スカイフィッシュ スカイフィッシュの概要

スカイフィッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 08:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

1995年、ビデオ編集者のホセ・エスカミーラ (Jose Escamilla) が、仕事中にビデオ映像をコマ送りすることによって発見した。ビデオカメラ写真には写るが、実際に捕獲された報告が無いことから話題となり、日本を含め各地で同様の事例が報告された。

推定されていた特徴

全長
長さ数cm - 2m。その他、全長約30mと言われたり、15cmほどであるとも言われた。
形状
棒状の体で、側面に帯状のひれを持つ。また、棒状の体には体節があり、各節にがあるともされた。
性質、起源など
ひれを波の様に動かして、空中を超高速(肉眼で捉えられないスピード)で飛行する生物ではないかと考えられた。生物学者のケン・スワーツは、「古代カンブリア紀)に棲息していたバージェス動物群の一種、アノマロカリスの生き残りが進化したもの」という説を提唱した[2]

正体

長い残像を引いて写った蛾

近年の検証により、スカイフィッシュの正体はハエなどの昆虫であると判明した。カメラの眼前に飛んでいるハエなどの昆虫が入り込んだ場合、残像のように映る。これが、あたかも高速で飛び回る棒状の生物が映ったかのように見える。この現象をモーションブラー現象という。ビデオカメラや写真には写るが、肉眼で発見する者や実物の捕獲例が皆無なのはこのためであると考えられる[3]

関連項目

外部リンク


  1. ^ UMA事件クロニクル. 彩図社. p. 260 
  2. ^ UMA事件クロニクル. 彩図社. p. 264 
  3. ^ UMA事件クロニクル. 彩図社. p. 262 


「スカイフィッシュ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スカイフィッシュのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スカイフィッシュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスカイフィッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS