ストロンチウム90 応用

ストロンチウム90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 02:29 UTC 版)

応用

他方でこの高いベータ線エネルギーや長い半減期を利用して、宇宙船、無人気象ステーションおよび航行用ブイの動作用エネルギー源の原子力電池して応用が進められている。

外部リンク


  1. ^ Nuclide Information 38-Sr-90”. 2011年4月8日閲覧。
  2. ^ a b 放射能ミニ知識 ストロンチウム-90 原子力資料情報室(CNIC)]
  3. ^ 三宅泰雄, 猿橋勝子, 葛城幸雄 ほか、「東京におけるCs-137及びSr-90の蓄積量」 『Papers in Meteorology and Geophysics.』 1961年 12巻 2号 p.180-181, doi:10.2467/mripapers1950.12.2_180
  4. ^ 八木浩輔 『基礎物理学シリーズ4 原子核物理学』 朝倉書店、1989年
  5. ^ Fission Product Yields per 100 Fissions or 235U Thermal Neutron Induced Fission Decay, T.R. England and B.F. Rider, LA-UR-94-3106, ENDF-349
  6. ^ Nuclide Information 38-Sr-89”. 2011年4月9日閲覧。
  7. ^ チェルノブイリ原発事故:何が起きたのか (PDF)
  8. ^ 山田勝美 『原子核はなぜ壊れるか』 丸善、1989年
  9. ^ 原澤進『ラジオアイソトープ 基礎原子力講座3』コロナ社、1979年
  10. ^ 文部科学省『放射性ストロンチウム分析法』放射能測定法シリーズ2、2003年 (PDF)
  11. ^ 日本分析化学会『分析化学便覧』丸善、1991年
  12. ^ 財団法人 日本分析センター
  13. ^ 放射性物質ストロンチウム90の迅速分析法の開発 (PDF) 福島大学
  14. ^ 中野政尚, 檜山佳典, 渡辺均 ほか、液体シンチレーションカウンタを用いた排水中89Sr及び90Sr迅速分析法 『RADIOISOTOPES』 2010年 59巻 5号 p.319-328, doi:10.3769/radioisotopes.59.319


「ストロンチウム90」の続きの解説一覧



ストロンチウム90と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

すべての辞書の索引



Weblioのサービス

「ストロンチウム90」の関連用語


2
56% |||||



5
52% |||||






ストロンチウム90のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ストロンチウム90のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストロンチウム90 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS