ナショナルバイオリソースプロジェクト ナショナルバイオリソースプロジェクトの概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ナショナルバイオリソースプロジェクトの解説 > ナショナルバイオリソースプロジェクトの概要 

ナショナルバイオリソースプロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 04:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動


概要

日本国内には各地の研究所において様々な生物遺伝資源が開拓され保存されてきたが、長い年月のうちに散在し、有効利用できない状況となっていた。 このような状況を改善するため、生物遺伝資源の有効活用及び生命科学の支援することを目的に、生物遺伝資源に関する知識や遺伝子情報を集約・保存する国家事業が、 ナショナルバイオリソースプロジェクトである。

プロジェクトの事務局は、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立遺伝学研究所にある。[2]

担当中核機関

各リソースの担当中核機関は、次のとおりである。[3]

関連項目

外部リンク


  1. ^ ナショバルバイオリソースプロジェクトについて(ナショバルバイオリソースプロジェクト事務局)
  2. ^ ナショバルバイオリソースプロジェクトについて(ナショバルバイオリソースプロジェクト事務局)
  3. ^ ナショバルバイオリソースプロジェクトについて(ナショバルバイオリソースプロジェクト事務局)


「ナショナルバイオリソースプロジェクト」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナショナルバイオリソースプロジェクト」の関連用語

ナショナルバイオリソースプロジェクトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナショナルバイオリソースプロジェクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナショナルバイオリソースプロジェクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS