トランスフォーマー (2007年の映画) 地上波放送履歴

トランスフォーマー (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 14:29 UTC 版)

地上波放送履歴

回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 吹き替え版 視聴率
1 フジテレビ 土曜プレミアム 2009年6月20日 21:00 - 23:55 175分 劇場公開版 15.3%
2 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2011年7月24日 21:00 - 23:24 144分 劇場公開版 13.2%
3 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2013年1月20日 21:00 - 23:24 144分 劇場公開版 13.1%
4 日本テレビ 金曜ロードSHOW! 2014年8月8日 21:00 - 23:24 144分 劇場公開版 11.0%
5 フジテレビ 土曜プレミアム 2018年7月14日 21:00 -23:10 130分 劇場公開版 6.6%
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

Blu-ray・HD DVD・DVD

2007年12月19日パラマウントよりHD DVD版とDVD版の2フォーマットをリリース。2009年5月22日にはBlu-ray Disc版をリリース。

  • Blu-ray・HD DVD
    • トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション ※2枚組/通常版[28]
※ Blu-ray版では日本公開当時に販売されていたパンフレットの縮小復刻版が同封されている。
※ Blu-ray版ではHD DVD同様インタラクティブ機能を収録した他、Blu-ray版だけの特典BD Liveも収録。
  • DVD
    • トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション ※2枚組/通常版[29]
    • トランスフォーマー オプティマスプライムBOX ※2枚組/10,000BOX限定販売

2007年当時、パラマウントがHD DVD支持を表明し、映画『トランスフォーマー』のBlu-ray Disc版を発売しないと発表したことについて、同作品のマイケル・ベイ監督が自身のブログでパラマウントを厳しく批判し、その後謝罪する騒ぎがあった[30]。その後、Blu-rayとHD DVDのフォーマット戦争(規格争い)が終わり、Blu-rayへと規格統一された事により、2009年にBlu-ray版も発売された。

DVD版のオプティマス・プライムBOX[31]は、予約の時点で完売という事態が起きた。

派生作品

トランスフォーマービギニング

TRANSFORMERS BEGINNINGS』。ウォルマート限定のDVD特典として収録された短編映像作品。ストーリーはIDWコミックをベースとした本編以前の前日譚で、コミックイラストに音声をあてたヴィジュアルボイスドラマとなっている。

キャスト

  • オプティマス・プライム(声:ピーター・カレン)
  • メガトロン(声:フランク・ウェルカー
  • バンブルビー(声:マーク・ライアン)
  • スタースクリーム(声:パトリック・ハラハン)
  • ブラックアウト(声:ブライアン・ステパネック)
  • シモンズ捜査官(声:ブライアン・ステパネック)
  • ロン・ウィトウィッキー(声:ケビン・ダン)
  • ウィトウィッキー長官(声:パトリック・ヴィアル)
  • セクター7捜査官ボールド(声:ハロルド・ヘイズJr.)

スタッフ

  • 製作総指揮:マーク・ハーゾク、デビット・プライア
  • 製作:ジョシュア・フォスター
  • 脚本:シモン・ファーマン、クリス・ライヤル
  • 作画:ドン・フィゲロア
  • 彩色:ジョシュ・バーチマン

玩具

トランスフォーマーシリーズは玩具シリーズを軸にメディアミックスを行ってきたシリーズであり、玩具は単なるキャラクターグッズに留まらない「原案」として位置づけられてきた[32]。本作の場合は映画主導で作品やキャラクターデザインが作られているものの[16][33][3]、変形可能な玩具の商品化はこれまで通りトランスフォーマーシリーズの玩具展開に携わってきたタカラトミーハズブロが参加しており、映画公開に先駆けての[3]2007年6月2日[34]を皮切りに順次発売された。映画の主要キャラクターの他にも、劇中では端役扱いであったキャラクターや、映画に登場しない玩具独自のキャラクター[35]、関連作品「トランスフォーマー THE GAME」に登場するキャラクターなども商品化されている。

トランスフォーマーシリーズにおいて、玩具化を前提としていないデザインに基づく商品化は本作が初であり[33][注 6]、さらにはハリウッドから僅かな資料しか渡されなかったため[3]、各キャラクターの姿は劇中のものを再現しつつも[16][34]、変形構造についてはオリジナルのスタイルで制作するという形で制作された[3]。玩具化にあたっては複雑な変形構造を採用しつつも、「オートモーフ」機構と称する、劇中の変形をイメージして[4]複数のパーツが連動して変形する機構が主要キャラクターの玩具に組み込まれており、映画版第1作の玩具シリーズを特徴付けるギミックとなっている[3][34][36]

玩具CMのナレーションは政宗一成が起用されている。政宗はアニメ第1作をはじめ、多くのトランスフォーマーシリーズのCMでナレーションを担当しており[37]、当時の視聴者に強い印象を残した人物であった[37]

映画関連玩具を含めたトランスフォーマー玩具の売り上げは日本国内で前年比5.5倍となり、アメリカでも「クリスマスに欲しい玩具ランキング」の男児部門で1位を獲得するなど好評を博し[38]、需要に対して供給が間に合わなくなるほどの反響があったという[39]。タカラトミーにとって映画の玩具がこれほど売れたという前例はなく、公開期間が数週間しかない映像作品がどれほど売れるのかという点については半信半疑でもあったとしている[39]。一方、あまりにも本作の玩具の売れ行きが好調であったことは、他のトランスフォーマーシリーズ作品にも影響を及ぼしている。同時期から準備が進められていた『トランスフォーマー アニメイテッド』の展開は、それ自体は比較的好調であったにも関わらず、本作の玩具展開に注力するという判断から縮小を余儀なくされたという[40]

IDナンバー 名前 原語名前 ビークルモード
アイテムモード
ビーストモード
映画&ビデオゲームに登場? サイズ
オートボット(Autobots)
MA-01 オプティマスプライム Optimus Prime ピータービルト379 Reader
MA-02 ラチェット Racthet ハマー・H2 Voyager
MA-03 バンブルビー Bumblebee 1976 シボレー・カマロ Deluxe
MA-04 ジャズ Jazz ポンティアック・ソルスティス Deluxe
MA-05 プロトフォーム オプティマス Protoform Optimus 流星 Deluxe
MA-06 スパイショット6 Spy-Shot 6 デジタルカメラ × Basic
MA-07 スピードダイヤル800 Speed-Dial 800 携帯電話 × Basic
MA-08 ロングビュー Longview 双眼鏡 × Basic
MA-09 アイアンハイド Ironhide GMC・トップキック C4500 Voyager
MA-10 ニューバンブルビー New Bumblebee 2009 シボレー・カマロ Deluxe
MA-11 アーシー Acree 2006 ビューエル ファイアーボルト XB12R × Deluxe
MA-12 ハイスコア100 High-Score 100 ゲームコンソール コントローラー × Deluxe
MA-13 ツインブラスター オプティマス Twin-Blaster Optimus ピータービルト379 Voyager
MA-14 ファイナルバトル ジャズ Final Battle Jazz ポンティアック・ソルスティス Deluxe
MA-15 ロングアーム Long-Arm フォード F-350 Deluxe
MA-16 レスキューラチェット Rescue Racthet ハマー・H2 Voyager
MA-17 ナイトビート7 Nightbeat 7 MP3プレーヤー × Basic
MA-18 ナイトウオッチ オプティマス Night-Watch Optimus ピータービルト379 Reader
MA-19 ランドマイン Landmine アサルトバギー × Deluxe
MA-20 ブラック アーシー Black Acree 2006 ビューエル ファイアーボルト XB12R × Deluxe
MA-21 バトルモード オプティマス Battle Mode Optimus ピータービルト379 Reader
MA-22 バトルモード バンブルビー Battle Mode Bumblebee 2009 シボレー・カマロ Deluxe
ディセプティコン(Decepticons)
MD-01 ブラックアウト Blackout MH-53航空機 Voyager
MD-02 バリケード&フレンジー Barricade & Frenzy サリーン・S281(バリケード)
フロントグリル(フレンジー)
Deluxe
MD-03 ブロウル Brawl M1エイブラムス Deluxe
MD-04 スコルポノック Scorponok サソリ Deluxe
MD-05 プロトフォーム スタースクリーム Protoform Starscream 流星 Deluxe
MD-06 パワーアップVT6 Power-Up VT6 携帯型ゲーム機 × Basic
MD-07 メガトロン Megatron エイリアンジェット Reader
MD-08 スタースクリーム Starscream F-22戦闘機 Voyager
MD-09 ボーンクラッシャー Bonecrusher バッファロー地雷除去車 Deluxe
MD-10 レッケージ Wreckage ストライカー装甲車 × Deluxe
MD-11 スウィンドル Swindle シボレー・コバルト Deluxe
MD-12 ブースターX10 Booster X10 MP3プレーヤー × Basic
MD-13 ズームアウト25X Zoom-Out 25X カムコーダ × Basic
MD-14 フローズン メガトロン Frozen Megatron エイリアンジェット Voyager
MD-15 ドレッドウイング Dreadwing MIG-29航空機 Deluxe
MD-16 ミーンタイム Meantime デジタル式の腕時計 × Basic
MD-17 ペイロード Payload ブルドッグII Deluxe
MD-18 ドロップキック Dropkick シボレー・シルバラード Deluxe
MD-19 サンダークラッカー Thundercracker F-22戦闘機 × Voyager
MD-20 リーコン バリケード&フレンジー Recon Barricade & Frenzy サリーン・S281(バリケード)
フロントグリル(フレンジー)
Deluxe
MD-21 ワイアータップV20 Wire-Tap V20 携帯電話 × Basic
MD-22 インシネレーター Incinerator V-22航空機 × Voyager
MD-23 ストッケード Stockade キャデラック・エスカレード × Deluxe

小説

アラン・ディーン・フォスターにより、映画の内容を基にしたノベライズ版、および映画版の設定に準拠した前日譚『ゴースト・オブ・イエスタデイ』が小説として出版されており、日本では早川書房ハヤカワ文庫〉から日本語訳版が出版されている。

  • 『トランスフォーマー ゴースト・オブ・イエスタデイ』、金子司訳、2007年7月15日発行(2007年7月6日発売[41])、ISBN 978-4-15-011621-7
  • 『トランスフォーマー』、中原尚哉訳、2007年7月15日発行(2007年7月6日発売[42])、ISBN 978-4-15-011622-4

ゲーム




注釈

  1. ^ 「Their War, Our World...(彼らの戦場、選ばれたのは地球)」のキャッチコピーは、本来は04年に公開された『エイリアンVSプレデター』で使われるはずだった。
  2. ^ 玩具関係の資料では、ケンワースW900トレーラートラックであるとされることが多い[3][4][5]。撮影に用いた車両は古い型の中古車両で、外装を大幅に改造した上で用いられている[6]
  3. ^ 本編でオプティマスには「My first lieutenant(私の副官)」と紹介されているが、字幕では将軍、吹き替え版では将校と意訳されている。
  4. ^ 本作には実物のM1エイブラムスも登場している(カタール基地の襲撃シーン他)が、ブロウルの変形する戦車として撮影で使用されたものはM1エイブラムスを元にデザインされたオリジナル車両で、大型トラックや建設機械のシャーシと走行装置を用いて製作されたプロップ車両であり、実在していない[14]
    なお、この車両は2005年公開(日本では劇場未公開)の『トリプルX_ネクスト・レベル(xXx: State of the Union)』に登場する「ステルス戦車(Stealth Tank)」として製作されたプロップに改造を加えたものである[15]
  5. ^ タカラトミーの玩具開発スタッフによれば、デバステーター→ブロウル→デバステーターと二転三転したという[16]
  6. ^ ただし、玩具化が予定されつつも映像作品のデザインが先行した作品としては『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』などの前例がある。

出典

  1. ^ a b c Transformers (2007)”. Box Office Mojo. 2009年10月10日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2007年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 「トランスフォーマーでわかったタカラトミーの技術力」『モノ・マガジン』第26巻第12号(通巻564号)、ワールドフォトプレス、2007年7月、 190-191頁、 雑誌 28751-7/2、EAN/JAN 4910287510771-00590。
  4. ^ a b 電撃ホビーマガジン2007年9月号、260頁。
  5. ^ ULTIMATE GUIDE、6頁。
  6. ^ スペシャル・コレクターズ・エディション、Disc2、§オートボット 出動、該当時間8分20秒-9分31秒。
  7. ^ スペシャル・コレクターズ・エディション、Disc2、§オートボット出動、該当時間1分54秒-2分32秒。
  8. ^ フォスター & 中原 2007, p. 100
  9. ^ フォスター & 中原 2007, p. 104
  10. ^ フォスター & 中原 2007, p. 20
  11. ^ スペシャル・コレクターズ・エディション、Disc2、§オートボット 出動、該当時間6分7秒-7分3秒。
  12. ^ フォスター & 中原 2007, p. 349
  13. ^ スペシャル・コレクターズ・エディション、Disc2、§ディセプティコン 襲来、該当時間11分16秒-11分37秒。
  14. ^ Internet Movie Firearms Database>Transformers_(2007)>Talk:Transformers(2007)>2.8Devastator/Brawl
  15. ^ Internet Movie Firearms Database>XXX: State of the Union>6 Other>6.7 Stealth Tank
  16. ^ a b c d ULTIMATE GUIDE、16頁。
  17. ^ スペシャル・コレクターズ・エディション、Disc2、§ディセプティコン 襲来、該当時間9分31秒-10分28秒。
  18. ^ “マイケル・ベイ監督、本当は「トランスフォーマー」を撮りたくなかった!?”. 映画ニュース (映画.com). (2007年7月24日). https://eiga.com/news/20070724/1/ 2010年12月9日閲覧。 
  19. ^ スペシャル・コレクターズ・エディション、Disc2、§物語の始まり、該当時間1分57秒-3分4秒。
  20. ^ スペシャル・コレクターズ・エディション、Disc2、§ロボットの起源、該当時間4分32秒-5分16秒。
  21. ^ 電撃ホビーマガジン2007年9月号、256頁。
  22. ^ 世界で活躍するクリエイターに訊く、日本のコンテンツの真価”. Variety Japan (2007年11月12日). 2008年1月28日閲覧。
  23. ^ 河森正治 (2007). “『トランスフォーマー』特別仕様!”. ぴあ (2007年8月16日号): 15頁. 
  24. ^ マイケル・ベイ『トランスフォーマー 映画プログラム』東宝(株)出版・商品事業室、2007年8月4日、6頁。
  25. ^ 「PRODUCTION NOTES ACT 5 トランスフォーマーに命を吹き込む」『トランスフォーマー 映画プログラム』東宝(株)出版・商品事業室、2007年8月4日、23頁。
  26. ^ 大坂直樹 (2007). “次はガンダムか? ハリウッド映画化へ動き出す日本アニメ”. 週刊東洋経済 (2007年9月8日号): 106-108頁. 
  27. ^ シボレー・カマロを20代の若者が最も多く購入している理由とは?” (日本語). clicccar.com(クリッカー) (2018年11月25日). 2019年6月25日閲覧。
  28. ^ トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション / Transformers special collector's edition [Blu-ray / パラマウント ジャパン]”. paramount.nbcuni.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  29. ^ トランスフォーマー  スペシャル・コレクターズ・エディション / Transformers special collector's edition [DVD / パラマウント ジャパン]”. paramount.nbcuni.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  30. ^ “「トランスフォーマー」HD DVDオンリーにベイ監督激怒……一転謝罪”. ITmedia News (ITmedia). (2007年8月22日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/22/news075.html 2010年6月9日閲覧。 
  31. ^ 北米市場ではターゲットという量販店で限定販売された。
  32. ^ 「THE TRANSFORMERS 20周年大特集」『フィギュア王』No.82通巻509号、ワールドフォトプレス、2004年11月、 30頁、 ISBN 4-8465-2509-0
  33. ^ a b 電撃ホビーマガジン2007年9月号、265頁。
  34. ^ a b c 岩村拓也 (2007年5月24日). “実写映画と連動 - 「トランスフォーマー」の新作玩具が130カ国で同時発売”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). https://news.mynavi.jp/news/2007/05/24/016/index.html 2010年6月8日閲覧。 
  35. ^ 電撃ホビーマガジン2007年9月号、261頁。
  36. ^ 電撃ホビーマガジン2007年9月号、264頁。
  37. ^ a b 政宗一成 (2009年6月8日) (SWF). トランスフォーマー ナレーター 政宗一成氏のコメント. (インタビュー). Yahoo!動画 タカラトミーチャンネル.. オリジナルの2009-06-09時点におけるアーカイブ。. https://b.hatena.ne.jp/entry/ch.yahoo.co.jp/takaratomy/index.php?itemid=10 2010年6月8日閲覧。 
  38. ^ “2008年3月期中間決算説明会” (PDF) (プレスリリース), タカラトミー, (2007年11月20日), p. 13頁, https://www.takaratomy.co.jp/company/financial/pdf/setsumeikai/08_setsumei_chukan.pdf 2010年6月8日閲覧。 
  39. ^ a b 「特集 トランスフォーマー2010」『フィギュア王』No.144通巻804号、ワールドフォトプレス、2010年2月、 28頁、 ISBN 978-4-8465-2804-1
  40. ^ 『トランスフォーマージェネレーション2010』ミリオン出版、2010年11月24日、93頁。ISBN 978-4-8130-2130-8
  41. ^ 書籍詳細 トランスフォーマー ゴースト・オブ・イエスタデイ”. ハヤカワ・オンライン. 早川書房. 2010年6月15日閲覧。
  42. ^ 書籍詳細 トランスフォーマー”. ハヤカワ・オンライン. 早川書房. 2010年6月15日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トランスフォーマー (2007年の映画)」の関連用語

トランスフォーマー (2007年の映画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トランスフォーマー (2007年の映画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランスフォーマー (2007年の映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS