タツノコプロ 社内体制

タツノコプロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 09:09 UTC 版)

社内体制

タツノコプロには企画から撮影まで社内のみで完結する一貫した制作体制が整っていた[19]。かつては東映動画や虫プロダクション(旧社)も同様の体制を保持していたが[20]、これらが合理化や倒産により外注化を拡大したり消滅したあとも、タツノコプロは長くこの体制を維持した。押井守は演出家の修業の上でそれが役立ったことを語っている[21]

外注プロダクションでは作画のタマ・プロダクションが貢献した[22]。後に韓国ルートを開拓し、子会社のアニメフレンドを設立した[23]

2000年代以降、一時は自社で企画・プロデュースのみを行い、アニメーションの製作そのものはグロス発注をするという制作手法も多かったが、2016年以降、KING OF PRISM by PrettyRhythmなどの元請制作やデジタル班によるCM制作、PV制作に力を入れている。

キャラクター室
吉田竜夫社長が直轄していた独立性の高い部署。天野嘉孝、高田明美、下元明子が在籍。
企画文芸部
日活出身の脚本家、鳥海尽三が虫プロを経て移籍してきたのを契機に設立。鳥海尽三を部長に、小山高男、柳川茂らが所属した。
美術部
中村光毅が部長。美術デザイン、世界設定のみならず、メカニックデザインも行なった。大河原邦男、多田喜久子らが所属。
演出部
部長は笹川ひろし。原征太郎、鳥海永行、布川ゆうじ、押井守、真下耕一、うえだひでひと、西久保利彦らが活躍。タツノコプロでは演出が動画チェックも行なった[24]
出版部・版権部
版権管理の他、タツノコアニメのコミカライズ絵本、版権イラストを担当。天馬正人や内山まもるが在籍。
CM部
コマーシャルやPR映画などを制作。後に葦プロダクションを設立する佐藤俊彦、加藤博らが在籍した。



  1. ^ その後も再放送やバラエティ番組のスペシャルでタツノコプロ作品の映像が扱われることはある。1986年(昭和61年)から1987年(昭和62年)にかけてフジテレビで放送された『あんみつ姫』はスタジオぴえろ制作でありタツノコ作品ではないが、タツノコプロの企画協力作品である。また、『ひらけ!ポンキッキ』のキャラクター・ガチャピンと『科学忍者隊ガッチャマン』とのコラボ企画『科学忍者隊ガッチャピン』もある。
  2. ^ 本数こそ減少したものの、タカラの傘下になった後もタツノコはバンダイなどの他社メーカーをスポンサーにした作品を世に出している。
  1. ^ a b c 第58期決算公告、2020年(令和2年)6月24日付「官報」(号外第127号)43頁。
  2. ^ 『季刊ファントーシュ』7号、1977年、p.11。吉田竜夫インタビュー。
  3. ^ 津堅信之『テレビアニメ夜明け前 知られざる関西圏アニメーション興亡史』ナカニシヤ出版、2012年、p.156
  4. ^ 笹川ひろし『ぶたもおだてりゃ木にのぼる 私のマンガ道とアニメ道』ワニブックス、2000年、pp.222-223
  5. ^ 梶山寿子『雑草魂 石川光久 アニメビジネスを買えた男』日経BP社、2006年、p.101
  6. ^ 小黒祐一郎「この人に話を聞きたい 第六十九回 石川光久」『アニメージュ』徳間書店、2004年1月号
  7. ^ 株式会社竜の子プロダクションの株式取得に関するお知らせ IG Port ニュースリリース、2010年6月5日閲覧。
  8. ^ タツノコプロ 新社長に田中修一郎氏 タカラトミー発表 アニメ!アニメ!ビズ 2012年2月27日
  9. ^ 竜の子プロダクション、商号変更で株式会社タツノコプロに”. アニメ!アニメ!ビズ. 株式会社イード (2013年3月18日). 2017年12月7日閲覧。
  10. ^ 株式会社タツノコプロの子会社化、日本テレビ放送網、2014年1月29日
  11. ^ 子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ、タカラトミー、2014年1月29日
  12. ^ “タツノコプロ55周年記念「破裏拳ポリマー」実写化、主演は溝端淳平”. 映画ナタリー. (2016年11月15日). https://natalie.mu/eiga/news/209295 2016年11月15日閲覧。 
  13. ^ TVアニメ「エガオノダイカ」公式サイト”. 2018年10月17日閲覧。
  14. ^ BAKKEN RECORDサイト(タツノコプロ公式webサイト内)”. 2019年3月10日閲覧。
  15. ^ 日活、タツノコプロの人気アニメーション 『ヤッターマン』と『科学忍者隊ガッチャマン』の実写映画化決定 日活株式会社 ニュースリリース 2007年4月10日付 2011年11月11日閲覧。
  16. ^ 笹川ひろし『ぶたもおだてりゃ木にのぼる 私のマンガ道とアニメ道』ワニブックス、2000年、pp.135-136
  17. ^ 原口正宏、長尾けんじ、赤星政尚『タツノコプロ・インサイダーズ』講談社、2002年、pp.200-202。木村実、大野実インタビュー
  18. ^ 原口正宏、長尾けんじ、赤星政尚『タツノコプロ・インサイダーズ』講談社、2002年、pp.196-197。松山貫之インタビュー
  19. ^ Web現代「ガンダム者」取材班編集「第4章 メカニックデザイン 大河原邦男 《マーチャンダイジングとデザイナー》」『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』講談社、2002年10月9日、ISBN 4-06-330181-8、194頁。
  20. ^ 豊田有恒『日本SFアニメ創世記 虫プロ、そしてTBS漫画ルーム』、TBSブリタニカ、2000年、p.104
  21. ^ 押井守監督が語る日本アニメーションの「あの頃」と「これから」”. 京都精華大学. 2016年8月12日閲覧。
  22. ^ 原口正宏、長尾けんじ、赤星政尚『タツノコプロ・インサイダーズ』講談社、2002年、p.5
  23. ^ 原口正宏「押井守検証インタビュー」『前略、押井守様。』野田真外編著、フットワーク出版、1998年、pp.248-250
  24. ^ 原口正宏「押井守検証インタビュー」『前略、押井守様。』野田真外編著、フットワーク出版、1998年、p.292




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タツノコプロ」の関連用語

タツノコプロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タツノコプロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタツノコプロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS