ジャガー・XJ ジャガー・XJの概要

ジャガー・XJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/21 18:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

1960年代中盤、ジャガーのサルーンは、デイムラーを除けば大型高級サルーンであるマークXおよび小型サルーンであるSタイプというラインナップであった。1960年代後半には、マークXは420Gへとモデルチェンジ、またSタイプをベースに420GとSタイプの間を埋めるべく発表された420という、3モデルのラインナップとなったが、420Gも420もすでに旧態依然となっており、ジャガーは新たなサルーンの開発に迫られていた。

XJシリーズは新たなジャガーのアイコンとなるべく開発され、1968年に登場。その後1986年2003年とモデルチェンジを続けながら進化を遂げ、2009年7月9日に最新型である4代目が発表された。なお販売は2010年から(イギリス市場)となると発表されている。

シリーズI

ジャガー・XJシリーズI
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア・セダン
エンジン 直列6気筒DOHC2,792 cc(XJ6 2.8/XJ6L 2.8)
直列6気筒DOHC4,237 cc(XJ6 4.2/XJ6L 4.2)
V型12気筒SOHC5,344 cc(XJ12/XJ12L)
駆動方式 FR
変速機 4速MT[1]/4速+OD付MT[2]/3速AT[1]
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン+コイル/スタビライザー、後:ロアーウィッシュボーン/ラディアスアーム+ツインコイル[2]
全長 4,810 mm[1][2]
全幅 1,770 mm[1][2]
全高 1,340 mm[1][2]
ホイールベース 2,760 mm[1][2]/2,870 mm[1]
車両重量 1,539 kg[1][2]
先代 Sタイプ420240/340
後継 ジャガー・XJシリーズII
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

スタイリングはウィリアム・ライオンズが手がけ、イメージは従前の420Gに似ている[1]。内装は従前通りウォールナットと本革で仕立てられた[1]。ただし安全性向上のためダッシュボード上端には厚いパッドが内蔵され、センタースイッチはトグル式からピアノキー型に置換されている[1]

XJ6シリーズI

1968年、Sタイプ420240/340の後継車との位置づけ[1]で発売された。

サイズは全長4,810mm[1]、全幅1,770mm[1]、全高1,340mm[1]、ホイールベース2,760mm[1]とやや拡大[1]された。車両重量は1,539kg[1]Sタイプ420との比較[1]では軽量化され、運動性能も非常に高かった[1]。このモデルの登場によりジャガーのサルーンのラインナップは1970年まで生産が続けられた420Gを除き1本にまとめられることになった。

直列6気筒DOHCXKエンジンで2.8リットルと4.2リットルの2種類が設定された。2.8リットルは内径φ83.0mm×行程86mmで2,792 cc[注釈 1]、180hp/6,000rpm[1]。4.2リットルは420Eタイプから踏襲された内径φ92.1mm×行程106mmで4,237 cc[注釈 2]、245hp/5,500rpm[1]

トランスミッションは4速MTまたは3速ATの組み合わせ[1]

サスペンションは前がダブルウィッシュボーン+コイル、後ろがEタイプから踏襲したロアーIアームとアッパーアームを兼ねるドライブシャフト、トレーリングリンクで位置決めして左右2個ずつのコイル/ダンパーで吊る形式を採用した[1]。ただし後ろサスペンションシステムをサブフレームに取り付け、ボディとサブフレームの間にラバーブッシュを介して雑音や振動を遮断している[1]

タイヤは、当時としては極端に太くロープロファイルのラジアルをダンロップと共同開発して装着した[1]

ロールス・ロイスを凌ぐ程の静粛性快適性と、サルーンとは思えない運動性を高度に両立して高い評価を受けた[1]

XJ12シリーズI

1972年7月に登場した、EタイプシリーズIIIに搭載されていた内径φ90 mm×行程70 mm[2]V型12気筒5,344 cc[注釈 3]エンジンを253hpとややデチューンして搭載したモデル[1]。トランスミッションは3速ATのみ。重量は1,821 kgとなった[1]。最高速度は223km/h[1]。同時にバッジエンジニアリング版であるデイムラー・ダブルシックスも登場した。

XJ6LシリーズI

1972年9月に登場した、XJ6シリーズIのホイールベースを2,870 mmに拡大したモデルで、420Gの後継車[1]に当たる。ホイールベース拡大分は後席の居住性向上に充てられた[1]。エンジンは4,237 ccのXKエンジンのみ[1]MT仕様はオーバードライブ付きが標準となった[1]バッジエンジニアリング版であるデイムラー・ソブリンも用意された。

XJ12LシリーズI

1972年9月に登場した、XJ12シリーズIのホイールベースを2,870 mmに拡大したモデルで、ホイールベース拡大分は後席の居住性向上に充てられた[1]バッジエンジニアリング版であるデイムラー・ダブルシックスも用意された。

シリーズII

1973年にアメリカ合衆国の安全基準を満たすためにフロントバンパー位置などを変更してシリーズIIとなり、またインストルメントパネルのスイッチが大幅に整理された[1]。これに伴い従前モデルはシリーズIと呼ばれるようになった。日本にはアメリカ合衆国輸出仕様をベースとしたモデルを輸入したため、バンパーはゴム製で、前照灯が4灯同径であった[1]

XJ6シリーズII

本国仕様の4,237 ccエンジンは245 hp/5,500 rpmであったが日本仕様は圧縮比8.1、ボッシュ製Lジェトロニックを装備して175PS/4,750rpmとなった[1]

1975年に標準ホイールベース版が製造中止され、従前のXJ6LがXJ6という呼称になった[1]

1975年5月2,792 ccエンジンが廃止され、新たに内径φ83 mm×行程106 mmで3,441 cc[注釈 4]、163 hpモデルが発売された[1]

XJ12シリーズII

1975年にルーカス製燃料噴射装置が装備されるとともに標準ホイールベース版が製造中止され、従前のXJ12LがXJ12という呼称になった[1]

1977年にATGM製に変更された[1]

XJ6CシリーズII

アメリカ合衆国市場を考慮して2,760 mmのホイールベースに2ドアクーペのボディを載せたモデルが発売された[1]。エンジンは4,237 ccのみ[1]XJ-S発売に伴い1978年に製造中止された[1]

XJ12CシリーズII

アメリカ合衆国市場を考慮して2,760 mmのホイールベースに2ドアクーペのボディを載せたモデルが発売された[1]XJ-S発売に伴い1978年に製造中止された[1]




  1. ^ 3.14159×(8.3/2)×(8.3/2)×8.6×6=2791.87134279。
  2. ^ 3.14159×(9.21/2)×(9.21/2)×10.6×6=4237.07245467。
  3. ^ 3.14159×(9/2)×(9/2)×7×12=5,343.84459。
  4. ^ 3.14159×(8.3/2)×(8.3/2)×10.6×6=3,441.14374809
  5. ^ High Efficiency、高効率の意。
  6. ^ 3.14159×(9.1/2)×(9.1/2)×8.3×6=3,238.93059535。
  7. ^ 3.14159×(9/2)×(9/2)×7.85×12=5,992.7400045。
  8. ^ 3.14159×(9.1/2)×(9.1/2)×8.3×6=3,238.93059535。
  9. ^ 同時にデイムラー・ダブルシックスも「X300」系ボディの「X305」となった。
  10. ^ 3.14159×(9.1/2)×(9.1/2)×8.3×6=3,238.93059535。
  11. ^ デイムラーも過給器付きV型8気筒を搭載したスーパーV8となった。
  12. ^ NAモデルはZF製、スーパーチャージャーモデルはメルセデス・ベンツ製。
  13. ^ 本国及びアメリカでは「X300」系発売当初から設定があったグレードである
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo 『ワールド・カー・ガイド12ジャガー』pp.97-112「近年のジャガー」。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『ワールド・カー・ガイド12ジャガー』pp.165-185「プロダクション・モデルのスペック」。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『輸入車ガイドブック1997』p.222。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『輸入車ガイドブック1997』p.93。
  5. ^ 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. (2013). pp. 52. ISBN 9784779617232. 
  6. ^ a b c d 『輸入車ガイドブック1993』p.222。
  7. ^ a b c d e f 『輸入車ガイドブック1994』p.222。
  8. ^ a b c 『輸入車ガイドブック1994』p.86。


「ジャガー・XJ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャガー・XJ」の関連用語

ジャガー・XJのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジャガー・XJのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャガー・XJ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS