シルエットフォーミュラプロジェクト ハーディガン

シルエットフォーミュラプロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 00:33 UTC 版)

ハーディガン

諸元
ハーディガン
HARDYGUN
型式番号 RGM-111
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
頭頂高 15.9m
本体重量 9.8t
全備重量 24.1t
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
出力 3,540kW
推力 19,920kg×3
9,980kg×4
武装 バルカン砲×2
メガ・マシンキャノン×2
3連グレネード・ラック×2
ビーム・サーベル
ダブル・ビーム・ガン×2
ビーム・ランチャー
シールド
ビーム・ライフル
搭乗者 ケビン・フォレスト
その他 アポジモーター×55[11]

アナハイムが『RGM-109ヘビーガン』をベースに開発した機体[12]。対外的には宇宙世紀0111年より開発に着手し、ヘビーガンの強化型である『ヘビーガンカスタム』を経て独自に制作した機体としてアナウンスされた[12]が、実際にはF71 Gキャノンの生産で得たノウハウとシルエットフォーミュラプロジェクトを進める中で取得したサナリィの技術をベースにF70 キャノンガンダムを再現することを目的として製作された[12]

サナリィからの技術転用により、ジェネレーターは大幅にパワーアップ。また、F90同様、機体各所にハードポイントが設置されている。F70をリニューアルした機体であり、系統的にヘビーガンとGキャノンの中間に位置づけられる[13]

武装
ビーム・ランチャー
バックパックに直接接続された大口径ビーム兵器。F90Lのものには及ばないものの、同クラスの機体の装備としては抜群の射程・威力を有する[14]
ビーム・ライフル
ヘビーガンに装備されたものと同型でフルバレルタイプ。
ビーム・サーベル
近接戦闘用として1基がバックパックに装備される。
劇中での活躍
漫画『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』ではケビン・フォレストが搭乗し、ほかのSFPのMSと共にゼブラゾーン空域でテストを行っていた。CVとの遭遇と交戦ではデナン・ゲーを、7番地コロニーではギラ・ドーガを撃墜した。劇中後半、トキオ・ランドールバズ・ガレムソンと物別れした際にはエイジャックスに救援に駆け付け、窮地を救っている。その後ネオガンダム1号機との交戦で破損したコロニーよりネオ・ジオン残党の難民を移送したため、戦闘には加わっていない。初期のCVとの交戦で肩装甲が破損したが、実験機のため予備パーツがなかったことからヘビーガンのものを使用して修復された。

Gカスタム

漫画『機動戦士ガンダムF90 ファステストフォーミュラ (F90FF)』に登場。ハーディガンの先行試作型で、顔面はΖガンダムに似たツインアイ・タイプとなっており、バックパックにはMSA-0120と同型のブースター類が接続されている。

0115年に連邦軍の特殊部隊「ウジャトアイズ」に2機が配備され、ヴェロニカ・ヴァーノン中尉とアーサー・ナイトレイ少尉が搭乗、特殊部隊「ファステストフォーミュラ (FF)」の監視をおこなう。正体不明のMSA-0120によるFF隊襲撃の際には、ヴェロニカ機のビーム・ライフルの長距離狙撃によって、ディル・ライダーのヘビーガンの窮地を救っている。モノクロのみでカラーリングは不明だが、2機それぞれに異なる塗装がほどこされている。

ヘビーガンII

『F90FF』の台詞でのみ登場(型式番号:RGM-111X)。作中では「ヘビガンII」と呼ばれる。バズ・ガレムソンによれば、AE社が0111年に設計したヘビーガンのマイナーチェンジ機とされる。また同作品の関連年表では、同年に制式採用が凍結されたとしている[15]

ヘビーガンII(改良型)

『F90FF』に登場。名称は便宜的なものである。ジョブ・ジョンによれば、Gキャノン開発時にサナリィから譲渡されたキャノンガンダムのデータをヘビーガンIIにフィードバックした機体とされる。原型機より出力が13パーセント向上している。

0116年に、ルナツーの第4アグレッサー部隊に10機が配備されている。近い時期にさらなる改良を加えハーディガンとして売り出す前の機体であり、ビーム・ランチャーが装備されていない代わりにビーム・サーベルを2基装備、頭部(アンテナ除く)と両腰のグレネード・ラックはヘビーガンと同型となっている。また、一部の機体はガンダムF90ミッションパックを混載装備しており、隊長のカール・シュビッツ機は両肩と背部にEタイプ、腰部前面にVタイプのものを装備し、Iタイプのビーム・ランサー(細部はやや異なる)を携行。ヴェロニカ・ヴァーノン機は両脹脛側面にDタイプのものを装備し、バックパックや左後頭部に独自のオプションが追加されている。FF隊と10対10の模擬戦をおこなうも、敗れる。


注釈

  1. ^ バンダイメディア事業部出版課『MJ 模型情報 1992年7月号 Vol.156』シルエットフォーミュラジオラマストーリー より[要ページ番号]。なお、強度も不足しており、過剰な出力には1分間以上は耐えられないだろうとの記述もある。
  2. ^ 資料の解説では「ビーム・ライフルを併設」との記載もある。[22]
  3. ^ F91とRXF-91の系譜であるとした資料も見られる[28]
  4. ^ なお、漫画版では2号機は1号機共々撃墜されたかのような描写となっているが、ゲーム『SDガンダム GGENERATION-F』のムービーではシルエットガンダムが攻撃した際に2号機は1号機から外れている。

出典







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

シルエットフォーミュラプロジェクトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シルエットフォーミュラプロジェクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシルエットフォーミュラプロジェクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS