トリガイ 養殖

トリガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 23:24 UTC 版)

養殖

京都府では全国に先駆け、トリガイの養殖に取り組んできた。舞鶴湾若狭湾はもともとトリガイの好漁場であったが、京都府立海洋センターが、稚貝を人工孵化させ、アンスラサイトという底質を敷いたコンテナに有る程度育った稚貝を入れて海中に吊り下げるという方法を開発した。こうして天敵タコやヒトデから守られて育てられたトリガイは天然物より大きく育ち、安定した供給が可能となった。京都で育成された養殖トリガイは「丹後とり貝」という地域ブランド名を与えられ、高級食材として出荷されている。[1][2][3]

参考文献

外部リンク




「トリガイ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トリガイ」の関連用語

トリガイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トリガイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトリガイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS