テロリズム 対応

テロリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 00:03 UTC 版)

対応

ビル・クリントンは、テロリズムを終息させるのは《国家を超えた共通の人類意識》であり、経済的に苦しむ国々に援助の手をさしのべない限り米国は永遠にテロリズムと戦い続けることになる、と2002年にカリフォルニア大学バークレー校での講演した時に指摘した[50]。先進国の人はいわゆる「グローバル経済」や「テクノロジー・ブーム」などが世界の状況になっているかのような幻想を抱いて浮かれているが、実際には世界の大半の人々にとってはそのような恩恵は届いておらず[50]発展途上国では経済破綻や医療制度の不備が起き、人々は絶望感の中で生きており、世界人口の半数の人にとっては1日の生活費が2ドル未満しかなく、3年以内に1億人の人がエイズ・ウイルスに感染すると予想される状態の恐怖に苦しんでいる、というのが実際の状況であり[50]、これがテロ組織を生む温床になっている[50]。テロリズム対策として、発展途上国再建プランが必要だと、ビル・クリントンは指摘し[50]、より具体的には次のようなものを挙げた。

  • 最貧国に対する債務免除の継続[50]
  • 経済状態が厳しい地域での小規模ビジネス向け資金貸付のしくみの強化[50]
  • 発展途上国での医療インフラの整備[50]

また、(しばしば先進国の政権は目先のことにとらわれて行動を選択してしまうが)長い目で見れば、(テロリズムとの)戦争という形で金を使うよりも、(苦境の中で)政権を樹立しようとしている政府を支援・援助することにお金を使ったほうが、少ないお金で済む、ともクリントンは指摘した[50]。例えば、アフガニスタンで戦争をするとなると1ヵ月あたり10億ドルものお金を使ってしまっているのである。お金というのは、そんな愚かなやり方で使うべきではなく、発展途上国の再建・支援に使えば、はるかに効果的に良い結果が生み出せるのである[50]

ラテンアメリカ地域研究が専門の国際政治経済学者・富田与は(いくつもあるテロリズムのタイプの中から)、地位と力の両面で劣位な主体が優位な主体に要求を拒否され続けている場合の対抗策のひとつとして用いられているタイプに着目し、そのタイプのテロリズムは、ちょうど誘拐犯が「人質」を交渉資源として交渉を進めようとする状況と似ていると(アナロジーで)考え、分析し、対策についても論じた[51]。民主主義国家とテロリズムの対話はステイタスにおいて拒否されるが「人質」解放のためには不可欠であり矛盾している。そのため国家が積極的なテロ対策をとった場合にしばしば民主主義が制約を受ける[51]。特にタカ派は「テロリストとは交渉せず」の姿勢を貫くが、これは対症療法に過ぎない。誘拐・篭城・爆破といった目の前の問題を解決は出来ても活動の沈静化には繋がらない。構成員を排除し、あるいは逮捕収監して組織を壊滅させたところで、組織の掲げる思想主張に共鳴する市民は残り、それが新たな集団の形成につながる。

国立国会図書館の清水隆雄はテロリズム対策として(各国で法的に)行われているものとして、次のものを挙げた。

テロリストは敵対国に潜入すると、ターゲットを慎重に調査すると言われていることから、主要各国の治安機関は、テロリストの潜入、テロ準備活動、ターゲット調査活動などの捕捉に努めている。国家にとっての「テロとの闘い」の実態は、テロ計画の存在を早期に捕捉できるか、すり抜けられてしまうかの熾烈な情報戦と言える。各国の治安機関は、テロリストの摘発に一定の効果を上げているとされるが、すべての計画を阻止できるわけではない。また、テロリストの多くは、爆発物の取り扱い方・戦闘訓練など、高度な軍事訓練を受けていることから[53]、多くの国でテロリストによる非正規戦犯罪に対抗する専門部隊として対テロ部隊が組織されている。通常は警察組織の中に組織されているが、国によっては軍の特殊部隊が対テロ任務に当たることもある[54]

方策については専門家ごと、立場ごとに見解がそれなりに分かれている。例を挙げれば以下のようなものがある。

  • 絶望の原因を解消する。貧困に苦しむ地域に援助の手を差し伸べる。医療が無い地域の人々のために医療制度を整える。
  • 政治プロセス(合意プロセス)を改善し、戦争をするのではなく、対話を促す。先進国の富裕層に、他の人々の苦境・実情を理解させる。

先進国の政権を握る者がしばしば示す見解としては、

  • 「テロリストに利益を与えない」(ゲームの手段としての無効性を立証し続ける)
  • 「テロリストを特定し、監視・管理・排除する」(テロリスト(個人・集団・組織)を特定し、行動を監視・管理し、あるいは排除する)
  • 「被害の拡大を最小限度に管理する」(物理力(武具)を管理・監視する、危機管理区域を設定し、テロリストの接近を排除する)

全ての政府政権行政)が自国民市民に対して必要最低限度の生活レベルを保証できれば、経済を背景としたテロは発生しづらい。

土居靖美によると、米国によるテロへのアプローチは刑罰法のレトリックに近いという。すなわち「対テロ戦争」の目的はテロリストの組織網を途絶させ、裁判法廷へ犯罪人を連れ出すことになるというのである[55]

日本

日本では警察当局により“極左暴力集団”及び右翼団体による「テロ、ゲリラ」事件の未然防圧と各種違法事案の取締りが為されている[56]。また財務省は国際テロ資金の凍結に関する国連安保理決議に基づき資産凍結措置を実施している。

懸念・批判

国家によるテロ対策への懸念・批判には、テロ対策が公務執行型テロリズムとなり、過剰暴力や非合法活動の正当化に使われている(テロ撲滅のためには多少の付随的な犠牲が出るのはやむを得ないという主張)との批判もある。具体的には公務執行型テロリズムに伴う一般市民への誤射・誤爆などである。

またパレスチナ問題におけるイスラエル軍の攻撃、北部イラク・クルド人自治区クルド人へのトルコの攻撃、バスク地方及びETAへのスペインの態度、チェチェン共和国独立派へのロシアの態度、北アイルランド問題もカウンターテロリズムを用いた過剰暴力の正当化、もしくはカウンターテロリズムを大義名分にした体制側テロリズム・公務執行型テロリズムの例とされることがある[† 5]


法令文

  1. ^ 「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律[25]」第一条
    この法律において「公衆等脅迫目的の犯罪行為」とは、公衆又は国若しくは地方公共団体若しくは外国政府等(外国の政府若しくは地方公共団体又は条約その他の国際約束により設立された国際機関をいう。)を脅迫する目的をもって行われる犯罪行為であって、次の各号のいずれかに該当するものをいう。

    一 人を殺害し、若しくは凶器の使用その他人の身体に重大な危害を及ぼす方法によりその身体を傷害し、又は人を略取し、若しくは誘拐し、若しくは人質にする行為

    イ 航行中の航空機を墜落させ、転覆させ、若しくは覆没させ、又はその航行に危険を生じさせる行為
    ロ 航行中の船舶を沈没させ、若しくは転覆させ、又はその航行に危険を生じさせる行為
    ハ 暴行若しくは脅迫を用い、又はその他の方法により人を抵抗不能の状態に陥れて、航行中の航空機若しくは船舶を強取し、又はほしいままにその運航を支配する行為
    ニ 爆発物を爆発させ、放火し、又はその他の方法により、航空機若しくは船舶を破壊し、その他これに重大な損傷を与える行為

    三 爆発物を爆発させ、放火し、又はその他次に掲げるものに重大な危害を及ぼす方法により、これを破壊し、その他これに重大な損傷を与える行為

    イ 電車、自動車その他の人若しくは物の運送に用いる車両であって、公用若しくは公衆の利用に供するもの又はその運行の用に供する施設
    ロ 道路、公園、駅その他の公衆の利用に供する施設
    ハ 電気若しくはガスを供給するための施設、水道施設若しくは下水道施設又は電気通信を行うための施設であって、公用又は公衆の利用に供するもの
    ニ 石油、可燃性天然ガス、石炭又は核燃料である物質若しくはその原料となる物質を生産し、精製その他の燃料とするための処理をし、輸送し、又は貯蔵するための施設
    ホ 建造物(イからニまでに該当するものを除く。)
  2. ^ 「警察庁組織令[26]」第39条
    国際テロリズム対策課においては、次の事務をつかさどる。

    1 外国人又はその活動の本拠が外国に在る日本人によるテロリズム(広く恐怖又は不安を抱かせることによりその目的を達成することを意図して行われる政治上その他の主義主張に基づく暴力主義的破壊活動をいう。) に関する警備情報の収集、整理その他これらの活動に関する警備情報に関すること。

  3. ^ 「自衛隊法[27]」第81条の2第1項
    内閣総理大臣は、本邦内にある次に掲げる施設又は施設及び区域において、政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で多数の人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊する行為が行われるおそれがあり、かつ、その被害を防止するため特別の必要があると認める場合には、当該施設又は施設及び区域の警護のため部隊等の出動を命ずることができる。

    一 自衛隊の施設

    二 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定第二条第一項の施設及び区域(同協定第二十五条の合同委員会において自衛隊の部隊等が警護を行うこととされたものに限る。)

  4. ^ 「特定秘密の保護に関する法律[28]」第12条2項
    一 特定有害活動(公になっていない情報のうちその漏えいが我が国の安全保障に支障を与えるおそれがあるものを取得するための活動、核兵器、軍用の化学製剤若しくは細菌製剤若しくはこれらの散布のための装置若しくはこれらを運搬することができるロケット若しくは無人航空機又はこれらの開発、製造、使用若しくは貯蔵のために用いられるおそれが特に大きいと認められる物を輸出し、又は輸入するための活動その他の活動であって、外国の利益を図る目的で行われ、かつ、我が国及び国民の安全を著しく害し、又は害するおそれのあるものをいう。別表第三号において同じ。)及びテロリズム(政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう。同表第四号において同じ。)との関係に関する事項(評価対象者の家族(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。以下この号において同じ。)、父母、子及び兄弟姉妹並びにこれらの者以外の配偶者の父母及び子をいう。以下この号において同じ。)及び同居人(家族を除く。)の氏名、生年月日、国籍(過去に有していた国籍を含む。)及び住所を含む。)

注釈

  1. ^ cf. 「警護出動
  2. ^ 「テロ」という表現を含んでいないが、恐怖政治は印刷されている百科事典の記事で必ず言及される、古くからある、古典的なテロリズムのひとつであり、間違いなくテロリズムの一種である。
  3. ^ この中核概念については、テロ対策を考える会による『〈テロ対策〉入門 遍在する危機への対処法』(宮坂直史責任編集、亜紀書房、2006年7月、ISBN 978-4-7505-0608-119頁で述べられたものである。
  4. ^ これなども、意図的に一般市民を狙い殺害することで、韓国国民を恫喝することを目的している。これは、いわゆる「戦争」(軍隊 対 軍隊の戦闘)ではない。あきらかにテロリズム的に行っている。やっている側が、明らかに「戦争」をすることを目的としておらず、意図的に、計算づくで韓国国民を脅すこと行っており、それによって政治的な目的を達成できると冷徹に計算した上で行っている。
  5. ^ イスラエルの人権団体「ベツェレム」の調査では、2006年中のパレスチナとイスラエルの犠牲者数の比率は660対23。パトリック・オコナーによると、2000年以来の累計では39対10であった[要出典]。このような調査結果から、「イスラエルの武力行使は過剰で非人道的である」という批判がなされる[誰?]

出典

  1. ^ テロ』 - コトバンク
  2. ^ a b c 『日本大百科全書』(ニッポニカ)【テロリズム】
  3. ^ a b c コトバンク
  4. ^ a b c d e Terrorism”. Encyclopædia Britannica. p. 3. 2006年8月11日閲覧。
  5. ^ Online Etymology Dictionary”. Etymonline.com (1979年10月20日). 2009年8月10日閲覧。
  6. ^ Kim Campbell (2001年9月27日). “When is 'terrorist' a subjective term?”. Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/2001/0927/p16s2-wogi.html 2010年1月11日閲覧. "New York Times columnist William Safire wrote that the word "terrorist" has its roots in the Latin terrere, which means "to frighten"." 
  7. ^ テロリズムとは何か』、50頁。
  8. ^ a b c Geoffrey Nunberg (2001年10月28日). “Head Games / It All Started with Robespierre / "Terrorism": The history of a very frightening word”. San Francisco Chronicle. http://articles.sfgate.com/2001-10-28/opinion/17622543_1_terrorism-robespierre-la-terreur 2010年1月11日閲覧. "For the next 150 years the word "terrorism" led a double life – a justifiable political strategy to some an abomination to others" 
  9. ^ Record, Jeffrey (2003年12月). “Bounding the Global War on Terrorism”. Strategic Studies Institute (SSI). 2009年11月11日閲覧。 “The views expressed in this report are those of the author and do not necessarily reflect the official policy or position of the Department of the Army, the Department of Defense, or the U.S. Government. This report is cleared for public release; distribution is unlimited.”
  10. ^ Schmid, Alex, and Jongman, Albert. Political Terrorism: A New Guide to Actors, Authors, Concepts, Data bases, Theories and Literature, Amsterdam ; New York : North-Holland ; New Brunswick: Transaction Books, 1988.
  11. ^ a b c Inside Terrorism”. The New York Times. 2014年5月4日閲覧。. Hoffman, Bruce (1998). Inside Terrorism. Columbia University Press. ISBN 0-231-11468-0 
  12. ^ Elysa Gardner (2008年12月25日). “Harold Pinter: Theater's singular voice falls silent”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/theater/news/2008-12-25-pinter_N.htm 2010年1月11日閲覧. "In 2004, he earned the prestigious Wilfred Owen prize for a series of poems opposing the war in Iraq. In his acceptance speech, Pinter described the war as "a bandit act, an act of blatant state terrorism, demonstrating absolute contempt for the concept of international law"." 
  13. ^ テロリスト・ワールド』、11頁。
  14. ^ 波多野祐造「国際政治における「危機」(Crisis)の概念 : 国際テロに関する一考察」『白鴎大学論集』第16巻第2号、白鴎大学、2002年3月、 1-16頁、 ISSN 0913-7661
  15. ^ UN Reform”. United Nations (2005年3月21日). 2007年4月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月11日閲覧。 “The second part of the report, entitled "Freedom from Fear backs the definition of terrorism–an issue so divisive agreement on it has long eluded the world community–as any action "intended to cause death or serious bodily harm to civilians or non-combatants with the purpose of intimidating a population or compelling a government or an international organization to do or abstain from doing any act"”
  16. ^ 自衛隊の対テロ戦
  17. ^ テロ防止関連諸条約の締結,外務省
  18. ^ FBI (1998年). “TERRORISM 1998 - FBI”. 2016年8月6日閲覧。
  19. ^ 平野美惠子、土屋恵司、中川かおり (2003年). “米国愛国者法(反テロ法)(下)”. 外国の立法 215(2003.2). 国立国会図書館. 2016年8月6日閲覧。
  20. ^ 28 CFR 0.85 'Terrorism includes the unlawful use of force and violence against persons or property to intimidate or coerce a government, the civilian population, or any segment thereof, in furtherance of political or social objectives.' 及び Hearings on Domestic Security Measures Relating to Terrorism Before the Subcommitee on Civil and Consitutional Right of Committee on Judiciary, House of Representatives, 98th Congress, February 8 and 9.Jury.1984. pp.16.
  21. ^ a b 井樋三枝子 (2006年). “9・11同時多発テロ事件以後の米国におけるテロリズム対策”. 外国の立法 228(2006.5). 国立国会図書館. 2016-0806閲覧。
  22. ^ 22 U.S. Code § 2656f(d)抜粋 'the term “terrorist group” means any group practicing, or which has significant subgroups which practice, international terrorism'
  23. ^ U.S. Department of State. “Foreign Terrorist Organizations”. 2016年8月6日閲覧。
  24. ^ 合衆国法典第8編第1182条 8 U.S.C. § 1182
  25. ^ 公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律 - e-Gov法令検索
  26. ^ 警察庁組織令 第五章 - e-Gov法令検索
  27. ^ 自衛隊法 - e-Gov法令検索
  28. ^ 特定秘密の保護に関する法律 - e-Gov法令検索
  29. ^ 北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる』、73頁。
  30. ^ 第156回 国会 本会議議事録
  31. ^ 第168回国会 衆議院 拉致問題委員会決議 - 米国の「北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除」の動きに反対する決議
  32. ^ “拉致のテロ認定、法的には難しい 外相、家族会と面会”. 朝日新聞. (2003年3月12日). http://www.asahi.com/special/abductees/TKY200303120250.html 2010年12月30日閲覧。 
  33. ^ 日本を貶める人々』、39頁。
  34. ^ 東京の窓から世界を』、59頁。
  35. ^ “スリーパーセル”. 政経電論. https://seikeidenron.jp/vocabulary/%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%ab 2019年12月30日閲覧。 
  36. ^ ライアン, マイク『ヴィジュアル版 世界の特殊部隊―戦術・歴史・戦略・武器』原書房、2004年。ISBN 978-4562037278
  37. ^ リック・コールサート (2004年9月). “アナーキストのテロに揺れた世紀末”. ル・モンド・ディプロマティーク. http://www.diplo.jp/articles04/0409-2.html 2008年5月20日閲覧。 
  38. ^ 清水隆雄『テロリズムの定義-国際犯罪化への試み』(PDF)国立国会図書館調査及び立法考査局、2005年。
  39. ^ テロリスト・ワールド』、32頁。
  40. ^ テロリズムとは何か』、50頁。
  41. ^ テロリズム(ゲイロー&セナ)』、10頁。
  42. ^ 野口裕之 (2011年5月9日). “野口裕之の安全保障読本「テロリストに捕虜資格はない」”. 産経新聞 
  43. ^ a b c d e NHK BS世界のドキュメンタリー「NSA 国家安全保障局の内幕」第一回(2014年7月15日放送・同年8月17日再放送)・第二回(2014年7月16日放送・同年8月17日再放送)・最終回(2014年7月17日放送・同年8月17日再放送)。
  44. ^ “特集:9・11テロから10年 戦いの終わり見えず”. 毎日新聞 毎日jp. (2011年9月6日). http://mainichi.jp/select/world/america/archive/news/2011/09/06/20110906ddm010030010000c.html 2011年9月14日閲覧。 [リンク切れ]
  45. ^ 米同時多発テロから10年 「ホームグロウン・テロ」という新たな脅威が誕生しています”. FNNニュースネットワーク. 2011年9月14日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ BBC 「イラン革命防衛隊の司令官、米軍の空爆で死亡 バグダッド到着後」
  47. ^ イラン、米軍を「テロリスト」に指定トルコ国営放送2020年1月7日
  48. ^ a b NHK BS1 キャッチ!世界のトップニュース。2020年1月8日 8時放送。
  49. ^ a b オウムと9.11[要ページ番号]
  50. ^ a b c d e f g h i j Brad King (2002年2月4日). “クリントン前大統領:テロリズムを終息させるのは「共通の人類意識」”. WIRED (Wired.jp). http://wired.jp/2002/02/04/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E5%89%8D%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%EF%BC%9A%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E7%B5%82%E6%81%AF%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%AE/ 2014年8月30日閲覧。 
  51. ^ a b 富田与「テロリズムに関する「人質モデル」について」『四日市大学論集』第18巻第1号、四日市大学、2005年9月1日、 147-175頁、 doi:10.24584/jyu.18.1_147
  52. ^ 清水隆雄「テロリズムとその対策 - 国際社会の取組み (PDF) 」 『「外国の立法」III テロリズム対策 1 アンチテロリズムとカウンターテロリズム』第228号、国立国会図書館調査及び立法考査局、2006年5月、 5-23頁、 ISSN 0433096XNAID 40007365137
  53. ^ 第5回 テロとは、何か?:株式会社日立システムズ”. 2019年8月11日閲覧。
  54. ^ 野神明人『ミリタリー用語辞典』新紀元社、2019年9月20日、p.184、pp.214-215、ISBN 978-4-7753-1756-3
  55. ^ 土居靖美「アメリカにおけるテロリズム対応の論理」『憲法論叢』第10巻、関西憲法研究会、2003年12月20日、 39-51(43)、 doi:10.20691/houseiken.10.0_39
  56. ^ 警察庁 (2004年1月14日). “警察白書のあらまし 組織犯罪との闘い”. 官報資料版 平成16年1月14日. 首相官邸. 2008年4月9日閲覧。






テロリズムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テロリズムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テロリズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテロリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS