ナゴヤドーム 中日ドラゴンズ以外の利用

ナゴヤドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/04 03:02 UTC 版)

中日ドラゴンズ以外の利用

野球

プロ野球では、過去に大阪近鉄バファローズオリックス・ブルーウェーブ西武ライオンズが試合を主催。ただし、このドームは中日の本拠地という性格上、5大ドーム[注 22]の中で唯一、同じセ・リーグの巨人の主催試合の実施がない[注 23]。その他プロ野球の試合として、独立リーグ扱いとなる日本女子プロ野球機構の試合が2010年9月に1試合行われた他、2018年の愛知ディオーネ(旧兵庫ディオーネが移転)の発足により、当球場でも主催試合が行われるようになった。

2005年には全国高等学校野球選手権愛知大会(夏の甲子園の愛知県予選)の準決勝・決勝戦が開催されている。地方大会決勝戦(県代表決定戦)のドーム開催は史上初(大阪大会では、大阪ドームにて開会式と、その直後の数試合を実施)。2006年も決勝戦が実施され、堂上直倫愛工大名電高校の選手として2年連続で決勝戦に出場し、両年とも甲子園出場を果たし、このドームを本拠地とする中日ドラゴンズに入団している。なお2007年も決勝戦の実施予定だったが雨天順延などの影響により、7月27日(準決勝戦)・28日(決勝戦)の2日間に準々決勝戦の実施のみとなり準決勝・決勝は岡崎市民球場で行われ、2008年以降は使用されていない。

アマチュア向けに草野球の球場として貸し出しを行う[26]。事前予約でボール以外の野球用具の有料レンタルが可能[26]。また三塁側のロッカールーム・シャワールーム・マウンド・選手控室も併せて有料で利用可能[26]。利用時間は早朝から夜間(5:00 - 19:30)までで利用時間は2時間30分となる[26]

ソフトボール

女子ソフトボールでの利用例(2018年 トヨタ自動車対豊田自動織機戦)
外野側に特設フェンスが設けられ、ベース位置等も移動している

2011年4月より、女子ソフトボールの日本リーグの開幕節(集中開催方式)が行なわれている[27]

陸上競技

2012年から新設された大規模マラソン大会(マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知)の会場となっている[28]。「名古屋ウィメンズマラソン」ではドーム前の道路から出発して、ドーム場内がゴール地点になっている[28]。また、これに付随するイベントとして「マラソンEXPO」がマラソンが開催される2日前から行われる。

サッカー・アメリカンフットボール

元々はサッカー・アメリカンフットボールでの使用も視野に入れて建設されているが、現在までプロレベルの試合が行われたことはない。設計の頃には東京ドームでのプレシーズンマッチや1994年のワールドカップ人工芝の上に天然芝のシートを敷き詰めた例があったが、こうした仮設のピッチは選手には不評で近年では開催されることはなくなっている。なお2002 FIFAワールドカップの名古屋市の会場選考が難航した時に、候補としてあげられた事もあったが組織委員会から却下されている(後に名古屋市は会場が用意できなかったために撤退、代わりに愛知県が豊田スタジアムを会場にして立候補したが開催地選考で落選)。今後においても同県豊田市にほぼ同等の収容人数を持つ豊田スタジアムが完成したこともありプロサッカーの試合が開催される可能性は低いと見られる。ただし名古屋市中心部に近いため名古屋グランパスエイトのファン感謝祭に使用されたことはある。

アメフトは可動席を動かさなくても使用できるが現在は東海地区でのアメフトの人気は高いとは言えず[注 24]、キャパシティや使用料の面からアメフトでの使用の見込みも少ない。

コンサート

中部地方における最大屋内コンサート会場として、ドームツアーの一会場としてコンサートで利用されている。札幌・東京・大阪・福岡とともに「5大ドームツアー」と称されることが多いが、公演回数が絞られる場合は地理的な問題で開催されないことも多い(名古屋飛ばしを参照)。

コンサートを開催したアーティスト

赤色の年は開催予定であることを表す。

国内アーティスト(50音順)
国外アーティスト(50音順)

その他イベント

ナゴヤドームでは展示会や見本市、運動会などでの貸し出しを行っている。

1998年から2015年までは2年に一度の正月に『サークルKサンクスPresents テレビキャラクター夢ドーム』という特撮およびアニメーション関連のイベントが開催されていた。他にも『次世代ワールドホビーフェア』や『フラワードーム』などが毎年開催されている。また、AKB48グループ等の握手会・イベントの会場として利用・開催されていた。

駐車場でイベントが行われる場合もあり、シルク・ドゥ・ソレイユの『トーテム』が駐車場内に作られた仮設劇場にて公演されたケースもある。

また、2021年7月5日より、2階外野側コンコースが愛知県の新型コロナウイルスワクチン大規模集団接種会場として利用されている[30][31]

  • 格闘技大会K-1も3度開催されている。
    • 1997年7月20日、第1回K-1 JAPAN GPナゴヤドーム大会『K-1 DREAM '97』開催。佐竹雅昭がK-1ジャパン初代王者に戴冠した。
    • 1998年7月18日、『K-1 DREAM '98 〜空手VSキック・7対7 全面対抗戦〜』開催(この模様はFNSの日で生放送された)。
    • 2003年12月31日、『K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!』開催。ボブ・サップ戦が行われた。

開催イベント

ドームツアー

ドーム内施設を見学できる「ドームツアー」は開場からしばらくの間は実施されていたが、現在は開催されていない。その為ドーム内を見るには、何らかのイベントで入場するしかない。現状、5大ドームの中では唯一ドームツアーが開催されていない。


注釈

  1. ^ 2017年シーズンより。2016年までの呼称は「ライブビジョン」。
  2. ^ 先述の「106ビジョン」の呼称の由来となっている。なお、呼称に含まれる「106」は「ドーム」との語呂合わせでもある。
  3. ^ ただし2代目のものとは異なり、塁間には施されていない。
  4. ^ 2020年シーズンにも前年より固いマウンドにリニューアルされることが検討されていたが、中日の各投手に2019・2020年それぞれのマウンドの感触を確かめさせた結果、2019年のマウンドの方が評判が良かったため、2020年のリニューアルは見送られることになった。
  5. ^ 例えばガールズシリーズではピンク色に、ブルーサマーシリーズでは水色にそれぞれアレンジされている。
  6. ^ 素材変更直後の2016年3月5日の中日対東京ヤクルトのオープン戦では7回表に東京ヤクルトの森岡良介が中日のドリュー・ネイラーから右中間に放った打球が、2021年9月23日の中日対阪神20回戦では9回裏に福留孝介が左中間に放った打球[10]が、いずれも外野フェンスの扉部分に挟まってエンタイトルツーベースと判定される珍事が発生している。
  7. ^ 2020年のリニューアル前までは下段後列と同じく薄い緑色。
  8. ^ 2020年よりNTTドコモとのネーミングライツ契約。
  9. ^ 達川光男については、中日及びソフトバンクのコーチを辞任して以降、ナゴヤドーム開催試合におけるテレビ新広島の別制作分に出演した実績がない(東海テレビ及び関西テレビ制作分に出演したことはある)。
  10. ^ スタジオに放送席風のセットを組んで実況と解説が顔出ししたことがある。
  11. ^ 田尾は中日OBでもあるため、東海テレビ制作分にも出演したことがある。また片岡は、2022年から同級生の立浪和義が監督となった中日のコーチに就任している。
  12. ^ 同番組は2019年4月から放送時間を1時間繰り下げ、18:30開始となった。
  13. ^ 2017年後半から、テレビ新広島は原則として別制作となっている。
  14. ^ 1999年から2013年までは回転式だったが、2014年オープン戦からは液晶式に改められ、広告スペースが回転式時代より大きくなり、下部中央のトヨタのロゴマークは小さくなった。
  15. ^ 広告表記は、当初は「東建」だったが、現在は「東建コーポレーション」となっている。
  16. ^ 但し同じバックネット下のフェンス広告の並びにある同社の広告は、テレビ中継でもあまり映らない事等もあってか自粛はされていない。
  17. ^ これまでの最高は中日時代のトニ・ブランコ2009年4月19日の対巨人戦で高橋尚成から放った左越2ラン。打球は左翼ポール際の5階席まで到達した。
  18. ^ 2010年日本シリーズ第7戦の際、ロッテ優勝確定の瞬間に使用された
  19. ^ ただし純粋な民間企業としては初めてである。
  20. ^ 2011年現在、他球場で主流になりつつある「ストラックアウト!」などという声を加えたジングルは一部を除いて採用されていない。
  21. ^ 当日の担当アナは試合前のホームラン賞のスポンサーなどが発表される時間帯の最後に紹介される
  22. ^ 他には、札幌ドーム東京ドーム大阪ドーム福岡ドームを指す。
  23. ^ ナゴヤ球場時代には日米野球で巨人単独チーム(または巨人・中日連合軍)のホームゲーム扱いでの対MLB球団(またはMLBオールスター)との対戦の実施はあるが、主催は読売新聞社または毎日新聞社であった。
  24. ^ Xリーグのチームは関東もしくは関西のチームがほとんどであり、2009年から分離したものの東海学生リーグは長らく関西学生リーグの2部相当であった。
  25. ^ アニメ・ゲーム関係の歌手や声優が当球場でコンサートを行う初めてのケースとなる。野球場でアニメ・ゲーム関係の歌手や声優がコンサートを開催する場合、水樹奈々が初めて開催し、その後に他のアーティストが続くことが通例となっていたが、当球場はそれが当てはまらないケースとなる。(水樹も当球場で2020年の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの流行に伴い中止となっている。)
  26. ^ ARASHI Anniversary Tour 5×10』と『ARASHI 10-11 TOUR "Scene"〜君と僕の見ている風景〜』の2つのツアーで公演。
  27. ^ ARASHI LIVE TOUR Popcorn』と『ARASHI Live Tour 2013 "LOVE"』の2つのツアーで公演。
  28. ^ 「第10回記念AKB48世界選抜総選挙」の開票イベントとして開催。参加グループは、AKB48、SKE48、NMB48HKT48STU48TPE48BNK48
  29. ^ 2020年にも開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっている[29]
  30. ^ a b EXILE TRIBEとしてのライブ開催。
  31. ^ HiGH&LOWとしてのライブ開催。
  32. ^ 2010年にも開催予定であったが、自身の病気療養により全国ツアーが開催中止となった。
  33. ^ ドームのこけら落しとなる公演
  34. ^ MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』と『Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』の2つのツアーで公演。
  35. ^ 国外アーティスト初の4大ドームツアーの一環で開催された
  36. ^ ビリー・ジョエルとのジョイント・コンサート
  37. ^ 2014年にも開催予定であったが、自身の病気療養と夫(マネージャー)の看病によりジャパンツアーが開催中止となった
  38. ^ 国外アーティスト初の6大ドームツアーの一環で開催された
  39. ^ エルトン・ジョンとのジョイント・コンサート
  40. ^ 国外アーティスト初の5大ドームツアーの一環で開催された
  41. ^ ドーム落成を記念したガラコンサート
  42. ^ この時、則本が着用していたユニフォームの胸マークは「CDRAGONS」(2004年 - 2011年のホーム用と同じ)だが、青地に白縁取りの青文字[40]であり、試合で着用されていたもの(ホーム用は白地に青文字で「CDRAGONS」、ビジター用は青地に白文字で「CHUNICHI」)とはデザインが異なる。
  43. ^ ただし、東海地区に新たな私設応援団は存在せず、当面はフランチャイズで東京本部の私設応援団と大阪市の私設応援団、広島市を拠点に活動の『GLOVE HIROSHIMA』、福岡市を拠点に活動する『GLOVE 九州』、更に札幌市を拠点に活動する『東京読売巨人軍応援団札幌』がそれぞれ先導によって応援が再開される。
  44. ^ うち支配下登録選手は34人(いずれも7月21日夜現在)。

出典

  1. ^ a b c ナゴヤドームは来季から「バンテリンドーム ナゴヤ」に 1997年3月の開場以来初の命名権契約(中日スポーツ)2020年12月10日閲覧
  2. ^ ナゴヤドーム新名称は「バンテリンドーム ナゴヤ」(日刊スポーツ)2020年12月10日閲覧
  3. ^ ドーム雑学博士(9) | ドーム雑学博士 | ナゴヤドーム”. www.nagoya-dome.co.jp. 2019年5月29日閲覧。
  4. ^ 東海ラジオ 『なぜナゴヤ??』”. www.tokairadio.co.jp. 2019年5月29日閲覧。
  5. ^ 中日のナゴヤドーム対阪神は「貯金74」30日から3連戦…勝って勢い取り戻す!3日からの巨人戦は吉見の9年ぶり東京ドーム白星に期待”. 中日スポーツ. 2020年10月23日閲覧。
  6. ^ “高木豊氏 電撃トレードの中日に「阿部を出して大丈夫なのか」獲得の涌井には「いいところに入った」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2022年11月15日). https://www.daily.co.jp/baseball/2022/11/15/0015811388.shtml 2022年11月15日閲覧。 
  7. ^ 徳原麗奈「中日1位指名の東邦・石川「3冠王」宣言!生え抜き右打者初のナゴヤD30発狙う」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2019年10月19日。2019年10月21日閲覧。オリジナルの2019年10月21日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ 朝日新聞2010年11月8日スポーツ面記事より
  9. ^ ナゴヤドーム(2016年) 2016年2月10日
  10. ^ “中日福留孝介、珍しい同点打 フェンス扉の隙間にすっぽり入るエンタイトル”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年9月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202109230000931.html 2021年9月25日閲覧。 
  11. ^ 巨人Vs中日番外戦の行方は!? ビデオ判定導入で”. 夕刊フジ (2009年8月15日). 2014年5月30日閲覧。
  12. ^ a b ナゴヤドームがプライム・ツインをリニューアル 高級感あふれる人工レザークッション導入でより観戦が楽しみに(2019年10月8日15時0分)2020年4月13日閲覧。
  13. ^ 「ファミリーシリーズ 2016」が盛況のまま閉幕しました - 中日ドラゴンズ公式サイト、2016年5月5日
  14. ^ 東京中日スポーツ・2011年5月25日付 3面
  15. ^ ジェームス・ヘイブンス「ヒア・フォー・ユー」 listen.jp
  16. ^ a b 参考:ドムラの紹介 - ナゴヤドーム公式サイトより(インターネット・アーカイブ2001年1月19日付保存キャッシュ)
  17. ^ 2011年10月31日放送『イッポウ』「コレ知らないと」より。
  18. ^ エイチームの看板にホームラン球を当てたら1億円!!地元ナゴヤドームで前代未聞の懸賞を開始 - エイチーム、2013年7月24日
  19. ^ 中日がナゴヤドームでジェット風船解禁 デイリースポーツ 2012年6月21日
  20. ^ ナゴヤドーム新名称のお知らせ - ナゴヤドーム 2020年12月10日
  21. ^ ナゴヤドーム新名称は「バンテリンドーム ナゴヤ」,日刊スポーツ,2020年12月10日
  22. ^ 中日スポーツ:岩瀬250セーブ「うれしいです!!」:ドラニュース(CHUNICHI Web)
  23. ^ 魅惑のアナウンス室ブログ CBC杯”. CBC (2007年3月25日). 2014年5月30日閲覧。
  24. ^ 中日ドラゴンズ2006年の軌跡:2006年のファンサービス BIGLOBE STARS
  25. ^ ポストシーズンでは1999年ダイエー、2004年西武、2010年ロッテと3回ある。
  26. ^ a b c d 草野球”. ナゴヤドーム. 2020年10月31日閲覧。
  27. ^ 2011年の女子1部リーグ試合日程&対戦カード - 日本ソフトボール協会、2011.4.8閲覧
  28. ^ a b 名古屋ウィメンズマラソンのコース地図や大会情報”. 2020年10月31日閲覧。
  29. ^ 【重要】「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 6th LoveLive! DOME TOUR 2020」開催中止、及び代替企画に関するお知らせ”. プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! (2020年8月21日). 2021年10月2日閲覧。
  30. ^ ワクチン大規模接種会場について”. 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト. 愛知県 (2021年10月12日). 2021年10月12日閲覧。
  31. ^ ドラ・グラの本拠地も会場に…ワクチン大規模接種のリハーサル ドームでは接種後に外野スタンドから見学も”. 東海テレビ放送株式会社 (2021年6月28日). 2021年10月12日閲覧。
  32. ^ 【5月8日】1997年(平9) えっ、ドームで雨漏り 開場元年ナゴヤドームで傘の花”. スポーツニッポン (2010年5月1日). 2020年3月16日閲覧。
  33. ^ a b c d “大雨でヤクルトの用具到着遅れナゴヤドームの中日戦中止”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2018年7月6日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1056475/ 2018年7月6日閲覧。 
  34. ^ 前日にプロ野球の試合中止決定は00年以来 この時も台風の影響で スポーツニッポン 2014年7月7日付け 7月9日閲覧
  35. ^ 川上 ナゴヤドーム投手初アーチ”. 中日スポーツ (2001年8月20日). 2002年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月29日閲覧。
  36. ^ 落合竜、優勝!! たたえます133試合の激闘!”. 中日スポーツ (2004年10月2日). 2004年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月29日閲覧。
  37. ^ 竜、停電負け 敵は雷だった 38分間中断 再開後2球で2失点”. 中日スポーツ (2005年8月17日). 2005年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月29日閲覧。
  38. ^ かっこいいぜ川相!!惜別バント 家族の見守る前で不滅 533犠打”. 中日スポーツ (2006年10月16日). 2008年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月29日閲覧。
  39. ^ a b バンテリンドーム2000号は中日・鵜飼! 1号は立浪、期待の新人が竜の伝統引き継いだ!!”. スポニチアネックス. 2022年4月3日閲覧。
  40. ^ a b c d 中日スポーツ』2010年7月12日3頁「すげ〜143キロ!!スピードガンコンテスト 三重中京大の則本投手」(中日新聞社)
  41. ^ 「Dragons SPEEDBALL CONTEST」『月刊ドラゴンズ』第329号、中日新聞社、2010年8月21日、 27頁、 国立国会図書館書誌ID:000000038281 - 2010年9月号(2010年8月21日に発行・発売)。
  42. ^ 筒香、激突で救急搬送 抹消も長期離脱なし”. 日刊スポーツ : nikkansports.com (2014年8月14日). 2018年7月16日閲覧。
  43. ^ 中日・荒木、史上48人目の2000安打「まさか止めたバットでヒットになるとは」”. サンスポ (2017年6月3日). 2018年7月16日閲覧。
  44. ^ / “無我夢中…中日高橋がナゴヤDで初ランニングHR”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年8月31日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1880551_m.html / 2019年1月14日閲覧。 
  45. ^ "【巨人】坂本勇人、ナゴヤD史上初1試合3本塁打!松井秀喜でもT.ウッズでもなかった歴史的快挙達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 September 2020. 2020年9月9日閲覧
  46. ^ "【中日】22日からの中日ー巨人3連戦は中止 巨人33選手コロナ判明で プロ野球臨時実行委員会". 中日スポーツ 東京中日スポーツ. 中日新聞社. 21 July 2022. 2022年7月21日閲覧
  47. ^ "感染者多発で巨人のチーム編成困難、中日との3連戦延期…当面の間は活動停止". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 21 July 2022. 2022年7月21日閲覧
  48. ^ 鬼門を恵方にするための秘策はあるのか 名古屋で勝てない矢野阪神 今季5戦全敗”. デイリースポーツ online (2022年5月6日). 2022年5月7日閲覧。
  49. ^ 中日新聞社公式サイト(CHUNICHI Web)内グループ企業・関連団体一覧 にも、一般の欄に明記されている。
  50. ^ 参考:ナゴヤドーム公式サイト内会社情報ページ - インターネット・アーカイブ2004年1月5日付保存キャッシュ(本キャッシュ以前の 2001年10月27日付保存キャッシュ は、大島宏彦となっている)
  51. ^ 中日新球団事務所 打席から一塁へ向かえば入れます”. 日刊スポーツ (2018年12月21日). 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月26日閲覧。
  52. ^ 電波利用ホームページ その他 地上系放送事業者”. 総務省 (2020年7月1日). 2021年5月20日閲覧。
  53. ^ 参考:TOPICS 1998 - 『KAN'S CAN』(倉橋寛のウェブサイト)内より、「じゃマール東海版に「おれドラ」登場! 1997.11」を参照。ノリタケドームについて、自身の漫画を含む雑誌記事とともにつづられている。
  54. ^ ノリタケドーム新築工事(事業向け情報)”. 名古屋市. 2014年8月13日閲覧。
  55. ^ ゴールドポストプロジェクト”. 首相官邸 オリンピック・パラリンピックレガシー推進室. 2022年6月9日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナゴヤドーム」の関連用語

ナゴヤドームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナゴヤドームのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナゴヤドーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS