セルフリッジ 英国百貨店 セルフリッジ 英国百貨店の概要

セルフリッジ 英国百貨店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 08:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
セルフリッジ 英国百貨店
ジャンル 歴史劇 
原案 Andrew Davis
出演者 ジェレミー・ピヴェンほか
作曲 Charlie Mole
国・地域 イギリス
言語 英語
シリーズ数 4
話数 40
各話の長さ 44-63分
製作
製作総指揮 Kate Lewis
Andrew Davies
Rebecca Eaton
プロデューサー Chrissy Skins
製作 ITV Studios
Masterpiece
放送
放送チャンネルITV
放送期間2013年1月6日 (2013-01-06) - 2016年3月11日 (2016-3-11)
テンプレートを表示

概要

本ドラマはLindy Woodheadの伝記"Shopping, Seduction & Mr Selfridge"に基づいて製作された。1908年、女性が自由を満喫し始めていた時代に、ロンドンにセルフリッジズ百貨店を創設したハリー・ゴードン・セルフリッジと、その妻ローズら家族の物語を描く。2013年から放送が始まり、2016年にはシーズン4が放送されて終了した。各シーズンは10エピソードからなる。

日本では2014年からIMAGICA BSで放送された。また2015年からはGYAO!でも提供されている。

製作

1909年のセルフリッジズ百貨店の店内を再現したセットがロンドンの北部に建てられ、外見のセットはケント州のThe Historic Dockyard Chathamに建設された。2013年2月8日、ITVは、1914年に設定され、第一次大戦の影響を描くシーズン2の製作を発表した[1]。2014年2月21日、1918年に設定されたシーズン3の製作が発表された[2]。2015年3月13日、シーズン4の製作が発表された[3]

キャスト

役名 俳優 説明 日本語吹替
ハリー・セルフリッジの家族
ハリー・セルフリッジ ジェレミー・ピヴェン アメリカ出身の実業家、社長 東地宏樹
ローズ・セルフリッジ フランシス・オコナー ハリーの妻 玉川砂記子
ロイス・セルフリッジ キカ・マーカム ハリーの母 宮沢きよこ
ゴードン・セルフリッジ Adam Wilson ハリーとローズの息子、店に勤める 渡辺広子
ロザリー・セルフリッジ/デ・ブロトフ Poppy Lee Friar
Kara Tointon
ハリーとローズの娘 増岡裕子
ベアトリス・セルフリッジ Raffey Cassidy
Alana Boden
ハリーとローズの娘
ヴィオレット・セルフリッジ Freya Wilson
Millie Brady
Hannah Tointon
ハリーとローズの娘
店員
アグネス・タウラー/ラクレール Aisling Loftus 婦人小物売り場主任、後にディスプレイ責任者。後にアンリと結婚 渋谷はるか
ジョージ・タウラー Calum Callaghan アグネスの弟、搬入部員、後に責任者 杉山ひこひこ
アンリ・ラクレール Grégory Fitoussi ウィンドー装飾の専門家、後に社長代理 小林親弘
ロジャー・グローヴ Tom Goodman 人事部長 綿貫竜之介
アーサー・クラブ Ron Cook 経理部長 西村太佑
ミス・ブレンキンソップ Deborah Cornelius 秘書 早川舞
ミス・プランケット Sadie Shimmin 秘書
ジョジー・マーデル Amanda Abbington 婦人小物部門長 三沢明美
グレイス・カルソープ Amy Morgan 婦人小物売り場店員
キティ・ホーキンス/エドワーズ Amy Beth Hayes 婦人小物売り場店員、のちに化粧品部門長。後にフランクと結婚 あんどうさくら
コニー・ホーキンス/タウラー Sacha Parkinson キティの妹、後にジョージの妻
ドリス・ミラー/グローヴ Lauren Crace 婦人小物売り場店員、後にロジャーの妻 まつだ志緒理
ミス・バンティング Pippa Haywood 衣料品部門長 高木珠里
ミス・ラビリアス Anna Madeley バンティングの後任の衣料品部門長 高尾まみ
サッカレー Cal MacAninch ラビリアスの後任の衣料部門長
ヴィクター・コレアーノ Trystan Gravelle 百貨店のレストラン"パーム・コート"の給仕、後に支配人 石狩勇気
フランコ・コレアーノ Sean Teale ヴィクターの従兄弟で"パーム・コート"の給仕
ミスター・ペレス Timothy Watson 百貨店のレストランの支配人 こねり翔
グレース・カルソープ Amy Morgan 婦人小物売り場店員、のちにゴードンの妻
その他
レディ・メイ・ロックスレイ Katherine Kelly ハリーの後援者で元踊り子 唐沢潤
ロックスレイ卿 Aidan McArdle レディ・メイの夫で貴族 こねり翔
トニー・トラヴァース Will Payne レディ・メイの愛人 石狩勇気
フランク・エドワーズ サミュエル・ウェスト 出版者、ハリーの友人、フランク・ハリスがモデル 中村和正
ロデリック・テンプル Oliver Jackson-Cohen ローズに近づく画家 柿原徹也
フレーザー Malcolm Rennie セルフリッジ家の執事 増山浩一
レグ・タウラー Nick Moran アグネスの酒癖の悪い父 こねり翔
エレン・ラヴ Zoe Tapper 踊り子で百貨店のイメージガール、ハリーの愛人 たかはし智秋
デルフィーヌ・デイ ポリー・ウォーカー ローズの友人、小説家にしてクラブ経営者 五十嵐麗
フロリアン・デュポン Oliver Farnworth ベルギー人のバイオリニスト
ナンシー・ウェブ Kelly Adams 建設業者
プリンセス・マリー ゾーイ・ワナメイカー ロシア皇帝の血をひく公妃
セルゲイ・ドゥ・ボロトフ Leon Ockenden プリンセス・マリーの息子でロザリーの夫
エルザ Naomi Ryan ヴィクター・コレアーノの店で右腕を務める女性
ウィンステイ卿 ロバート・パフ 新聞王
ジミー・ディロン Sacha Dhawan インドの血をひく若き実業家
ドリー姉妹 Emma Hamilton
Zoe Richards
女優姉妹
ティリー・ブロックレス Mimi Ndiweni 黒人の縫子

あらすじ

シーズン1

1908年、合衆国で百貨店を成功させたハリー・セルフリッジは一家でイギリスに引っ越し、ロンドンでも豪華な百貨店を立ち上げる。従業員を雇用し、有名人を店に招き、様々な新機軸を打ち出して店は成功する。だがハリーの愛人関係に妻ローズは苦しみ、やがて家族はハリーを残して合衆国に戻る。

シーズン2

妻ローズが戻り、息子ゴードンは店で修業を始める。第一次世界大戦が勃発してハリーや従業員たちも巻き込まれる。レディ・メイの夫ロックスレイ卿が不正行為を働きハリーに罪を着せる。ローズは重病となる。

シーズン3

妻ローズの死後、ハリーは娘ロザリーの結婚相手と娘ヴィオレットの交際相手に悩まされる。復員兵の処遇が社会問題となる中、ハリーは復員兵のための住宅建設を計画する女性に出会う。ロックスレイ卿がロンドンに戻り、ハリーへの復讐を謀る。

シーズン4

母の死後、ハリーはギャンブルの負債がかさんで支店を売却するが、直後に若き実業家ディロンと組んで老舗百貨店を買収する。ディロンは老舗百貨店の未払い金を処理できず、レディ・メイをめぐってヴィクターと争いになって転落死を招き、自らも自殺する。未払い金問題はセルフリッジ本体にも及び、危機に陥ったハリーは辞職を迫られる。




「セルフリッジ 英国百貨店」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セルフリッジ 英国百貨店」の関連用語

セルフリッジ 英国百貨店のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セルフリッジ 英国百貨店のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセルフリッジ 英国百貨店 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS