シングル文庫 檸檬倶楽部

シングル文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 06:21 UTC 版)

檸檬倶楽部

檸檬倶楽部
山本正之シングル
B面 ばばの酔いうた
黄昏ハイツ
グッバイあすふぁると
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
このまちだいすき
(1995年)
檸檬倶楽部
(1995年)
銀座のパキラ
(1995年)
テンプレートを表示

第一期第六弾、1995年9月21日発売。酒場とそこに生まれる付き合いをテーマにした四篇を収録。

収録曲
  1. 檸檬倶楽部(4:07)
    1985年から1990年まで存在していたファンクラブの会誌『檸檬倶楽部』を酒場に喩えて歌った曲。曲に使われている詩は会誌第一号の冒頭を飾っている。
  2. ばばの酔いうた(3:53)
    山本が自分で劇団を立ち上げて、稽古や本番の後の打ち上げに使った高田馬場の酒場の想い出を歌った曲。
  3. 黄昏ハイツ(3:19)
    『マサユキ天国』収録の『卒業すぎて』で歌われた女性の曲。酒場で働いていたこの女性は山本の様々なラブソングの原点である。
  4. グッバイあすふぁると(3:56)
    仕事仲間でもあった友人の吉田健美が一時期経営していた酒場「あすふぁると」の閉店に捧げた曲。

銀座のパキラ

銀座のパキラ
山本正之シングル
A面 銀座のパキラII 望郷編
B面 銀座のパキラIII 新幹線編
銀座のパキラIV 紐育編
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
檸檬倶楽部
(1995年)
銀座のパキラ
(1995年)
夕焼けの町
1996年
テンプレートを表示

第一期第七弾、1995年12月21日発売。『鐘ノネ響キテ』収録の『銀座のパキラ』の続編三篇を一挙収録。

収録曲
  1. 銀座のパキラII 望郷編(7:02)
    前作からの直接の続きで、都会で咲いていたパキラが故郷である南国に帰ろうと太平洋を渡る。
  2. 銀座のパキラIII 新幹線編(5:07)
    東京に帰ってきたパキラが、こだま号に乗って京都まで旅をする。しかし全駅を通るわけではなく、山本の出身である愛知県付近ばかりを周る。
  3. 銀座のパキラIV 紐育編(7:05)
    飛行機に乗ってアメリカ合衆国までやって来たパキラ。ニューヨークを始めとしてアメリカの名所を迷いながら旅する。

夕焼けの町

夕焼けの町
山本正之シングル
B面 錦町小学校1年さくら組
菜の花
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
銀座のパキラ
1995年
夕焼けの町
(1996年)
Jijyの逆襲
(1996年)
テンプレートを表示

第一期第八弾、1996年3月22日発売。山本の小学校時代の想い出を中心に制作された三篇を収録。なお、この三篇は1986年以前に制作されたものだが、詳しい年代は不明である。

収録曲
  1. 夕焼けの町(4:34)
    少年時代の想い出を、夕焼けの真っ赤な景色と絡めて歌った曲。
  2. 錦町小学校1年さくら組(3:19)
    山本が育った安城市の錦町小学校の想い出を歌った曲。
  3. 菜の花(4:12)
    山本の姉との想い出を歌った曲。山本によると「『明日からよその人』と繋がっている」とのことで、そこから様々な曲のモチーフに通じている。



  1. ^ ジャケット裏面の解説文「山本正之シングル文庫発刊にあたって」より抜粋。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シングル文庫」の関連用語

シングル文庫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シングル文庫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシングル文庫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS