チャレンジャー号爆発事故 調査

チャレンジャー号爆発事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 08:45 UTC 版)

調査

事故の余波の中で、NASAはメディアに対する公開性の欠如を批判された。ニューヨーク・タイムズは事故の翌日「打ち上げ責任者のジェイ・グリーンをはじめ、管制室にいた誰一人に対しても、宇宙機関はマスコミの取材を認めなかった」と報じた[32]。信頼できる情報源がなかったため、マスコミには様々な憶測が流れた。ニューヨーク・タイムズやUPI通信社は共に外部燃料タンクに生じた問題が事故を招いたと示唆したが、実際にはNASAの内部調査は早い段階から固体燃料補助ロケットに注目していた[33][34]。宇宙評論家ウィリアム・ハーウッド(William Harwood)は、「宇宙機関は調査の詳細について厳格な秘密保持に拘っているが、これは長らくその公開性を誇ってきた機関にしては似つかわしくないことだ」と記した[33]

ロジャース委員会

ケネディ宇宙センターに到着したロジャース委員会の委員たち

この惨事を調査するべく「スペースシャトルチャレンジャー号事故調査大統領委員会」、通称ロジャース委員会en)(名称は委員長の名に因む)が組織された。メンバーは委員長ウィリアム・P・ロジャース(en)、副委員長ニール・アームストロング、他にデヴィッド・エイクソン、ユージン・コヴァート、リチャード・ファインマン、ロバート・ホッツ、ドナルド・クティナ(en)、サリー・ライド(en)、ロバート・ランメル、ジョセフ・サッター、アーサー・ウォーカー、アルバート・ホウィーロン、そしてチャック・イェーガーだった。委員会は数か月間に亘り活動し、所見を報告書として発表した。それによれば、チャレンジャー号の事故原因は右側固体燃料補助ロケット接合部を密閉するOリングの不具合であり、同所から漏出した高温ガスと最終的には炎がOリングおよび隣接する外部燃料タンクに対して「ブロー・バイ(blow-by)」を起こし、構造的な破壊を生じたと結論づけた。Oリングの不具合は設計不良によるもので、事故当日の朝のような低温などによって容易に機能不全に陥り得た[35]

さらに広範に、報告書は事故に繋がった根本原因についても検討した。最も突出した要因は、NASAとサイオコール社が共に、接合部の設計不良が及ぼす危険に対して適切に対処しなかったことだった。彼らは接続部の設計を見直すどころか、その程度の危険は許容範囲内であると規定したのである。報告書によれば、マーシャル宇宙飛行センターの幹部たちはすでに1977年の段階で欠陥について知っていたが、問題をサイオコール社との間だけに留めて決して外には出さなかった。これはNASAの規定に対する明白な違反だったのみならず、この欠陥が如何に深刻なものかが明らかになった後でさえ、欠陥を修正するまでシャトルの飛行を差し止めようと考える者はマーシャルには誰一人として存在しなかった。それどころか、マーシャルの幹部は過去6度にもわたってOリングに関連する打ち上げトラブルを起こし、その都度問題を握り潰していた[36]。また報告書は、チャレンジャー号の打ち上げを決行するに至った意志決定過程にも深刻な瑕疵(かし)があったとして強く批判した[37]

…意思疎通の失敗…が 51-L の打ち上げを決行するという判断に繋がったが、それは以下の要素から生じた。不完全かつ時に誤解を招く情報、技術的データと運用判断の間の衝突、そして飛行の安全性に関わる内部的な問題がシャトル運用の責任者たちを素通りしてしまうことを許すNASAの管理構造[38]

委員会のメンバーの中で最も著名な人物の一人に、理論物理学者のリチャード・ファインマンがいた。彼はテレビ放送された聴聞会の席上、氷のように冷たい温度下でOリングが如何に弾力性を失い密閉性を損なわれるかということを、コップの氷水に試料を浸すことで見事に実証してみせた。彼はNASAの「安全文化」の欠点に対して極めて批判的だったため、シャトルの信頼性に対する彼の個人的な見解を報告書に載せなければ報告書に名前を使わせないと脅し、これは「付録F」として巻末に収録された[39]。ファインマンはその中で、NASAの首脳部から提出された安全性評価ははなはだしく非現実的であり、現場の技術者による評価とは時に1000倍もかけ離れていると論じた。付録Fの末尾をファインマンは次の文で結んでいる。「技術が成功するためには、体面よりも現実が優先されなければならない、何故なら自然は騙しおおせないからだ」[40]

下院委員会による聴取

アメリカ合衆国下院科学技術委員会(en)もまた聴取を重ね、チャレンジャー号の事故に関する独自の報告書を1986年10月29日 に公表した[41]。同委員会は調査の一環としてロジャース委員会の報告内容を検証し、事故の技術的な原因についてはロジャース委員会に同意した。しかしながら、事故の根本原因を評価する段においては異なる見解を示した。

…当委員会は、チャレンジャー号の事故を発生せしめるに至った根本的な原因は、ロジャース委員会が結論づけたような意思疎通や各種手続きの問題ではないと感じる。むしろ本質的な問題は、NASA首脳部とその契約企業の職員における何年間にも亘っての技術に関する判断力の不足である。深刻さを増すばかりだった固体燃料補助ロケットの接合部の異常に対し、彼らは解決に向けて何ら決然とした行動を取れなかった[42]



  1. ^ 1月28日 「チャレンジャー号」爆発、乗組員全員死亡の悲劇”. 日本経済新聞 (2019年1月25日). 2019年12月1日閲覧。
  2. ^ McConnell, Malcolm. Challenger: A Major Malfunction, pages 150–153.
  3. ^ McConnell, Malcolm. Challenger: A Major Malfunction, page 154.
  4. ^ Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 1, chapter 2”. 2007年1月1日閲覧。
  5. ^ a b Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 1, chapter 5”. 2007年1月1日閲覧。
  6. ^ Feynman, Richard. What Do You Care What Other People Think. pp. 165–166 
  7. ^ a b c A major source for information about the Challenger accident is the STS 51-L Incident Integrated Events Timeline developed by the NASA Photo and TV Support Team as part of the Rogers Report (Appendix N). Numerous other timelines have been written based on this information. A detailed transcript of air-to-ground and mission control voice communications was put together by Rob Navias and William Harwood for CBS News, and integrates a timeline of events:By William Harwood (1986年). “Voyage Into History Chapter 13: The Timeline”. CBS News. 2006年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月22日閲覧。
  8. ^ a b Rogers Commission report (1986年). “NASA Photo and TV Support Team Report, Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 3, Appendix N”. 2007年1月1日閲覧。
  9. ^ a b c d Photo and TV Analysis Team Report (1986年). Space Shuttle Challenger Accident Investigation. STS-51L Data and Analysis Task Force. 
  10. ^ NASA Mission Archives. “STS-51L”. 2010年1月31日閲覧。
  11. ^ Lewis, Richard S. (1988). Challenger: The Final Voyage. Columbia University Press. pp. 16. ISBN 023106490X 
  12. ^ a b c d Kerwin, Joseph P. (1986年). “Challenger crew cause and time of death”. 2006年7月4日閲覧。
  13. ^ Rogers Commission report (1986年). “Rogers Commission report, Volume I, chapter 9, Range Safety Activities, January 28, 1986”. 2006年7月4日閲覧。
  14. ^ a b c d Barbree, Jay (January, 1997). “Chapter 5: An eternity of descent”. MSNBC. 2009年7月29日閲覧。
  15. ^ Mullane, Mike (2006). Riding Rockets: The Outrageous Tales of a Space Shuttle Astronaut. Simon and Schuster. pp. 245. ISBN 9780743276825. http://books.google.com/books?id=8X7ceB3QEWkC&lpg=PP1&pg=PA245#v=onepage&q=&f=false 
  16. ^ Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 1, chapter 9, page 180”. 2010年4月5日閲覧。
  17. ^ Rogers Commission report (1987年). “Implementation of the Recommendations of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Recommendation VI”. 2010年4月5日閲覧。
  18. ^ Ronald Reagan Presidential Library, Address to the nation on the Challenger disaster. Retrieved on July 4, 2006.
  19. ^ A president's eulogy Ronald Reagan, 1986-01-31
  20. ^ Jensen, Claus, No Downlink, p. 17.
  21. ^ a b c "When a Community Weeps: Case Studies in Group Survivorship—Google Books Result" (page 29 of book), by Ellen Zinner, Mary Beth Williams, 1999, Psychology Press, p.29, webpage: Books-Google-ID-id=8DuhIv8U11oC&pg=PA29.
  22. ^ a b Bernard Weintraub, "Reagan Pays Tribute to 'Our 7 Challenger Heroes'" (article), New York Times, 1-Feb-1986, page AI.
  23. ^ a b c Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 3, Appendix O: NASA Search, Recovery and Reconstruction Task Force Team Report”. 2007年10月11日閲覧。
  24. ^ Isikoff, Michael (1986年3月10日). “Remains of Crew Of Shuttle Found”. The Washington Post. 2009年3月5日閲覧。
  25. ^ Barbree, Jay (January, 1997). “Chapter 6: Raising heroes from the sea”. MSNBC. 2009年7月29日閲覧。
  26. ^ Divers locate crew compartment of the Challenger”. The Chronicle-Telegram (1986年3月10日). 2009年3月5日閲覧。
  27. ^ Lucas, Dean (2007年). “Famous Pictures Magazine—Challenger”. Famous Pictures Magazine. 2007年7月19日閲覧。
  28. ^ CNN.com (1996), Shuttle Challenger debris washes up on shore. Retrieved on July 4, 2006.
  29. ^ collectSpace.com (2007年). “Seller admits to Challenger debris fraud”. collectSpace.com. 2007年7月19日閲覧。
  30. ^ Garmon, Jay (2006年1月24日). “Rising from the ashes”. Tech Republic. 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月7日閲覧。
  31. ^ The Shuttle Challenger Memorial, Arlington National Cemetery.”. 2006年9月18日閲覧。
  32. ^ Reinhold, Robert (1986年1月29日). “At Mission Control, Silence and Grief Fill a Day Long Dreaded”. New York Times: pp. A8 
  33. ^ a b c Harwood, William (1986年). “Voyage Into History; Chapter Six: The Reaction”. 2006年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月7日閲覧。 Archived by the Internet Archive on 2006-05-04.
  34. ^ See, for example, New Orleans Times-Picayune, January 29, 1986, p. 1.
  35. ^ Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 1, chapter 4, page 72”. 2010年4月9日閲覧。
  36. ^ Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 1, chapter 6, page 148”. 2010年4月9日閲覧。
  37. ^ Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 1, chapter 5, page 104”. 2010年4月9日閲覧。
  38. ^ Rogers Commission report (1986年). “Report of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Volume 1, chapter 5, page 82”. 2010年4月9日閲覧。
  39. ^ Feynman, Richard P. (1988,文庫版:2001/01/16). 困ります、ファインマンさん. 東京: 岩波書店. ISBN 4-00-603029-0 
  40. ^ Feynman, Richard P. (1986). Appendix F- Personal Observations on the reliability of the Shuttle. Rogers Commission. http://science.ksc.nasa.gov/shuttle/missions/51-l/docs/rogers-commission/Appendix-F.txt 2010年6月17日閲覧。. 
  41. ^ U.S House Committee on Science and Technology (1986年10月29日). “Investigation of the Challenger Accident; Report of the Committee on Science and Technology, House of Representatives. (PDF)”. US Government Printing Office. 2006年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月9日閲覧。
  42. ^ U.S House Committee on Science and Technology (1986年10月29日). “Investigation of the Challenger Accident; Report of the Committee on Science and Technology, House of Representatives. (PDF)”. US Government Printing Office. 2006年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月9日閲覧。, pp. 4-5.
  43. ^ a b Report to the President: Actions to Implement the Recommendations of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident (PDF)”. NASA (1986年7月14日). 2010年4月9日閲覧。
  44. ^ Rogers Commission report (1987年). “Implementation of the Recommendations of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Recommendation IV”. 2010年4月9日閲覧。
  45. ^ J.H. Greene. “NASA Johnson Space Center Oral History Project Biographical Data Sheet”. NASA. 2010年4月9日閲覧。
  46. ^ Rogers Commission report (1987年). “Implementation of the Recommendations of the Presidential Commission on the Space Shuttle Challenger Accident, Recommendation VII”. 2010年4月9日閲覧。
  47. ^ Columbia Accident Investigation Board (2003年). “Report of Columbia Accident Investigation Board, Volume I, chapter 7, page 178 (PDF) (PDF)”. 2010年4月9日閲覧。
  48. ^ Columbia Accident Investigation Board (2003年). “Report of Columbia Accident Investigation Board, Volume I, chapter 8, page 195 (PDF) (PDF)”. 2010年4月9日閲覧。
  49. ^ 7 myths about the Challenger shuttle disaster”. MSNBC. 2010年4月9日閲覧。
  50. ^ Riffe, Daniel; James Glen Stoval (Autumn 1989). “Diffusion of News of Shuttle Disaster: What Role for Emotional Response?”. Journalism Quarterly (Association for education in journalism and mass communication): 552. 
  51. ^ a b Wright, John C.; Dale Kunkel; Marites Pinon; Aletha C. Huston (Spring 1989). “How Children Reacted to Televised Coverage of the Space Shuttle Disaster”. Journal of Communication 39 (2): 27. doi:10.1111/j.1460-2466.1989.tb01027.x. 
  52. ^ Andrews, Gordon C.; & John D. Kemper (1999). Canadian Professional Engineering Practice and Ethics (2nd editions ed.). Toronto: Harcourt Canada. pp. 255-259. ISBN 0-7747-3501-5 
  53. ^ Roger Boisjoly and the Challenger disaster”. onlineethics.org. 2010年4月9日閲覧。
  54. ^ Boisjoly, Roger. “Ethical Decisions?Morton Thiokol and the Space Shuttle Challenger Disaster: Telecon Meeting”. onlineethics.org. 2006年12月15日閲覧。
  55. ^ Engineering Ethics:The Space Shuttle Challenger Disaster”. Department of Philosophy and Department of Mechanical Engineering, Texas A&M University. 2006年11月20日閲覧。
  56. ^ Hoover, Kurt; Wallace T. Fowler. “Studies in Ethics, Safety, and Liability for Engineers: Space Shuttle Challenger”. The University of Texas at Austin and Texas Space Grant Consortium. 2008年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月20日閲覧。
  57. ^ Edward Tufte. (1997) Visual Explanations, ISBN 0-9613921-2-6, Chapter 2.
  58. ^ Tufte, Edward. “PowerPoint Does Rocket Science?and Better Techniques for Technical Reports”. 2007年1月28日閲覧。
  59. ^ John A. Logsdon. “Return to Flight...Challenger Accident”. History.nasa.gov. 2009年7月17日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チャレンジャー号爆発事故」の関連用語

チャレンジャー号爆発事故のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チャレンジャー号爆発事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャレンジャー号爆発事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS