スマートフォン 沿革

スマートフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/01 09:01 UTC 版)

沿革

- 1998年

1992年にAppleが米国内でNewton MessagePadを発表した際、このデバイスはPersonal Digital Assistant, PDA(携帯情報端末)と称された。この言葉・概念が一般化したのは1996年にPalmが発売したPalmPilotのヒット以降である。この時点では端末に通信機能は付与されていなかった。

1994年にIBMが開発したIBM Simonは、携帯電話PDAを統合した端末で、操作は主にタッチスクリーンで行い、内部メモリにサードパーティ製のアプリケーションをダウンロードし動作させることも可能という現代のスマートフォンに近い端末であった。

1994年にGeneral Magicが開発し、SONYが発売したMagicCap端末Magic Linkは、元々は携帯電話サイズの通信端末として企画・開発が始ったものであり[51]、Personal Intelligent Communicator(PIC)と称していた。

1996年にノキアが発表したNokia 9000は、閉じた状態では縦長ストレート型携帯電話だが、クラムシェル(折りたたみ型筐体)を開けば640×200ピクセル画面およびQWERTYキーボードが現れる構成であった。

日本ではパイオニアが1996年に全画面液晶表示の携帯電話端末DP-211、翌年にDP-211SWを発売している。メモ・スケジュール・ゲーム・メールなどを扱う、日本の元祖スマートフォン・PDAともいえる端末であったが、日本は各社がよりコンパクトかつ使い易い”普通の”携帯電話端末の開発を進め、ユーザーをまたそれを求めた、つまり「全画面液晶、タッチパネル操作による情報端末」に対する技術と市場がまだ熟成していなかったために他社で追随するものは現れず、パイオニアもこの市場ニーズに合わせる形となり、機能を高めていったDP-212、J-PE01、J-PE02のあとの同社製後継機であるJ-PE03(2000年)は当時の一般的な携帯電話端末の形式に高機能を押し込んだものとなってしまった。かつ、J-PE03のマイナーチェンジ版であるJ-PE03IIをもって、パイオニアは携帯電話端末・PDAから撤退した。

これらの携帯電話とPDAを統合したビジネス向け情報端末がスマートフォンの嚆矢であるとされる。しかし当時は『Smartphone』という言葉はまだ存在せず『電話ができるPDA』や『電話回線を利用して通信できるPDA』などと呼ばれていた。それは『とても高機能ですごい携帯電話』などと認識され、一般大衆の市場が求め扱う類のものではなかった。なおIBMやノキアではPDAではなく『Communicator』と称していた。

1999年 - 2006年

1999年、日本ではNTTドコモによりiモードがサービスインした。

1999年1月19日にはカナダリサーチ・イン・モーション (RIM) が「BlackBerry(ブラックベリー)」を発売した。これは、発売当初は電子メールの使えるキーボード付きポケットベルとでもいうべきものであった。

1999年9月、日本において世界初のカメラ付き携帯電話 (PHS) VP-210が登場し、後のスマートフォンの重要な要素がここで誕生した。海外では、2002年には欧州のボーダフォンへ対してノキアが「Nokia 7650イメージング・フォン」を出荷、同年12月には、「Sanyo SCP-5300」が米国内では初めてとなるカメラ内蔵型携帯電話として発売されている。

2000年、Ericssonがタッチスクリーン採用のSymbianスマートフォンであるEricsson R380英語版を発売した[52]Nokiaはタッチスクリーン採用のシリーズ80英語版のSymbianスマートフォンを発売した[52]。2002年、Sony EricssonはR380の後継として、ソフトウェアプラットフォームにタッチパネルベースのUIQを採用するSony Ericsson P800英語版を発売した[52]。UIQ向けのソフトウェア開発に必要なUIQ SDKはWeb経由で無料に提供された[53]ため、非公認アプリの開発が盛んとなった。

それまで独自の手描き入力「グラフィティ」をキーワードにしてきたHandspringは2002年1月に通話機能標準装備のPDAとして、初めてTreoシリーズを発売し、初代となるTreo180(無印)にはBlackBerry同様、小型QWERTYキーボードを搭載した。また同時期のは2002年1月の見本市・International CESで発表した「Sidekick (HipTop)」はUS200ドルを下回る低価格製品で、音声通話もできたので「音声通信ができるBlackBerry」という捉えられ方で歓迎された。米国で好調だったTreoシリーズは2003年、Treo 600でカメラ機能を初めて内蔵し、VGA撮影可能なカメラと通話およびメッセージングが可能な携帯電話、そしてQWERTYキーボード搭載のPDA機能を集約したデバイスとして登場している。

BlackBerryも2002年末に音声通話に対応、その後の改良によりPIM機能のグループウェアとのセキュアなリモート連携・プッシュ型電子メール、インターネット上のウェブサイトの閲覧、さらに機種によってはマイクロソフトのOfficeアプリケーションファイルやPDFの閲覧・編集機能も備えたスマートフォンに変貌を遂げた。ブラックベリーは主に法人向けであり、2004年ごろから、米国のビジネスマンを中心に普及し、スマートフォンの米国でのトップシェアを誇った。

2006年にはNTTドコモが専用サーバ (BlackBerry Enterprise Server) とのセットでBlackBerry8707hを法人向けに国内での販売を開始した。

2007年

初代iPhone

2007年1月にAppleが"iOS"を搭載したスマートフォン「iPhone」を発表。現代のスマートフォンの形を決定付けた。同年6月に米国で発売開始。同年11月には英仏独でも発売された。

2008年

ソフトバンクにより、初めての日本向けiPhoneとしてiPhone 3Gが発売される[54]。当初は販売が伸び悩み、競合のKDDI社長(当時)の小野寺正が「iPhoneは一般ユーザーには魅力的でない」と酷評したが[55]、ソフトバンクによる積極的な販売施策により販売が上向く。これ以降、日本においてもスマートフォンが急速に普及していくこととなった。

この年はさらに、Googleによってスマートフォン向けOS"Android"が開発され、米国T-Mobile社よりAndroid搭載スマートフォンT-Mobile G1が発売された。

2011年

2011年に、Googleモトローラ・モビリティを買収し、モジュラー携帯電話に関連する特許を取得した。これによってモジュール組み立て式スマートフォン(コードネーム:Project Ara)の開発が始まった。Project Araはディスプレイと金属フレームのベースパーツに、ユーザー好みのモジュールを組み合わせて、スマートフォンを自作できるプラットフォームである。これによってセルラー通信モジュールを無くした最小構成の場合は、50ドルからを目指す。これらは2015年に市場への投入を予定していた[56]。2015年には試験販売の中止と発売の延期が行われ、2016年には開発中止が発表された。

2013年

2013年9月にAcerが世界初の4K動画撮影に対応した6インチFHDディスプレイを搭載したLiquid S2[57][58]を発表、同年10月に欧州で発売を開始した。

2015年

2015年9月にSONYが世界初の4K液晶を搭載したXperia Z5 Premium英語版[59]を発表、同年10月に発売を開始した。

2017年

「持ちやすくて大画面」という縦長の全画面ディスプレイ「Infinity Display」を備えたGalaxy S8│S8+が世界的大ヒットを記録。この製品がスマートフォンのベゼルレス化、全画面化という業界全体のビッグトレンドを作り出し、これを筆頭に各社がベゼルレスな全画面スマートフォンをリリースすることとなる[60][61][62][63][64][65]

また、2017年世界のスマートフォンの出荷台数が初めて減少した[66]

2018年

有機ELディスプレイは曲げられる特性があるため、フレキシブルスマートフォンに応用できる。

2018年に入ってからは、フレキシブルスマートフォン(曲がる、折りたたみスマホ)の開発が急速に進んだ。この年には、中国のベンチャー企業であるRoyole(柔宇科技)が、商用としては世界初のフレキシブルスマートフォン「FlexPai」を発売した[67]

OPPOは、ポップアップ式カメラによってフルスクリーンを実現したFind Xを発表した[68]

Samsung Electronicsは開発者向けプライベートイベント「SDC18」にて、ベゼルセス化・全画面化の流れを業界にもたらしたGalaxy S8│S8+の「Infinity Display」の次のフェーズとして、「Infinity-V Display」、「Infinity-U Display」、「Infinity-O Display」、「New Infinity Display」を発表した。Infinity-VとInfinity-Uは、Essentialが開発し、iPhone Xの存在で広まったノッチ(切り欠き)をそれぞれV型またはU型に配置することでブランド化したもので、主にミッドレンジGalaxy AGalaxy Mに採用されている。Infinity-Oはディスプレイにサブカメラ用の穴を開けるパンチホールカメラを搭載してさらなる全画面化を図るもので、その後Galaxy A8sやGalaxy S10e│S10│S10+などで採用されている。New Infinity Displayは、完全全画面ディスプレイの名称だが、どのような方法で実現するのかはこの時には発表されなかった。2019年になってから発表されたGalaxy A80で初めて採用され、ポップアップ式回転カメラ(メインカメラを回転させることで、サブカメラでも同じカメラを使用)で実現された[69]

またディスプレイにカメラ用の穴を開けて、ノッチを無くしたパンチホール型ディスプレイのスマホHonor View 20を、ファーウェイが世界で初めてリリースした[70]。 中国のVivoからは、世界初のディスプレイ内蔵型指紋センサーを搭載したX20 Plus UDがリリースされた[71]

2019年

ついに大手メーカーからも折りたたみスマートフォンが発表される。 韓国のサムスン電子Galaxy Fold、中国のファーウェイも、後に続いて折りたたみスマホのMate Xを発表した。

各国が次世代通信システム5Gのサービス開始時期を発表し、各社から5Gに関する取り組みやサービス、構想が発表される中、クアルコムがスマートフォン向けの5G(第5世代移動通信システム)対応チップをリリースするなどして、スマートフォンメーカー各社が5G対応スマートフォンを発表した。なお世界初の商用5G対応スマートフォンは、2019年2月20日に発表され、2019年4月5日に発売されたGalaxy S10 5Gである[72][73][74][75]

サムスン電子は、世界初の超音波を用いたディスプレイ内蔵型指紋センサーによって、ディスプレイ上で指紋認証できるGalaxy S10│S10+を発表した[76]

2019年4月3日には、アメリカのベライゾンが世界初の5G通信サービスを開始した。後に続いて4月5日には、韓国のKTが5G通信サービスを開始した[77]。なお日本での5G本格サービス開始は2020年を予定しており、他国より遅れをとっている[78]

また中国のXiaomiOPPOは、光を透過できる透明ディスプレイの技術を用いて、画面の中にカメラを埋め込んだスマートフォンのプロトタイプを発表した。この技術によって、前面カメラ用に設けられたノッチやパンチホールを無くし、完全なフルスクリーンが実現される[79]

Motorolaは、「縦」型折りたたみスマートフォンである「razr」を発表した。

アメリカを中心に、ファーウェイへの部品供給を止めるといった排除の動きが加速し、Googleの提供するサービスも新たなファーウェイ製デバイスに搭載できなくなるなどの影響が出始めた。(ファーウェイ#ファーウェイをめぐる各国の動きを参照。)

2020年

Samsung Galaxy Z スマートフォン

2020年2月11日(現地時間)、サムスン電子は縦型折りたたみスマートフォンであるSamsung Galaxy Z Flipを発表した[80][81]。これにより、Galaxyは、横型折りたたみスマートフォンと縦型折りたたみスマートフォンを両方発売した世界初のブランドとなった[82]。また、Galaxy Z Flipは折りたたみスマートフォンとしては世界で初めて画面にガラスを採用した。なお、この折れ曲がるタイプのガラスは、Ultra Thin Glass(UTG)というもので、外販も発表されている。同時に発表されたハイエンド製品の Galaxy S20 Ultra 5G は、約1億800万画素の超高画素数カメラや、100倍ズームを行えるカメラ機能が従来の全てのスマートフォンを大きく超える仕様であったため注目を集めた(スマートフォンというカテゴリカメラ画素数が1億を超えたのは本製品が初めて)。

開催予定であったモバイルテクノロジーの国際的な見本市「MWC 2020」が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって出展予定企業が相次いで出展中止を発表したことから、イベント自体も開催を中止した。これにより、MWCでの製品発表を予定していたメーカー各社は独自のプレスカンファレンスの開催や、YouTube上での発表などの対応を行った。

ファーウェイに対する各国の制裁により、日本では5月29日に発売された「HUAWEI nova lite 3+」をもって、Googleが使える最後のスマートフォンとなった。これ以降に発売されたファーウェイ端末ではGoogleのサービスが利用できなくなっている[83]


注釈

  1. ^ アメリカのAmazon.comが開発したFire OSや、中国のOPPOが開発したColorOSなど。
  2. ^ AndroidのGoogle マップなど。
  3. ^ ZTE Axon Elite、Android 5.0以降のスマートロックなど。
  4. ^ iOS、Android 6以降など。
  5. ^ Cyanogen OSなど。

出典

  1. ^ 情報通信ネットワーク産業協会 スマートフォンにおけるセキュリティの課題と背景
  2. ^ a b スマートフォンの概要 読み:すまーとふぉん 英語名:Smart Phone KDDI用語集(2020年1月14日閲覧)
  3. ^ “Smartphones now outsell 'dumb' phones”. (2013年4月28日). https://www.newshub.co.nz/technology/smartphones-now-outsell-dumb-phones-2013042912 
  4. ^ 『平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』 総務省情報通信政策研究所
  5. ^ ハード松村:スマートフォンの略称が「スマホ」になった理由を『週刊アスキー』の中の人に訊いてみたEngadget日本版(2016年4月29日)2020年1月14日閲覧
  6. ^ スマートフォン等の業務利用における情報セキュリティ対策の実施手順策定手引書 - 内閣サイバーセキュリティセンター
  7. ^ 厚生労働省ホームページがスマートフォン対応になりました。 厚生労働省(2020年1月14日閲覧)
  8. ^ スマートフォンとは? 総務省(2020年1月14日閲覧)
  9. ^ スマートフォンとは? NTTコミュニケーションズ(2020年1月14日閲覧)
  10. ^ a b Technology Research”. Gartner Inc.. 2013年3月2日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ Smartphone Market ShareInternational Data Corporation|IDC(Updated: 25 Oct 2019)2020年1月14日閲覧
  12. ^ iPhone 3Gの販売台数、発売直後の週末で100万台に
    iPhone App Storeのダウンロード数、最初の週末で1千万本を突破
  13. ^ “新型iPhone発売、ドコモ社長「本当にお待たせした」”. ロイター (ロイター). (2013年9月20日). http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE98I0AV20130919 2013年9月21日閲覧。 
  14. ^ 露スマートフォン「BQ」、米制裁でファーウェイ「Harmony OS」導入を検討か(36Kr Japan)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年4月2日閲覧。
  15. ^ “スマートフォン向けUbuntuをCanonicalが発表 2013年末に搭載端末リリースへ”. ITmedia. (2013年1月3日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1301/03/news008.html 2013年3月7日閲覧。 
  16. ^ “新モバイルOSに集う通信事業者”. (2013年7月23日). http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2013/Gpre201376.html 2013年7月30日閲覧。 
  17. ^ “アップル、米国でスマートフォンメーカー別シェア首位を維持--「Android」、OS別シェアは52.3%に”. CNET Japan. (2013年3月7日). http://japan.cnet.com/news/business/35029190/ 2013年3月7日閲覧。 
  18. ^ 「Windows 10 Mobile」12月10日にサポート終了「AndroidまたはiOSへの移行をお勧め」とMicrosoft - ITmedia NEWS
  19. ^ Samsung scraps Bada OS, folds it into Tizen FierceMobileIT(2013年2月25日)
  20. ^ ACCESS 第27回 事業説明会 ACESS 2011年4月20日
  21. ^ Google検索から、レストラン予約する機能を導入 ASCII 2016年8月8日
  22. ^ Android 5.0アップデートでついにUSB Audio Class対応 一歩前進も、ハイレゾはネイティブ出力できない? AV Watch 2014年12月1日
  23. ^ 「iPhone 6/6 Plus」でスローモーション撮影速度を変えるには CNET Japan 2014年10月10日
  24. ^ a b iOS 10では、iPhoneとiPadでRAW写真を撮れるようになる TechCrunch 2016年6月15日
  25. ^ コンパクトが魅力の夏スマホのカメラ機能を比較する ASCII.jp 2013年8月5日
  26. ^ Google's Snapseed app can now edit RAW photos on Android The Verge 2015年10月29日
  27. ^ Apple、iPhoneに顔認識と物体認識を導入 TechCrunch Japan 2016年6月14日
  28. ^ 日本のスマホはなぜカメラのシャッター音が鳴るの? 海外ネットユーザーが理由を知ってザワつく
  29. ^ About Audio Unit Hosting - Audio Unit Hosting Guide for iOS Apple
  30. ^ Android Audio Latency In-Depth: It's Getting Better, Especially With The Nexus 5X And 6P Android Police 2015年11月13日
  31. ^ a b MIDI Android Open Source Project
  32. ^ Technical Q&A QA1831: Adding Bluetooth LE MIDI Support Apple Inc
  33. ^ 個人練習が捗る Googleで「メトロノーム」と検索すればメトロノームが即使える ITmedia 2016年7月3日
  34. ^ a b c d e f Release Your Inner DJ with the Samsung Soundcamp App Samsung 2015年11月2日
  35. ^ iOS 8最新ベータで、Healthアプリに内蔵歩数計がついた TechCrunch Japan 2014年7月9日
  36. ^ 高速AF、心拍センサーを搭載、画面にはフッ素コート「GALAXY S5 SCL23」 ケータイWatch 2014年5月8日
  37. ^ iPhoneが睡眠分析 新OSの健康機能に驚いた 日経トレンディネット 2016年10月23日
  38. ^ Google、Googleマップで公共交通機関の運行情報や遅延情報を表示 ガジェット通信 2016年7月22日
  39. ^ Google、歌詞検索の結果ページトップにて歌詞の直接表示を開始 TechCrunch Japan 2014年12月23日
  40. ^ iOS 8は Siri も進化。周囲の音楽をShazamで調べて即購入、手放しでHey Siri、連続認識など Engadget 2014年6月3日
  41. ^ First look: iOS 9 public beta is the update the iPad deserves Ars Technica 2015年7月10日
  42. ^ 方角も迷わないし水平も保てる、iOS 7の「コンパス」と「水準器」の使い方 週刊アスキー 2014年3月27日
  43. ^ Search Google For “Bubble Level” For A Nifty Feature Ubergizmo 2015年12月23日
  44. ^ Huawei launches mobile that doubles up as a WEIGHING SCALE: Mate S handset features Force Touch pressure pads on its display Daily Mail Online 2015年9月2日
  45. ^ 体の不調の原因かもしれない“気圧”をiPhoneでチェックするテク ASCII 2015年9月13日
  46. ^ OS X - Mac + iOSの連係 Apple
  47. ^ 連係機能を使って iPhone、iPad、iPod touch、および Mac を接続する Apple
  48. ^ 3種類の技術に対応――ZTE「Axon Elite」を生体認証でロック解除してみた ITmedia 2015年9月8日
  49. ^ iOS:iCloud: iOS デバイスを iCloud にバックアップする Apple
  50. ^ Android 6.0 has a great auto backup system that no one is using (yet) Ars Technica 2015年10月13日
  51. ^ ASCII. “映画『GENERAL MAGIC』の解説つき追加オンライン上映が決定!” (日本語). 週刊アスキー. 2021年7月9日閲覧。
  52. ^ a b c Counterclockwise: Sony Ericsson and Symbian UIQ, the early days of the touchscreen smartphone GSMArena.com 2017年6月11日
  53. ^ SDK now available for free download All About Symbian 2002年9月25日
  54. ^ 東洋経済2008年6月10日
  55. ^ iPhone不振は「想定内」とKDDI小野寺社長 「スマートフォンよりケータイの方が使いやすい」
  56. ^ Google、モジュール式携帯Project Araを2015年発売。最小構成50ドルからお好みで組み合わせ
  57. ^ Acer Liquid S2 - Full phone specifications”. gsmarena.com (2013年). 2013年12月15日閲覧。
  58. ^ Acer Liquid S2 specifications, features and comparison”. gadgets.ndtv.com (2013年). 2013年12月15日閲覧。
  59. ^ Sony Xperia Z5 Premium Dual”. gsmarena.com. Sony Mobile Communications Inc.. 2021年6月15日閲覧。
  60. ^ Samsung Galaxy S8レビュー:フラッグシップに相応しい、今手に入る一番美しいスマートフォン Gizmodo Japan、2020年3月7日閲覧。
  61. ^ テクノロジーの詰め込みっぷり半端ない! やってきた未来の息吹「Galaxy S8」ハンズオン! Gizmodo Japan、2020年3月7日閲覧。
  62. ^ The Samsung Galaxy S8’s beautiful hardware deserves a more unified software experience TechCrunch、2020年3月7日閲覧。
  63. ^ Samsung's Galaxy S8 is the most beautiful phone in the world Business Insider、2020年3月7日閲覧。
  64. ^ Infinity Displayで新しいスマートフォンの基準を目指した“史上最強”「Galaxy S8/S8+」 ケータイWatch、2020年3月7日閲覧。
  65. ^ 2年ぶりのフルモデルチェンジ、「Infinity Display」に込めた思い 開発陣に聞く「Galaxy S8/S8+」 ITmedia Mobile、2020年3月7日閲覧。
  66. ^ 17年の世界スマホ出荷、初の減少 米IDC調べ
  67. ^ 折れ曲がるスマートフォン「FlexPai」発表 フレキシブル有機ELディスプレイ搭載、商用で世界初
  68. ^ OPPO Find X レビュー:ノッチは消える運命。それを予感させる美プロダクト Gizmodo Japan、2020年2月29日閲覧。
  69. ^ Galaxyのノッチは形状別に2種、開発者会議で公開。カメラ内蔵画面や全画面モデルも Engadget Japanese、2020年2月29日閲覧。
  70. ^ 「世界初」ディスプレイ内カメラ搭載スマホ Honor View 20公開。パンチホール式スマホ続々
  71. ^ 世界初「指紋認証画面」搭載スマホ、Vivo X20 Plus UD正式発表。保護シートによって認証不良の可能性も
  72. ^ 動画:世界初の5G対応スマホ、韓国で発売
  73. ^ 5Gがもたらすもの Galaxy Mobile Japan、2020年1月28日閲覧。
  74. ^ Galaxyは2019年に670万台以上のGalaxy 5Gスマホを出荷し、世界中で5G(第5世代移動通信システム)の普及に貢献しています Galaxy Mobile Japan、2020年2月5日閲覧。
  75. ^ Galaxy S10 5G Samsung Galaxy Global Site、2020年2月5日閲覧。
  76. ^ Galaxy S10シリーズは4種! 世界初の超音波ディスプレイ指紋認証も
  77. ^ ひと足早くスタート 韓国で5Gを体感 「サムスン」が対応端末
  78. ^ 次世代5G対応、1年の遅れが命取りとなる日本
  79. ^ シャオミも画面下カメラスマホを公開。OPPOデモに即日反応
  80. ^ サムスンが「Galaxy Z Flip」を、あえて縦型の折りたたみにした理由とは?:ハンズオンレヴュー Wired Japan、2020年2月15日閲覧。
  81. ^ 「Galaxy Z Flip」の実機に触れる 縦長+小型だけがメリットじゃない ITmedia Mobile、2020年2月15日閲覧。
  82. ^ Galaxy Z Flip Galaxy Mobile Japan、2020年2月15日閲覧。
  83. ^ ファーウェイ最後(?)のGoogle Play対応機、「HUAWEI nova lite 3+」を買って格安SIMで使った
  84. ^ シャオミがアップルを抜いてスマホ世界シェア2位に! スマホ参入から10年で成し遂げた快挙
  85. ^ スマホシェア、アップル3位転落…首位サムスン」 YOMIURI ONLINE 2018年8月1日
  86. ^ 女性に人気の中国スマホ、美図が撤退 小米に事業譲渡 日本経済新聞 2019年4月15日
  87. ^ iOSとAndroid、スマホOSのシェア99.9%に…「その他」消滅の多大な恩恵 ビジネスジャーナル 2018年6月26日
  88. ^ “日本の携帯電話メーカーの生きる道 海外事業進出の出遅れが苦境の原因?”. (2013年7月5日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130624/487336/ 2013年7月7日閲覧。 
  89. ^ ベトナム「国産スマホ」続々、低価格武器に攻勢”. 日本経済新聞 (2018年6月27日). 2018年6月30日閲覧。
  90. ^ INOI официальный сайт
  91. ^ Inoi R7 16Gb, Black, Dual SIM, 4G LTE, 3G, код 4660042750224
  92. ^ Российский смартфон Inoi R7 на российской ОС - YouTube youtube.com |2017年3月3日閲覧
  93. ^ Планшет INOI Tab8, код 4660042753652
  94. ^ 東洋経済2008年6月10日
  95. ^ iPhone不振は「想定内」とKDDI小野寺社長 「スマートフォンよりケータイの方が使いやすい」
  96. ^ iPhoneやめました
  97. ^ ガラスマとは 「ガラパゴススマートフォン」: - IT用語辞典バイナリ
  98. ^ スマートフォン利用率は個人が39.9%、企業が41.7%とほぼ倍増 個人のスマートフォンユーザーのFacebook利用率は38.7%9年目の実績、個人3262人企業担当者1795人 『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2013』 11月22日(木)発売 - インプレス R&D
  99. ^ スマホ半導体 調達ピンチ 独占クアルコム供給難 2012年12月18日閲覧
  100. ^ 石井徹 (2015年7月9日). “G'zOneの精神がTORQUEに受け継がれるまで”. ケータイWatch. 株式会社インプレス. 2022年4月9日閲覧。
  101. ^ 2015年第4四半期のスマートフォン出荷台数852万台で前年同期比13.7%減――IDCが発表
  102. ^ “夜9時から家でもスマホ禁止に 愛知・刈谷の全小中学校”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2014年3月17日). オリジナルの2014年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140317111351/http://sankei.jp.msn.com/life/news/140317/edc14031715450001-n1.htm 
  103. ^ “中学生夜10時からスマホ禁止 福岡・春日市教委が宣言”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年7月5日). オリジナルの2014年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140705113800/http://www.asahi.com/articles/ASG745G14G74TIPE01W.html 
  104. ^ “福岡県で中学生が22時以降スマホ利用禁止へ”. マイナビニュース. ママスタ☆セレクト (マイナビ). (2014年8月13日). オリジナルの2014年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140819130252/http://news.mynavi.jp/news/2014/08/13/323/ 
  105. ^ 中学生は夜10時以降のスマホ禁止、福岡県春日市が決定
  106. ^ Enrolling in Apple Developer Programs - Apple Developer(英語、AppleApple Developerの紹介ページ)
  107. ^ スマホが顕微鏡に 数百倍に拡大、ベンチャーが開発 朝日新聞 2016年8月22日
  108. ^ Xperia Z5 Compact SO-02H ソニーモバイルコミュニケーションズ
  109. ^ ヤマハ、OS X/iOS対応のワイヤレスMIDIアダプタ PC Watch 2016年1月22日
  110. ^ スマホ向けパルス・オキシメータが呼ぶ新たな議論 日経デジタルヘルス 2013年7月12日
  111. ^ スマホと連携するオムロンとパナソニックの血圧計を比べてみた【前編】 家電Watch 2013年3月21日
  112. ^ 喘息対策に利用するピークフローメーターのテック化を目指すMy Spiroo TechCrunch Japan 2014年4月7日
  113. ^ スマートフォン活用型エコー検査器[リンク切れ] WirelessWire News 2011年10月14日
  114. ^ This Doctor Diagnosed His Own Cancer with an iPhone Ultrasound MIT Technology Review 2017年10月27日
  115. ^ The gadget that scans for CALORIES: $249 Scio uses beams of light to analyse the amount of fat, carbs and proteins in food Daily Mail Online 2015年10月16日
  116. ^ スマホのイヤホンジャックに挿せば気温・体温・物の表面温度がわずか2秒で測定できる「Wishbone」を使ってみた GIGAZINE 2015年7月21日
  117. ^ あなたは「スマホ症候群」になっていませんか 日経ウーマン(2012年4月26日)
  118. ^ スマホ使いすぎで小指が変形した! 「怖すぎる症状」の訴え増える
  119. ^ あなたは「スマホ首」や「ストレートネック」になってない?専門家が教える正しい姿勢&解消ストレッチ方法”. ソフトバンク. 2021年6月20日閲覧。
  120. ^ スマホ首”. 日本大百科全書. 2021年6月20日閲覧。
  121. ^ スマホの使いすぎで指が変形!!? 恐ろしすぎる健康被害の実態
  122. ^ a b 10 Reasons Why Handheld Devices Should Be Banned for Children Under the Age of 12
  123. ^ スマホ 高校生「生活に影響」3割…岡山 YOMIURI ONLINE





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「スマートフォン」に関係したコラム

  • 株式取引をスマホで行える証券会社の一覧

    株式取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字が見...

  • ETFの取引をスマホで行える証券会社の一覧

    ETFの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字...

  • バイナリーオプションの初心者向け入門サイト一覧

    バイナリーオプションは、FXと同じように外国為替を扱う商品ですが、仕組みや取引のルールはFXと異なります。次のリストは、これからバイナリーオプションを始めようとする初心者向けに、バイナリーオプションの...

  • バイナリーオプションの取引をスマホで行うには

    バイナリーオプションの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もあ...

  • CFDのチャートを見るには

    CFDの価格をチャートで見るにはいくつかの方法があります。そのうち、CFD業者が配布している専用のチャート表示ソフトを用いてチャートを見るのが一般的です。専用ソフトの場合、チャート表示に加えてテクニカ...

  • FXの取引をスマホで行える業者の一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スマートフォン」の関連用語

スマートフォンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スマートフォンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスマートフォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS