ジェガン ジェガンの概要

ジェガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 04:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

作中の軍事勢力の一つである地球連邦軍の主力量産機で、それまでの作品に登場するジムおよび系列機の発展型。『逆襲のシャア』劇中では配備が開始されたばかりの新型機であり、主人公アムロ・レイが所属するロンド・ベル隊の主力機として運用される。劇中ではジムと同じくやられ役だが、主要人物のひとりハサウェイ・ノアが搭乗して活躍する場面もある。1991年の映画『機動戦士ガンダムF91』では「最新鋭の小型MSに蹂躙される旧式機」として再登場するが、このとき「作中年代で30年以上に渡って改修を加えながら運用され続けた信頼性の高い量産機」という設定も付加され、のちに『逆襲のシャア』と『F91』の間の時代を描いた小説・アニメ『機動戦士ガンダムUC』では両作の過渡的なバリエーション機が登場する。

本記事では、上記作品やそのほかの外伝作品などに登場するバリエーション機などについても解説する。

デザイン

『逆襲のシャア』に登場するオリジナル版は、出渕裕のラフデザインをもとに佐山義則がクリンナップをおこなった[要出典]。当時出渕は『機動警察パトレイバー』のデザインも進めており、ちょっと引っ張られて似てしまったことが反省点とのちに語っている[1]。各部パーツを排除したシンプルなシルエットになっており、連邦の代表的量産機ジムのデザインとは別系統の方向に発展している[2]。腰部フロント・アーマーがないのは、ジムと印象を変えたいというプロデューサーの内田健二からの要望による[1]。バックパックは鈴木雅久のデザインを出渕が採用しており、ラフの段階ではスラスターが2基でバックパックも大きめになっているが、決定稿ではスラスター1基に変更された[2]

『F91』に登場するバリエーション機(ただし、J型の機体デザインは『逆襲のシャア』版とほとんど変わらない)は石垣純哉が担当。体調を崩していた大河原邦男に代わり、当時サンライズ企画室所属だった石垣が出渕のデザインをもとにリメイクした[3]。MSの小型化がおこなわれたため、対比のために以前の大きさの機体のジェガンを、旧型で大きい「やられ役」としてアレンジしている[4]。担当することになった理由として石垣は、まだ大河原のラフデザインがなかったため試しにヘビーガンをベースにジェガンとのあいの子的なラフデザインを描いてみたところ、最後までやってみろと言われたとのちにTwitterで述懐している[5]

『UC』に登場するバリエーション機はカトキハジメが担当。作品世界としてはのちの時代となる『F91』に登場するバリエーション機への繋がりを意識したものとなっている。

設定解説

諸元
ジェガン
JEGAN
型式番号 RGM-89
全高 20.4m[6]
頭頂高 19.0m[7]
本体重量 21.3t[7]
全備重量 47.3t[7]
装甲材質 チタン合金セラミック複合材[7]
出力 1,870kW[7]
推力 12,700kg×1[7] / ×2[8]
9,200kg×4[7] / ×2[8]
8,800kg×2[7]
総推力:61,400kg[9] / 48,700kg[6][注釈 1]
センサー
有効半径
14,200m[7]
武装 ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
バルカン・ポッド・システム
ハンド・グレネード×3
シールド(2連装ミサイルランチャー×2)
搭乗者 ケーラ・スゥ
ハサウェイ・ノア
ユウ・カジマ
ロンド・ベル隊
地球連邦軍一般兵
その他 アポジモーター×19[7]

U.C.0089年に制式採用された地球連邦軍主力量産型MS[10]。開発・生産はアナハイム・エレクトロニクス (AE) 社が担当した[7]。本機は一年戦争期からのジム、ジムIIジムIIIといった地球出身者が開発したジムシリーズ[10]と、エゥーゴ由来でAE社が開発・製造したネモネロ系の技術を融合させた機体であり[11]、連邦製標準MSの後継機となる[10]

頭部には固定式のメインカメラ、額部には長距離用センサーが採用されており[7]、各部の装甲は必要かつ十分な強度と、運動性を両立させた重量バランスでまとめられている[10]。胸部の排熱ダクトは小型化され、耐弾性が向上している[11]。下半身の構造はバーザムガンダムTR-1ガンダムTR-6からの技術的影響を受けており[12]、脚部は運動性向上の目的で[13]フロントスカートが省略され、その代わりとして腿部前面に増加装甲が施されている[11]。これによって関節部が露出する結果となったが、脚部の駆動抵抗の低減と軽量化に寄与している[11]

バックパックは大型1基と小型2基のメインスラスターに加え、ガンダムMk-IIのように[12]上部左右に可動式バーニアアームを装備している。加速性と機動性はグリプス戦役時の高機動機にも匹敵し、燃料搭載量も増加している。さらには、補給時に基部ごと交換することにより、迅速な戦線復帰を可能としている[10]コックピットには新型の球状操縦桿「アーム・レイカー」が採用されているが、一部の系列機ではのちに従来のスティック式へ戻されている[14][15]

本来は宇宙用に開発された機体であるが、重力下環境にもほぼ無改造で適応し、オプションの増設や換装で局地戦にも柔軟に対応できる[10]。さらに、サブフライトシステムベースジャバー」や、リゼルアンクシャといった可変MS[16]と連携することにより、長距離移動任務にも対応可能となっている。

主要な部品の製造をタキム重工サムソニ・シムモンテレー電子イオタ工業などの企業が担当しており[17]、改良を重ねたMSの設計コンセプトが統合されていることから信頼性は高く[18]、U.C.0088年のハマーン・カーンの蜂起に始まる一連の第一次ネオ・ジオン抗争以降は反地球連邦勢力の活動が鎮静化しつつあったことから新型機の開発予算が削減され、基本性能と生産性に優れる本機のマイナーチェンジが繰り返されていく[19]

U.C.0093の第二次ネオ・ジオン抗争時に80機程度が生産され[13]、ロンド・ベル隊をはじめ次第に連邦軍全体へ配備されていく。U.C.0110年代初頭には、AE社製のヘビーガンサナリィ製のFシリーズといった15メートル級の第2期MSの生産が開始されるが、配備の遅れからジェガンタイプはU.C.0120年代初頭前後まで生産と配備が継続される。しかし、クロスボーン・バンガード (CV) の小型MSにはまったく対抗できず、主力機の世代交代が加速。U.C.0120年初頭までの総生産数は、平時が続いたことから系列機を含めて3000機に満たなかったといわれる[20]

武装

ビーム・ライフル
短銃身型で出力と射程距離に劣るぶん、取り回しと速射性に優れる。銃身上部に複合センサーを装備しており、混戦時に併用することで敵機を確実に排除可能[10]
ビーム・サーベル
右腰のラックに1基を装備する。2基のビーム発生口を利用することで出力の調整を可能とし[7]、斬撃に適した扁平な刀身と、貫通力に優れる細身の刀身に切り替えることができる[10]。ラックには、急速充填が可能なキャパシター・システムが内蔵されている[10]
バルカン・ポッド・システム
左側頭部に装備される小型機関砲だが、スペック表では「×2」とされることも多い[8]ガンダムMk-II用の発展型だが、半固定式となっており、弾倉は右側頭部から頭部内に装填する[7]。『逆襲のシャア』では、このバルカンの連射だけでギラ・ドーガのシールドを削り取りながら撃墜する描写がある。
ハンド・グレネード
左腰のラックに3発を装備。信管は時限式と金属反応式(センサー式)の複合型で[7]、いずれかを選択して使用する[10]
シールド
表面に耐ビームコーティングが施されており、ビーム兵器による攻撃に対して一定の耐性を持っているとされるが[21]、耐えるよりもビームを弾いたり逸したりするための構造と材質を採用している[10]。また、2連装ミサイル・ランチャーを2基装備する。搭載されるミサイルの先端には複合センサーが装備されており、ミノフスキー粒子散布下でも少ない干渉で誘導可能だが、推進剤の容量が少ないため、射程は短い[7]

劇中での活躍

初出作品である1988年のアニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、第二次ネオ・ジオン抗争時におけるロンド・ベル隊の主力MSとして活躍。同じアナハイム製であるネオ・ジオン軍の主力機ギラ・ドーガとは対等に位置する機体とされているが、映画公開当時の書籍記事の中には、ギラ・ドーガなどと比較して性能の低い機体であると紹介しているものもあり[22]、敵MSを圧倒するような活躍は少ない。

νガンダム受領のために不在のアムロ・レイ大尉に替わり、リ・ガズィのパイロットはケーラ・スゥ中尉となったが、5thルナにおけるシャア・アズナブルとの戦闘で負ったダメージによる修理が完了しておらず、ケーラはやむをえずジェガンで出撃する。ケーラはネオ・ジオンのレズン・シュナイダーが搭乗する指揮官用ギラ・ドーガに追い込まれ、ラー・カイラムとの機銃に挟まれるが、間一髪駆けつけたアムロのνガンダムに救われる。

物語後半ではハサウェイ・ノアが無断で本機に搭乗して出撃し、大型モビルアーマー (MA) 「α・アジール」に搭乗するクェス・パラヤの説得を試みる。そこへチェーン・アギが搭乗したリ・ガズィが現れ、α・アジールは攻撃する。これに反撃する形でリ・ガズィも攻撃するが、ハサウェイのジェガンはα・アジールのメガ・ビーム砲を操作し、攻撃を阻止する。結局、ハサウェイの説得はチェーンの二度目の攻撃によって中断させられたうえ、クェスはα・アジールでハサウェイのジェガンを庇って機体を撃墜され、戦死する。クェスの死を目の当たりにしたハサウェイは逆上してビーム・ライフルを乱射し、リ・ガズィのコックピットに直撃したことによってチェーンは戦死する。小説版『ベルトーチカ・チルドレン』では、クェスがνガンダムごとアムロをα・アジールの巨躯で押しつぶそうとした際、ハサウェイがジェガンのビーム・ライフルの一撃をα・アジールのコックピット部分に誤って直撃させ、クェスを殺害してしまう。このことが、続編である小説版『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』においてハサウェイのトラウマとなる。

物語終盤では、地球へ落下するアクシズをνガンダムの推力で押し返そうとするアムロの無謀な試みに、予想外の加勢というかたちで無数のジェガンやジムIIIが次々と駆けつけ、敵であるギラ・ドーガ群とともにアクシズに取り付いてアムロに協力するが、摩擦熱やオーバーロードに耐えきれず爆発する機体が続出する[23]。自身とシャア以外の犠牲を嫌ったアムロのνガンダムが発生させたサイコフレームの共振で発生した光により、最終的には残存機体はすべてアクシズから弾き飛ばされる。

『逆襲のシャア』と『機動戦士ガンダムUC』の間を描いた漫画『機動戦士ガンダムUC 虹に乗れなかった男』では、ハサウェイの搭乗機は電装系のトラブルのために帰還していたという設定が追加された。また、本機は終戦後に連邦軍へ収容され、搭乗していたハサウェイはクェスの死とチェーンを殺害したショックで立ち直れない状態となっていたことが、ブライト・ノアの回想場面で語られる。

1997年のゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』において、3部作すべてをAランクでクリアした際のエンディングでは、同作の主人公であるユウ・カジマ大佐が第二次ネオ・ジオン抗争に参加したという後日談が語られる。ゲームではユウの乗機が明言されることはなかったが、皆河有伽による同作の小説版では、アクシズの地球落下阻止に赴いたMSのうち、それを押し返そうとしている途中に弾かれたギラ・ドーガの手を掴んだジェガンがユウの乗機であったとするなど、『逆襲のシャア』のクライマックスに絡めた描写が盛り込まれている。以降のユウが登場する関連作品でも、小説版での言及を踏襲した描写がされる場合がある。2018年の映画『機動戦士ガンダムNT』では、登場人物であるイアゴ・ハーカナの回想としてアクシズの落下を阻止しようとするνガンダムと無数のジェガンの映像が挿入されているが、大森倖三による同作の漫画版では、アクシズに取り付いて押し返そうとしていたジェガンたちの1機がイアゴの乗機であったと言及されている。

1990年の漫画『機動戦士ガンダムF90』では、第二次ネオ・ジオン抗争から27年を経ても連邦軍の主力機として運用されている。第13独立機動艦隊の艦載機として多数が参戦し、初の地球外惑星の戦闘に臨んだ。敵である火星独立ジオン軍の用いるRFシリーズと激しく交戦し、しばしば苦戦するものの互角以上に渡り合い、最終的にはRFシリーズと老兵による火星独立ジオン軍を殲滅する。

1991年のアニメ映画『機動戦士ガンダムF91』では、第二次ネオ・ジオン抗争から30年後、上記の火星戦役から3年後の時代を舞台として、マイナーチェンジを重ねた最終改良型J、R、M型がフロンティアI守備隊として多数がまだ現役で稼動しているものの、立ち位置は完全にロートル機として描かれている。クロスボーン・バンガード軍の新世代MSにはまったく歯が立たないため、パイロットたちが逃げ出す相談を行なう、避難民を巻き添えにしながら逃走するなど、「この大型ジェガンタイプではだめだ」と評される。特に、開戦初期にR型が一撃で首を蹴り飛ばされるシーンは、新旧MSの性能差を象徴している場面である。

1997年の漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』では、最終話において木星側MAディビニダドの破壊を行った連邦軍とスペースコロニーの連合部隊に、参戦した機体が確認できる。

2007年の小説および2010年のOVA『機動戦士ガンダムUC』では、第二次ネオ・ジオン抗争直後の時代を舞台として、D型をはじめ多数が主要キャラクターこそ搭乗しないものの、これまでの作品とは異なる勇戦ぶりを見せる。当時における最新の主力機であることが緻密な描写によって強調されており、袖付きが使用するガザDなどの旧型MS相手には性能差を見せる場面もある。当時の標準仕様であるD型だけでなく、後述のスタークジェガンエコーズ仕様などさまざまなバリエーション機や、上位機種となる[24]ジェスタおよびジェスタ・キャノンが登場する。配備先は宇宙が優先されていた模様で、地上ではepisode7の冒頭でシャイアン基地に数機配備されているのみである[注釈 2]。なお、『UC』に登場する各種バリエーション機はデザインの際に頭部や胴体を中心にパーツバランスが見直され、『逆襲のシャア』時よりも高頭身となっている。HGUCのプラモデル各種も『UC』版をベースに造形が行われているが、これはOVA版『UC』の製作開始に合わせて商品化が企画されたためである。

2021年公開の劇場版『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』では、物語冒頭でサブフライトシステムに搭乗したA型2機が、ハサウェイやギギ、地球連邦の関係者たちを乗せたシャトル「ハウンゼン」356便の護衛として登場する。また、空襲に遭ったダバオ空軍基地では、背部に消火剤のタンクを装備してスプレーを両手で保持したA型2機が、消火作業に当たる。なお、先述の小説版に本機は登場せず、主力量産機はグスタフ・カールに交代している。

宇宙世紀の次の時代を描いた2014年のテレビアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』では、「前世紀のクラシック・コレクション」として本機が他の宇宙世紀時代のMSと共に展示されている場面がある[26]


注釈

  1. ^ 12,700kg×1、9,200kg×2、8,800kg×2の場合の合計。
  2. ^ 「地上軍にはほとんど配備されていない」という資料がみられる[25]
  3. ^ 『ムーンガンダム』でメカデザインを務めている形部一平は、「νガンダムやサザビーが携行する大型ライフルに連なることを意図してデザインした」と語っている[29]
  4. ^ 『B-CLUB』第29号掲載の模型作例(出渕版)では、テレビアニメ『戦闘メカ ザブングル』に登場するウォーカー・ギャリアのライフルが流用され、シールドとビーム・サーベルはガンダムMk-IIのものが装備されていた。
  5. ^ 記事の作例を担当したモデラーによれば、先行する書籍には『B-CLUB』第29号掲載のRGM-88Xと、『ハイ・ストリーマー』に登場するジェダを同一の機体であると断定しているものはなく、TCG『ガンダムウォー』の記載があったのみであったとしている[34]
  6. ^ 原作小説のこの場面ではスタークジェガンという名称は明示されないものの、RGM-89Sという型式番号や増加装備の内容など、スタークジェガンの特徴が描写されている。一方、OVA版では公式サイトなどで機体名が明示されている。
  7. ^ アニメ版や原作小説にはパイロットがどのような人物であるのかという描写はない。ただし、プラモデルの解説書に掲載された読み物では、このパイロットは対サイコミュMS戦についての知識があるという言及がされているうえ、アクシズを押し返したνガンダムを見た経験もあることが示唆されている[58]
  8. ^ コールサインはジュリエット6、パイロットはマコ中尉。
  9. ^ アニメ版『ガンダムUC』本編episode1冒頭でクシャトリヤと交戦したスタークジェガンの戦術や、同場面の構図をなぞる演出となっているが、パイロットの名前や所属は明かされず、『ガンダムUC』本編に登場したキャロット所属機との関連性は明かされない。エピソードの登場人物であるドゥーエ・イスナーンダニー・セケンドに労いやアドバイスの言葉を残して去り、自分を「偽りのエース」と卑下するドゥーエから「あれが本物の撃墜王」と賞賛される。
  10. ^ 小説「不死鳥狩り」では、イアゴは「ラプラス事変」の最中に戦死するが、アニメ版では時系列などが変更されており、「ラプラス事変」後や『NT』の結末でも生存している。
  11. ^ ただし、それ以前に『Gジェネレーション』シリーズなどに出演したときにも、装備を追加する仕様の機体として現在のスタークジェガンに近いかたちに再デザインされており、そちらは現在ではCCA-MSV版としてあつかわれている。分かりやすいデザインの違いとしては、CCA-MSV版は3連装ミサイル・ポッドと共に大型ミサイル2基(核弾頭装備可能)が付いており、腰に通常のジェガンと同様のグレネードが残っている。
  12. ^ このビーム・ライフルは、OVA版『UC』のepisode6の終盤(RE:0096では第18話の冒頭)にある、バンシィ・ノルンとリゼルとの対決シーンで数カットだが登場する。プレミアムバンダイ限定のプラモデル『HGUC ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)』にも、説明書に言及がないがサービスパーツ扱いで入っている。
  13. ^ 『UC』のepisode6(RE:0096の18話)にて、ネェル・アーガマから発進したリゼルの1機が、バンシィ・ノルンに斬りかかる際にこれを左腕に装備しており、銃口からビーム・サーベルのようなビームを発振する。
  14. ^ 一方で、ST(センサーターレット)ガンと記述した資料もみられる[91]

出典

  1. ^ a b ガンプラファクトリー 2005, p. 98.
  2. ^ a b 出渕裕『出渕裕メカニカルデザインワークス (1)』ムービック、2000年8月、9頁。ISBN 978-4896014907
  3. ^ 『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション (B‐CLUB SPECIAL)』バンダイ、1991年5月、53頁。ISBN 978-4891891558
  4. ^ 『グレートメカニックG 2018WINTER』双葉社、2018年12月、38-42頁。ISBN 978-4575465136
  5. ^ @gakky1967 (2012年5月25日). "で、なんでジェガンを僕が担当することになったかというと" (ツイート). Twitterより2021年5月9日閲覧
  6. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、52-53頁。ISBN 4-89189-019-3
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x プラモデル『1/144 RGM-89 ジェガン』付属説明書、バンダイ、1988年3月。
  8. ^ a b c 『B-CLUB SPECIAL15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、83頁。ISBN 4-89189-336-2
  9. ^ 『ガンダムメカニクス4』ホビージャパン、1999年8月。ISBN 4-89425-208-2
  10. ^ a b c d e f g h i j k プラモデル『HGUC No.97 RGM-89 ジェガン』付属説明書、バンダイ、2009年8月。
  11. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、132頁。
  12. ^ a b A.O.Z Re-boot Vol.23 RMS-154 バーザム - 電撃ホビーウェブ。2016年5月、2016年10月28日閲覧。
  13. ^ a b 『B-CLUB』29号、バンダイ、1988年3月、66頁。ISBN 4-89189-409-1
  14. ^ 『機動戦士ガンダムUCメカニック&ワールド ep1-3』双葉社、2012年7月、47頁。(ISBN 978-4575464665)
  15. ^ a b c d ファクトファイル第59号 2005, p. 59-6.
  16. ^ 『機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス』角川書店、2010年8月、122頁。(ISBN 978-4047153608)
  17. ^ 『アナハイム・ジャーナル U.C.0083-0099』エンターブレイン、2003年12月、39頁。(ISBN 978-4757716636)
  18. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』角川書店、1998年8月15日初版発行、15-17頁。(ISBN 4-8402-0912-X)
  19. ^ a b ガンダム辞典1.5 2009, p. 298.
  20. ^ a b c d e 『B-CLUB Vol.70』バンダイ、1991年9月、46頁。ISBN 4-89189-450-4
  21. ^ 『決定版 ガンダム武器・防具伝』PHP研究所、2012年4月、89頁。(ISBN 978-4569803913)
  22. ^ 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 劇場版』学習研究社別冊アニメディア〉、1988年4月10日、70,76,79頁。
  23. ^ 小黒祐一郎 (2010年10月8日). “アニメ様365日 第467回 νガンダムは伊達じゃない!”. Webアニメスタイル. スタジオ雄. 2018年9月24日閲覧。
  24. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムUC』アスキー・メディアワークス、2014年12月、50頁。ISBN 978-4-04869-155-0
  25. ^ プラモデル『HGUC 1/144 ゼータプラス(ユニコーンver.)』バンダイ、2014年7月、付属説明書。
  26. ^ テレビアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』、第2話。
  27. ^ モビルスーツ・バイブル & No.8, pp. 6-9,15.
  28. ^ a b c d プラモデル『マスターグレード RGM-89 ジェガン』付属説明書、バンダイ、2018年7月。
  29. ^ a b c d e f g h i j 形部一平「ムーンガンダム メカニカルワークス Vol.15」『ガンダムエース』2019年6月号、KADOKAWA、40頁-41頁。
  30. ^ a b c d e f g h i 『B-CLUB』第29号、バンダイ、1988年3月、66頁。
  31. ^ a b c d e 形部一平「ムーンガンダム メカニカルワークス Vol.25」『ガンダムエース』2021年5月号、KADOKAWA、32頁-33頁。
  32. ^ 徳間デュアル文庫『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー1 アムロ篇』246頁 ISBN 4-19-905125-2
  33. ^ 徳間デュアル文庫『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー1 アムロ篇』31-34頁。ISBN 4-19-905125-2
  34. ^ TAZ. “RGM-88X ジェダ”. あたたかな水の中で身をまるめていた. 2018年9月25日閲覧。
  35. ^ MSバイブル8 2019, p. 14.
  36. ^ 葛木ヒヨン『機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン』第4巻、KADOKAWA、2016年7月、3頁。(ISBN 978-4041045466)
  37. ^ プレミアムバンダイ - HGUC 1/144 RGM-89 ジェガン(バーナム所属機)
  38. ^ a b c d MECHA公式 2021.
  39. ^ a b c d e f g ハサウェイパンフ豪華版 2021.
  40. ^ a b 『ホビージャパン別冊 機動戦士ガンダム「新世代へ捧ぐ」』1988年8月、51頁。
  41. ^ PC-98用ソフト『機動戦士ガンダム リターン・オブ・ジオン』付属データブック、ファミリーソフト、1993年4月、47頁。
  42. ^ 岡崎昭行『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編 II]』角川書店、2010年6月、99頁。
  43. ^ a b c d e f MSバイブル8 2019, p. 15.
  44. ^ a b c MSバイブル8 2019, p. 11.
  45. ^ a b c d e UCメカニック&ワールド ep4-6 2013, p. 43.
  46. ^ HGUC 1/144 RGM-89A2 ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)」プレミアムバンダイ、2016年5月7日閲覧。
  47. ^ ガンダムデュエルカンパニー 公式WEBサイト
  48. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE.46 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.7 デラーズ紛争編〈下〉】』バンダイ、1992年6月、135頁。
  49. ^ a b c d MSバイブル8 2019, p. 6.
  50. ^ MSバイブル8 2019, p. 7.
  51. ^ 『グレートメカニックスペシャル RGM-79 ジムBOOK』双葉社、2010年5月、68頁。(ISBN 978-4575464511)
  52. ^ MSバイブル8 2019, p. 16.
  53. ^ a b MSバイブル8 2019, p. 8.
  54. ^ プラモデル『HGUC No.123 RGM-89De ジェガン(エコーズ仕様)』付属説明書、バンダイ、2011年4月。
  55. ^ 『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep7』双葉社、2014年10月、46-47頁。(ISBN 978-4575464825)
  56. ^ a b c d e f g 竹内清人『小説 機動戦士ガンダムNT』KADOKAWA、2018年11月26日、4頁。
  57. ^ メカニカル”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年8月16日閲覧。
  58. ^ a b c d HGUCスタークジェガン 2010.
  59. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下巻)』角川スニーカー文庫、2010年2月、27頁。(ISBN 978-4044748067)
  60. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上巻)』角川スニーカー文庫、2010年2月、83-84頁。(ISBN 978-4044748050)
  61. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 8 宇宙と惑星と』角川スニーカー文庫、2011年11月、21頁。(ISBN 978-4044748302)
  62. ^ 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 9 虹の彼方に(上巻)』角川スニーカー文庫、2011年3月、35・77頁。(ISBN 978-4044748364)
  63. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス』角川書店、2010年8月。(ISBN 978-4047153608)
  64. ^ 『B-クラブスペシャル15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、106頁。(ISBN 978-4891893361)
  65. ^ a b ガンダムエース増刊『ガンダムユニコーンエースVol.2』での明貴美加インタビューより[要ページ番号]
  66. ^ a b 『月刊ガンダムエース』2014年8月号、角川書店、28頁。
  67. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムUC』メディアワークス、2014年12月、138頁。(ISBN 978-4048691550)
  68. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムUC』メディアワークス、2014年12月、121頁。
  69. ^ @t_kotobuki (2014年6月6日). "漫画用に考えたカイメモ版EWACジェガン" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  70. ^ 松浦まさふみ『機動戦士ガンダム ムーンクライシス 上巻』メディアワークス、1997年、85頁。ISBN 978-4-8402-0733-1
  71. ^ @matsuurama (2016年9月7日). "ESMジェガンさんは、両肩のステレオカメラで光学観測するやつな。電子情報索敵機のくせに超アナログ化したアホの子だよ!" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  72. ^ @matsuurama (2016年9月6日). "ESMジェガンさん補足。円筒形ポットは各種電子センサー。複数電子観測で干渉する場合は右左使い分けでロスタイムの無い優れもの。左右アームがフリーなのでバズーカみたいな超望遠光学レンズも使用可能。 アームは振動防止強化した狙撃機種と共用" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  73. ^ a b @matsuurama (2016年9月7日). "ESMジェガンさんはステレオカメラで距離測定も出来るので、ミノ粉悪天候でもレーダー同様の情況把握が出来る。元ネタは海軍艦の測距儀なのは言うまでも那須塩原。暇な時はデブリ観測に借りだれているのでフルタイム使いっぱなし。" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  74. ^ 松浦まさふみ『機動戦士ガンダム ムーンクライシス 上巻』メディアワークス、1997年、76・77・82 - 85頁。ISBN 978-4-8402-0733-1
  75. ^ a b c d e 講談社 『総解説 ガンダム辞典ver1.5』286頁 皆河有伽 ISBN 978-4-06-375795-8
  76. ^ a b 『データコレクション7 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』メディアワークス、1998年8月、17頁。
  77. ^ @matsuurama (2019年9月8日). "元々開示してない情報ですから、誤情報でもなんでもないです。創作のリレーなので観測者が断言すればそれでいいと思いますよ。謎ジェガンは多分ジェガンキャノン。Z乗りと仲の悪い海兵隊使用機。" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  78. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac EB CV建国戦争編 1991, p. 46-47.
  79. ^ EB CV建国戦争編 1991, p. 81.
  80. ^ a b c d e f NT100%F91 1991, p. 41.
  81. ^ 週刊MSバイブル第8号 2019, p. 14-16.
  82. ^ a b c F91オフィシャルエディション 1991, p. 82.
  83. ^ SUPER MJ 1992, p. 66.
  84. ^ a b NT100%F91 1991, p. 53.
  85. ^ a b F91パーフェクトファイル 1991, p. 108-109.
  86. ^ a b c d e ファクトファイル第59号 2005, p. 59-5.
  87. ^ ファクトファイル第59号, 2005 & p59-6.
  88. ^ a b EB CV建国戦争編 1991, p. 82.
  89. ^ 「第2章「陽動」」『エムジェイ』1992年7月号、バンダイ。
  90. ^ a b c d e f g h i j k 『B-CLUB the PLASTIC 1 機動戦士ガンダム作例集』バンダイ、1992年7月、62頁。 ISBN 4-89189-232-3
  91. ^ 『B-CLUB』第66号、バンダイ、1991年5月、89-90頁。ISBN 4-89189-446-6
  92. ^ a b c d 『B-CLUB the PLASTIC 1 機動戦士ガンダム作例集』バンダイ、1992年7月、107頁。
  93. ^ 1/100F90II Lタイプ 1991.


「ジェガン」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェガン」の関連用語

ジェガンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジェガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS