時の通信速度の制限について、ニフティ株式会社、2006年04月19日(2006年04月23日時点のアーカイブ
  15. ^ https://setsuzoku.nifty.com/wimax/
  16. ^ @nifty のblogサービス ココログ スタートしました!:お知らせココログ:@nifty
  17. ^ 古田雄介の“顔の見えるインターネット” ― 第49回 ココログとGizmode Japanを作った元祖ブロガー ASCII.JP 2009年06月01日
  18. ^ 4/3 ココログベーシック/プラス/プロ メンテナンス実施のお知らせ
  19. ^ ココログベーシック/プラス/プロ メンテナンスのお知らせ
  20. ^ ニフティ、ブログサービス「ココログ」にて携帯対応版デザインテンプレートを提供開始(2007年9月29日時点のアーカイブ
  21. ^ ココログメンテナンス実施について(7/11 14:00-7/13 14:00(2006年7月17日時点のアーカイブ
  22. ^ 「ココログ」53時間メンテ中に問題発生、元に戻して再開
  23. ^ ココログベーシック/プラス/プロ メンテナンス終了のお知らせ
  24. ^ “@niftyフォン-K サービス提供終了のお知らせ” (プレスリリース), ニフティ, (2015年6月30日), http://support.nifty.com/cs/suptopics/detail/150625478452/1.htm 2015年10月30日閲覧。 
  25. ^ “@nifty do LTEの新規申し込み受け付け終了につきまして” (プレスリリース), ニフティ, http://setsuzoku.nifty.com/do_lte/ 2015年10月30日閲覧。 
  26. ^ “nifty MOBILE(YM) LTE 定額にねんプランの新規申し込み受付終了につきまして” (プレスリリース), ニフティ, http://setsuzoku.nifty.com/emobile_lte/ 2015年10月30日閲覧。 
  27. ^ “@nifty Mobile BBサービス終了について” (プレスリリース), ニフティ, (2014年8月13日), http://support.nifty.com/cs/suptopics/detail/140730478042/1.htm 2015年10月30日閲覧。 
  28. ^ “@nifty Mobile Pサービス終了のお知らせ” (プレスリリース), ニフティ, (2011年4月1日), http://www.nifty.com/mobilep/ 2015年10月30日閲覧。 


「ニフティ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ニフティのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニフティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニフティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS