ドラムンベース ドラムンベースの概要

ドラムンベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 23:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

1990年代初頭にイングランドで生まれたジャングルが発展し1990年代半ばに生まれた。トラックはジャングルと同様にリズム、ベース、上音、ボーカルなどで構成されるがレコードからサンプリングされたドラムブレイクのみをリズムとして使用する事が大半だったジャングルと異なり、リズムマシンやサンプリングCD、ソフトウェアのクリアな音質のバスドラム(キック)やスネアも併用しリズムを構築しているのが大きな特徴でジャングルよりシンプルなリズムが多い。またベースの音色に多様性があるのも大きな特徴で、このリズムとベースの大きな変化、特に高音質化によってドラムンベースは音楽としての可能性を押し広げる事に成功した。

初期のプロデューサーは、LTJ Bukem英語版、The Invisible Man、DJ Hype英語版Goldie英語版、Fabio、Grooveriderなどが有名である[3][4][5][6][7]

ドラムンベースは主に160以上のBPMを用いているが、一拍(四分音符)を単位としてそのBPM通りに感じることでより上昇感・疾走感を強める方法と、二拍を単位としそのBPMの半分としてとらえることでゆったりとした感覚や空間的広がりを強める方法がある[3]

また1990年代半ばから後半にかけてドラムンベースのリズムを更に複雑化させたドリルンベースというジャンルも誕生している。ドリルンベースはSquarepusherが始めたとされ、Aphex Twinを始めとするコーンウォール一派が有名である。

2000年以降の動向

2000年以降になるとドラムンベースは新しい動向を見せるようになり、その要因として以下の3つに大別される[3]

一つ目はドラムンベース・アーティストの国際化。ブラジルからは DJ Marky & XRS が2002年に LK を大ヒットさせ、オーストラリアからは2003年以降 Pendulum が登場。その他にもニュージーランドからは MC Tali や Concord Dawn、オーストリアからは D.Kay、ドイツからはKabuki、オランダからはNoisia、そして日本からは Makoto がイギリスのドラムンベースシーンに台頭している[3]

二つ目は 「リキッド・ファンク」 と呼ばれるソフトなドラムンベースが新たなジャンルとして確立したこと。これには、2004年に大ブレイクした Artificial Intelligence、ロジスティクス、High Contrastといった新たな才能がリキッド・ファンクのスタイルを得意としていることが大きい。それまでは LTJ Bukem と FabioしかこのスタイルのドラムンベースをDJとして選曲しなかったが、今ではあらゆるDJがかけるようになっている。これを受けて、V Recordings が姉妹レーベルとして Liquid V を、さらにはハードな選曲で知られる DJ Hype が Liq-weed Ganja をリキッド・ファンク専門のレコードレーベルとして立ち上げている[3]

三つ目は、新しいアーティストによるスタイルの多様化である。Sub Focus、Chase and Status、Baron、Twisted Individualなどの登場により、上記のリキッド・ファンクだけでなく、レゲエ的要素、ラテン系音楽ジャズのようなベースラインを取り入れたものなどが導入されるようになった。

2007年以降は、もともとのドラムンベースの特徴である重低音ベースラインをより強調した音楽も見られるようになる。きっかけは、一般の家庭用スピーカーでは聞こえないほどの重低音ベースラインを得意とする Artificial Intelligence のブレイク。それ以降、ドラムンベースにおける低音域の下限がさらに下がり、クラブのスピーカーで聞かないと曲の良し悪しを味わえない度合いがさらに強まった[3]

2008年になるとペンデュラムがドラムンベースとロックの融合を打ち出し注目されている。

2009年、ドラムンベースの進化は遂にダーティ (dirty)、或いは、アシッド (acid) と形容されるものに達している。アシッドの形容詞が示すものは幻覚作用ある音色であるが、ハウスやジャズのアシッドと同様に変調させるものもあれば、より重低音を目指すもの、前述のドリルンベース様であったりするものもある。




  1. ^ Jungle/Drum'n'Bass Significant Albums, Artists and Songs” (英語). オールミュージック. 2015年6月8日閲覧。
  2. ^ Video explains the world's most important 6-sec drum loop - YouTube
  3. ^ a b c d e f ukadapta ドラムンベースコラム2015年11月29日閲覧。
  4. ^ The Invisible Man”. Discogs. 2007年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月13日閲覧。
  5. ^ Steve Kent. “The history of drum and bass”. London News. 2007年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月13日閲覧。
  6. ^ Drum & Bass History”. Uploud. 2019年10月13日閲覧。
  7. ^ Ben Gilman. “A short history of Drum and Bass”. GLOBAL DARKNESS. 2019年10月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e f Murphy, Ben (2018年1月19日). “ドラムンベース サブジャンル A to Z”. RedBull.com. 2019年5月10日閲覧。
  9. ^ Jazzstep  (aka Jazz and Bass) - Music Genres - Rate Your Music”. 2021年2月4日閲覧。


「ドラムンベース」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラムンベース」の関連用語

ドラムンベースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドラムンベースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラムンベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS