スラッシュ (記号) スラッシュ (記号)の概要

スラッシュ (記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/18 05:14 UTC 版)

/

ただし、斜線と言う場合には、いわゆるバックスラッシュ(\)や、約物以外のさまざまな斜めの線が含まれるので、一般にはスラッシュと呼ばれることが多い。

国際的な用法

日付

算用数字で表した年月日または月日の区切りとして用いる。日付の順序は国・言語によって異なり、これを「エンディアン」という。

例えば、2010年11月8日は次のとおりである。()内の表記は年を省略した11月8日を表す。

日付と時間の国際規格であるISO 8601では、ビッグエンディアンのみが認められており、かつ区切りにはスラッシュは用いず、「-」(ハイフン)を用いる。なお、年を省略した「11-08」のような記法は存在しない。

西暦を下二桁で表記する慣用もあり、また2桁になるように0(ゼロ)を先行させる場合もある(ISO 8601では4桁が必須)。その場合は、

ISO 8601では、スラッシュは期間を表す。例えば、「2004-01-31/2005-01-30」は「2004年1月31日から2005年1月30日」を表す(ISO 8601#期間、時間間隔)。

ヨーロッパ諸国では、ユリウス暦からグレゴリオ暦への移行時期に、混乱を防ぐため、ユリウス暦とグレゴリオ暦の日付をスラッシュを挟んで併記していた。

科学・数学・比率

  • 分数で、縦のスペースを節約したいときや、分数形式だと式が読みづらくなるときなど、 = 13 = 1/3 (3分の1)のように書く。
  • 数学において、それ以外にも各種の割り算()を表す。場合によっては、2つ以上のスラッシュを並べる(例えば GIT 商英語版)。
  • 他の記号に重ねて書いて、「〜でない」を表す。たとえば、「」(イコールでない)。
  • グラフ統計図表においてスケールが大きく異なる値を同じ図面上に掲載したい時、軸を割る形で記号を2つ繋げて「―//―」と書き、実際には大きく間が空いているにもかかわらず軸の途中が省略されていることを示す。
  • 為替レートで例えば「USD/JPY」と書いたときは、「1USD(USドル)が何JPY(日本円)か」、すなわち1USDの価値を1JPYの価値で割った値を示す。(2012年時点では、USD/JPY ≒ 80。[3]組立単位(1 USD毎JPY)だと考えてはいけない[4]

接続詞的用法(結びつき)

  • 文脈によって「または」か「および」を表す。以下の例は英語の場合であるが、多くの言語で使われる。
  • 両A面シングルの曲タイトルを連記するのに使われる。たとえば、「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」。
  • 航空券における出発地・到着地の表記やコードシェア便の表記。同一都市に複数の空港が含まれる場合は「都市名/空港名」と表記される場合があり、「東京/羽田」「東京/成田」「大阪/伊丹」「大阪/関空」などと表記される (他には都市名、空港名いずれかが括弧書される場合がある[5]ほか、「東京 - 成田」のようにハイフンで結ばれる場合もある[6])。コードシェア便についても同様に、「AA154/JL7010[5][7]」などの表記が見られる。

記号的用法

  • 何かに重ねて書いて、取り消しを表す。
  • チェックマークがスラッシュのような字形で書かれることがある。
  • ボウリングでスペアを表す。ただし、手書き以外では、右下を塗りつぶし黒い直角三角形にすることが多い。
  • アマチュア無線では、常置場所とは異なる場所で運用する無線局(移動運用局)であることを示すために、呼出符号に「/」を付け、運用地を示す英数字を加える[8]。この際の発音は、世界的には「ストローク」(stroke)が一般的であるが、日本国内では「ポータブル」(portable)と読まれることが多い。なお、この用法以外にも、呼出符号に情報を付加するために「/」を用いるケースもある。

文章

  • 詩行や歌詞の行を区切るのに、改行のかわりに用いる。チェスFEN記法でも使われている。

文字

名称

特定の言語圏での用法

日本語

英語

  • 頭字語を表す。たとえば、B/S=Balance Sheet(貸借対照表)。
  • シリングペニーの区切りに使う。たとえば、「1/6」は1シリング6ペンス。
  • 例えば「7/8 May」は5月7日から5月8日にかけての
  • 金額で、「/-」で補助通貨の桁が0であることを示す。たとえば「$10/-」は「10ドル0セント」。
  • 同人創作活動において、カップリング (同人)を表す際に、日本語の「×」の代わりに用いられる。

  1. ^ ロケール記号名のマッピグ”. IBM. 2017年7月22日閲覧。
  2. ^ :」を使う文化圏もある
  3. ^ 外国為替市況(日次)、日本銀行
  4. ^ FXレートの単位、基礎から学ぶシステムトレード
  5. ^ a b 成田(東京) - シカゴ 時刻表(2016年11月)
  6. ^ [1](デルタ航空、英語)
  7. ^ 福江空港ターミナルビル株式会社 / フライト時刻表など。(他にも空港・飛行場の掲示板など)
  8. ^ 『移動運用における呼出符号(コールサイン)』
  9. ^ 伊沢 2021, p. 473.


「スラッシュ (記号)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スラッシュ (記号)」の関連用語

スラッシュ (記号)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スラッシュ (記号)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスラッシュ (記号) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS