デモ活動 アメリカ合衆国

デモ活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/16 02:45 UTC 版)

アメリカ合衆国

ワシントン大行進

1963年8月28日ワシントンD.C.で行われた人種差別撤廃をアピールするデモ行進。ワシントン大行進の項を参照のこと。

15ドルのための闘い

アメリカ合衆国では、ファーストフード店の労働者らが最低賃金の引き上げを求める大規模デモを2014年9月に計画した[26]。その大規模デモは、150以上の都市で行われ、マクドナルドバーガーキングピザハットなどの労働者は、連帯して最低賃金を時給15米ドルまで上げるよう求めていた。この継続的な一連のデモは「15ドルのための闘い」と題し、大きな動きとなった。

これらのデモ活動が、政治に影響力を与え始めた。アメリカ合衆国連邦政府が定める最低賃金は、時給7ドル25セント(2015年時点)であるが、各州が独自に設定もできる(アメリカはが一国相当)。ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモとその諮問機関が、最低賃金を15ドルまで引き上げることに賛同して以来、ニューヨーク州では15ドル水準の最低賃金が現実味を帯びてきている[27]。ニューヨーク州が動けば残りの州も追随するだろうとクオモは語る。バーニー・サンダースは、2020年までに国内全域で最低賃金を15ドルと定める法案を連邦議会に提出しており、マーチン・オマリーも最低賃金引き上げ支持を表明している[27]

人々による熱心なデモの成果が出た。2016年4月上旬、アンドリュー・クオモはニューヨーク市とその周辺地域の最低賃金を時給15ドルに引き上げるための法案に署名した。ほぼ同時期に、カリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンはカリフォルニア州の最低賃金を、現状の時給10ドルから2023年までに時給15ドルに引き上げる法案に署名した[28]。ブラウンは以下のように語る―「この法案は経済的正義のためであり、人々のためであり(資本主義経済下では自然と格差が拡大し)、アンバランスが生じるシステムにいくらかのバランスを与えるための処置だ。今日は重要な日であるが(最低賃金を15ドルにしても、貧困などの問題への解決にはまだ遠いのであり)、これからさらに前進するための重要な第一歩でしかない。前進し続けよう。我々は立ち止まってはいられない」[28]

#NeverAgain

2018年2月14日フロリダ州マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で銃乱射事件が発生すると、同校の生徒を中心に銃規制を訴える行動が盛んになった。2018年3月24日、生徒達がワシントンD.C.で企画した銃規制要求デモは、数十万人が集結するという全米でも近年まれにみる規模となり、アトランタボストンシカゴシンシナティダラスヒューストンロサンゼルスマイアミミネアポリスナッシュビルシアトルなど各都市へも波及した[29]

新型コロナウイルス

2020年3月、2019新型コロナウイルスの感染が拡大すると、全米各地では州政府や自治体が外出禁止令ロックアウトを行使して感染の封じ込めが行われた。これに対して経済的に困窮した住民らが、各地で経済活動の再開を求めるデモ活動を起こした[30][31]


  1. ^ 広辞苑』(第六版) 岩波書店。 
  2. ^ 青島幸男はこれに抗するために、国会議事堂前で「民主主義の敵、金丸を許すな」と書いたプラカードを掲げて、独り座り込みを続けた事がある
  3. ^ 破壊活動防止法(昭和二十七年七月二十一日法律第二百四十号)
  4. ^ 人事院規則一四—七(政治的行為)(昭和二十四年九月十九日人事院規則一四—七)
  5. ^ 自衛隊法施行令(昭和二十九年六月三十日政令第百七十九号)
  6. ^ 日本国憲法の改正手続に関する法律(平成十九年五月十八日法律第五十一号)
  7. ^ 国立公園集団施設地区等管理規則(昭和二十八年十月二日厚生省令第四十九号)
  8. ^ 国民公園、千鳥ケ淵戦没者墓苑並びに戦後強制抑留及び引揚死没者慰霊碑苑地管理規則(昭和三十四年五月六日厚生省令第十三号)
  9. ^ 米よこせデモ コトバンク
  10. ^ 「団塊世代の戦後史」p247,三浦展,2007年
  11. ^ 「団塊世代の戦後史」p274,三浦展,2007年
  12. ^ 「団塊世代の戦後史」p249,三浦展,2007年
  13. ^ 「団塊世代の戦後史」p251,三浦展,2007年
  14. ^ 「団塊世代の戦後史」p253,三浦展,2007年
  15. ^ 「団塊世代の戦後史」p273,三浦展,2007年
  16. ^ 「再稼働反対」叫ぶ20万人の洪水 機動隊車両が官邸突入防ぐ 田中龍作ジャーナル2012年6月30日
  17. ^ 再稼動ノーだ / 官邸前 空前 しんぶん赤旗2012年6月30日
  18. ^ なお、催しにもよるが、主催者発表というのは実数より多く公称されることがある。もっとも、「6・11脱原発100万人アクション」と銘打ち全国に呼びかけられていたこの日のデモは、各地で他の脱原発デモも行われたため、総参加者数はさらに増え、合わせて7万9千人とも伝えられた。またこの前後にも4月10日に高円寺で1万5千人、9月19日に明治公園で6万人規模の脱原発デモが行われた。なお諸外国では数万人規模のデモも頻繁に起こる。例えばイタリアジェノヴァサミットの時に起きた時は25万人の参加者が居た。福島第一原発事故に際しても、ドイツではベルリンなど国内4都市合計で25万人が参加した。『朝日新聞ドイツで反原発25万人デモ 福島事故受け「停止を」 2011年3月26日23時37分
  19. ^ 震災3カ月、各地で脱原発デモ 福島・新宿・フランス… asahi.com(2011年6月11日23時47分)
  20. ^ 大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ asahi.com(2011年9月19日22時41分)
  21. ^ 6・11脱原発デモ、48%が初参加 ネット・口コミ7割 asahi.com(2011年10月19日12時2分)
  22. ^ さよなら原発「17万人」集う 酷暑の中 最大規模”. 東京新聞 (2012年7月17日). 2013年9月8日閲覧。
  23. ^ 激化する「排外」デモ。新大久保で「反排外主義」のカウンターデモと激突 週刊SPA!
  24. ^ 「在日は帰れ!」「レイシストは帰れ!」4.21新大久保反韓デモとそのカウンターを直撃取材1/5(全5ページ)エキサイトレビュー
  25. ^ 1995年、「ネーション・オブ・イスラム」の呼びかけによりワシントンD.C.に100万人の黒人が集結した例がある。いわゆる「100万人大行進」。
  26. ^ Fast food workers plan biggest US strike to date over minimum wage Dominic Rushe、ガーディアン2014年9月2日経済面
  27. ^ a b The rapid success of Fight for $15: 'This is a trend that cannot be stopped'S. Greenhouse、ガーディアンアメリカ関連面2015年7月24日
  28. ^ a b California and New York sign into law bill raising minimum wage to $15-an-hour A. Justice, International Business Times, 5 Apr 2016
  29. ^ 米首都、高校生の呼び掛けで数十万人が銃規制要求デモ 過去数十年で最大”. AFP (2018年3月25日). 2018年6月17日閲覧。
  30. ^ 米各地で外出制限に抗議デモ、ミシガンではトランプ氏支持の右派集結”. AFP (2020年4月17日). 2020年4月22日閲覧。
  31. ^ 自宅待機命令への抗議デモ、参加者に医療従事者が対峙”. CNN (2020年4月21日). 2020年4月22日閲覧。
  32. ^ 【コラム】葛藤と分裂の大韓民国”. 朝鮮日報 (2018年11月18日). 2018年11月20日閲覧。
  33. ^ フランス史上最大のデモ行進 「今日、パリは世界の首都になる」”. HUFFPOST (2015年1月11日). 2018年12月15日閲覧。
  34. ^ 警官が火だるまに。フランス大統領選の反対デモが暴徒化 「どちらも選びたくない」”. HUFFPOST (2017年5月1日). 2018年12月15日閲覧。
  35. ^ 100万人カタルーニャ独立要求”. 産経新聞 (2018年9月12日). 2019年10月27日閲覧。
  36. ^ バルセロナ、5日目の抗議デモに50万人 衝突激化 ゼネストも”. AFP (2019年10月19日). 2019年10月27日閲覧。
  37. ^ バルセロナで大規模デモ、35万人が平穏に行進 急進派のデモでは警察と衝突”. AFP (2019年10月27日). 2019年10月27日閲覧。


「デモ活動」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デモ活動」の関連用語

デモ活動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デモ活動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデモ活動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS