セラフィールド (企業) セラフィールド (企業)の概要

セラフィールド (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/21 04:08 UTC 版)

セラフィールド社の主な狙いはNDAを代表してのセラフィールド施設の廃止措置の運営である。同社は13000人の労働者を雇用しており、施設の廃止措置を加速させ、計画を完了することを焦点にしている。また、電力運営、燃料生産と再処理、国際的な廃止措置、国際輸送などにも関与している。

歴史

2005年、英国核燃料会社(BNFL)はネクシア・ソリューションズ英語版ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーを例外として、すべての事業を一会社に統合する再編を行い、これによって子会社の英国原子力グループ(British Nuclear Group、BNG)が形成された。2006年当初のBNFLの意図は、一事業に統合したBNGの一括売却であったが、後に利益を最大化するためにBNGを分割して各資産を個別に売却することとなった[1]。BNGが保有していたアメリカ子会社BNGアメリカ、BNGのマグノックス炉事業である原子炉施設運営会社、コンサルティング事業のBNGプロジェクト・サービス、保有していた核兵器機関運営企業AWEマネジメントLtdの3分の1の株式などはすべて売却された[2]。これによってBNGにはセラフィールドでの施設廃止措置を担当する事業が残り、BNGはセラフィールド社に改名し、所有権は原子力廃止措置機関(NDA)に渡されることとなった。

2008年NDAはアメリカのURS英語版、イギリスのAMEC英語版、フランスのアレヴァのコンソーシアムであるニュークリア・マネジメント・パートナーズLtdとセラフィールド社の運営を契約した。最初の契約は5年間で、17年の延長オプション付であった[3]

外部リンク



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セラフィールド (企業)」の関連用語

セラフィールド (企業)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セラフィールド (企業)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセラフィールド (企業) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS