ドラゴンボール超 ブロリー 登場キャラクター

ドラゴンボール超 ブロリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 04:36 UTC 版)

登場キャラクター

孫悟空
『ドラゴンボール』シリーズの主人公。地球育ちの脳天気で心優しいサイヤ人。力の大会でのジレンとの戦いに刺激され、更なる強さを極めるため、修行を続けている。道着がナメック星編の帯の結び目があり左胸と背中部分に「悟」の印が付いたものになっている。
今回の映画では、氷の大陸でのドラゴンボール捜索中にブロリーと遭遇する。
本編の39年前[注 2]に生まれる。幼少期に父親のバーダックにより地球に飛ばされたため、惑星ベジータ爆発後も生き残る。本名(サイヤ人としての名前)はカカロット。今作で初めて自分のことをカカロットと名乗った。
ベジータ
サイヤ人の王子で孫悟空の永遠のライバル。戦闘服が青から黒を基調としたものになっている。
本作ではこれまで漫画版『ドラゴンボール超』でのみ変身していた「超サイヤ人ゴッド」に変身する[10]
本編の41年前に生まれ、その当時から天才的な潜在能力を持つ。本作で本名が「ベジータ四世」であることが判明した[11]
幼少期にはラディッツと共にフリーザ軍の戦闘員として戦っている。
惑星ベジータ消滅時にはフリーザの集合命令を無視したナッパ、ラディッツと共に遠く離れた星にいたため生き残る。
悟空に勝つために修行を続けているが、復活したフリーザの潜在パワーに危険を感じている。なお幼少期時代にはのことを聞かれたが興味がない様子だった。
ブルマ
悟空の最初の仲間でベジータの妻。「5歳くらい若返る」という願いを叶えようとドラゴンボールを集めていた。
フリーザ
かつて悟空たちと戦った宇宙の帝王で悟空の宿敵。引退したコルド大王に軍の全権を委譲されて、フリーザ軍を統率していた[12]
力の大会で第7宇宙の優勝に貢献したためウイスによって生き返り、その後再びフリーザ軍を結成させ、今度こそ悟空に復讐しようとする。基本的に部下に対しては物腰柔らかく接しているが、ベリブルやレモの話によると、陰で自分の悪口を言っていたり、自分の気に障った部下を何人も「処罰」したことがある模様。
今回の映画では悟空を倒すためではなく、「身長を5センチ伸ばしたい」というを叶えるためにブルマが集めたドラゴンボールを奪い、とてつもない潜在能力を持つブロリーとベジータ一族に恨みを持つパラガスの復讐心を利用。ブロリーを悟空とベジータと戦わせ、ブロリーが持つ潜在パワーを引き出すため、クリリンを殺して悟空が超サイヤ人に覚醒したの時のようにパラガスを抹殺し、ブロリーを超サイヤ人に覚醒させる切っ掛けを作る。
過去の話では幼少期[13](第一形態)の姿で登場し、今と姿が異なっている。惑星ベジータを消滅させサイヤ人のほとんどを絶滅に追い込んだ理由について、『超』の「破壊神ビルス編」では「ビルスから惑星ベジータを消滅させるよう命じられていたため」となっているが、本作では「『超サイヤ人』および『超サイヤ人ゴッド』の出現を警戒したから」となっている。
長峯達也の語るフリーザの役どころは、「フリーザは劣勢な状況からどうやって上り詰めようかと考えている最中。フリーザ軍も復活、兄弟設定[注 3]もあるし今後も見逃せない存在になると思う」と話している[14]
ピッコロ
悟空の戦友のナメック星人。本作ではテレパシーで悟空のピンチに気づき、悟空たちが瞬間移動で逃げられるように待機し、2人のフュージョンに付き合う。
孫悟天
悟空の次男。今作では出番はほとんどなく、トランクスやピラフ一味と一緒にいた。
トランクス
ベジータとブルマの息子。ブルマたちにフリーザ一味がドラゴンボールとドラゴンレーダーを奪っていったことを伝える。
ビルス
第7宇宙の破壊神。地球のおいしい食べ物と昼寝が大好き。本作では悟空たちに同行するのを拒否したため、ブルマから娘のブラの世話を押し付けられる。その後、悟空たちが戦いに勝ったことを遠くで気付き、笑みを浮かべた。
ウイス
破壊神ビルスの従者である天使。主人と同様に地球のおいしい食べ物が好き。フリーザ一味が来ることを知り、面白そうと悟空たちに同行する。
バーダック
カカロット(悟空)とラディッツの父親。フリーザの企みに気づいた唯一のサイヤ人。カカロットを地球へ飛ばした後、自身はフリーザに立ち向かい、最後まで抵抗を見せた。本作での彼の性格や戦闘服のデザインは、1990年に放送された『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』とは異なっており、『DRAGON BALL - 放たれた運命の子供』のものがモデル[15]
自分にも人にも厳しい性格だが、他のサイヤ人の仲間たちから慕われている。カカロットを飛ばす理由について、「いつも闘いの中にいて、気まぐれで何かを救いたくなったのかもしれない」とギネに答えている。
ギネ
カカロット(悟空)とラディッツの母親。サイヤ人らしからぬ温厚な性格で、地球に飛ばされる幼いカカロットに涙を流し、滅びゆく惑星ベジータと運命を共にした。
本作がアニメ初登場。
ベジータ王
ベジータの父親で惑星ベジータの王。サイヤ人をこき使うコルド大王とフリーザを憎んでいる。
パラガスの息子のブロリーが自分の息子よりも高い潜在能力を持つことを知り、激怒する。
『小説版』にて本名が「ベジータ三世」であることが判明した[16]
『映画ノベライズみらい文庫版』では「ベジータ王三世」となっている[17]
コルド大王
フリーザの父親。圧倒的な戦闘力でサイヤ人を支配している。フリーザ軍の前身であるコルド軍を統率していた。
自分を超える戦闘力と冷酷さを持つ息子の誕生を喜び、自分の跡を継がせた[12][18]
フリーザ軍の部下
全員台詞こそないが、ドドリア、ザーボン、キュイ[19]ギニュー特戦隊が登場。さらに小さくタゴマ、アボ、カドなども登場している。
なお、ギニューは原作での姿はボディチェンジ後のものである[20]が、41年前には既に原作での姿になっている。
リーク
『DRAGON BALL - 放たれた運命の子供』に登場[21]したバーダックの相棒[22]。アニメ初登場となる本作で名前が判明した。
額に傷があり、髪は丸刈りの大人のサイヤ人。体格は細身のやせ型。バーダックの遠征に同行していた。
タロ
『DRAGON BALL - 放たれた運命の子供』に登場[21]したバーダックの古い戦友[23]。リークと同様、本作で名前が判明した。
バーダックに、フリーザが「超サイヤ人」について調べていることを伝える[24]
髪は角刈りのサイヤ人。本作がアニメ初登場。
『映画ノベライズみらい文庫版』には名前は出てこず仲間のひとりとして登場する。
バーダックの仲間
小さくトーマ、セリパ、パンブーキン、トテッポが登場している。
ナッパ
エリート階級出身の巨漢サイヤ人。フリーザ軍の戦闘員として戦っている。『たったひとりの最終決戦』同様惑星ベジータ消滅時(本編の36年前)は後の禿げ頭ではなく、髪が生えており若々しい。
惑星ベジータ爆発時にはベジータ、ラディッツと共に遠く離れた星にいたため生き残る。
『映画ノベライズみらい文庫版』には登場しない。
ラディッツ
カカロット(悟空)の兄であるサイヤ人の上級戦士[25]。惑星ベジータ消滅時(本編の36年前)にはまだ子供であり、ベジータ同様、幼少期からフリーザ軍の戦闘員として戦っている。
母のギネからカカロットが無事であることは聞いているが、下級戦士と判定された弟に関して何の興味も無い[26]
惑星ベジータ消滅時には、フリーザの集合命令を無視し、ベジータ、ナッパらと共に遠く離れた星にいたため生き残る。
『映画ノベライズみらい文庫版』では名前のみの登場。
ゴジータ
孫悟空とベジータの2人がフュージョンすることにより誕生した究極の合体戦士。本作では映画『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』には登場しなかった黒髪の通常状態や、青髪の超サイヤ人ブルーに変身した姿が登場する。劇場版としては23年ぶりの登場となる[27][28]
『復活のフュージョン!!』で悟空とベジータが初めて合体してゴジータになった時は名乗りはしなかったが、本作ではピッコロから名前を聞かれた際に「名前があった方がカッコいいかも」という理由で自ら「ゴジータ」と命名した。
ベクウ
孫悟空とベジータの2人がフュージョンに失敗した姿。太った状態と痩せた状態の2つのタイプが存在する。失敗後、再びフュージョンするために各30分ずつ待つことになった。ベクウの名前は『映画ノベライズみらい文庫版』のみ登場する。

ゲストキャラクター

ブロリー
本作のメインとなる敵キャラクター。過去に登場した劇場版作品と違い、性格や髪型などデザインも一新されている。
鳥山は昔と比べてあまり筋肉を全面に出したくないようなので、作画監督の新谷は「ブロリーの作画も鳥山先生らしいスマートな筋肉の感じを出せるように気をつけた」と語っている[29]。鳥山がデザインしたブロリーはアーマーを着ている状態までしか無かったため、ブロリーには昔の映画のイメージを強く持っており、なおかつ最後は裸になって暴れて欲しかったという新谷が、ブロリーのフルパワーだけは1からデザインを描いており、鳥山から「あまりマッチョにはしたくない」という要望があったため、大きくなりすぎない範囲で、なるべく大きく見せるよう心がけつつデザインされた[5]
パラガス
過去の劇場版作品にも登場したブロリーの父親。デザインが変更されており、41年前の若いときは見た目こそ近いが、着衣が異なり両目とも健在[注 4]。その後、バンパで暮らす41年の間に口髭以外の髭も伸びた白髪の老人になり[注 5]、左目は『熱戦・烈戦・超激戦』のパラガス同様、隻眼になっていた。
エリート階級出身のサイヤ人。階級は大佐[12]。大佐にまでなったベテランの戦士[30]だが、飛び抜けた戦闘力ではないので「大佐」の地位が出世の限界だった[30]
41年前の戦闘力が約4000[30]。フリーザ軍のチライとレモに発見された時点での戦闘力の数値は4200[32]
自分の息子の処遇に怒り狂ったことで宇宙船で惑星ベジータを飛び出し、小惑星バンパで追放されたブロリーと再会する。
ブロリーを最強の戦士へ育て上げてベジータ王に復讐しようと考えていたが、惑星ベジータが消滅しベジータ王もすでに死んでいたことを知り、怒りの矛先を息子であるベジータに向ける。
闘いの中、ブロリーのコントロールがきかなくなったことで身の危険を感じ、ブロリーが危険な存在となることを予見したベジータ王の言葉は正しかったと気付き狼狽する。最期はブロリーのさらなる戦闘力の進化を企むフリーザによって殺される。このパラガスの死がブロリーに深い悲しみと怒りを与え、超サイヤ人に覚醒させるきっかけとなった。
プロデューサーの林田は「ブロリーを必死に探していたときは親子愛に溢れていたが、ブロリーの力に気づいた瞬間にこれを利用して復讐をしようと思い立ち、むごたらしい父親になった」と語っている[33]
ベリブル
フリーザの世話役を務める老婆。小柄で太っており、青い肌に薄紫のボブカットの髪をしている[34]。世話役の身でありながらフリーザに対して臆することなく発言する[35]。いつでもフリーザの命令通り動けるように、宙に少し浮いている[34]
キコノ
コルド大王の時代から仕える、フリーザお付きの天才科学者であり参謀長[34]。黄色い肌で、頭に触角が生えている。戦闘力は皆無だが知識が豊富で頭が回る種族で、フリーザにとって役に立つ上に見ていて腹が立たないのでそばに置かれている[24]。本作の設定ではスカウター、アーマー、宇宙船なども彼の発明である(従来の作品では「スカウターはツフル人が発明した[36]ものを、フリーザ軍の優秀な技師であるギチャムが改造[37]したものであり、戦闘服や宇宙船もギチャムが発明した[37]」という設定だった。詳細は異星人の道具を参照)。
『DRAGON BALL - 放たれた運命の子供』にも登場している。
チライ
フリーザ軍の非戦闘員。緑色の肌をした女性宇宙人。銀河パトロールの宇宙船を盗んだことがバレて、追手から逃れるためにフリーザ軍に加入した。はすっぱな性格の不良少女[38]だが根は優しく、父親に利用されているブロリーを気にかけている。
チライが持つスカウターは戦闘力10万まで計測できて、それ以降は計測不能になる[39]
チライとレモは、鳥山によると「『ドラゴンボール』ではほとんどが闘うキャラばかりで個人的にちょっとウンザリしていたので、たまには闘わないキャラを活躍させたかった」ということで重要な位置付けのキャラクターとして作られた[40]。チライ、レモ共に鳥山のお気に入りのキャラクター[41][42]。また、チライは「そういえば最近かわいい女の子キャラを描いていないな」ということでデザインされた[40]
ブロリーのことを純粋で心優しい性格だと気付いており、ゴジータのかめはめ波でブロリーがとどめを刺されそうになった時に、神龍に「ブロリーを元いた星(惑星バンパ)に帰してやってくれ」と願った。その後はレモと共に惑星バンパに行きブロリーと暮らす。
レモ
フリーザ軍の非戦闘員。ニット帽をかぶり、オレンジ色の肌をした痩せた老人。コルド大王の時代から数十年所属している後方部隊の古参兵[38]。チライと行動しており、彼女のブレーキ役をすることが多い。フリーザ軍に長くいるため可哀想な子供たちの姿も多く見ており[38]、チライ同様ブロリーの境遇に同情するなど人情味がある。
鳥山は「こういう渋めのキャラが一番好き」と語っており、ベタな宇宙人風にデザインされている[40]
ビーツ
大人の男性サイヤ人。髪形は角刈りで、体格は細身のやせ型。非戦闘員(サイヤ人は戦闘力の数値の低い者は技術者になるか、「飛ばし子」として他の星に飛ばされる[25])。
職業は宇宙船の整備士。戦闘力の数値は920未満[43]で、大猿になったことはない。整備中の宇宙船に乗り込んできたパラガスと共に小惑星バンパに向かうが、パラガスによる強行着陸時に宇宙船が故障したことでバンパから脱出できなくなり、食料温存のためパラガスにより胸を貫かれて殺害される。
『映画ノベライズみらい文庫版』には登場しない。
モロコ、シトウ、ニオン[19]
ベジータ王城内部にある、エリートサイヤ人を育てるための特別養育施設[44]のスタッフたち。ニオンはアシスタントを務める[19]。戦闘力計測スキャナー[45]を用いて幼いブロリーの潜在能力を計測してベジータ王に見せた。
執事
ベジータ王に仕える小柄なサイヤ人男性。
ダイゲン[46]
宇宙船内の食堂でチライに声をかけたフリーザ軍戦士[46]。体格が良く自分の強さに自信があり、乗船している中で唯一のまともな戦闘員を名乗っているが、ブロリーには遠く及ばなかった。
本作通常パンフレットに名前と説明が記載されている。本編で名前は登場しない。
『小説版』、『映画ノベライズみらい文庫版』でも名前は記載されておらず戦闘員として登場する。
フリーザ軍兵士
フリーザの命令で、カプセルコーポレーションの研究室からブルマが集めたドラゴンボールとドラゴンレーダーを盗んだ2人組。ベジータたちに気づかれないように、わざと戦闘力の低い兵士が送り込まれた。
バア
ブロリーの戦闘の練習相手を務めていた小惑星バンパの原生生物。「バア」と鳴くことから、ブロリーはこの巨大生物をバアと名付けた[47]
黄緑色の体毛と大きな口が特徴。巨大宇宙船よりも大きい哺乳類[48]で、普段は顔や尻尾を隠し大地に潜んでいる。大ダニを主食とする。「敵から攻撃を回避するトレーニング」の練習相手としてブロリーと戦う内に仲良くなったが、それを快く思わなかったパラガスに光線銃で耳を切り落とされ、それ以降はブロリーとは二度と仲良くなってくれなかった。
今作のブロリーが身に着けている下半身の黄緑色の腰巻きはパラガスに落とされたこの巨大生物の耳の毛皮であり、事情を知る前のチライが脱がそうとした時、ブロリーは声を荒げていた。
大ダニ
小惑星バンパの全域に生息する巨大生物。鋭い牙を生やし、口から針状の管が飛び出す。バアの血が主食であり、大地に隠れているバアの体に管を突き刺して血を吸う。洞窟に数多く生息しており、そこにタマゴを産みつけている。足の殻の中身は苦いが、食べられなくはない。



注釈

  1. ^ 書籍によっては“数十年前”と記載されている[8]
  2. ^ 本編の41年前にベジータとブロリーが保育カプセルで育てられて、その5年後に悟空が地球に飛び立つ。本作の一部設定に使用されている鳥山明作『DRAGON BALL- 放たれた運命の子供』では、悟空は保育機(本作では保育カプセルという名称)で3年近く過ごしたと描写がある[9]ので本編の39年前に生まれたことになる。ただし本作『ドラゴンボール超 ブロリー』内では「3年」という具体的な描写はない。
  3. ^ 劇場版では、原作に登場しない兄のクウラが登場している。
  4. ^ 『小説版』では、41年前の時点で左目はすでに、以前の戦いで失っている[30]
  5. ^ 『小説版』では、サイヤ人は若い肉体のまま長い間生きる種族だが、それでも40年あまりの時は長かったと表現されている[31]
  6. ^ WebCM「ドラゴンボールZ×花王」より担当。
  7. ^ a b ドラゴンボール改』より担当。
  8. ^ ドラゴンボールヒーローズ』より担当。
  9. ^ 集英社・バードスタジオ・東映・東映アニメーション・20世紀フォックス映画・フジテレビ読売広告社バンダイナムコグループavex
  10. ^ 当初は2月末までの予定だったが、好評のため延長となった[142]
  11. ^ 松戸駅八柱駅五香駅くぬぎ山駅鎌ヶ谷大仏駅北習志野駅新津田沼駅
  12. ^ 同日に7駅分をセットにして先行販売したのち、2018年12月7日から各駅で販売。

出典

  1. ^ a b 2019年上半期邦画1位はコナン『紺青の拳』- 上半期邦画ランキング」シネマトゥデイ、2019年8月17日。
  2. ^ a b ヒプマイ、経済効果100億円超 『日本商品化権大賞』各部門賞発表でワンピース、DBなど”. オリコン (2020年1月23日). 2020年1月23日閲覧。
  3. ^ 映画『ドラゴンボール』正式タイトル決定 今作の敵は伝説のサイヤ人・ブロリー”. ORICON NEWS (2018年7月10日). 2018年7月20日閲覧。
  4. ^ 「龍珠通信」『週刊少年ジャンプ』2019年2号、12-13頁。
  5. ^ a b c d e f 「STAFF INTERVIEW 新谷直大 作画監督」『ドラゴンボール超ブロリー 超パンフレット』東映、2018年12月14日、27頁。
  6. ^ a b 鳥山明先生からのコメント”. ドラゴンボール超ブロリー. 2018年7月10日閲覧。
  7. ^ 「原作・脚本・キャラクターデザイン 鳥山明」『ドラゴンボール超ブロリー 超パンフレット』東映、2018年12月14日、2頁。
  8. ^ 「ドラゴンボール超 ブロリー STORY」『月刊Vジャンプ 2019年2月号』集英社、2018年12月21日、11頁。
  9. ^ 鳥山明「DRAGON BALL- 放たれた運命の子供」『銀河パトロール ジャコ』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年4月4日、240頁。ISBN 978-4-08-870892-8
  10. ^ ドラゴンボール超:劇場版新作「ブロリー」に超サイヤ人ゴッドの赤髪ベジータが初登場」まんたんウェブ、2018年7月24日。
  11. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、97頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  12. ^ a b c 「公開超直前総力特集!!!!」『最強ジャンプ2019年1月号ふろく ドラゴンボール超 最強BOOK!! 映画編』集英社、2018年12月1日、3 - 15頁。
  13. ^ 「ドラゴンボール」敵チーム声優が語る“悪役の心得” 中尾隆聖×島田敏×宝亀克寿【インタビュー】 3ページ目”. アニメ!アニメ! (2018年12月20日). 2020年1月5日閲覧。
  14. ^ “大ヒット公開中の『ドラゴンボール超 ブロリー』について監督・長峯達也「悟空が前へ進むためにブロリーは必要」【インタビュー】”. 超!アニメディア. (2018年12月19日). https://cho-animedia.jp/movie/70968/2/ 2018年12月19日閲覧。 
  15. ^ “『ドラゴンボール超 ブロリー』最新予告にバーダックが登場!”. シネマトゥデイ. (2018年10月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104067 2018年12月3日閲覧。 
  16. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、9頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  17. ^ 『ドラゴンボール超 ブロリー 映画ノベライズみらい文庫版』集英社みらい文庫、2018年12月14日、52頁。ISBN 978-4-08-321475-2
  18. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、11 - 12頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  19. ^ a b c 副音声より。
  20. ^ 「DB魂 『DB』博士への登竜門 Q&A CAPSULE」『月刊Vジャンプ 2005年2月号』集英社、2004年12月18日、187頁。
  21. ^ a b 鳥山明「DRAGON BALL- 放たれた運命の子供」『銀河パトロール ジャコ』集英社、2014年4月4日、233 - 236頁。ISBN 978-4-08-870892-8
  22. ^ 『キャラクター&パワーアップ大図鑑」『ドラゴンボール超ブロリー 通常パンフレット』東映、2018年12月14日、14頁。
  23. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、48頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  24. ^ a b 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、49頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  25. ^ a b 「鳥山明先生に聞いてみた! SS Q&A」『最強ジャンプ2018年1月号ふろく ドラゴンボールS サイヤ人超最強COMICS』集英社、2017年12月1日、116 - 119頁。
  26. ^ a b 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、61頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  27. ^ “『ドラゴンボール超 ブロリー』にゴジータ!超サイヤ人ブルーにも”. シネマトゥデイ. (2018年12月1日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105312 2018年12月3日閲覧。 
  28. ^ “映画『ドラゴンボール超 ブロリー』“ゴジータ”が登場するスペシャル映像&ビジュアルが解禁! IMAX鑑賞入場者特典も公開”. アニメイトタイムズ. (2018年11月30日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1543561760 2018年12月3日閲覧。 
  29. ^ a b c d DBMFL第24回は映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の作画監督 新谷直大さんにインタビュー!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年8月19日。
  30. ^ a b c d 日下部匡俊鳥山明「其之一 はじまりの話」『劇場版 ドラゴンボール超 ブロリー』集英社〈ジャンプ ジェイ ブックス〉、2018年12月19日、22-24頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  31. ^ 日下部匡俊鳥山明「其之三 フリーザ再び」『劇場版 ドラゴンボール超 ブロリー』集英社〈ジャンプ ジェイ ブックス〉、2018年12月19日、86-89頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  32. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、87頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  33. ^ 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』Blu-ray / DVD 特別限定版封入特典ブックレット、東映ビデオ株式会社、2019年6月5日、12頁。
  34. ^ a b c 『ドラゴンボール超 ブロリー 映画ノベライズみらい文庫版』集英社みらい文庫、2018年12月14日、23頁。ISBN 978-4-08-321475-2
  35. ^ キャラクター」ドラゴンボール超ブロリー。
  36. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「超豪華3大マル秘特集 鳥山明スペシャル 本邦初公開!!これが鳥山明メモだ!!」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』集英社、1989年10月18日、4 - 5頁。
  37. ^ a b 「鳥山明先生が語るスカウターの秘密!!」『最強ジャンプ』2014年7月号、集英社、28 - 29頁。
  38. ^ a b c d e DBMFL第22回は、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の制作を指揮する長峯監督にインタビュー!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年8月5日。
  39. ^ 『ドラゴンボール超 ブロリー 映画ノベライズみらい文庫版』集英社みらい文庫、2018年12月14日、39頁。ISBN 978-4-08-321475-2
  40. ^ a b c 鳥山明、とよたろう「とよたろうが聞く! 教えて鳥山明先生!!」『ドラゴンボール超 第8巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2018年12月4日、197頁。ISBN 978-4-08-881649-4
  41. ^ 『ドラゴンボール超 ブロリー アニメコミックス』集英社〈ジャンプ コミックス〉、2019年5月2日、358頁。ISBN 978-4-08-882002-6
  42. ^ 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』Blu-ray / DVD 特別限定版封入特典ブックレット、東映ビデオ株式会社、2019年6月5日、11頁。
  43. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、39頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  44. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、16頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  45. ^ 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』Blu-ray / DVD 特別限定版封入特典ブックレット、東映ビデオ株式会社、2019年6月5日、49頁。
  46. ^ a b 『キャラクター&パワーアップ大図鑑」『ドラゴンボール超ブロリー 通常パンフレット』東映、2018年12月14日、12頁。
  47. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、108頁。ISBN 978-4-08-703468-4
  48. ^ a b 『ドラゴンボール超ブロリー 通常パンフレット』東映、2018年12月14日、17頁。
  49. ^ 『ドラゴンボール超ブロリー 通常パンフレット』東映、2018年12月14日、16頁。
  50. ^ 「劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」ストーリー&キャラクター紹介」」『スポニチ ドラゴンボール超新聞』スポーツニッポン、2018年12月12日、10面。
  51. ^ 『ドラゴンボール超 ブロリー』映画主題歌は、三浦大知さんの「Blizzard」に決定! 三浦さんのコメントも公開”. アニメイトタイムズ (2018年10月25日). 2018年10月25日閲覧。
  52. ^ a b c d e f g 映画『ドラゴンボール超』情報を追いかける「ドラゴンボールムービーフロントライン」始動!第1回目は集英社DB室 室長の伊能昭夫に突撃!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年4月29日。
  53. ^ DBMFL第33回は、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の音楽を手がける住友紀人さんにインタビュー!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年10月21日。
  54. ^ a b c DBMFL第21回は、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のプロデューサー林田師博さんに直撃インタビュー!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年7月29日。
  55. ^ DBMFL第28回は、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のCG制作を担当する横尾裕次さん、牧野快さん、福長卓也さんにインタビュー!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年9月16日。
  56. ^ 今度の映画は『ドラゴンボール超』」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年3月13日。
  57. ^ 映画『ドラゴンボール超』正式タイトル決定」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年7月10日。
  58. ^ 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』Blu-ray / DVD 特別限定版封入特典ブックレット、東映ビデオ株式会社、2019年6月5日、9頁。
  59. ^ 【コミコン2018】鳥山先生に届け!「ドラゴンボール超」英語声優がファンと一緒に“元気玉””. 映画.com (2018年7月20日). 2018年7月20日閲覧。
  60. ^ 悟空&ベジータ英語声優も感激!『ドラゴンボール超 ブロリー』にコミコン熱狂!”. シネマトゥデイ (2018年7月20日). 2018年7月20日閲覧。
  61. ^ “ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『ドラゴンボール超 ブロリー』”. PRタイムズ. (2018年12月17日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001065.000011710.html 2018年12月17日閲覧。 
  62. ^ a b c d e 「ドラゴンボール超」TV・映画公式 [@DB_super2015] (17 December 2018). "映画『ドラゴンボール超ブロリー』ぶっちぎりNo.1の"超"ヒット・スタート" (ツイート). Twitterより2019年1月22日閲覧
  63. ^ “ドラゴンボール超 ブロリー:日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞受賞 「復活の『F』」に続き2作品連続”. まんたんウェブ. (2019年1月15日). https://mantan-web.jp/article/20190115dog00m200028000c.html 2019年1月15日閲覧。 
  64. ^ “ヒプマイ、経済効果100億円超 『日本商品化権大賞』各部門賞発表でワンピース、DBなど”. livedoorNEWS. (2020年1月23日). https://news.livedoor.com/article/detail/17707378/ 2020年1月24日閲覧。 
  65. ^ “『ドラゴンボール超 ブロリー』1位スタート!”. シネマトゥデイ. (2018年12月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105656.amp.html 2018年12月17日閲覧。 
  66. ^ “映画『ドラゴンボール超 ブロリー』動員数・興行収入No.1!!興収50億に向けて”超”ヒットスタート!!”. シネマトピックス. (2018年12月17日). http://www3.cinematopics.com/archives/100999 2018年12月17日閲覧。 
  67. ^ 全国週末興行成績:2019年1月19日~2019年1月20日(全国動員集計)興行通信社提供」映画.com、2019年1月21日。
  68. ^ 全国週末興行成績:2019年1月26日~2019年1月27日(全国動員集計)興行通信社提供」映画.com、2019年1月28日。
  69. ^ “『ドラゴンボール超 ブロリー』世界興行収入が1億ドル突破。今後もフランス、イタリアで続々公開予定”. 電撃オンライン. (2019年2月5日). http://dengekionline.com/elem/000/001/875/1875136/ 2019年2月5日閲覧。 
  70. ^ a b c d Dragon Ball Super:Broly」Box Office Mojo、2019年1月14日閲覧。
  71. ^ 1月13日時点の興行収入」Box Office Mojo、2019年1月22日閲覧。
  72. ^ a b c d e f ‘Aquaman’ Splashes Past $1B Worldwide; Now #2 DC Movie Ever – International Box Office」Deadline、2019年1月13日。
  73. ^ 1月20日時点の興行収入」Box Office Mojo、2019年1月22日閲覧。
  74. ^ 野沢雅子「東京五輪の聖火は悟空が灯したい!」 映画「ドラゴンボール超」が約90か国で公開」スポーツ報知、2018年12月15日。
  75. ^ 【数土直志の「月刊アニメビジネス」】「ドラゴンボール超 ブロリー」の世界ヒットを支えた中南米の人気」アニメハック(映画.com)、2019年3月27日。
  76. ^ ロサンゼルスで開催された、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ハリウッドプレミアをレポート!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年12月18日。
  77. ^ Dragon Ball Super: Broly Film is 1st Anime to Screen in IMAX in U.S.Anime News Network、2019年1月9日。
  78. ^ Akira Toriyama's "Dragon Ball Super: Broly" Opens Tomorrow January 16 For Its Highly Anticipated North American Theatrical Run」PR Newswire、2019年1月16日。
  79. ^ DRAGON BALL SUPER: BROLY Earns Staggering $7 Million on First Day」BroadwayWorld、2019年1月17日。
  80. ^ ‘Dragon Ball Super: Broly’ Sets Wednesday Aflame With $7M+ Opening」Deadline、2019年1月17日。
  81. ^ ドラゴンボール超 ブロリー:北米のデーリーランキング1位 日本アニメで今世紀初の快挙!」まんたんウェブ、2019年1月18日。
  82. ^ Daily Box Office 1月17日ランキング」Box Office Mojo、2019年1月22日閲覧。
  83. ^ 「ドラゴンボール超」米国5日間興収が23億円、ジブリ作品全てを超える」アニメーションビジネス・ジャーナル、2019年1月21日。
  84. ^ United States of America dailyend Box Office」BoxOfficeMojo、2019年2月27日閲覧。
  85. ^ タイでの興行収入」Box Office Mojo、2019年1月7日閲覧。
  86. ^ マレーシアでの興行収入」Box Office Mojo、2019年1月7日閲覧。
  87. ^ a b 『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開24日間で累計動員260万人、興行収入33億円を突破」電撃オンライン、2019年1月7日。
  88. ^ Dragon Ball Super: Broly se torna a maior estreia da franquia no Brasil」Omelete、2019年1月4日。
  89. ^ DRAGON BALL SUPER: BROLY QUEBRA RECORDE DE BILHETERIA EM ESTREIA NO BRASIL」IGN Brasil、2019年1月4日。
  90. ^ Dragon Ball Super Broly é o filme japonês mais visto no Brasil」AdoroCinema、2019年1月11日。
  91. ^ Perto do milhão! “Dragon Ball Super: Broly” leva mais de 930 mil pessoas aos cinemas」JBox、2019年1月15日。
  92. ^ Dragon Ball Super Broly bate marca de 1 milhão de espectadores no Brasil」AdoroCinema、2019年1月16日。
  93. ^ BRAZIL Weekend Box Office」BoxOfficeMojo、2019年1月31日閲覧。
  94. ^ DDragon Ball Super: Broly derrotó a Avengers: Infinity War y logra récord de ventas de medianoche en el Perú」RPP、2019年1月10日。
  95. ^ Dragon Ball Super: Broly destrona a Asu Mare 2 y Star Wars con exitosas cifras de pre-ventas en Perú」RPP、2019年1月10日。
  96. ^ "Dragon Ball Super: Broly": se convierte en el segundo mejor estreno del cine peruano」El Comercio、2019年1月12日。
  97. ^ “Dragon Ball Super: Broly” ya superó el millón de espectadores en Perú | VIDEO」Diario Trome、2019年1月21日。
  98. ^ Argentina: “Dragon Ball Super: Broly” se impone en la taquilla」Ultracine、2019年1月11日。
  99. ^ Argentina: Super fin de semana para “Dragon Ball Super: Broly”」Ultracine、2019年1月14日
  100. ^ Argentina: Medio millón de espectadores para “Dragon Ball Super: Broly”」Ultracine、2019年1月17日。
  101. ^ Dragon Ball Super: Broly bate récord en Bolivia: es la cinta animada con el mejor estreno en la historia」EL DEBER、2019年1月11日。
  102. ^ Bolivia: “Dragon Ball Super: Broly” casi 100.000 espectadores en una semana」Ultracine、2019年1月17日。
  103. ^ Paraguay: “Dragon Ball Super: Broly” debuta en primer lugar」Ultracine、2019年1月11日。
  104. ^ En un día se agotan las 100 mil tarjetas del metro de Dragon Ball Super: Broly」Tarreo、2019年1月11日。
  105. ^ La Película Dragon Ball Super: Broly es el Mejor Segundo Estreno en Perú」Kancha、2019年1月11日。
  106. ^ Dragon Ball: Super Broly ya es la película más exitosa de la saga en Chile」Mouse、2019年1月15日。
  107. ^ Uruguay: “Dragon Ball Super: Broly” a la cabeza」Ultracine、2019年1月11日。
  108. ^ Colombia Box Office January 10–13, 2019」Box Office Mojo、2019年1月15日閲覧。
  109. ^ La película‘Dragon Ball le gana a ‘Acuaman’ en espectadores en las salas de cine」LaRepública、2019年1月14日。
  110. ^ Dragon Ball Super: Broly se convierte en la película japonesa más vista de la historia en Colombia」Caracol Televisión、2019年1月14日。
  111. ^ Dragon Ball Super: Broly rompe record en Puerto Rico」La Chica Gamer、2019年1月12日。
  112. ^ a b c 『ドラゴンボール超 ブロリー』北米デイリーランキングNo.1!日本アニメ映画がアメリカで1位を獲得したのは『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』以来20年ぶりアニメイトタイムズ、2019年1月18日。
  113. ^ エクアドルの興行収入」Box Office Mojo、2019年1月22日閲覧。
  114. ^ ‘Dragón Ball Super: Broly’ peleará por una taquilla de 95mdp」Forbes Mexico、2019年1月10日。
  115. ^ Dragon Ball Super Broly la número 1 en taquilla mexicana; más de 2 millones de espectadores」Manga México、2019年1月14日。
  116. ^ “Dragon Ball Super: Broly” lidera la taquilla en México」López Dóriga Digital、2019年1月14日。
  117. ^ メキシコ興行収入ランキング Taquilla del 18 al 20 de enero del 2019」Canacine、2019年1月22日閲覧。
  118. ^ Dragon Ball Super: Broly U.K. and Ireland Box Office」Anime News Network、2019年1月28日。
  119. ^ Dragon Ball Super: Broly Beats Your Name at UK Box Office」Anime UK News、2019年1月28日。
  120. ^ Dragon Ball Super: Broly descends on cinemas across Australia and New Zealand, January 24 2019」Asian Movie Pulse、2018年10月12日。
  121. ^ Clint Eastwood Returns! Clint Eastwood's latest film, The Mule took $1.90 million to top the Australian weekend box office charts on its opening.」Numero、2019年1月28日。
  122. ^ numeroboxofficeのツイート(1089676352251260928)
  123. ^ Doragon bôru chô: Burorî」boxofficenl .net、2019年1月30日閲覧。
  124. ^ NETHERLANDS Weekend Box Office」BoxOfficeMojo、2019年2月28日閲覧。
  125. ^ KAZÉ: »Dragon Ball Super: Broly« erfolgreich gestartet」Anime2You Media Network、2019年1月30日。
  126. ^ SPAIN Weekend Box Office」BoxOfficeMojo、2019年2月27日閲覧。
  127. ^ SOUTH KOREA Weekend Box Office」BoxOfficeMojo、2019年2月28日閲覧。
  128. ^ Dragon Ball Super: Broly è un successo al Box-Office Italia」CINEMATOGRAPHE.IT、2019年3月1日。
  129. ^ BOX OFFICE ITALIA – DRAGON BALL SUPER: BROLY SEMPRE IN TESTA」Screenweek.it BLOG、2019年3月2日。
  130. ^ BOX OFFICE ITALIA: GREEN BOOK TORNA IN TESTA DI SABATO」Screenweek.it BLOG、2019年3月3日。
  131. ^ BOX OFFICE – DRAGON BALL VINCE IN ITALIA, DRAGON TRAINER PRIMO IN AMERICA」Screenweek.it BLOG、2019年3月4日。
  132. ^ a b FRANCE Weekend Box Office」BoxOfficeMojo、2019年4月4日閲覧。
  133. ^ GKIDS Launches Animation Is Film Beijing」CartoonBrew、2019年4月1日。
  134. ^ 《龙珠超:布罗利》定档5月24日 鸟山明亲自操刀」新浪娱乐、2019年4月28日。
  135. ^ 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』予告編映像が解禁」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2018年7月20日。
  136. ^ “ドラゴンボール超 ブロリー:BD、DVDが6月5日発売 限定版にワールドプレミアの模様収録”. まんたんウェブ. (2019年3月4日). https://mantan-web.jp/article/20190303dog00m200031000c.html 2019年3月4日閲覧。 
  137. ^ “ブロリーの視点でバトルを体感!「ドラゴンボール超」ブロリー版4DX上映が決定”. 映画ナタリー. (2019年1月8日). https://natalie.mu/eiga/news/315161 2019年1月8日閲覧。 
  138. ^ ドラゴンボール劇場版20作記念企画始動!」ドラゴンボールオフィシャルサイト、2017年12月16日。
  139. ^ 梅田のドラゴンボール巨大3D迷宮が「ブロリーの陣」に変身だ! 「ドラゴンボール」映画新作公開目前で」ウォーカープラス、2018年11月22日。
  140. ^ 野沢雅子も感激!『ドラゴンボール超 ブロリー』武道館プレミアに声優陣集結」シネマトゥデイ、2018年11月14日。
  141. ^ ドラゴンボール 超悟空伝公式サイト」2019年2月1日閲覧。
  142. ^ 「ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー電車(トレイン)」の運行期間延長(〜3/22)”. 新京成電鉄 (2019年2月25日). 2019年2月25日閲覧。
  143. ^ 「ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー電車(トレイン)」の運行開始(11/26〜)”. 新京成電鉄 (2018年11月19日). 2018年11月21日閲覧。
  144. ^ 「ドラゴンボール超 ブロリー公開記念乗車券」の発売(12/6〜)”. 新京成電鉄 (2018年11月28日). 2018年11月29日閲覧。
  145. ^ ドラゴンボールマンチョコ、売り上げ700万個の陰に「飽きさせない工夫」」ITmedia ビジネスオンライン、2019年3月1日。
  146. ^ ドラゴンボール超 ブロリー 超研究”. フジテレビ. 2019年1月9日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラゴンボール超 ブロリー」の関連用語

ドラゴンボール超 ブロリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドラゴンボール超 ブロリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボール超 ブロリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS