ツツジ 関連文化

ツツジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 20:46 UTC 版)

関連文化

尾形光琳『躑躅図』、18世紀。

ツツジ類の材はとても緻密であり、細工物などにも利用される。

日本で言うところのツツジやサツキは、公園道路分離帯などの植え込みにしばしば見られる。日本では長い栽培の歴史を持ち、早くから育種も進んだ。例えば林昌寺泉南市)や塩船観音寺青梅市)の庭園は、美しいツツジで有名である。

この他には根津神社旧古河庭園神代植物公園(以上東京都)安養院等覚院、三河屋蓬莱園、小田急山のホテル、花の木公園 (以上神奈川県) 姫の沢公園小室山公園(以上静岡県)つつじが岡公園、赤城山新坂平、湯の丸高原(以上群馬県)美し森(長野県) 八方ヶ原那須高原(以上栃木県)など、各地に名所がある。

「ツツジ色」(アザレア)という色もある。これはツツジの花のような鮮やかな赤紫色(「躑躅燃ゆ」と形容される)をさす。赤紫は次に挙げるような色である。

名前 漢字・英語 同色・混同色
#CD4187 アザレア azalea 躑躅色
#FF3399 アザレアピンク azalea pink 躑躅色

俳句・短歌(和歌)

「ツツジ」は俳句における春の季語でもある。また「躑躅花」(つつじばな)は、短歌(和歌)における枕詞としても使用される。この場合は「花のように美しい君」という意味から「にほふ」や「にほえをとめ」にかかる。

  • 躑躅いけて 其陰に干鱈(ひだら) さく女 - 松尾芭蕉[7]
  • …つつじ花 にほえ娘子(をとめご) 桜花 栄え娘子… - 柿本人麻呂[8]

書物

元禄5年(1692年)に伊藤伊兵衛により刊行された『錦繍枕』は世界最古のツツジ、サツキ専門書である。

音楽

  • 『躑躅(つつじ)』 地歌箏曲) - 佐山検校作曲(元禄の頃、世界で初めてツツジの専門書『錦繍枕』を刊行(元禄5年(1692年))した伊藤伊兵衛と同時代に江戸で活躍した音楽家・佐山検校(元禄7年(1694年)没)による長歌もの地歌曲で、歌詞中にツツジが22品種詠み込まれている)

  1. ^ Rhododendron Tropicos
  2. ^ 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:シャクナゲ類厚生労働省
  3. ^ 雑草・鳥獣害防止対策農林水産省
  4. ^ 日本のレッドデータ検索システム「Rhododendron」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2013年4月21日閲覧。
  5. ^ 静岡県の花「ツツジ」制定経緯”. 静岡県 (1965年9月21日). 2013年4月21日閲覧。
  6. ^ 福岡県のシンボル”. 福岡県 (1966年9月5日). 2013年4月21日閲覧。
  7. ^ 『泊船集』より
  8. ^ 万葉集』より






ツツジと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ツツジ」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||


6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ツツジのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ツツジのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツツジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS