ステルシング ステルシングの概要

ステルシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/07 14:31 UTC 版)

性的暴行レイプと見なされ得るもので、生殖的強制の一種とされる[3]

歴史と実例

この行為を指して用いられる「ステルシング」という言葉は、少なくとも2014年のゲイコミュニティで確認することができる[4]

2017年に『コロンビアジャーナル・オブ・ジェンダー・アンド・ロー』に掲載されたステルシングに関する記事では[2][5] [6][7]、アレクサンドラ・ブロツキーが被害者の経験を記述し、法的解釈や検討され得る法的措置について説明している。

ブロツキーは、様々なウェブサイトやフォーラムでステルシングがどのように語られているかについて記述しており[2] [5] [6]、これらのフォーラムがしばしばステルシングの成功を自慢したり、その方法を共有したりするものである事を指摘している[8]。ステルシングは「被害者の身体を脅かし、尊厳を傷つけるもの」とされるが、加害者はそれを「男性の自然な本能によるものとして正当化する」という。コロンビア・ロースクールのスザンヌ・ゴールドバーグ教授は、ステルシング自体は新しいものではないが、インターネット上で共有されるようになったのは最近の事であるとする[9]。ステルシングの手口は『The Experience Project』などのソーシャルメディアプラットフォームに投稿されている[10]

コンドームを付けてほしいという願いは、相手の反応への恐れや何らかの圧力、あるいは知識の欠如・働きかけへの不慣れなどによって、若者の性交渉において沈黙させられがちである。この問題に対処するためには、性交渉の相手がコンドームの必要性やその意義についての有益な情報を認識している事が重要である。(このアウトリーチのフォーラムには、 HIV / AIDSおよびSTIの健康的および不健康な人間関係の実践と予防プログラムの議論を促進するコミュニティ全体の介入が含まれる可能性がある)。予防のための安全教育等は学校が提供可能だが、この場合は学校に通わない子供が高リスクとなるため、コミュニティセンターや拘留センターなどの追加の手段も必要である[11]

ステルシングに関する統計は限られているが[6]、ケリー・キュー・デイビスらの行った調査によると、対象の若年男性の9.0%がコンドームを拒否したことがあり、ここにはステルシングも含まれるという[12]。また、The National Sexual Assault Hotlineは、ステルシングに関する電話相談を受けていると報告している。メルボルンに本拠を置く性的健康クリニックは近年の研究において、クリニックに通う患者のうち男性と性行為をした事のある女性および男性と性行為をした事のある男性を対象にステルシング被害経験を尋ね、状況要因を分析している。この調査では、女性の32%、同性と性的関係を持った男性の19%がステルシングを経験した事が報告されている。被害女性は現在セックスワーカーである可能性が高く、被害男性は不安やうつ病を報告する可能性が高かった。また、ステルシングを経験した女性と男性の両方の参加者は、ステルシングを性的暴行であると考える割合が被害を経験していない人々の3分の1であった[13]。また、米国の近年の2つの調査では、飲酒をする若い男性のおよそ10%が14歳以降にステルシングを行った事があると回答している。これを行った男性はそうでない男性よりも性感染症の罹患率やパートナーが計画外の妊娠をしている割合が高かった[14]。もう一つの研究では若い女性の12%が合意に基づかないコンドームの取り外しを経験しており、行為者は全ての例で男性であった[15]

フランスの男性外交官が「ステルシング」をした疑いで、パリ検察が捜査していることを、捜査関係者が2020年9月29日に明らかにした[16]

法的および倫理的懸念

英国の法律では、特定の性行為への同意は全ての行為への同意を意味しない条件付き同意であるとされている[17] [18]。2018年にはドイツで初のステルシングによる性的暴行の有罪判決が下されており[19]、2017年にはスイス・ローザンヌの裁判所が、「相手の予期に反して性行為中にコンドームを取り外す」という行為を含むレイプについて有罪判決を下している[20][21]。しかし後者の判決は、2019年、スイス連邦最高裁判所で破棄され、同最高裁は、被告は有罪であるものの、前述の行動自体に違法性はない旨判示した[22]。2014年には、カナダ最高裁判所が、コンドームに穴を空けた者を性的暴行で有罪とする原判決を支持し、判決が確定した[10]

アメリカにおいては、現行法にステルシングを裁く法令はなく、関連する訴訟も知られていない[2] [5]。ブロツキーはステルシングに関する調査で、スイスとカナダの裁判所が「パートナーに気付かれないようにコンドームの破損・取り外しをする行為」を有罪とした事に触れており[6]、ステルシングをレイプの一種か、それに類する行為であると述べている。

オーストラリアにおけるステルシングの裁判例は現在進行中であるが[23]、ニューサウスウェールズ州法学会の会長が「ステルシングは同意の条件を覆しており、性的暴行である」と主張している[24] [3]

こうしたステルシングの問題は日本国内でも被害の声が出ていて、弁護士上原幹男は「ステルシングは性暴力であり、相手に精神的な苦痛が来た場合は法的責任に問われる可能性がある」と言う[25]。またNPO法人ピルコン代表理事の染矢明日香は「女性がステルシングに気づいても、相手との関係が崩れるのを恐れ、被害を相談しにくい現状がある」としたうえで、「男性は軽い気持ちで性行為中にコンドームを外すケースも多いが、避妊に協力しないことは相手の尊厳を傷つける問題なのを社会で共有する必要がある」と答えている[25]


  1. ^ Hatch, Jenavieve (2017年4月21日). “Inside The Online Community Of Men Who Preach Removing Condoms Without Consent”. Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/entry/inside-the-online-community-of-men-who-preach-removing-condoms-without-consent_us_58f75eb2e4b05b9d613eb997 2017年4月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d e Brodsky, Alexandra (2017). “'Rape-Adjacent': Imagining Legal Responses to Nonconsensual Condom Removal”. Columbia Journal of Gender and Law 32 (2). SSRN 2954726. 
  3. ^ a b The Age, 3 June 2019, One in three women victim to 'stealth' condom removal
  4. ^ Klein, Hugh (22 October 2014). “Generationing, Stealthing, and Gift Giving: The Intentional Transmission of HIV by HIV-Positive Men to their HIV-Negative Sex Partners”. Health Psychology Research 2 (3): 1582. doi:10.4081/hpr.2014.1582. ISSN 2420-8124. PMC 4768590. PMID 26973945. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4768590/. 
  5. ^ a b c d Kelly, Laura (2017年4月30日). “Law paper condemns 'stealthing' assailants removing condoms during intercourse without consent”. The Washington Times. http://washingtontimes.com/news/2017/apr/30/stealthing-sex-assault-of-removing-condom-during-i/ 
  6. ^ a b c d e Nedelman, Michael (2017年4月27日). “Some call it 'stealthing,' others call it sexual assault”. CNN. http://www.cnn.com/2017/04/27/health/stealthing-sexual-assault-condoms/index.html 
  7. ^ Howard, Dave (2017年5月10日). “What it's like to be a victim of 'stealthing'”. Newsbeat (BBC News). http://www.bbc.co.uk/newsbeat/article/39860999/what-its-like-to-be-a-victim-of-stealthing 
  8. ^ Glasser, Eric (2017年4月25日). “Should it be a crime to remove a condom during sex?”. St. Petersburg, Florida: WTSP. http://www.wtsp.com/mb/news/local/stealthing-the-practice-of-removing-condoms-during-sex-is-on-the-rise/433971040 
  9. ^ Rosenblatt, Kalhan (2017年4月29日). “What is 'stealthing'?: Disturbing sexual practice detailed in new report”. NBC News. https://www.nbcnews.com/news/us-news/stealthing-victims-describe-partners-removing-condoms-during-sex-without-consent-n752681 
  10. ^ a b Mullin (2017年5月3日). “'I felt like I had been raped': Stealth removal of condom during sex raises legal, ethical concerns”. CBC. 2017年5月9日閲覧。
  11. ^ Teitelman AM, Tennille J, Bohinski JM, Jemmott LS, Jemmott JB III Unwanted unprotected sex: Condom coercion by male partners and self-silencing of condom negotiation among adolescent girls. Advances in Nursing Science, 2011; 34 (3): 243-259
  12. ^ Davis, Kelly Cue; Stappenbeck, Cynthia A.; Norris, Jeanette; George, William H.; Jacques-Tiura, Angela J.; Schraufnagel, Trevor J.; Kajumulo, Kelly F. (1 May 2014). “Young Men's Condom Use Resistance Tactics: A Latent Profile Analysis”. The Journal of Sex Research 51 (4): 454–465. doi:10.1080/00224499.2013.776660. ISSN 0022-4499. PMC 3723757. PMID 23548069. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3723757/. 
  13. ^ Bradshaw, Catriona S.; Read, Tim R. H.; Chow, Eric P. F.; Cornelisse, Vincent J.; Fairley, Christopher K.; Vodstrcil, Lenka A.; Latimer, Rosie L. (2018-12-26). “Non-consensual condom removal, reported by patients at a sexual health clinic in Melbourne, Australia”. PLOS ONE 13 (12): e0209779. Bibcode2018PLoSO..1309779L. doi:10.1371/journal.pone.0209779. ISSN 1932-6203. PMC 6306234. PMID 30586420. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6306234/. 
  14. ^ Davis, Kelly Cue (2019-07-01). “"Stealthing": Factors associated with young men's nonconsensual condom removal.”. Health Psychology 38 (11): 997–1000. doi:10.1037/hea0000779. ISSN 1930-7810. PMID 31259595. 
  15. ^ Davis, Kelly Cue; Stappenbeck, Cynthia A.; Masters, N. Tatiana; George, William H. (May 2019). “Young Women's Experiences with Coercive and Noncoercive Condom Use Resistance: Examination of an Understudied Sexual Risk Behavior”. Women's Health Issues 29 (3): 231–237. doi:10.1016/j.whi.2019.01.005. PMC 6578870. PMID 30826133. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6578870/. 
  16. ^ 性行為中に避妊具外す「ステルシング」疑惑、仏外交官を捜査 AFPBB News (2020年9月30日) 2020年10月3日閲覧。
  17. ^ “Man Convicted of Rape After Removing Condom During Sex Without Consent”. Broadly. https://broadly.vice.com/en_us/article/man-convicted-of-rape-after-removing-condom-during-sex-without-consent 2017年4月23日閲覧。 
  18. ^ CPS Legal Guidance”. www.cps.gov.uk. Crown Prosecution Service. 2017年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月24日閲覧。
  19. ^ “Police officer found guilty of condom 'stealthing' in landmark trial”. CNN. (2018年12月20日). https://edition.cnn.com/2018/12/20/health/stealthing-germany-sexual-assault-scli-intl/index.html 2019年2月18日閲覧。 
  20. ^ “Man convicted of rape for taking off condom during sex”. The Independent. (2017年1月11日). https://www.independent.co.uk/news/world/europe/man-convicted-rape-condom-sex-switzerland-a7521891.html 2017年4月23日閲覧。 
  21. ^ Williams, Zoe (2017年1月16日). “Is removing a condom without permission rape?”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2017/jan/16/removing-condom-without-permission-rape-swiss-court-definition-non-consensual-sex 2017年4月24日閲覧。 
  22. ^ Felber, Tom (2019年11月28日). “"Stealthing", das heimliche Abziehen des Kondoms, ist moralisch "unterste Schublade", aber derzeit nicht strafbar” (ドイツ語). Neue Zürcher Zeitung. https://www.nzz.ch/zuerich/stealthing-das-heimliche-abziehen-des-kondoms-bleibt-straffrei-ld.1525042 2019年11月28日閲覧。 
  23. ^ McVeigh, Sarah (2017年5月19日). “Could this be Australia's first stealthing court case?”. triple j. http://www.abc.net.au/triplej/programs/hack/could-this-be-australias-first-stealthing-court-case/8534190 2017年5月21日閲覧。 
  24. ^ “"Is this rape?" The legal grey-area around prosecuting 'stealthing' in Australia”. triple j. (2017年5月2日). http://www.abc.net.au/triplej/programs/hack/stealthing-and-the-law/8489348 2017年5月21日閲覧。 
  25. ^ a b 「ステルシング」性暴力の一種だとして被害を訴える声 | NHK
  26. ^ Castillo (2020年7月6日). “I May Destroy You Recap: Mic Drop” (英語). Vulture. 2020年7月13日閲覧。
  27. ^ Félix. “Michaela Coel’s Chaos and Charisma in “I May Destroy You”” (英語). The New Yorker. 2020年7月13日閲覧。
  28. ^ Episode 5, I May Destroy You (June 22, 2020). BBC/HBO.


「ステルシング」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ステルシングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ステルシングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステルシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS