スルメイカ 漁業

スルメイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 03:44 UTC 版)

漁業

2016年漁期(2016年6月-2017年1月)、北海道では記録的な不漁に陥った。函館市水産物地方卸売市場における取扱量は、記録の残る2001年以降で最低の1,493トン、キロ単価は779円と最高となった[1]

食文化

近代以前

日本では古代から朝廷への貢ぎ物としてスルメが奉じられてきた。今日でも縁起の良い品であることに変わりは無く、神道における祭儀では神饌として多用される。スルメは、室町時代日明貿易やその後の南海貿易で、中国東南アジア向けの日本の重要な輸出品目の一つとされ、それは明治大正時代まで続いた。

現代日本において魚介類消費の多くを占めるイカであるが、そのイカの漁獲の大半をスルメイカで占めている[2]。世界のスルメイカ漁獲量の筆頭は日本であり、最大消費国・最大輸出国ともに日本。そしてその最大輸出先はアメリカ合衆国である。世界におけるスルメイカおよびイカ類の消費の伸びには、寿司の普及が関係している。日本においてスルメイカは、1998年、TAC(漁獲可能量)魚種に指定され、将来的に持続可能な水産資源として管理されている。

旬は夏から秋にかけてであり、夜間集魚灯を点けておびき寄せ、擬似餌(ぎじえ)を使って釣り上げる。また、追い込み漁や小型定置網を使った定置網漁も行われる。なお、昔の漁師達は漁り火(いさりび)などを使っていたが、イカのほうから習性によって押し寄せてくる天然の漁場なども多くあったようである。

天日干しされるスルメイカ
鳥取県岩美町
スルメイカとサトイモの煮付け

食材

日本で鮮魚として出荷されるイカの中で最も安価であり、そのため、日本人にとっては最も馴染み深いイカである。刺身や寿司、焼き物煮物酢の物天ぷらやその他の揚げ物などのほか、内臓を活かして塩辛でも食される。また、烏賊飯(いかめし)や烏賊そうめん(いかそうめん)なども人気の料理である。「イカ#食材」も参照。

内臓と眼球を取り除き、天日などで干したものを「するめ(鯣)」と言う。ただし、「するめ」はスルメイカに限っての呼称ではなく、高級とされるケンサキイカ、もしくはヤリイカのそれを「一番するめ」と呼び、スルメイカのそれは「二番するめ」と呼ばれる(詳しくは「スルメ#種類」を参照)。また、スルメイカは内臓を取り除かず丸干しとしても加工される。塩辛では、能登地方の魚醤である「いしる」の材料として、スルメイカとイワシの内臓が使われている。

レシピ

焼きイカ
スルメイカを焼いたもの。一般的に醤油味または塩味で食する。ショウガの搾り汁や、おろしたショウガを薬味とすることが多い。
スルメイカとサトイモの煮物
イカは1cm程度の輪切りとし、サトイモは皮をむいて下茹でしておく。
鍋に日本酒みりんを煮立てて出汁を加え、サトイモとスルメイカを入れて落とし蓋をして煮込み、十分に味を染み込ませる。
肝のホイル焼き
1cm程度の大きさに切ったイカの身に、中腸腺を搾り出したものと味噌、日本酒を少し混ぜ、アルミホイルでくるんだものをオーブンなどで蒸し焼きにしたもの。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 蘇頌(そしょう):北宋の天文学者[要出典]
  2. ^ 三陸地方などの方言[要出典]
  3. ^ 「シマメイカ」と「サルイカ」は鳥取県島根県の方言[要出典]
  4. ^ 胴部(俗に頭部とも思われている、触手以外の部分)を覆う部位が外套(外套膜)で、外套長はその長さ[要出典]

出典

  1. ^ スルメイカ取扱量 過去16年で最低 函館卸売市場 どうしんweb・北海道新聞(2017年02月01日)2017年02月05日閲覧[リンク切れ]
  2. ^ 泉賢司、山村哲史 (2017年7月21日). “イカ不漁続く予想 函館は輸入過去最高”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 7面 





スルメイカと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スルメイカ」の関連用語

スルメイカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スルメイカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスルメイカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS